名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐野健一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐野健一のプロフィール

佐野健一、さの・けんいち。日本の経営者。「ビジョン」社長。鹿児島県出身。高校卒業後、光通信に入社。営業マネージャー、関西支店長、名古屋支店長、直販事業部長、テレマーケティング事業部長、OA機器事業部長、代理店統括事業部長などを務めたのちビジョンを設立。同社を東証一部に上場させた。

佐野健一の名言 一覧

ビジネスのヒントは、いつも日常にあるもの。大切なのは、自分で感じた疑問や不安を、何かのヒントだと気がつくかどうか。


技術革新のスピードが著しい通信の世界では、時代の流れを読むことが肝要。


日本の状況が混沌とした中で、我々企業は永続的に発展するために世界に出ていかなければいけない、それも運命であり、チャンスだと捉えた。


今は目立つ不安要素はありませんが、ないこと自体がリスクだと思っています。常に新しいことにチャレンジし、事業を拡大していきたい。


新たなテクノロジーを駆使しながら、お客様のご要望にお応えしていく。そして価格競争力が圧倒的にある状態をつくり出すのが重要なポイント。


事業アイデアの一番の源泉はお客様の声。アンケートをとると2万件くらい回答していただけますから、その中で困っていることが出てきます。個人の生の声にリーチできるのは強み。


世界的にみると意外と競合が少ないんです。複数社が提供していることでサービスの広まる速度が速まりますから、競合がいて欲しいです。1社で広げるのが一番難しいですから。


日頃からコミュニケーションを取って信頼関係を作る。嘘をつかない。双方の利益を考えて行動する。こうした原理原則さえ守っていれば、アジアでも、欧米でも、どこへ行っても成功できる。


(ビジネスにおける)国境の壁なんて、思っているほど高く、険しいものではありません。ちょっと指で押す程度で、音を立てて崩れてしまうかもしれませんよ。


大切なのは「私という人間がどんな人物なのか」「どんな思いを持ってこのビジネスに取り組んでいるか」という点を、明確なメッセージを込めて相手に伝えること。英語がうまくなくても、日本語で十分伝わるもの。


元々、いつかは起業したいと思っていたんです。起業にあたっては、まず営業を磨かないといけないと考え、東京で光通信という会社に入社しました。ただ、入社した時には人と話すのが苦手で、それを克服するところからのスタートでした。


私たちは当初、アジア地域最大級の通信会社であるシンガポール・テレコムや、アメリカのベライゾンに、このビジネスプランを持ちかけ、契約を成立させてきました。世界上位の通信会社を最初に取り込めば、他国の通信会社も契約を断る理由がなくなります。短期間で200か国以上の国・地域にサービス網が構築できた裏には、こんな駆け引きもあったのです。


私の場合は、通信一筋にビジネスを続けてきて、通信の世界で起きていることに敏感であったことが発想のポイントです。もし私に、通信に関する専門性がなかったら、「海外でスマホを使うのは、何かと不便」という印象を持つだけで、ビジネスに結びつけようとする発想はおそらく生まれなかったでしょう。新しいビジネスを見つけるためには、視野を広く持つと同時に、自分の専門領域を極めていることも重要。


創業期にブラジルやペルーの人たちと一緒に仕事をしたことは、私にとって貴重な経験となりました。外国人を相手にビジネスをすることにまったく抵抗感がなくなったからです。確かに日本人とブラジル人とでは、性格も慣習もまったく違います。けれども、同じ人間なのですから、人としてやっていいことと悪いことといった、根本的なベースは同じです。育ってきた国が違っていたとしても何ら問題ありません。ですから当社では、採用は国籍で区別しないことをルール化しています。現に社内では、韓国や中国、台湾など複数か国出身の社員が何十人も働いています。取り組んでいる事業は国内向けでも、採用はずっとグローバルだったのです。


海外の通信会社とのやり取りには言葉の壁もありましたが、日本でお付き合いしている大手通信会社と、通信のロジックに関しては共通でした。「日本企業」であることに加え、当社がソフトバンクさんのトップディストリビュータークラスの会社ということで興味や安心感を持っていただけたことなどもあって、実現に近づいていきました。既存事業で積み上げてきたことが奏功した形です。


佐野健一の経歴・略歴

佐野健一、さの・けんいち。日本の経営者。「ビジョン」社長。鹿児島県出身。高校卒業後、光通信に入社。営業マネージャー、関西支店長、名古屋支店長、直販事業部長、テレマーケティング事業部長、OA機器事業部長、代理店統括事業部長などを務めたのちビジョンを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

成田和幸

目先ばかりに囚われて、軸を乱してはいけない。


押井守

僕には友人と呼べる人はひとりもいない。けれど、仕事仲間ならたくさんいる。友人などほしいとも思わない。仕事仲間がいれば、それで十分だ。世間があまりに美しい虚構の友情を若者たちに押し付けるから、どうしても友人の少ない人間はどこか欠陥人間のような見方をされてしまう。そしてその傾向は、近年ますます強くなっているようだ。損得勘定で動く自分を責めてはいけない。無償の友情とか、そんな幻想に振り回されてはいけない。そうすれば、この世界はもう少し生きやすくなる。


有森裕子

スタート時点で、本当は結果がほとんどわかるんです。
【覚書き:レースまでの努力の積み重ねと、その日のコンディションによって本番のレース結果があらかた予測できるという趣旨の発言。】


ビリー・ブランクス

俺をタフな男に変えたのは空手との出会い。肉体だけでなく内面が変わらなければ、本当に強いカラダは手に入らない。


渡邊五郎

私も、高い志を真ん中に持ち、心の背筋が伸びた人間でありたい。そうした目指す人間像を表す「いごっそう」という言葉を生んだ土佐を故郷に持てたことを誇りに思っています。


田中靖浩

赤字と黒字の分かれ目である損益分岐点は、押さえておくべき数字です。しかし、分数や比率で伝えられても、仕事にどう結び付くのか、重大さを認識しにくいものです。そこで、ある会社では、損益分岐点を日付で表現しています。毎日、売上とコストを累積計算し、「今年は、本日○月×日でやっとコスト回収完了。去年より△か月も遅かった」などと公開するのです。子のように工夫すれば、一人一人がコストの重みを共有でき、改善の余地も増すに違いありません。


原田曜平

高速回転するトレンドを企業が捉えるには、徹底した若者研究が必要だ。


板東浩二

(経営危機のとき)社員全員が「営業」し、求められているサービスや料金を追求することで新規会員を獲得した。


小笹芳央

人間とは社会的な生き物で、万人が人との関係性の中で生きています。人間という字は、「人」の「間」に生きるという存在であり、自分ひとりでは何もできません。


金森努

不得意な分野だからといって大きなチャンスを見逃すのはもったいない。弱点の裏にチャンスが隠されている事例はいくつもある。


村田昭治

過去の常識はこれからの非常識という感覚をもって、企業の原点を本気で考え直すとき。


澤田秀雄

人間ですから、どんな人でも怒られたらへこたれますよ。でも、「なにくそ!」と「めげながらも頑張る」こと。こういう人は成長します。