佐野恵一の名言

佐野恵一のプロフィール

佐野恵一、さの・けいいち。日本の経営者。要介護者向け旅行会社「たびらく」社長。奈良県出身。同志社大学在学中、祖母との旅行をきっかけに要介護者の旅行の現実を知る。キャンパスベンチャーグランプリ全国大会に「温泉旅館への入浴介助者派遣ビジネスプラン」を応募し、経済産業大臣賞を得る。在学中から同事業を開始した。同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。要介護者の旅をサポートする活動の傍ら、様々な場所に出向きバリアフリーの重要性を説いた。そのほか、京都市観光おもてなし大使などを務めた。

佐野恵一の名言 一覧

私たちの事業で強調すべき点は、お客様に旅行を楽しんでいただくことはもちろん、お客様が旅行をとおして元気になるよう心がけていることです。


介助を受けつつも、いままで諦めていたことができるようになった。それが本人の自信につながります。あるお客様は当初一泊旅行をいやがっていたのですが、温泉に入ったら「すごく気持ちいいな」と喜ばれ、帰るころには「また行きたいな」とおっしゃいました。そして、「実は北海道にお墓があって気になっている。あんた、連れていってくれるか」とか「孫の結婚式が今度あるのだけれど、そういうものでも連れていってくれるか」と質問なさるほど、外出することに前向きになられたのです。


旅行の最後にお客様から、「佐野さん、あなたは私たちの希望よ。だから、どんなにたいへんなことがあっても、あきらめずにがんばってね」と、手を握りながらおっしゃっていただくことがあります。こうした方々の願いを裏切ることはできません。


本当は、私たちのような旅行サービスを行う会社が、ライバルになるかもしれないけれど、もっと出てくればいい。からだの不自由な人が旅行に行きたいときに行けるような社会になればいいのです。極端な話、私たちの事業が不要になるような社会が理想です。からだの不自由な人がホテルや旅館に予約電話一本入れれば自然と宿泊できるような社会、宿泊施設単独での対応がむずかしければ地域の人が介助を手伝ってくれるような社会です。


事業を始めた当初、「佐野さん、思いは分かったよ」とか「その理想はすばらしいね」といった励ましの言葉をよくいただきました。しかし、そのあとに続くのはたいてい「でも現実は……」という表現です。しばらくのあいだ「それもそうですね」と話を聞いていたのですが、いまは違います。「佐野さん、理想は分かったからさ」というようなコメントをいただいたら、「これだけは理解してもらいたい、あと5分しゃべらせてください」と堂々と言って、15分くらい話したりします(笑)。そこで黙っていてはダメなのです。押しつけるわけではないけれど、相手にしっかり理念を共有してもらうことが重要です。


私たちが最も気をつけているのは、言うまでもなく、事故です。事故のリスクはサービスの質で決まると考えています。たんに人が付いているかどうかという問題ではありません。大切なのは、同行しているスタッフがお客様のことをどれだけ理解しているか、どれだけ次の行動を予測できるか、といった点です。これができていればリスクはかなり下がる。そのほか、車椅子や杖で移動する際はどこを進めばよいのか、雨が降った場合はどうするのか、倒れたりつまずいたりした場合はどう対処すべきか、などということも考慮する必要があります。


キャンセルにもできるだけ寛大に対応しようと心がけています。わが社のお客様は旅行直前に体調を崩されることが相対的に多いという事情から、若干のキャンセル料はいただきますが、基本的にデポジットというかたちで繰り越し可能なシステムをとっています。


株式会社となって4年を過ぎていますが、その間のお客様のリピート率は83パーセントです。14回ご利用いただいているお客様もいらっしゃいます。リピート客が多いといっても、初めは、これが最後の旅行だと思って申し込まれる方がほとんど。でも、一度旅行を経験すると自信がついて、「また行きたい」という思いがふくらむようです。それに、私たちスタッフがたんに介助をするというだけではなく、第二の家族のように接することを心がけていることも、プラスに働いているのでしょう。私たちが家族のように接するからこそ、安心してお一人で参加される方が大半なのです。


最初は営利事業というより、ボランティアでした。しかし、ボランティアにはいろいろと問題の多いことが、次第に分かってきた。たとえば、事故が生じた際の責任の所在が不明確で、派遣元の組織ではなく、トラブルを起こした個人が裁判で訴えられるケースもある。また、ボランティアとはいえ、同行する人数分の旅費を支払う必要がある。一方、サービスの利用者は、金銭を払っていないからとボランティアに気兼ねして、本当に行きたい所に行くのを我慢してしまうのです。旅行サービスをきちんと続けるには、有償の事業にしなければいけないと悟りました。


私たちのやっていることは旅行業ですが、家族やデイサービス、老人ホームなどの限られた人間関係の中だけで生活している要介護者に対して、社会とのつながりという感覚や非日常性を与えるお手伝い、ひいては家族全体を幸せにするお手伝いをさせていただいているものと自負しています。


旅は最高のリハビリです。「心が動くと体が動く」ということをすごく感じます。不思議なようですが、お客様が元気になっていく様子が、本当に目に見えて分かるのです。ほとんど歩けなかった人が少し歩けるようになる、なかには階段まで上がる人もいる。自力で立てなかった人が一瞬だけれども立つ。ふだん食事をとりたがらない人が懐石をぺろつと平らげる。五年ものあいだ五日に一回、摘便(てきべん)していた人が、温泉に入ったら自然と便が出るようになる。三年くらい声が出なかった人が、最後に帰る際、「ありがとう」と言う。


私たちは六年前から行政に先駆けて京都にバリアフリー観光案内所を設けており、車椅子の無料貸出を行う一方、「車椅子で観光できるお寺や神社」とか「ストレッチャーや酸素ボンベを借りることのできる場所」などの情報を提供しています。こういう情報が分かれば、車椅子の人にとって非常に助かるのです。当初はこの無料サービスに対する理解がなかなか得られなかったのですが、最近は行政の理解も進み、京都市の政策に反映されるようになりました。私は同市のバリアフリー観光相談事業にも協力しています。


佐野恵一の経歴・略歴

佐野恵一、さの・けいいち。日本の経営者。要介護者向け旅行会社「たびらく」社長。奈良県出身。同志社大学在学中、祖母との旅行をきっかけに要介護者の旅行の現実を知る。キャンパスベンチャーグランプリ全国大会に「温泉旅館への入浴介助者派遣ビジネスプラン」を応募し、経済産業大臣賞を得る。在学中から同事業を開始した。同志社大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。要介護者の旅をサポートする活動の傍ら、様々な場所に出向きバリアフリーの重要性を説いた。そのほか、京都市観光おもてなし大使などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤綾子(心理学者)

トップに立つ人ほど、感情コントロールの訓練が必要です。トップはつい「自分はエライ」という強い自意識を持ちがちですが、その傲慢な感情をコントロールしないと、正確な情報を聴き取ることはできません。


井上智洋

安心材料といえるかどうかわからないですけど、ある新しい技術が出てきて、それが今ある仕事にとって代わるまではけっこう時間がかかるものなんです。スーパーのレジなんかはセルフレジにする技術はすでにあるけれども、消費者が対応できず、ついつい人間がいるレジに並んじゃう。あるいは経営者が面倒臭がってセルフレジを導入しないとか、いきなり変わるということではなく猶予はあるので、その間に考えるのも手です。


平井伯昌

自己成長を促す環境を与えることがコーチの役目だと思っています。モチベーションが上がり、能動的な態度が見えた時こそ、ステップアップできるチャンスです。コーチは選手の変化を見逃さず、指導内容を調整することが大事になります。


ジョン・A・ソルハイム

「PINGの商品サイクルには一貫性がない」という声もよく聞かれますが、これこそがPINGのモノ作りに対するこだわりであり、新製品に関して、前作の性能を超える最高の結果、最高の評価が出たときにだけ発売しているため、それ故に商品サイクルなどはなく、新製品に関して絶対の自信を持って発売しているのです。


高橋恭介(経営者)

終身雇用の中で何となく年功制で賃金を決める時代は終わった。これからの経営者には、合理的な制度に基づいた人事評価が求められる。


高萩昭範(髙萩昭範)

日本から来た名も無いベンチャーに、業界トップブランドの企業が目を付けるのだから、アメリカとはすごい国だと実感しました。


木村英文(木村飲料)

「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】


ピーター・ドラッカー

引退する人々は経験も知識も豊富です。彼らが引退して地方に隠居してしまうようではつまらない。私はこういった人たちにコンサルタント業を勧めている。新しいビジネスチャンスが何かをつかむきっかけになる。


木村尚敬

大義も使命感もなく、単に「偉くなりたい」人は、人の上に立つ資格はありませんし、誰もついてきません。出世はあくまでも、会社の将来のために骨を折った「結果」であるべきだし、仮に出世を目標とする場合も、「上のポジションに就いていなければ、やるべきことを成し遂げられない」場合に限定すべきだと思います。


チャップリン

新聞売り子、印刷工、おもちゃ職人、ガラス職人、診療所の受付などなどと、あらゆる職業を転々としたが、その間もシドニィ(兄)と同様、俳優になるという最終目標だけは、一度として見失わなかった。だから、仕事の合間には、靴を磨き、服にブラシをかけ、きれいなカラーをつけて、ストランドに近いベドフォード・ストリートのブラックモア俳優周旋所へ定期的に顔を出していた。それは服がボロボロになって、とても人前には出られなくなるまで続いた。


田中孝司(経営者)

他社との競争に追いつくために、自分で目標を設定し、自律的に動いていく組織づくりに着手しました。まず、ポストの数が多すぎたので部長クラスを2割削減し、組織をスリム化しました。部長以上は給与も、KPI(重要業績評価指標)と完全連動する業績連動型に変更しました。それまでは、中間層が育っておらず、指示待ちをする上司が仕事を部下にぶん投げる、部下も上司にぶん投げるという構図だったのです。組織改革でだんだんアグレッシブさは出てきたと思います。


落合寛司

西武信金は自分たちを「お客様支援センター」と位置付けています。そのため取引先の課題の解決をお手伝いする総合コンサルティングに注力しています。専門家とのネットワークを構築し、取引先の様々な悩みを解決する。この方針を掲げたのは10年以上前のことですが、今その成果が出てきています。


三谷宏治

ある会社の人事部が「使える新人」と「使えない新人」を分けるポイントを社内調査したところ、使えると言われた新人は皆、子供のころから親の手伝いをしており、使えない新人は手伝いをしたことがないという結果が出ました。つまり、小さいころお手伝いをしていたかどうかが使える人材かどうかを分けるということです。


川端裕

わからずやの上司や、完全に仕事へのやる気を失っている上司がいて、それがボトルネックになってしまっている場合でも、上司の立場に立ってモノを考えるという姿勢は崩してはいけません。たとえば、その人が仕事ではなく家での時間を大切にしているということがわかったら、提案も「あなたの仕事が楽になって、家に早く帰れます」というところを強調して説得すればいいのです。


やましたひでこ

人生には、モノが増えて混乱したり、停滞する時期がある。そこで自分を責める必要はない。そんな混乱や停滞を自分自身の選択、決断で乗り切っていくプロセスこそが人生の面白さ。存分に楽しんでほしい。


ページの先頭へ