名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐野恵一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野恵一のプロフィール

佐野恵一、さの・けいいち。日本の経営者。要介護者向け旅行会社「たびらく」社長。奈良県出身。同志社大学在学中、祖母との旅行をきっかけに要介護者の旅行の現実を知る。キャンパスベンチャーグランプリ全国大会に「温泉旅館への入浴介助者派遣ビジネスプラン」を応募し、経済産業大臣賞を得る。在学中から同事業を開始した。同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。要介護者の旅をサポートする活動の傍ら、様々な場所に出向きバリアフリーの重要性を説いた。そのほか、京都市観光おもてなし大使などを務めた。

佐野恵一の名言 一覧

私たちの事業で強調すべき点は、お客様に旅行を楽しんでいただくことはもちろん、お客様が旅行をとおして元気になるよう心がけていることです。


介助を受けつつも、いままで諦めていたことができるようになった。それが本人の自信につながります。あるお客様は当初一泊旅行をいやがっていたのですが、温泉に入ったら「すごく気持ちいいな」と喜ばれ、帰るころには「また行きたいな」とおっしゃいました。そして、「実は北海道にお墓があって気になっている。あんた、連れていってくれるか」とか「孫の結婚式が今度あるのだけれど、そういうものでも連れていってくれるか」と質問なさるほど、外出することに前向きになられたのです。


旅行の最後にお客様から、「佐野さん、あなたは私たちの希望よ。だから、どんなにたいへんなことがあっても、あきらめずにがんばってね」と、手を握りながらおっしゃっていただくことがあります。こうした方々の願いを裏切ることはできません。


本当は、私たちのような旅行サービスを行う会社が、ライバルになるかもしれないけれど、もっと出てくればいい。からだの不自由な人が旅行に行きたいときに行けるような社会になればいいのです。極端な話、私たちの事業が不要になるような社会が理想です。からだの不自由な人がホテルや旅館に予約電話一本入れれば自然と宿泊できるような社会、宿泊施設単独での対応がむずかしければ地域の人が介助を手伝ってくれるような社会です。


事業を始めた当初、「佐野さん、思いは分かったよ」とか「その理想はすばらしいね」といった励ましの言葉をよくいただきました。しかし、そのあとに続くのはたいてい「でも現実は……」という表現です。しばらくのあいだ「それもそうですね」と話を聞いていたのですが、いまは違います。「佐野さん、理想は分かったからさ」というようなコメントをいただいたら、「これだけは理解してもらいたい、あと5分しゃべらせてください」と堂々と言って、15分くらい話したりします(笑)。そこで黙っていてはダメなのです。押しつけるわけではないけれど、相手にしっかり理念を共有してもらうことが重要です。


私たちが最も気をつけているのは、言うまでもなく、事故です。事故のリスクはサービスの質で決まると考えています。たんに人が付いているかどうかという問題ではありません。大切なのは、同行しているスタッフがお客様のことをどれだけ理解しているか、どれだけ次の行動を予測できるか、といった点です。これができていればリスクはかなり下がる。そのほか、車椅子や杖で移動する際はどこを進めばよいのか、雨が降った場合はどうするのか、倒れたりつまずいたりした場合はどう対処すべきか、などということも考慮する必要があります。


キャンセルにもできるだけ寛大に対応しようと心がけています。わが社のお客様は旅行直前に体調を崩されることが相対的に多いという事情から、若干のキャンセル料はいただきますが、基本的にデポジットというかたちで繰り越し可能なシステムをとっています。


株式会社となって4年を過ぎていますが、その間のお客様のリピート率は83パーセントです。14回ご利用いただいているお客様もいらっしゃいます。リピート客が多いといっても、初めは、これが最後の旅行だと思って申し込まれる方がほとんど。でも、一度旅行を経験すると自信がついて、「また行きたい」という思いがふくらむようです。それに、私たちスタッフがたんに介助をするというだけではなく、第二の家族のように接することを心がけていることも、プラスに働いているのでしょう。私たちが家族のように接するからこそ、安心してお一人で参加される方が大半なのです。


最初は営利事業というより、ボランティアでした。しかし、ボランティアにはいろいろと問題の多いことが、次第に分かってきた。たとえば、事故が生じた際の責任の所在が不明確で、派遣元の組織ではなく、トラブルを起こした個人が裁判で訴えられるケースもある。また、ボランティアとはいえ、同行する人数分の旅費を支払う必要がある。一方、サービスの利用者は、金銭を払っていないからとボランティアに気兼ねして、本当に行きたい所に行くのを我慢してしまうのです。旅行サービスをきちんと続けるには、有償の事業にしなければいけないと悟りました。


私たちのやっていることは旅行業ですが、家族やデイサービス、老人ホームなどの限られた人間関係の中だけで生活している要介護者に対して、社会とのつながりという感覚や非日常性を与えるお手伝い、ひいては家族全体を幸せにするお手伝いをさせていただいているものと自負しています。


旅は最高のリハビリです。「心が動くと体が動く」ということをすごく感じます。不思議なようですが、お客様が元気になっていく様子が、本当に目に見えて分かるのです。ほとんど歩けなかった人が少し歩けるようになる、なかには階段まで上がる人もいる。自力で立てなかった人が一瞬だけれども立つ。ふだん食事をとりたがらない人が懐石をぺろつと平らげる。五年ものあいだ五日に一回、摘便(てきべん)していた人が、温泉に入ったら自然と便が出るようになる。三年くらい声が出なかった人が、最後に帰る際、「ありがとう」と言う。


私たちは六年前から行政に先駆けて京都にバリアフリー観光案内所を設けており、車椅子の無料貸出を行う一方、「車椅子で観光できるお寺や神社」とか「ストレッチャーや酸素ボンベを借りることのできる場所」などの情報を提供しています。こういう情報が分かれば、車椅子の人にとって非常に助かるのです。当初はこの無料サービスに対する理解がなかなか得られなかったのですが、最近は行政の理解も進み、京都市の政策に反映されるようになりました。私は同市のバリアフリー観光相談事業にも協力しています。


佐野恵一の経歴・略歴

佐野恵一、さの・けいいち。日本の経営者。要介護者向け旅行会社「たびらく」社長。奈良県出身。同志社大学在学中、祖母との旅行をきっかけに要介護者の旅行の現実を知る。キャンパスベンチャーグランプリ全国大会に「温泉旅館への入浴介助者派遣ビジネスプラン」を応募し、経済産業大臣賞を得る。在学中から同事業を開始した。同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。要介護者の旅をサポートする活動の傍ら、様々な場所に出向きバリアフリーの重要性を説いた。そのほか、京都市観光おもてなし大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

ジョギングでも立ち止まっちゃうと、もう一度、走り出すのがすごくつらくなるよね。歩くようなペースでもいいから、足を運びながら呼吸を整えるほうがいい。仕事の合間の休憩も同じで、心も体も完全に休ませるのは大間違い。ふーっと脱力するのは家に帰ってからにしよう。


堀場雅夫

「論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる」。この三条件を満たしているなら、たとえ上司が反対しても突き進むべきだ。


スティーブ・ヴァンアンデル

どの国でビジネスを行うにせよ、最も大事なのは基本的な理念だと私は考えています。基本理念はどこの国に行っても適用可能なはずです。


田中宏司

まず現場における行動基準を周知徹底し、社内でコンプライアンスの遵守とフォローアップの体制を整備すること。そして、地道にかつ適正にコンプライアンス経営を実践し続けることにより、はじめて社会からの信頼が得られる。


中西哲生

名古屋グランパスエイトに入団して、才能豊かな選手と自分の実力の差に圧倒されました。当初はスタメンではなく、ベンチに座っていることもしばしば。この状況を覆したのは「うまくいかないときこそ成長するチャンス」という発想です。一流の選手より才能で劣る自分がどうすればピッチに立てるか、必死に考えました。サッカーの花形はシュートを決めたり、そのアシストをしたりすることです。けれどサッカーも企業と同様、全員が花形の仕事をするわけではありません。そこで僕が心がけたのは、なるべく早く前の選手に正確にパスすること。「チームへの貢献」にフォーカスしたのです。加えてケガをせず、ミスを減らして、安定したプレーをし続けること。これらが実現できれば試合に出られるとわかっていたので、ベンチにいる日も落胆することなく、やり抜くことができたのです。


前澤友作

今期から昼ご飯を食べずに6時間、集中して働く体制に変えました。8時間労働に縛られ、ダラダラ働く習慣が世の中に蔓延していると常々感じていました。残業を減らそうという動きがありますが、そもそもネガティブで革新性がありません。無駄を省き、集中力を発揮すれば、3時間労働ですらいいと思っています。私たちは働き方そのものを変える会社を目指しています。


安宅和人

分岐点になるポイント(イシュー)は必ずあると信じて、探そうとする姿勢が大事。強引でいいから仮説を立てて、検討すべきです。


高篠静雄

私たちの職場には「遊び部隊」と呼ばれる人たちがいました。旋盤や板金などの技術を持ち、何でも作ってしまう3人のおじさん職人です。彼らに頼み、私たちはアイデアをすぐに形にしていました。


田久保善彦

何を実現させるために学ぶのかという原点に、きちんと向き合うことが大事。


千田琢哉

顧客へのお礼のハガキで私がお勧めするのが、太字のマジックで書くことです。太いマジックを使えば多くは書けないので、いきなり本題から入れますし、丁寧に書けば、字に自信のない人でも味のある字になります。長いあいさつ文を達筆で書かれるより、太いマジックで三行ほどポン!と書かれている方が時間泥棒にもならず記憶に残ります。形式から外れているかもしれませんが、それでクレームを受けたことは一度もありません。


櫻川七好

太鼓持ちはお客様を「ヨイショ」しますが、よくいう「ゴマスリ」とは違うんですよ。たとえば、ご贔屓の旦那がベンツを買ったとしましょうか。「さすがですね。羨ましい」と、お追従をいうのは誰でもできるので、つまらない。そこで、「ときに、ベンツって、タイヤは4つ、ちゃんとついているんですか?」と、ボケてみせたりするわけです。すると旦那は「馬鹿だね、おまえは。よし、それじゃ今度乗せてやるから、よく見てみろ」といった具合に返すので、会話が弾む。相手を持ち上げるだけでなく、ときには軽妙なユーモアを交えて、ほどよい塩梅で相手を落とすのも、トークのスパイスになる。それがヨイショのツボで、互いに胸襟を開いた関係になる。


枡野俊明

上司や部下に「どうも反りが合わない」と感じたら、尊敬できる面を探し、相手より先に褒めることです。褒められて嫌な人はいません。それどころか、褒めてくれた相手の長所を見ようとするものです。