名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐野睦典の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野睦典のプロフィール

佐野睦典、さの・むつのり。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。「イノベーション・エンジン」社長。野村證券に入社。野村総合研究所証券アナリスト、中堅企業調査室長、経営開発部次長。ジャフコ投資調査部長などを務めたのち「イノベーション・エンジン」を設立。著書に『ニュービジネス新時代 ―米国サービス産業の成長戦略』。

佐野睦典の名言 一覧

こらからの企業人は、最適なものを組合せ、最適なシステムを提供するプロデューサーを目指すべき。


今、我々に必要なのは再び世界の産業をリードするためにプロデューサーの視点を持つこと。日本は商品単体を作るのは得意ですが、今後は構想力を駆使したプロデューサーになることが急務です。例えば「自動車」ではなく「安全で快適に移動するシステム」をプロデュースするのが自動車メーカーの役割です。プロデューサーになれば中国など新興国が勢力を拡大しても心配ありません。


佐野睦典の経歴・略歴

佐野睦典、さの・むつのり。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。「イノベーション・エンジン」社長。野村證券に入社。野村総合研究所証券アナリスト、中堅企業調査室長、経営開発部次長。ジャフコ投資調査部長などを務めたのち「イノベーション・エンジン」を設立。著書に『ニュービジネス新時代 ―米国サービス産業の成長戦略』。

他の記事も読んでみる

樋口武男

日本は豊かになりすぎた。不況だ閉塞だと言うけど、食うに困らないから、危機感を抱きづらい「豊かボケ」が蔓延してる。政治は場当たり、官僚は天下り、企業はごまかしばかり。国全体が大組織病ですよ。大組織病で鈍くなった感性を除く方法がひとつある。常に「現場に出向いて感じること」です。


星野佳路

現場のスタッフにお客様の情報が集中しますから、トップが情報を集約するのではなく、現場から変えていける組織になるのが理想的です。リーダーの役割は、そのための環境を整備すること。実際、私がまったく関与していないところで上手くいっている現場はたくさんあるんです。


松下幸之助

私は、人間というものは、たとえていえば、ダイヤモンドの原石のような性質をもっていると思うのです。すなわち、ダイヤモンドの原石は、もともと美しく輝く本質をもっているのですが、磨かなければ光り輝くことはありません。


早野忠昭

分からなくなったら、原点に戻るのが鉄則。


プロタゴラス

人間は万物の尺度である。あるものについてはあることの、あらぬものについてはあらぬことの。


八代元行

お客様にも分かるような指標とは何かを考えたとき、やはり説得力があるのは第三者による評価です。そこで目をつけたのが、「ISO9001」と「プライバシーマーク」でした。ISO9001取得によって、当社の顧客サービスの品質の高さ、透明性、および公平性が国際基準で認められたことになります。ちょうどそのころ、個人情報保護法が施行され、顧客情報の管理が企業に厳しく問われる時勢になりました。保険代理店は、すべての情報が個人情報と言ってもいいくらいです。それを、「社員全員、漏れないようにちゃんと管理しています」と口で言うだけでは、お客様に証明することにはなりません。そこで、これも第三者機関に証明してもらう形で「プライバシーマーク」を取得したのです。保険専業代理店で、ISOとPマークの両方を取得しているところは、まだほとんどないのではないでしょうか。


橋本治

ややこしい問題を考えるときには、「自分」なんてものが見えなくなることを最優先にすべきだと考えてきました。プロの仕事とはそういうもので、作者の姿も演者の姿もなくて、ただ「見ている人がそこに自分の見たいものを見ている」という状況をつくりださなければいけないと考えていたんです。だから、考えたり書いたりするときには自分の個性なんて放っておきます。


俣野成敏

私がそうでしたが、自主的に学ばない人間はリストラ予備軍になりかねない。


原口證

転機は54歳のお正月。54歳で円周率4万桁を暗唱した友寄英哲さんの記事を思い出し、ギネス記録を目的にしたのです。私の円周率暗唱法は「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」のように数字を言葉に変換し、1000桁単位で物語を作るのですが、その作業が面白い。私はそもそも円周率の暗唱が目的ではなく、円周率の数字から物語を紡ぎだし、諳んじることだったのです。


重松清

物語を書くことは、星空の星を結んでいくようなものだと思うんです。昔の人は空を見上げて、ああも結べる、こうも結べるという中で星座をつくってきたわけです。当然、結ばなかった星も無数にある。ひとつの物語を書くというのもそれと同じように、いつも無数の結び方の可能性の中から選んで星座をつくっているわけです。そこには「語られなかった物語」が必ず残ってしまう。ときどき、過去に書いた自分の小説に対して、ああではない書き方をしたらどうなっていただろうと思うこともあります。反省とか後悔とかではなくて、結ばなかった星のことを想像することで、作者としての傲慢さが減るんじゃないか、と。


堤真一

「追われている」という意識は、実は自分にも常にあります。仕事が続けば続くほど、「これでいいのか」「ちゃんとできているのか」と。20代、30代はがむしゃらに頑張ってきましたが、キャリアを積んで40代になった頃、苦しさが増してきました。自分自身としっかり向き合えるようになってからが逆につらかったのです。


森泉知行

これまで知らない業界にいきなり放り込まれることばかりでしたが、自分の頭で必死に考え、自分で判断する経験が生きていると思っています。いまでは、異業種の経営もできるという自信も生まれました。
【覚書き|タイヤの輸出入会社、リース会社、テレビ通販番組会社、システム会社、放送会社など毛色の違う業種で経営に携わってきたことについて語った言葉】