名言DB

9490 人 / 112001 名言

作山若子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

作山若子のプロフィール

作山若子、さくやま・わかこ。日本の女性経営者。オーガニック栽培のお茶の製造販売卸売輸出入会社「和み」創業者。高校卒業後、大手百貨店グループ勤務を経て、大手飲料会社ユナイテッド・スティール(のちのユニマット・ライフ)に入社。同社営業部員1400人中、全国1位を2年連続で獲得。出産を機に退社したのち、「和み」を創業。店舗販売、ネット・テレビショッピング・カタログ通販などで売上を伸ばした。そのほか、日本ティーコンシェルジュ協会を設立した。

作山若子の名言 一覧

行動してミスをする方が、何も経験しないより、ずっといい。人生や仕事に必要なのは、ほんのちょっぴりの勇気と思いやりだと思います。果敢にチャレンジして壁にぶつかっても、自分で軌道修正できる人が増えたら、素晴らしいと思います。


営業センスを磨くには、やはり行動することに尽きます。最近は頭でっかちになり、なかなか行動できない営業マンが増えているように思います。とくに、頭がよくて立派な経歴を持っている人、歳を重ねた人ほど、そうした傾向にあるようです。


これはかつての営業経験で得たノウハウなんですが、たとえば金融なら、まずは業界トップの大手銀行の役員食堂を目指して、本部に営業をかけます。次はその銀行の関連企業に、といった具合に、上からどんどん攻めていくんです。


大きな組織の中では、仕事と家庭の両立が難しくなり、もっと自分らしい仕事をしたいと、いつしか考えていました。また、妊娠・出産を経て、自分が食べたり飲んだりしたものが、すべて子供に影響することを実感したため、自分が心から納得した商品を消費者に提供していきたいと思うようになりました。


とにかく相手の会社を知り、相手の立場を慮り、少しでもお役にたつように、相手が望むことを常に考えていました。すると、結果的に自分の仕事の成果につながっていきました。


営業ではフットワークとネットワークを大切にしました。「人の倍動く」をモットーに、培った人脈を最大限に活用しました。お客様に質問されたり、資料を頼まれたりした際は、どんなに些細なことでも明確にしてからお持ちしました。


中小企業の経営者やマネージャーの方々に、オフィスコーヒーをご案内する仕事だったのですが、私は営業の「エ」の字もしらない状態でした。社長室の革張りのソファーにちょこんと座って社長を待ったり、名刺の受け渡し方がおかしかったりして、毎日のようにお客様からお叱りを受けていました。いま振り返ると、顔から火が出るような思い出もありますが、逆に叱咤されつつも面倒を見ていただき、より良い関係を築けました。
【覚書き|ユニマットで営業をやり始めた当初を振り返っての発言。のちに彼女は全国1位の営業成績を出すまでになった】


有機栽培、そしてフェアトレードで世界中の美味しくて安全なお茶を提供していきたい。


同じ内容量でも、農薬をまいたことで人では一人で済んだ500円のお茶と、有機栽培のため収穫期に10人の人手がかかったお茶ではどちらに需要がありでしょうか。お茶には味の良さだけでなく、効能という付加価値もあります。コーヒーにしても、価格が高い理由を開示していけば、内容が不明瞭なブレンドコーヒーより、原産国やブレンドのパーセンテージまで明確な商品の方が、手に取ってもらえると思います。


まずはすべての販売チャネルのなかで「食」への意識が高く、ブランド力のある企業に戦略的に卸していきました。小売に進出しようと思ったのは、卸業を営む中で、お客様の需要を実感したためです。


作山若子の経歴・略歴

作山若子、さくやま・わかこ。日本の女性経営者。オーガニック栽培のお茶の製造販売卸売輸出入会社「和み」創業者。高校卒業後、大手百貨店グループ勤務を経て、大手飲料会社ユナイテッド・スティール(のちのユニマット・ライフ)に入社。同社営業部員1400人中、全国1位を2年連続で獲得。出産を機に退社したのち、「和み」を創業。店舗販売、ネット・テレビショッピング・カタログ通販などで売上を伸ばした。そのほか、日本ティーコンシェルジュ協会を設立した。

他の記事も読んでみる

吉田松陰

要は内に省みてやましからざるにあり。


リンダ・グラットン

私たちは近い将来、際限ない消費に終始する生活を続けるか、情熱をもってなにかを生み出す生活に転換するか。その選択を迫られるようになるでしょう。


小山昇

使い回せるものは徹底的に使い回します。私は社員の誕生日に直筆のハガキを送っていますが、その文面も10パターンのうちからふさわしいものを選んで書いています。内容を考えなくていいからスラスラ書ける。宛先を含めて表裏書くのに1枚3分30秒です。


田中将大

遠い未来は目指さない。常に「明日の目標」をクリアし続ける。


小山聡章

最初は、無償のギブをすれば他のお客様を紹介してもらえるかもという下心がありました。でも、ずっと続けて、積み重ねていけば習慣化されるんですね。それに自分の成績や昇進のことばかり考えていると、判断基準がわからなくなる。資金繰りに苦しんでいる経営者の方には、解約をお勧めすることもある。相手の立場を考えてこそのビジネスです。やはり「小山さんと会えて良かった」と思われるように努力したい。


泉谷直木

時代の流れは「安全」「安心」「安価」という“3つのA”から、「信用、信頼」「親近感、好き」「新価値、新提案」という“3つのS”に少しずつ変わっている。


松下幸之助

僕はこれまでにたくさんのご夫婦を見てきましたが、あまり上手くいっていないご夫婦はどうもあまり褒めあっていないように思える。その反対に、上手くいっているご夫婦は、巧まず自然のうちにお互いが褒めあっている。そういうことがいえると思うのです。人間というものは他人から褒められるのも嬉しいものですが、自分の奥さんなり、ご主人からそういうことを言われるとひとしお嬉しいものです。


藤田聰

リーダーシップとマネジメント能力が欠如している人は、どんなに頑張ってもミドルクラス以上には出世できません。なぜならば、大多数の部下を動かすには、時に感情に訴えてマネジメントしていくことも必要だからです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

企画に対する情熱をいろいろな人にぶつけて、企画への賛同者をどんどん増やして外堀を埋めていった。さらに社長の「OK」を確実なものにするために、フジマキが狙いを定めたのは当時の部長。社長に「モノが言える」存在だったんだ。部長に企画を認めてもらい、後押しをしてくれたおかげで、前代未聞の大改革に社長のゴーサインが出た。こうして誕生したのが「解放区」のプロジェクトなんだ。


若林正恭

枠があっても、「はみ出しちゃおう!」と思う人もいると思うんですけど、僕は枠があれば気をつける人間なんです。でも本には枠がない……というか、大きい。だから本に対する信頼が、高校時代くらいからずっとあるんだと思う。マイノリティーからマイノリティーにしか伝わらないようなことも書いてあるし、本当に多種多様。こんなにいろんな考え方を受け入れる媒体って、やっぱり本なんじゃないですかね。


横田雅俊

営業マンに最初の一件目を売るのは個人の力ではなく、会社の力である。どうやって一件目を売らせるのか。それを体験させ学ばせるのも、マネジメントの力である。これは「とにかく飛び込みをしてこい!」というような意味の体験ではない。個人任せの属人的営業は完全に時代遅れだ。


松木安太郎

40代くらいになると、「自分は何でも知っている」と思いがちですが、そんなことはありません。僕だって30年もサッカーをやりながら、まだまだわからないことが多い。わからないことは「わからない」と言って大丈夫。