名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐野真之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野真之のプロフィール

佐野真之、さの・まさゆき。日本の経営者。映画製作・配給会社「アスミック・エース」社長。

佐野真之の名言 一覧

アスミック・エースでは約130人の従業員が働いており、従来は映画製作、配給、動画配信などの業務が縦割りになっていました。最近はその環境を刷新し、全組織のトップを集めて横断的に打ち合わせを行うことで、様々なシナジーを生み出しています。その取組みの結果、作品に「新しい価値」を付加することにつながり、今まではあまり世の中から受け入れられていなかったジャンルの作品を大ヒットさせることができました。


変化に富んだマーケットを相手にしているので、既存の方法や考えにとらわれず柔軟であり続けることを心がけています。映画コンテンツは年々本数が増え続けており、人気のない作品はすぐに打ち切りになってしまいます。優れた作品が埋もれて、劇場から打ち切りと言われないように、制作から宣伝、劇場公開いずれの過程においても常に社内で議論を重ねることも心がけています。


義父から譲り受けた時計を愛用しています。義父は理系の人だったので、当時の最先端の技術に興味を持っていたようです。生前、仕事に対するアドバイスをよくもらっていたんです。仕事に向かう姿勢みたいなものを学びましたね。だからこそ、大事なプレゼンや映画祭に挑むときに身につけると、義父がそばについていてくれるようで心強く、落ち着きます。


アスミック・エースは映画やアニメを中心に、1本1本の作品を職人的に作り上げてきた会社。一方、J:COM(ジュピターテレコム)は市場で何が売れるかに注目し、サービス面を軸に動画作品と向き合ってきた会社です。全然違う考え方を持つ人々が一つの企画を一緒に議論するようになり、文化と視点が混ざり合って他社にはないダイナミックな仕事につながっています。


佐野真之の経歴・略歴

佐野真之、さの・まさゆき。日本の経営者。映画製作・配給会社「アスミック・エース」社長。

他の記事も読んでみる

阿部俊則

この業界は男社会でやってきました。半面、女性はまじめで、サボることを知らないし、体力的には弱い。だから、辞めていった女性社員がたくさんいました。しかし、それも上司次第とも言えます。店長がしっかりしているところはあまり女性社員が辞めない。だから女性を配属するときは、店長がしっかりとしているところにしますね。そうしてようやく女性支店長も4人と増えてきています。リフォームの部隊は900人のうち550人が女性です。女性ならではのきめ細やかさを求めるお客様は少なくありませんから。


アルバート・アインシュタイン

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。


水島広子

ストレスを感じている時は、「つらい」とか「悔しい」といった気持ちを「うんうん」と人に共感してもらうのが一番。聞いてもらう相手は、家族でも友人でも、あなたの感情を肯定してくれる人なら誰でもOK。ただ、相手によっては余計なアドバイスをしたり、「そうは思わない」と否定する人もいます。じつは、癒されるポイントはアドバイスではなく、ただ話を聞いてもらえること。「助言はいらないから、ただ聞いてくれるだけでいい」と予め伝えましょう。


成毛眞

もし、あなたが上司なら、誰かが何か新しいことをやろうと言いだしたら、上司としては全部OKすればいいと思います。ノーと言う必要はありません。私の元部下に聞いてもらえばわかりますが、マイクロソフト社長時代、最後には部下は私に聞くことすらしなくなりました。「どうせ『いい』って言われるから、聞く必要はない」ということだったんでしょう。そうなると部下は上司にいちいちお伺いを立てる必要がなくなって、新しいことを次々とやるようになりますから、すごい力を発揮します。


渡辺淳一

君ね、そんな正論を振りかざすまえに、酒ぐらい注いであげなさい。嫌々でも、やってみると面白いことが、いろいろわかって人間勉強になるから。
【覚え書き|上司に酒を注ぐのが嫌だという若者に対して】


藤田晋

飲み会で「羽目を外すな」と注意をするのは簡単ですが、そんな当たり前のことを言っても効果は期待できそうにない。考えた結果、羽目を外しそうな社員旅行や大勢の飲み会がある時は、酒癖の悪い人に「風紀委員のワッペン」を配ることにしました。率先して騒いだりする「トラブルの起点」になりそうな人は、あらかじめ風紀委員に指名して「取り締まる側」にしてしまう。起点そのものを事前に潰す策です。これは大きな効果がありました。


小池百合子

石油関連の仕事をしていた父は、戦後の苦しい時代を生き抜いた自立精神旺盛な人でした。私は「やれることはやりなさい」「失敗したらあなた自身のせい。責任は自分で取るものだ」と、繰り返し聞かされて育ちました。


鈴木敏文

今ある商品の販売が伸び続けている段階で次の商品開発に着手し、伸びが止まったらすぐに新しい商品を提供することが大切です。顧客はおいしいものほど飽きやすい。


リンダ・グラットン

世界を知るには、いろんな国を見たり、仕組みを学ぶだけではなく、自分と違う何かを受け入れることです。つまり、世界の一員になる必要があるのです。


大川功

創業者精神は、一言でいうたらハングリー精神やろな。負けてたまるか、一丁やったろかい、いまに見とれと。


小川義行

この事業は人が行うものですから、人材に注力している企業でなければ。


鹿島守之助

フォードが言っているように、マネジメントがよければ必ず収益は上がるものである。