佐野睦典の名言

佐野睦典のプロフィール

佐野睦典、さの・むつのり。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。「イノベーション・エンジン」社長。野村證券に入社。野村総合研究所証券アナリスト、中堅企業調査室長、経営開発部次長。ジャフコ投資調査部長などを務めたのち「イノベーション・エンジン」を設立。著書に『ニュービジネス新時代 ―米国サービス産業の成長戦略』。

佐野睦典の名言 一覧

こらからの企業人は、最適なものを組合せ、最適なシステムを提供するプロデューサーを目指すべき。


今、我々に必要なのは再び世界の産業をリードするためにプロデューサーの視点を持つこと。日本は商品単体を作るのは得意ですが、今後は構想力を駆使したプロデューサーになることが急務です。例えば「自動車」ではなく「安全で快適に移動するシステム」をプロデュースするのが自動車メーカーの役割です。プロデューサーになれば中国など新興国が勢力を拡大しても心配ありません。


佐野睦典の経歴・略歴

佐野睦典、さの・むつのり。日本のコンサルタント、ベンチャーキャピタリスト。「イノベーション・エンジン」社長。野村證券に入社。野村総合研究所証券アナリスト、中堅企業調査室長、経営開発部次長。ジャフコ投資調査部長などを務めたのち「イノベーション・エンジン」を設立。著書に『ニュービジネス新時代 ―米国サービス産業の成長戦略』。

他の記事も読んでみる

丹羽宇一郎

私は人のDNAにほとんど違いはないと考えています。一流と二流を分けるものは、継続した努力以外にはありません。


出川哲朗

まだまだ全然ですよ。僕よりずっと年上のデヴィ夫人が、体を張って空中ブランコを成功させちゃうんですから。僕も負けないよう、これから年を重ねても体を張る芸人を目指しますよ。


八木洋介

社長の仕事はビジョンを掲げ、それを実現することだ。


高田純次

昔の人はよく言ったもの。「平凡が一番だよ」。上手くいった人への嫉妬も入ったこの言葉、じつに上手い言い訳ではないかと思うよね。「貧乏で頭もよくないけど、みんな丈夫だし、幸せだよね」そんなふうにして、ときどき人生のバランス論をかみしめながら、毎日を上手く生きていたんじゃないかと思う。いまの若い人たちも結構大変な状況のようだけど、日本が貧乏国だった時代のこんな知恵を少し借りた方がいいんじゃないかな。


荻原国啓

ソフトとハードの組み合わせを考え、心のあり方に配慮した組織を作る必要がある。超過残業を取り締まるだけでは、従業員の「何となく不安」というモヤモヤは取り除けない。


阿部俊則

社員が生き生きと働けることが重要。その結果、商品力、営業力、技術力全てが高まり、総合的なブランド力が向上していく。


佐藤肇(スター精密)

財務の数字を見ていると「どうです、いい数字だから褒めてくださいよ」などと話しかけてくる。笑っている数字、怒っている数字、泣いている数字。数字にも表情があります。


キム・キヨサキ

知識もないのに投資をするのはとても危険なこと。誰にでも投資できるものが2つあって、それは時間とお金。ファイナンシャル教育を受けないで投資するような人には、「絶対に投資するな」というのがベストアドバイス。


肥後克広

目の前で今、ウケることしか考えてない。芸をずっと残そうってこともなく、ネタもやってすぐに捨てての繰り返し。本当に行き当たりばったり。


青木孝憲(カーデザイナー)

最初に描いたデザイン画を見た弊社の会長に、「誰でも認める優等生はいらん!本能的な存在感を描け」とすごく叱られました。こんな状態では、簡単に採用してもらえるはずがありません。自分なりに、人間の奥深くに秘めている本能とは何だろうかと考えました。そこで自分の原点に戻り、たどり着いた答えが「自分の内面に潜む闇」の部分。そのイメージに最も近い「蛇」が頭の中に浮かんでからは、何もかもが早かったですね。役員会議で満場一致でそのデザインに決まりました。
【覚書き|スーパーカー『オロチ』のデザインを描いた当時を振り返っての発言】


古森重隆

利益の最大化だけでは企業は生きていけません。社会に貢献できる商品やサービスを提供して、それを買っていただいて収益を得る。このような形で利益と社会貢献を両立するのが一番いい。


国部毅(國部毅)

我々は3年間で4000人分の業務量を削減しようとしています。結果として、効率化で人数が将来的に減ることになるかもしれませんが、それは目的ではありません。やりたいのは、付加価値の高い業務や戦略事業領域に人員をシフトしていくことです。


木村浩一郎(経営者)

経営で最も大切なのは、「変化」に対応する力。


青木功

英語もろくにできない俺が海外でやれたのは、とにかく好奇心が強かったから。外国の選手たちのやり方が面白そうだと思うと、俺は自分ですぐに試してみた。すると相手も「バンカーショットを教わりたい」とか言ってきて、そのうち食事やツアーの移動も一緒にするほど仲良くなってね。結局、コミュニケーションは言葉じゃない。気持ちの問題。


金井誠太

性能とコストは、普通にやっていたらトレードオフです。そこを解決し、どちらも満足させる、そのために苦労するのが技術者の仕事です。彼らが山のような課題を1個1個つぶしていく傍ら、最終的な目標を見失わないとうに、「やっぱり、志を示そう」と思いつきました。まだアテンザという名前が決まっていませんので、開発コードを表題に据え、「志」として、00年に作りました。


ページの先頭へ