名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐野真之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野真之のプロフィール

佐野真之、さの・まさゆき。日本の経営者。映画製作・配給会社「アスミック・エース」社長。

佐野真之の名言 一覧

アスミック・エースでは約130人の従業員が働いており、従来は映画製作、配給、動画配信などの業務が縦割りになっていました。最近はその環境を刷新し、全組織のトップを集めて横断的に打ち合わせを行うことで、様々なシナジーを生み出しています。その取組みの結果、作品に「新しい価値」を付加することにつながり、今まではあまり世の中から受け入れられていなかったジャンルの作品を大ヒットさせることができました。


変化に富んだマーケットを相手にしているので、既存の方法や考えにとらわれず柔軟であり続けることを心がけています。映画コンテンツは年々本数が増え続けており、人気のない作品はすぐに打ち切りになってしまいます。優れた作品が埋もれて、劇場から打ち切りと言われないように、制作から宣伝、劇場公開いずれの過程においても常に社内で議論を重ねることも心がけています。


義父から譲り受けた時計を愛用しています。義父は理系の人だったので、当時の最先端の技術に興味を持っていたようです。生前、仕事に対するアドバイスをよくもらっていたんです。仕事に向かう姿勢みたいなものを学びましたね。だからこそ、大事なプレゼンや映画祭に挑むときに身につけると、義父がそばについていてくれるようで心強く、落ち着きます。


アスミック・エースは映画やアニメを中心に、1本1本の作品を職人的に作り上げてきた会社。一方、J:COM(ジュピターテレコム)は市場で何が売れるかに注目し、サービス面を軸に動画作品と向き合ってきた会社です。全然違う考え方を持つ人々が一つの企画を一緒に議論するようになり、文化と視点が混ざり合って他社にはないダイナミックな仕事につながっています。


佐野真之の経歴・略歴

佐野真之、さの・まさゆき。日本の経営者。映画製作・配給会社「アスミック・エース」社長。

他の記事も読んでみる

内田雅章

人脈を広げるには、「自分が得をしたい」という気持ちはまず脇に置いて「自分は何ができるか」という視点から、人と関わっていく姿勢を身につけること。


小林栄三

切磋琢磨できる環境を整備していく。それが今後、私たちが力を注いでいくべき仕事だ。


永井幹人(経営者)

「このビルが空きました、賃料はいくらです」ではなく、「働き方改革でこういう効果がある、だからオフィスをこのように使われたらいかがですか?」という提案をすれば我々の付加価値になる。


武藤潤(経営者)

課長や部長だった時代を振り返ると、部下に言われて一番嫌だったのが「言われたことは何でもします」という発言でした。じゃあ会社が何も言わなかったら、何もしないのかと。聞こえはいいけれど、裏を返せば何も考えていないということですよね。


山崎秀雄(経営者)

注文を受けて、100%できないというものは別にして、何でも仕事は受けるという姿勢で経営しています。まずはやってみようというのがモットーです。


井上高志

いまどき、多くの若手社員は、目の前にいくらニンジンをぶら下げられても、「自分がやりたくないことを無理をしてまでやりたくはない」と思うものです。逆に自分がやりたいことであれば、少々の困難に直面しても乗り越えようとします。自転車に乗れるようになりたい子供が、少しぐらい転んで痛い思いをしてもへこたれないのと同じです。


鈴木喬(経営者)

うちは「製造業」というより「お客様満足業」。お客様の好き、嫌いで戦っている世界です。今、生きているのが不思議ですね。毎日バクチをやってるようなもの。一寸先は闇ですよ。


田中仁(経営者)

イノベーションは常識的な人には起こりません。私が知る成功した経営者はほぼ全員、ある種の非常識人です。大手企業で出世できるような人は一人もいない。


貞方邦介

僕はよく講演会で、「あなたの夢は何ですか?」って、みんなに聞きます。「1億円プレーヤーになりたい」とか、「年商100億円の会社をつくりたい」とか、いろいろな答えが返ってきます。でも、みんなが答える夢って、たいてい仕事の夢なんです。仕事の夢ってゴールがありません。「年商100億円の~」って答えた人に、「それを達成したらどうするの?」って聞くと、「もっと大きくする」と返ってくると思います。でも、それって違うと思います。


宮田昇始

アクセラレータプログラムに参加すると、指導してくれたメンターに「ユーザーのことを把握していない」と指摘されました。僕たちは「~らしいです」「だと思います」といった曖昧な話をしていたんです。ユーザーヒアリングの重要性を叩き込まれたのはその時です。「こんな属性の人たちはこんなことに困ってるんじゃないか」と仮説を立て、ヒアリングにより事実情報を集め、検証していく作業です。あの経験がなければ、僕は事業を諦めて会社員に戻っていたと思います。


山東理二

好きな言葉は「着眼大局、着手小局」。広い視野で戦略を練る一方で、個別案件への備えも決して怠らない。経営者として、ビジネスを仕掛ける上で、とても大事な考え方だと思います。


前澤友作

会社はバンド、社員はメンバー。僕は創業以来ずっとそういう考え方です。一緒に同じ歌を歌えるか、それから仲間がその人をメンバーとして一緒に働きたいと思うか。そういう観点で採用しています。いまは約250名とかなりのビッグバンドになって、さすがに昔のように細部まで目は届きませんが、それでも統制はバッチリとれています。