名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

作山若子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

作山若子のプロフィール

作山若子、さくやま・わかこ。日本の女性経営者。オーガニック栽培のお茶の製造販売卸売輸出入会社「和み」創業者。高校卒業後、大手百貨店グループ勤務を経て、大手飲料会社ユナイテッド・スティール(のちのユニマット・ライフ)に入社。同社営業部員1400人中、全国1位を2年連続で獲得。出産を機に退社したのち、「和み」を創業。店舗販売、ネット・テレビショッピング・カタログ通販などで売上を伸ばした。そのほか、日本ティーコンシェルジュ協会を設立した。

作山若子の名言 一覧

行動してミスをする方が、何も経験しないより、ずっといい。人生や仕事に必要なのは、ほんのちょっぴりの勇気と思いやりだと思います。果敢にチャレンジして壁にぶつかっても、自分で軌道修正できる人が増えたら、素晴らしいと思います。


営業センスを磨くには、やはり行動することに尽きます。最近は頭でっかちになり、なかなか行動できない営業マンが増えているように思います。とくに、頭がよくて立派な経歴を持っている人、歳を重ねた人ほど、そうした傾向にあるようです。


これはかつての営業経験で得たノウハウなんですが、たとえば金融なら、まずは業界トップの大手銀行の役員食堂を目指して、本部に営業をかけます。次はその銀行の関連企業に、といった具合に、上からどんどん攻めていくんです。


大きな組織の中では、仕事と家庭の両立が難しくなり、もっと自分らしい仕事をしたいと、いつしか考えていました。また、妊娠・出産を経て、自分が食べたり飲んだりしたものが、すべて子供に影響することを実感したため、自分が心から納得した商品を消費者に提供していきたいと思うようになりました。


とにかく相手の会社を知り、相手の立場を慮り、少しでもお役にたつように、相手が望むことを常に考えていました。すると、結果的に自分の仕事の成果につながっていきました。


営業ではフットワークとネットワークを大切にしました。「人の倍動く」をモットーに、培った人脈を最大限に活用しました。お客様に質問されたり、資料を頼まれたりした際は、どんなに些細なことでも明確にしてからお持ちしました。


中小企業の経営者やマネージャーの方々に、オフィスコーヒーをご案内する仕事だったのですが、私は営業の「エ」の字もしらない状態でした。社長室の革張りのソファーにちょこんと座って社長を待ったり、名刺の受け渡し方がおかしかったりして、毎日のようにお客様からお叱りを受けていました。いま振り返ると、顔から火が出るような思い出もありますが、逆に叱咤されつつも面倒を見ていただき、より良い関係を築けました。
【覚書き|ユニマットで営業をやり始めた当初を振り返っての発言。のちに彼女は全国1位の営業成績を出すまでになった】


有機栽培、そしてフェアトレードで世界中の美味しくて安全なお茶を提供していきたい。


同じ内容量でも、農薬をまいたことで人では一人で済んだ500円のお茶と、有機栽培のため収穫期に10人の人手がかかったお茶ではどちらに需要がありでしょうか。お茶には味の良さだけでなく、効能という付加価値もあります。コーヒーにしても、価格が高い理由を開示していけば、内容が不明瞭なブレンドコーヒーより、原産国やブレンドのパーセンテージまで明確な商品の方が、手に取ってもらえると思います。


まずはすべての販売チャネルのなかで「食」への意識が高く、ブランド力のある企業に戦略的に卸していきました。小売に進出しようと思ったのは、卸業を営む中で、お客様の需要を実感したためです。


作山若子の経歴・略歴

作山若子、さくやま・わかこ。日本の女性経営者。オーガニック栽培のお茶の製造販売卸売輸出入会社「和み」創業者。高校卒業後、大手百貨店グループ勤務を経て、大手飲料会社ユナイテッド・スティール(のちのユニマット・ライフ)に入社。同社営業部員1400人中、全国1位を2年連続で獲得。出産を機に退社したのち、「和み」を創業。店舗販売、ネット・テレビショッピング・カタログ通販などで売上を伸ばした。そのほか、日本ティーコンシェルジュ協会を設立した。

他の記事も読んでみる

羽生善治

最善手を選ぶというのは、裏を返せば、数ある選択肢の中からそれ以外を捨てるということですから、知識や情報が増えれば、それだけ選択肢が増えて見切りは難しくなるのです。また、知らないことに対する恐怖や不安も大きくなります。見切りの技術や、恐怖や不安に打ち克つ精神力も同時に鍛えて、初めて知識や情報は自分の財産になるのです。


大塚寿

大きな問題を大きいままだと決めきれないので、小分けして自分の決断ができるサイズにする。この小分けして考えるというのは心理学もベースにした判断法です。リーダーシップを発揮すべき立場にある人は、統計学や意思決定力に関する著作を読んだり、心理学への造詣を深めたりして、それらをビジネスの現場に生かしていくといいのではないでしょうか。


津賀一宏

時代が変わる中で、社内だけでは人材育成ができない。新たな領域に乗り出すときには外部からの登用を真剣に考えなければならない。


大隅良典

企業も大学と全く同じ問題を抱えていると思います。グローバル化の流れの中で、日本企業は効率化で逃げ切ろうとしてきた。企業によっては、新しいことに意欲的に取り組む人を潰そうとする風土があるとも聞きました。間違いは許されないとする風潮が高まるあまり、チャレンジする精神が失われつつあるのかもしれません。それでここまで来たからよかったのかもしれないですが、やっぱり閉塞感は生じている。


いくえみ綾

もともとプロットも立てないし、いきなりネームをやってしまう。いつも、描きながら作っていくんですよね。


吉沢悠

結局仕事が始まったら、最後までやり抜くしかない。だから与えられた仕事に対して疑問を持たず、カッコ悪くても「これがいいんだ!」と信じて、その役になりきってしまうことが大事。あとはその役のなかで、自分なりのおもしろさを見つけ出すこと。


大西孝明

市場が拡大しない現代は、新規顧客開拓ができる営業力が必要です。そのためには「情報」を徹底的に理解させてから、「戦略立案力と活動力」を向上させなければなりません。


須田将啓

ベンチャー企業ではパッションで物事が動くケースが多いと感じています。


妹尾勲

M&Aは待っていてもダメ。当社とシナジーがあると判断すれば、積極的に買収、あるいは資本提携を求めます。


安永竜夫

起案した人間がどのような実績を重ねてきた者か、その部署の責任者に達成能力があるか。あるいはそのチームは必要なネットワークを構築できていて、案件を達成する実力値があるのかというところまで測る。それが経営トップの資料の見方。


馬渡晃

起業をすれば、多くの人と仕事をしなければならないので、知らない人と会い、上手にコミュニケーションを取ることが重要です。また、そこで話した内容からニーズを察知し、アイデアのネタが生まれることも多いんです。


城島健司

個人タイトルのことをよく聞かれますけど、まったく意識していません。個人よりチームの成績が優先でしょ? チームの成績のことを第一に考えて僕はプレーしていますよ。