佐野真之の名言

佐野真之のプロフィール

佐野真之、さの・まさゆき。日本の経営者。映画製作・配給会社「アスミック・エース」社長。

佐野真之の名言 一覧

アスミック・エースでは約130人の従業員が働いており、従来は映画製作、配給、動画配信などの業務が縦割りになっていました。最近はその環境を刷新し、全組織のトップを集めて横断的に打ち合わせを行うことで、様々なシナジーを生み出しています。その取組みの結果、作品に「新しい価値」を付加することにつながり、今まではあまり世の中から受け入れられていなかったジャンルの作品を大ヒットさせることができました。


変化に富んだマーケットを相手にしているので、既存の方法や考えにとらわれず柔軟であり続けることを心がけています。映画コンテンツは年々本数が増え続けており、人気のない作品はすぐに打ち切りになってしまいます。優れた作品が埋もれて、劇場から打ち切りと言われないように、制作から宣伝、劇場公開いずれの過程においても常に社内で議論を重ねることも心がけています。


義父から譲り受けた時計を愛用しています。義父は理系の人だったので、当時の最先端の技術に興味を持っていたようです。生前、仕事に対するアドバイスをよくもらっていたんです。仕事に向かう姿勢みたいなものを学びましたね。だからこそ、大事なプレゼンや映画祭に挑むときに身につけると、義父がそばについていてくれるようで心強く、落ち着きます。


アスミック・エースは映画やアニメを中心に、1本1本の作品を職人的に作り上げてきた会社。一方、J:COM(ジュピターテレコム)は市場で何が売れるかに注目し、サービス面を軸に動画作品と向き合ってきた会社です。全然違う考え方を持つ人々が一つの企画を一緒に議論するようになり、文化と視点が混ざり合って他社にはないダイナミックな仕事につながっています。


佐野真之の経歴・略歴

佐野真之、さの・まさゆき。日本の経営者。映画製作・配給会社「アスミック・エース」社長。

他の記事も読んでみる

永守重信

「上司の命令がなければ残業はできない」というルールを定めた。ポイントは、残業を許可制ではなく命令制にしたことだ。上役は毎朝、部下がその日に行う業務を考量し、残業が必要かどうかを判断する。どうしても必要であれば残業の命令を出すが、必要かなければ部下が残業を申請しても許可しない。こうすることで、上司は部下の仕事をきちんと管理することができ、サービス残業も防ぐことができる。これをグループ全社に徹底したら残業時間がみるみる減った。


青野慶久

僕がよく言うのは「アホはいいけど、ウソはダメ」。もし寝坊をしても、それはアホだから仕方がない。でも、寝坊したことを隠して「体調が悪くて」などとウソをつくのはダメ。僕自身、寝坊をして飛行機に乗り遅れ、海外出張から戻れなくなったことがありますが、そのときは素直に皆の前で「すみません、寝坊しました」と謝りました。


牧野正幸

その世界のトップに昇り詰めた人間は、充実していて楽しい人生を送っているというイメージを周囲に与えることが大事だと思います。憧れを抱かせるからこそ、後に続く者が現れるのです。そこに至る道の厳しさを教えるのは、憧れの後でよいのです。


小島慶子

私は労働組合の執行委員だったので、それなりに会社の制度作りに携わったりしましたけど、基本、会社員って、自分から働く環境を変えられないので、言われるがまま。自分は組織の歯車だと思い知らされるうちに、ただただ文句と悪口だけを言って過ごす……みたいになってくる。15年働いて、それをこの先20年やるのかと思ったら、それはやだな、と思ったんですね。不健全だなと。

【覚え書き|独立のきっかけについて】


東條英機(東条英機)

今、世界には冷たい風が吹き荒れているが、意気消沈してはならない。日本をおおっている暗雲はやがて晴れ、中秋の名月が拝める日は必ず再来するであろう。


林野宏

人間の能力は無限大で、生まれつきの才能の占める比率は低く、集中して努力した時間によるものと考えています。私たちの能力は限りなく大きなもので、毎日の努力の積み重ねで、その価値を膨大なものにできる。働く人々の努力、すなわち夢中力こそ、会社の貴重な財産だと思うのです。


オマル・エル=アッカド

本当にやりたい仕事と現在の仕事が直結していない人もいるかもしれません。その場合も、「特定のキャリアパスを追求していくと、違う道へのドアが閉じられてしまう」という考え方をもたないようにすることが大切。ドアが閉じられていると自分で思ってしまったら、そこで行き止まり。


福嶋康博

再挑戦する時、同じ失敗を繰り返してはいけません。失敗すると、そこには必ず失敗の原因となる問題点があります。その問題点を解決した上で、改めて挑戦するのです。それでも上手くいかなければ、別の問題点を探りだして再び行動します。3回も失敗すると「これはまずい」と本質的な間違いに気づくはずです。


高橋英樹(俳優)

時代劇で描かれる歴史上の人物というのはすごいですよ。ほとんどの人物が忘れられていく中で、いまだに名前も残っていて、業績も残っている人たちなんですから。残る人たちは何が違うかと言えば、それは人物としてのエネルギーであり、活力。国を思う心。愛。そういったものでしょうね。


徳重徹

社会の変化が激しい現代においては、実際にやってみなければわからないことがほとんどです。不確実性が高くて何が成功するかわからない状況でこそ、スピードが不可欠となってきます。だから、「60%OKでGO!」で良いのです。状況を見ながら軌道修正していく能力さえあれば、60%OKの段階でスタートすれば良い。私の感覚では、日本人が60%だと判断するレベルは、米国人なら70%、アジア人なら80%だと判断するレベルに相当すると思います。


江崎勝久

創業者であり祖父でもある江崎利一のこんな言葉があります。「商売は2×2=5(ににんが、ご)だ」。計算上は2×2=4となりますが、商売に関してその計算は当てはまりません。どれだけ発想がよくても、そこで満足してしまうと2、または3にしかならないこともあります。逆に人一倍の努力をすれば「5」つまり倍以上の成果を上げることもできるのです。


徳岡晃一郎

これから世界市場で大きな成功を収めるには、ルールメイキングを含めた対応が不可欠と言えます。社会に貢献するビジョンを描き、その実現に必要なルールづくりのために、政府をはじめとする関係機関と人脈を築き、賢くしたたかに協議をしていくこと、そして、こうしたルールメイキング戦略に取り組める人材を育成することが、日本企業に求められています。


デイビッド・マッケイ

考えを蒔いて、行動を収穫する。
行動を蒔いて、習慣を収穫する。
習慣を蒔いて、人格を収穫する。
人格を蒔いて、運命を収穫する。


坂本光司

優秀な人財を採用したり、また社内にとどまってもらうため、福利厚生が大事な要素になってきている。そうした認識は着実に広がってきています。背景にあるのは、雇用される側の意識の変化。会社の業績も大事だが、何より「自分や家族が幸せになれるかどうか」。これが会社選びの重要な基準になってきています。会社側としては、そうした変化に対応しなければ、人を集めることができない。


塩住秀夫

新しい産業の場合、最初は新規参入が相次いで競争が激しいが、2~3年たてば勝ち組と負け組がはっきりと分かれてくる。


ページの先頭へ