名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐野章二の名言

twitter Facebook はてブ

佐野章二のプロフィール

佐野章二、さの・しょうじ。日本の社会起業家、都市計画コンサルタント。ビッグイシュー日本代表CEO。大阪出身。大学卒業後、映像制作会社、大学の学生部勤務、都市計画コンサルティング会社勤務を経て独立し、地域調査研究所を設立。ホームレス支援雑誌『ビッグイシュー日本版』を創刊し日本代表に就任。また、複数の都市でNPO活動支援センターの立上げを行ったり、阪神淡路大震災時に3つの応援組織を立ち上げ支援活動を行った。主な著書に『ボランティアをはじめるまえに』『ビッグイシューの挑戦』など。

佐野章二の名言 一覧

正義の味方のように聞こえますが、実際は必要にかられただけです。私は権力もお金もないただのおっさんですから(笑)。


結局のところ、諦めなかったから、いまがある。
【覚書き|ビッグイシュー日本版創刊をするとき周囲から猛反対を受けたことを振り返っての発言】


日本の高度成長期の真っただ中、様々な社会問題が浮き彫りになり始めた激動の時代。そんな中、私は働くことの意義は、収入を得るためではなく、いかに面白いことをするかが大事だと考えるようになりました。


職場がつらいから独立するなんてもってのほかです。絶対に失敗します。いまの仕事が面白くて楽しくて仕方ないけれど、この職場ではどうしてもやりたいことができないから独立する。ぜひそんな独立を目指してください。


『ビッグイシュー日本版』を創刊したとき、周囲はこれでもかというほど大反対でした。「活字離れが進む中、若者向け雑誌は売れない」「日本には路上で雑誌を売買する習慣がない」「フリーペーパーが増える中、有料は難しい」「ホームレスからは買わない」など、まさに四重苦。でも、諦めませんでした。素人集団の怖さですね(笑)。


上司には「面白く楽しく仕事をしている」と伝え、部下にも「面白く楽しく仕事をせよ」と言える自分をつくることが一番です。


私自身は、昔から管理するのもされるのも大嫌いで、会社では管理は極力しません。全員に失敗するチャンスと権利を渡しています。もちろん、何かあれば最後は私が責任を持ちます。


ビッグイシューは、成功を目指し、さらなる挑戦を続けます。我々の挑戦が、別の社会問題の解決にトライする人々のヒントになればいいなと願っています。


残念ながら『ビッグイシュー』を販売してお金を手にしたホームレスが、お酒やギャンブルに走り、戻らなくなるケースも多いのです。そんな悪い依存を断ち切るための身近な絆をつくりたかった。ビッグイシュー基金では自立を目指すホームレスに、「社会とのつながりを回復するための生活自立」や「就業トレーニング」「スポーツ・文化活動」などの応援プログラムを提供しています。


仕事がなくなり住居を失うだけでホームレスにはなりません。ただ、最後に頼れる人がいたら、違った可能性があったかもしれません。身近な絆がなく、ひとりぼっちになってホープレスに陥り、人はホームレスになるのです。


私たちは、ビジネスの手法で活動を続けると決めていました。ホームレスを支援するボランティアは多数存在しますが、その多くが夜回りや炊き出しなどの緊急支援です。一方、『ビッグイシュー』は、自ら稼ぎ、明日へのチャンスを自らつくる自立支援。言ってみれば、ホームレスという被害的当事者自身が、我々のビジネスパートナーとなることで、問題解決の担い手にもなるのです。


創刊からの累計販売部数は約500万部です。随時、160名ほどのホームレスが路上で『ビッグイシュー日本版』を販売しており、過去、149名のホームレスが就職を果たしました。


(放置自転車を使ったホームレス自立支援事業の立ち上げを大阪の役人に提案したとき)彼から帰ってきた答えは、「佐野さん、勘忍して。財界や市民から『大阪に全国のホームレスを集める気か!』としかられるわ」。その言い分にあきれました。そもそも、企業がリストラするからホームレスが生まれ、行政がホームレスを放置するから市民が困るわけです。ああ、もうこれは自分でやるしかないと思いました。


7年間、都市計画コンサルティング会社で経験を積ませていただき、もう一人立ちできるなと思い独立しました。自分の中では「人生38度線説」というのがありまして。38歳になったら独立すると決めていたわけです。何の根拠もないけど(笑)。


佐野章二の経歴・略歴

佐野章二、さの・しょうじ。日本の社会起業家、都市計画コンサルタント。ビッグイシュー日本代表CEO。大阪出身。大学卒業後、映像制作会社、大学の学生部勤務、都市計画コンサルティング会社勤務を経て独立し、地域調査研究所を設立。ホームレス支援雑誌『ビッグイシュー日本版』を創刊し日本代表に就任。また、複数の都市でNPO活動支援センターの立上げを行ったり、阪神淡路大震災時に3つの応援組織を立ち上げ支援活動を行った。主な著書に『ボランティアをはじめるまえに』『ビッグイシューの挑戦』など。

他の記事も読んでみる

森下一喜

「面白いゲームを作ろう」という姿勢がスタッフから感じられれば、発売日が遅れてもアイデアがイマイチでも、とがめることはありません。


加藤俊徳

脳は番地ごとの役割分担はありますが、常に脳内ネットワークを通じて連携しながら記憶する作業をしている。脳は記憶に関する器官だけが単純に覚えているわけではなく、いろいろな器官が複合して作動し記憶している。まさに脳全体が「記憶装置」なのです。


本田直之

何のために勉強するかなんてまともに考えたことのない小学生が、毎日5時間も6時間も学校で勉強している。それは、時間割によってやるべきことを抵抗なく続けられる体制作りがなされているからです。勉強すれば数多くの特典が待っている大人ができないはずないでしょう。


保坂隆(精神科医)

理不尽な説教をされていると感じたときは、自分の意識を上へ上げて、自分と上司を天井のあたりから見下ろしていると考える。2人の寸劇を眺めているつもりになってみてください。そして「この上司は部下を怒鳴っているな。昨日、夫婦ゲンカでもしたのかな」など、自分が説教されている状況を客観的に分析。叱られていても、まるで他人事のような感覚になり、大きなダメージを受けずにすみます。


小宮山宏

部分を集めても全体にはならない。


鎌田富久

海外の企業が作るロボットもカッコいいのですが、あまり可愛らしい製品は多くないですよね。少し首を振るとか、しっぽを揺らすといった、ちょっとした可愛さの感覚は、日本人の得意分野でしょう。


宮内義彦

私には「オリックスをこうしたい」というような、目指している最終形はありません。あえて言えば、今日よりいい会社にしたい。だから、10年後のオリックスは全く違うビジネスを展開しているかもしれません。


ハンス・アンダーソン

仕事のミスはサッカーのPKのミスのようなものだと思います。PKを失敗した選手は、本人が一番傷ついているし、何が悪かったのか一番よくわかっています。その失敗を責めたてたところで、いいことはありません。それより、「次は期待しているよ」と勇気づける言葉を投げかける方がいい。


アマデウス・モーツァルト

みなさんが私に認めてくれる才能は、あるお守りのおかげだと思っています。そのお守り、それは勉強です。


遠山元一

ある日、私が店先にいると、鈴久(相場師の鈴木久五郎)さんが黒の紋付に羽織袴で、指には何カラットという大きなダイヤの指輪をはめてやってきた。そのとき私は「鈴久という人は偉い人だ。この人も俺も同じ埼玉県の生まれだが、ずいぶん金を儲けた人なんだなぁ」と子供心に感心しながら見上げたものである。それから一週間で株の暴落とともに鈴久さんが転落の運命にあったとは、夢にも思わなかった。
【覚書き|株屋半田庸太郎商店の小僧になりたての当時を振り返っての発言】


松本淳志

一流の人がいてこそ、一流の仕事ができる。だからといって、すでに一流の人に頼るのではなく、一流の人材に育てることを考えています。


田中仁(経営者)

僕が「門外漢」だったことが、奏功した面はある。先入観を持たないことが重要。流行っていることに対して、自分がどう感じるかを大切にして欲しい。


原田曜平

実体を伴わないと、言葉にインパクトがあっても浸透はしない。たとえば「リア充オタク」。彼らは趣味に使う金額が10年前のオタクと比べ少なく、その分、服や遊びに使っているという調査に基づいた数字を出して説明するので、説得力が大きいんです。


西藤彰

最初に工場を持った時、当社の工員には「俺はベンツ(のような高品質なもの)を作るんだ」と言ったんです。そうしたら工員が、そのことを覚えてしまって「手を掛けて、高いものを作るんですね」と繰り返すんです(笑)。それを引っ込めるわけにもいきませんよね。


仲暁子

両親は子供にむやみにお小遣いを与えない主義でもあったので、欲しいものは、人形でもオセロでも自分で作りました。「早く独り立ちしたい」という自立心が早くから芽生えていたのは、そうした環境によるものだったと思います。