名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐野末四郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野末四郎のプロフィール

佐野末四郎、さの・すえしろう。日本の技術者。「SANO MAGIC」社長。東京都出身。幼少期から船大工の父に造船技術を習う。工学院大学造船科卒業。オランダ王立造船所で大型ヨットを学ぶ。帰国後「SANO MAGIC」を設立。造船技術を使って木製の自転車を制作。国内外から高い評価を得た。

佐野末四郎の名言 一覧

自転車屋になりたくて、自転車を作っているわけじゃないですよ。祖父や父から引き継いだ技術を親しみやすい形で見てもらいたかっただけ。オレは船大工です。


本当は船が作りたい。だって私小さい頃から祖父と父に船作りを教え込まれてきたんだから。自転車をつくって得た技術もたくさんある。いつかまたその技術を活かして大型の木造艇をつくってみたい。


技術だけでは職人にはなれませんから。船を造ろうと思ったら、数学、物理学、力学は特にしっかり勉強して、船を一から造るということをきちんと論理立てて考えられるようにならなくてはいけないんです。頭も鍛える必要があります。


(マホガニーで自転車をつくったのは)世界をあっと言わせることができると思ったから。自転車はカーボンファイバーなど固い素材を使ったほうが速く走ると考えられています。でも、僕がいままで学んだり、木造船造りでの経験したりしたことに照らし合わせると、どう考えても木で造った方が速いんです。実際、カーボンより軽いマホガニーの船を造った経験がありましたし。船でできたのなら、自転車でもできるはずです。それで造ろうと思ったんですよ。


職人ってのは、本来、12、3歳で丁稚に出て、16、7歳で一人前になってなきゃならない。祖父によく言われました。「16、7歳でいっぱしになってないと、将来、本物の職人にはなれないよ」って。私は祖父の影響を強く受けていましたから、いっぱしになってやろうと頑張りましたよ。中学、高校と、学校から帰って船のことを学び、学業も怠らず、常にトップの成績をとり続けました。


リーマンショックを境に船の注文がパタリと止まってしまって……。それなら、船大工の技術を多くの人に伝えるために自転車を作ってみようと思ったんです。最初は周りに不可能だって言われた。でも、船大工は1ミリ以下の世界でモノを作りあげる技術を長い間、身につけてきた。はじめから作れるっていう自信はありましたね。


佐野末四郎の経歴・略歴

佐野末四郎、さの・すえしろう。日本の技術者。「SANO MAGIC」社長。東京都出身。幼少期から船大工の父に造船技術を習う。工学院大学造船科卒業。オランダ王立造船所で大型ヨットを学ぶ。帰国後「SANO MAGIC」を設立。造船技術を使って木製の自転車を制作。国内外から高い評価を得た。

他の記事も読んでみる

進藤晶弘

メガチップスは当初から、生産工場を持たない研究開発に特化した「ファブレスメーカー」という形態をとっていました。いまでこそ、ファブレスメーカーは当たり前になっていますが、私が起業したころは、まだまだ大企業による標準LSIの大量生産が花形でした。「生産工場を持たない会社なんて100パーセント失敗する」と言われたものです。「気が狂っている」と言われたこともあります。


横田尚哉

アイデアメモに関しては、まったくこだわりがありません。手帳の余白に書くこともあれば、付箋にメモしたり携帯やパソコンに打ち込むこともあります。食事中に思いついて、とっさにコースターの裏に書きつけることもあります。要するにアウトプットの形は何でもいいのです。アイデアメモの役割は、アウトプットする行為そのものにあるからです。


村上太一

19歳で起業してからの6年間で経験してきたものを大企業で経験できるかと言われると、確かに難しいかもしれません。経営はもちろん、テレアポも、普通は外部の業者に任せるSEO(検索エンジン最適化)対策も片っ端から専門書を読んで自前でやりました。お金がないから仕方なく自分たちでやったのですが、結果的にはそれらの経験が自分や会社にプラスになりました。


金美花

社員が幸せな会社は、誰かが運んでくるものではなくて、ここにいる全員でつくらなきゃいけない。


藤井孝一

逆説的に聞こえるかもしれませんが、アウトプットするからこそインプットもできるのです。本から読み取った内容を発信することで、他者の反応に触れ、自分とは違う考え方を取り入れることができるのです。この好循環が、本への理解を深めていきます。一人で本を読み、「わかったつもり」になるのは、浅い理解で終わる残念な読書なのです。


岩下秀麿

既知の知識の新しい組み合わせこそが、イノベーション。


入江襄

リーダーは有言実行で行くべきでしょう。だからといって、独断はいけません。いまの社会は複雑で、一人では何をするにも限界がある。そこで、組織力や人間関係をうまく活用し、よく議論したうえでの決定事項は公表して必ず実行することです。


小山昇

私は誰にはばかることなく「私はワンマン社長です」といいます。それは、社長こそ企業そのものだと考えているからです。社長のビジョンはそのまま組織のビジョンです。社長が元気なら企業も元気、社長のやる気はすなわち企業のやる気。とくに中小企業はそうですし、またそうであらねばなりません。


菊村到

仕事というものは男にとって自己表現、自己主張であり、生きることの証なんです。仕事をするということは自分を開発し発見していくことに他なりません。ですからどんな仕事にしろ受け身では仕事の中に生きがいを求めるのは無理、前向きの姿勢で意欲的に取り組んでいかなければ駄目です。仕事のための努力や苦労は、より大きな自分を育て上げるための自己投資です。


青木宣親

入団したブルワーズのキャンプが始まって4日目。監督に呼ばれて、「おまえは控え選手だ。代打、代走、守備固めで準備してくれ」と宣言されてしまったんです。まずは控えでもいい。でも、シーズンが終わるまでに絶対ひっくり返す。レギュラーを取ってやる。そういう状況にしてやると決めました。


北山節子

部下に教えたい気持ちはあるけれど、自分の仕事で手一杯で、教える余裕がない人は多いでしょう。私も、アパレルの店長をしていたときは、マンツーマン指導を導入したものの、お客様第一の現場では、指導を中断してお客様を優先すべきで、細やかな指導をするのに限界がありました。そこで私が始めたのは、「報連相ノート」を使って、スタッフに仕事の仕方を教えることでした。


山本憲明

仕事が遅い人は、自分でやったほうが速いという理由で、何でもかんでも自分でやろうとしているから遅いのです。これでは仕事が増える一方で、いつまで経っても仕事が速い人にはなれません。