名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐野浩司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野浩司のプロフィール

佐野浩司、さの・こうじ。日本の経営者。機械工具専門商社・株式会社佐野の社長。

佐野浩司の名言 一覧

「人生を明るく懸命に、日々生活を生き生きと」が、私の好きな言葉です。これは当社「佐野」の社訓でもあります。会社という組織がひとつになって前に進むために不可欠な要素が詰まっているのです。


人生も、仕事も浮き沈みはつきものです。最近は不況などの苦難も、「どのように乗り越えられるか」を少しワクワクしながら考えられるようになりました。そして、この「考える」ことに、「懸命に」あるべきだと思います。ただし、考えるだけでなく、実行する必要があります。


仕事のスキルは、同僚に相談するなど本人が働きかけるだけでいくらでも高まるので、そのちょっと手を伸ばす意識が行動に結びつきさえすればいいのです。仕事は教えられるものではなく、自分で学ぶものです。


人材育成とは、仕事のスキルではなく、人間性がすべてだと思います。明るく、懸命に、生き生きと日々を過ごすことが何よりも重要です。


「懸命に考え、懸命に実行する」ことが、前に進むことにつながります。言うまでもないと思う向きもあるでしょうが、とくに若い世代にとって、なかなか難しいことのようです。そこで私は、目標を明示して、目に届くように掲示することを推奨しています。


懸命は一人一人の尺度は異なりますが、仕事に「どのくらいの時間を費やすか」が重要なわけではありません。ダラダラと仕事をしても意味がない。


全社員は新年に書初めをして、それを目の届く自宅に飾っています。目標を意識づけるためです。したためる内容は、仕事だけでなく生き方の目標です。社長室にも全社員の書初めを飾っていますが、結果の追及はしません。会社全体ではなく、あくまでも個人の目標だからです。とはいえ、必要なときには、我が子を叱るように指導しています。


佐野浩司の経歴・略歴

佐野浩司、さの・こうじ。日本の経営者。機械工具専門商社・株式会社佐野の社長。

他の記事も読んでみる

木皿泉(和泉務)

わかりやすいということは、ある意味、みんなと同じになるということですからね。「これで人と違う企画書が書ける」みたいな本を読んでいる時点でオリジナリティから遠くなってしまう。


山下泰裕

後ろを振り向かなかったからこそできた。
【覚え書き|203連勝したことを振り返っての発言】


野儀健太郎

厳しく向かわなければいけないところを向かいきれず、結局成果が上がらなくて社員が辞めてしまうという悪循環でした。正しい厳しさと勇気をもって向き合おうと、会社説明会や入社後の研修の内容も見直しました。


石浦章一

本をたくさん読みましょう。友達をたくさん作るのも悪くないですが、友達はどうしても自分と同じレベルの人が多く、勉強になる情報はあまり入ってきません。かといって、自分よりも上のレベルの人が簡単に友達になってくれるはずもありません。自分とは違うレベルの人の話を聞きたいなら、やはり書物が近道です。


守島基博

目標とする上司がいないことも、企業の沈滞ムードに追い打ちをかけている。部下は目標とする上司の背中や仕草を見て育つものだ。また目標とする上司がいないと、自分が上司になったときに部下に背中を見せる術がわからなくなる。そして悪循環が始まる。


森泉知行

私のモットーは、「巧遅(こうち)は拙速(せっそく)に如(し)かず」です。完ぺきを求めていつまでも考え込んでいては、この業界のスピードについていくことはできません。少しぐらいリスクがあっても実行し、そこから改善を重ねる。その姿勢を常に心がけています。


大喜多治年

顧客との交渉力を高めるため、品質や納期、価格などへの目配りは当然だが、デザインなどセンスの部分も含めて付加価値を上げていく。


福岡伸一

生命は常に揺らいでいます。押せば押し返しますし、引っ張れば逆に引っ張りかえそうとします。情報とエネルギーを投入し、あるとき効率がアップしたとしても、別の個所でダウンしてしまいます。


スガシカオ

(村上)春樹さんにお会いした時、「一番大切なのは文体だ」って言われたんです。言葉を扱う仕事をしているのは、小説家も音楽家も一緒ですよね。「決定的な文体を持てば、ものすごい武器になる」っていうふうに言われて、自分の文体を強く持つことを意識してやってきたところはあるんです。


鎌田和彦

先を見ようとする努力や、何年後にはこうなっていたいというビジョンを持つことは、もちろん大切だと思います。「もっと世の中に価値あるものを提供したい」とか「財務諸表以外の部分でも会社の体力を高めたい」といった抽象度の高い目標なら僕にもあります。ですが、あまり具体的なことを決めても、ときが経てばビジネス環境も、自分自身の実力も変化します。そうしたら、やりたいことも、やれる範囲も変わってくるでしょう。


恩蔵直人

いまや、様々な製品がコモディティ化しています。すなわち差別化の要素を打ち出しにくくなっているのです。従来にない、他社にないものを生み出すイノベーションが求められますが、どれほど革新的であってもニーズを的確にとらえていなければ、空振りに終わってしまうわけです。


森川宏平

今、化学業界全体が非常に良いと言われますが、この状況は非常に珍しく、何年も続くとは思っていません。その意味でも、我々が持っている13の事業で、どこが良くなり、どこが悪くなるかを1つひとつ見ていく必要があります。