名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐野陽光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野陽光のプロフィール

佐野陽光、さの・あきみつ。日本の経営者。日本最大の料理サイト「クックパッド」の創業者。東京出身。建設会社勤務の父の転勤でシンガポールで8年間、アメリカで4年間を過ごす。ロサンゼルスの高校を卒業後、慶應義塾大学環境情報学部に入学。大学を卒業した年に有限会社コイン(のちのクックパッド株式会社)を設立。同社を急成長させ東証一部へ上場させた。

佐野陽光の名言 一覧

とても不確実性の高い世の中で僕らがやらなければいけないのは解がないことに対する問題発見。


どんなにやりたいことをやって欲しいもの全て手に入れたとしても、周りの人たちが苦笑いだったらやっぱり嫌。


僕にあるのは「料理を楽しみにしたい」という思いのみ。


ちゃんと価値を生み出せているかが大事。


難しいことではなく、自分の信じることを素直にやっていけるかが勝負。


何かやりたいことがあったら起業で形にすることが手段として一番優れていると思います。先人の知恵から学べるし、多くの人が支持してくれます。


海外事業と技術開発に専念するためにも、私は社長を退任し、取締役となることを決断しました。クックパッドが世界でどんな取り組みができるのか、まだ何も決まっていませんが、世界の食卓を舞台に、食とITを組み合わせた新サービスを提供していきたいです。


国内事業が安定したいまこそ、培ったノウハウを世界で試す好機です。米国では、肥満や糖尿病の人口が増え、健康的な食生活への関心が高まっています。一方、成長著しいアジア諸国では、経済発展にともなって人々の食生活が大きく変わりつつある。食の成熟市場と急成長市場。この両方のマーケットで、クックパッドは毎日の料理を楽しくするようなサービスを提供していきたい。


「世界中で毎日の料理を楽しみにする」という私の目標は、1%も実現できていません。足元の国内でも、クックパッドは今後、食のインフラとして、レシピ検索以外にも買い物や調理、パーティなど、あらゆる食のシーンを楽しく、便利に変えるチャンスがあると思っています。


国内で一定の認知度を得ています。安定した基盤づくりができたいまこそ、さらなる挑戦を始めるべきだと思っています。


先輩経営者の話や本を読んでも社員数150人というのはひとつの壁だと思っています。そこに至るまでにきちんとした文化づくりができるかどうかがその後成長できるか大きく左右するでしょう。


幸運だったのは儲からない時代が長く続き、ずっと貧乏だったことです。会社のお金を使う際に費用対効果を考えお金を最大限活かす方法を1円にまで徹底していました。


上場には議論がありましたが、パブリック・カンパニーになることは決めていました。その大きな目的は社会的信頼。クックパッドは個人のサイトと思われていたくらいでしたが、上場の効果は大でした。以前、個人ユーザーは「私、クックパッド使ってる」とは言わなかったものですが、社会的信頼を得ると、はっきりそう言ってくれるようになったのです。


家族、子供と起業は相性がいいですよ。それまでは経営はトントンならいいと思っていましたが、そんな甘いものじゃない。子供のオムツって高くて、1枚27円もするんです。それを買うためには利益の目標を数値化しなければなりません。漠然としていた事業計画が明確になり、クックパッドの前進につながりました。


大学時代にいろいろなことをやりましたが、卒業時、一番くやしかったのが「何をやってもイベントになってしまう」ことでした。本気で社会をよくするために継続的な仕組みを作るには、お金、事業という仕組みを知らなければならない。そう思ったのが起業のきっかけです。


佐野陽光の経歴・略歴

佐野陽光、さの・あきみつ。日本の経営者。日本最大の料理サイト「クックパッド」の創業者。東京出身。建設会社勤務の父の転勤でシンガポールで8年間、アメリカで4年間を過ごす。ロサンゼルスの高校を卒業後、慶應義塾大学環境情報学部に入学。大学を卒業した年に有限会社コイン(のちのクックパッド株式会社)を設立。同社を急成長させ東証一部へ上場させた。

他の記事も読んでみる

ジム・ロジャーズ

中国人は朝から晩までよく働く、そればかりか収入の30%以上を貯蓄や投資に回す。それに引きかえ私たちアメリカ人はたったの1%だ。中国経済の成長が米国経済よりも速いのは、彼らがよく働き、よく貯蓄するからなのだ。


林野宏

社長をライバルに見立て、そのポジションを本気で目指せば目の前の課題だけでなく大きな視点でものごとをとらえる習慣がつきます。この時点で、狭い視点で汲々とするライバルに一歩差をつけられます。目標が部課長ではなく組織の頂であるため努力が長続きするのです。努力が長続きすると、自分なりの戦略も持ち、ライバルに勝る武器を持とうと絶えず精進できます。上司に依存せずに自分でものを考え行動するので知恵もつきます。


菅井敏之

不動産投資で成功するには、マクロの視点とミクロの視点の両方を持つべきです。マクロの視点で見ると人口が減っている地域でも、「新しいショッピングセンターができた駅の北側は住民が増えている」「小学校の周辺では、ファミリータイプの物件が不足している」といった個別性が必ず発見できます。そのニーズに合った物件を探せば、必ず入居者はいます。


サミュエル・ジョンソン

金を浪費したり、貯蓄する者は最も幸せな人々である。なぜなら、両者ともそのことを楽しんでいるからである。


本田有明

今後求められる管理職像は「イノベーターとモチベーター」です。イノベーターはイノベーションを起こせる人。一方、モチベーターは「この人と一緒に仕事をしたい」「多少きついことを言うけれど、この人とだったら一緒にやっていける」と思われる人だ。


南場智子

「あれ、チームに受け入れられていないな」と感じたら、飲み会に一生懸命になったり、リーダーに近づいたりということより、とにかく仕事に打ち込むことが大切。


ジェフ・ベゾス

私が影響を受けた経営者の一人はウォルト・ディズニーです。幼いころ、彼の伝記を本当によく読みました。もう一人がソニー創業者の盛田昭夫さんです。盛田さんはソニーの製品にとどまらず、日本の製品が高品質であると世界に伝えようという大きな使命感を持っていました。


辻村深月

本作(『青空と逃げる』)では、担当してくださっていた記者さんの存在も大きくて。原稿をお渡しするたびに感想とともに「こんな展開はどうでしょう」という提案をくださったんですが、それが全部、私が普段心がけているリーダビリティとは違っていて。引きの強さや構成の面白さではなく、感情を情景とともに読ませてほしいという彼の要望が新鮮で、毎回ヒントをもらいながら最後まで書ききることができたんです。自分ひとりでは書くことができなかった物語だと思いますし、描写を中心に物語を引っ張っていくことができるんだという自信にもなりました。


本田直之

やっていただきたいのは「しないことリスト」を作ること。私は今、ハワイと東京を行き来する「デュアルライフ」を楽しんでいます。向こうでは仕事をしながらサーフィンもやる。あれこれやらないと決めているからこそ、実現できるんです。


ボビー・バレンタイン

私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


林高生

ガラケーからスマホに移行するとき、「スマホに移行することで自分たちが有利になる状況とは何か」を考えました。その一つが、規格がグローバルになること。そこで、世界に向けて配信することを考えました。その結果、「ダークサマナー」というゲームは実際に世界中で売れ、北米のGoogle Playのランキングで1位になったこともあります。


野田一夫

僕はもちろん日本が大好きだが、この国では、いつまで経っても不合理な慣行がなくならないことだけは困ったものだ。たとえば、会議の席で誰かの批判めいたことをいうとする。あなたが年長者ならいいのだが、年が若いとか新参者であれば「生意気だ」と決めつけられ、陰口を叩かれ、足を引っ張られる。つまり大方の参加者にとっては、「何をいったか」ではなく「誰がいったか」が重要なのだ。本来、発言で大事なのは「理はどちらにあるか」。反発するなら、発言の内容に対してするべきだ。