名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐野眞一(ノンフィクション作家)の名言

twitter Facebook はてブ

佐野眞一(ノンフィクション作家)のプロフィール

佐野眞一、さの・しんいち。日本のノンフィクション作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。音楽出版社・勁文社を経て独立。『旅する巨人』で大宅壮一ノンフィクション賞、『甘粕正彦 乱心の曠野』で講談社ノンフィクション賞を受賞。

佐野眞一(ノンフィクション作家)の名言 一覧

肝心なのは与えられた情報に右往左往して踊らされないことだ。そして「自分の視点でモノを考え、ちゃんと生きる」ことを続けて欲しい。


ノンフィクションという仕事は、言葉を失ってから始まる。そこから自分だけの言葉を紡ぎだすことができるかどうかが、本当の勝負だ。


団塊世代と言われるのはあまり好きじゃないな。一人ひとりにドラマがあるんだから、ひとくくりにはできないと思うんだ。


薄っぺらな言葉や思考から離れたいなら、自分だけの星座を見つけることだ。それには本を読み、人の言葉を聞くことだ。けれど本も人の言葉も、一つでは宇宙にならない。例えば宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を読んで感動したら、宇宙に興味をもってガモフの宇宙物理に触れてみる。賢治が旅をした樺太の歴史を調べてもいい。それらをつなげると別の物語が浮かび上がる。点の星をつなげると、星座という物語が浮かぶようにね。この星座が自分だけのコード進行になり、オリジナルで真実に迫るモノの見方に繋がっていくんじゃないかな。


佐野眞一(ノンフィクション作家)の経歴・略歴

佐野眞一、さの・しんいち。日本のノンフィクション作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。音楽出版社・勁文社を経て独立。『旅する巨人』で大宅壮一ノンフィクション賞、『甘粕正彦 乱心の曠野』で講談社ノンフィクション賞を受賞。

他の記事も読んでみる

内藤剛志

「音楽がダメなら、じゃあ、次は何で表現したらいいんだろう」って、前向きというか、次の道しか考えてなかった。だから映画へとシフトしていくのも早かった。


魔裟斗

強くなりたければ、自分の一番嫌いな練習や苦手な練習をやった方がいい。好きなことや楽なことばかりやっていたら、強くなれるわけがありません。


池井戸潤

打ち合わせも兼ねて飲むことが多い。ただ、長々と飲むことはしません。乾杯の生ビールを1杯、その後に焼酎2杯くらい。21時前には切り上げて帰ります。他の作家は深夜までやる人が多いので、僕の担当編集者は手持ち無沙汰かもしれませんね。


勝海舟

世人は、首を回すことは知っている。回して周囲に何があるか、時勢はどうかを見分けることはできる。だが、もう少し首を上にのばし、前途を見ることを覚えないといけない。


柴山政行

社員の士気は、時代に合ったコンセプトを打ち出すトップの器にかかっており、そのトップの志を上手く伝える責務はナンバーツーにあります。社員に無理難題を突き付けることになったり、ときには四面楚歌にあうかもしれません。しかし、それに打ち勝ち、人を動かしていくナンバーツーの経験は何ものにも替えがたいものです。


土屋賢二

私は、夫婦は若い頃から、いくらか距離を置くほうがいいと思います。何でも一緒にしていると、二人は仲良し夫婦だと男は思い込みますが、それは錯覚で、おそらく妻は失望の連続だと思います。距離を置いて、妻が未知の部分を持っているほうがいいと思います。自分をあけすけに話さず、謎の部分を残すのです。少し離れたところから眺めていれば、夫の欠点は見えにくくなるし、勝手な解釈で、いいイメージを持ってくれるという期待も持てます。


フラナガン裕美子

秘書の仕事は「できて当たり前」なんですね。どんな難題をこなしても、上司は褒めてくれません。だから「自分で自分を褒める」ことが不可欠。鏡を見たり、自分で自分の肩を抱いたりしながら、「よくやってる」などと褒めるのです。


山岸和実

コミュニケーションは、提案をするとき以前の、毎日の行動とつながっています。提案を通したいなら、持ちかける相手である上司と、普段から良い関係を築くこと。信頼関係の素地を作るために、ランチや夜の一杯などを通して、交流を深めておきましょう。


中本晃

当社の社是は「科学技術で社会に貢献する」です。事業を通して、仕事をしている国の国力を上げたいという思いを持っています。これからも政治体制がどうなろうとも、我々の技術を必要とする国の期待に応えられる仕事をしていきます。


神吉武司

創業当初から「利益が上がれば、社員に還元する」をモットーにしてきました。社員が幸せになってくれたら、会社はおのずとよくなります。そういう会社が増えれば、日本の国もよくなります。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

「家計の責任者の一人である」という意識を持たせるためにも、家族会議では家計簿や預貯金の残高など資産状況を家族全員に公開して議論することがポイント。


小池龍之介(小池龍照)

たとえば、会社である企画を提案し、それについて議論が行われたとしましょう。企画と自分とは別次元のもの。企画が通ったとしてもそれはあくまで企画が認められたのであって、自分が認められたということではありません。逆に、企画が通らなくても、自分が否定されたと落ち込む必要もないのです。


山田昇(ヤマダ電機)

恵まれていたら、発想も生まれてこなかっただろう。恵まれていなかったから、考えるしかなかった。


大野直竹

これからの時代をどう考えるかということを探求しておけば、そんなに大きな失敗にはつながらない。


プラユキ・ナラテボー

頑固で融通が利かない人、固定観念に縛られて変化に適応できない人は、ストレスに見舞われやすいし、既成概念にとらわれてしまって新規なアイデアも湧きにくい。一方、瞬間瞬間の出来事や体験に対して、価値判断をせずに、意図的に注意を払うことができるようになっていくと、自分のフィルターを通してではなく今ここで起こっていることをあるがままに平らかな心で受け取れるようになる。すると、どんな出来事に直面しても、自身の色メガネや既成概念にとらわれない柔軟な発想で、事態を肯定的にとらえることができ、ストレス緩和効果や創造的なアイデアの発現が促されるのである。