佐野健一の名言

佐野健一のプロフィール

佐野健一、さの・けんいち。日本の経営者。「ビジョン」社長。鹿児島県出身。高校卒業後、光通信に入社。営業マネージャー、関西支店長、名古屋支店長、直販事業部長、テレマーケティング事業部長、OA機器事業部長、代理店統括事業部長などを務めたのちビジョンを設立。同社を東証一部に上場させた。

佐野健一の名言 一覧

ビジネスのヒントは、いつも日常にあるもの。大切なのは、自分で感じた疑問や不安を、何かのヒントだと気がつくかどうか。


技術革新のスピードが著しい通信の世界では、時代の流れを読むことが肝要。


日本の状況が混沌とした中で、我々企業は永続的に発展するために世界に出ていかなければいけない、それも運命であり、チャンスだと捉えた。


今は目立つ不安要素はありませんが、ないこと自体がリスクだと思っています。常に新しいことにチャレンジし、事業を拡大していきたい。


新たなテクノロジーを駆使しながら、お客様のご要望にお応えしていく。そして価格競争力が圧倒的にある状態をつくり出すのが重要なポイント。


事業アイデアの一番の源泉はお客様の声。アンケートをとると2万件くらい回答していただけますから、その中で困っていることが出てきます。個人の生の声にリーチできるのは強み。


世界的にみると意外と競合が少ないんです。複数社が提供していることでサービスの広まる速度が速まりますから、競合がいて欲しいです。1社で広げるのが一番難しいですから。


日頃からコミュニケーションを取って信頼関係を作る。嘘をつかない。双方の利益を考えて行動する。こうした原理原則さえ守っていれば、アジアでも、欧米でも、どこへ行っても成功できる。


(ビジネスにおける)国境の壁なんて、思っているほど高く、険しいものではありません。ちょっと指で押す程度で、音を立てて崩れてしまうかもしれませんよ。


大切なのは「私という人間がどんな人物なのか」「どんな思いを持ってこのビジネスに取り組んでいるか」という点を、明確なメッセージを込めて相手に伝えること。英語がうまくなくても、日本語で十分伝わるもの。


元々、いつかは起業したいと思っていたんです。起業にあたっては、まず営業を磨かないといけないと考え、東京で光通信という会社に入社しました。ただ、入社した時には人と話すのが苦手で、それを克服するところからのスタートでした。


私たちは当初、アジア地域最大級の通信会社であるシンガポール・テレコムや、アメリカのベライゾンに、このビジネスプランを持ちかけ、契約を成立させてきました。世界上位の通信会社を最初に取り込めば、他国の通信会社も契約を断る理由がなくなります。短期間で200か国以上の国・地域にサービス網が構築できた裏には、こんな駆け引きもあったのです。


私の場合は、通信一筋にビジネスを続けてきて、通信の世界で起きていることに敏感であったことが発想のポイントです。もし私に、通信に関する専門性がなかったら、「海外でスマホを使うのは、何かと不便」という印象を持つだけで、ビジネスに結びつけようとする発想はおそらく生まれなかったでしょう。新しいビジネスを見つけるためには、視野を広く持つと同時に、自分の専門領域を極めていることも重要。


創業期にブラジルやペルーの人たちと一緒に仕事をしたことは、私にとって貴重な経験となりました。外国人を相手にビジネスをすることにまったく抵抗感がなくなったからです。確かに日本人とブラジル人とでは、性格も慣習もまったく違います。けれども、同じ人間なのですから、人としてやっていいことと悪いことといった、根本的なベースは同じです。育ってきた国が違っていたとしても何ら問題ありません。ですから当社では、採用は国籍で区別しないことをルール化しています。現に社内では、韓国や中国、台湾など複数か国出身の社員が何十人も働いています。取り組んでいる事業は国内向けでも、採用はずっとグローバルだったのです。


海外の通信会社とのやり取りには言葉の壁もありましたが、日本でお付き合いしている大手通信会社と、通信のロジックに関しては共通でした。「日本企業」であることに加え、当社がソフトバンクさんのトップディストリビュータークラスの会社ということで興味や安心感を持っていただけたことなどもあって、実現に近づいていきました。既存事業で積み上げてきたことが奏功した形です。


佐野健一の経歴・略歴

佐野健一、さの・けんいち。日本の経営者。「ビジョン」社長。鹿児島県出身。高校卒業後、光通信に入社。営業マネージャー、関西支店長、名古屋支店長、直販事業部長、テレマーケティング事業部長、OA機器事業部長、代理店統括事業部長などを務めたのちビジョンを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

安藤忠雄

一番の大きな問題は、東京に一極集中していることです。みんな東京へ行ってしまう。でも、日本は東京だけで成り立っているわけではありません。それぞれの地域に、その地域のよさを持った街をつくり、企業はそこで育っていかないといけない。


ダン・ケネディー

私はこれまで、それが何であっても「やり方がわからないから、はじめるのをよそう」と思ったことは一度もない。そして、「誰だって、何でもできるようになる。プロにだってなれるのだ」と確信するにいたった。


井深大

企業にとって重要なのは発明より革新なのだ。その革新は実はたわいのない夢を大切にすることから生まれる。
【覚書き|ソニー発展の起爆剤になったトランジスタラジオの開発について振り返った時の言葉】


笠真一

何でもいいから、まず自分の得意技を磨くことが大切です。「声が大きい」という特技でもいいのです。事実、ファストフード業界で声が大きいことは、何よりのスキルですし、私自身もそれで認められたようなものですから(笑)。


大崎洋(大﨑洋)

こういう、業際というか、業界と業界の境目がなくなりつつあるような時代ですから、きちんと線を引こうとするのではなく、むしろいろんなものを放り込んで、雑多なものが竜巻のようにこんがらがりながら昇っていくイメージ。そういうものが、企業にしろ、組織にしろ、劇場にしろ、映画祭のようなイベントにしろ、場の在り方として一番いいのだと思います。そういう場から、楽しくて、面白くて、いままで想像もできなかった新しいものが生まれてくるんです。


本広克行

大事なのは、監督がゆとりを持っていること。そして、一緒に話をして、笑って、共感していくこと。一見、無駄に思える時間が、面白いものをつくり出す下地になる。


佐藤優

どんな組織や会社にも、1人くらいは師として学ぶべき人はいるはず。それでもなかなか見当たらないという人は、自分自身の人生の方向がハッキリしているか、目標があるかを問いただしてみましょう。たとえば自分はこの会社で管理職として進み、将来会社の経営などに関わることを目標とするのか、それとも専門職として自分のペースで仕事をしていく方向を目指すのか、あるいは独立するのか。方向性と目標がしっかりしていれば、おのずと学ぶべき人が現れてくるはず。


浅野悦男(農業)

「野菜を売る」んじゃダメなんですよ。作っている人ごとファンになってもらわないと、「もっと安く作ります」「もっと早く納品します」という競争相手に、簡単に代わられてしまいます。


江上剛

話すときはわかりやすい言葉を使うことが肝心です。銀行には「期中平均残高」「乖離幅」など独特の業界用語があります。こういう用語を使って、支店の全体会議を開いたらどうなるか。上司は同じ銀行員だから話は伝わると思い込んでいますが、ほとんど伝わらないというのが実態です。


岡敦

実のところ、生き方に迷ったり悩んだりした時に、本を読んで助かったことなんてないような気がします。どちらかというと、生きて経験を積むと、昔読んでも分からなかった本が少し理解できるようになる。だから、本を読むと人生の役に立つというより、生きていることが、本を読むのに役立つんですよ。


小松万希子

私も覚悟を決めて、目の前のできることをひとつひとつ進めていくことだけを考えました。

【覚え書き|リーマンショック時の業績悪化を振り返って】


工藤啓

企業と組む時は、相手のポジションやニーズに合わせることを強く意識します。例えば、企業側が広報部主導であれば、活動が社会に広く認知される方法を提案する。目標達成を重視する風土の企業であれば、数値目標を達成することを第一にして動きます。


岩田松雄

最初から、世のため、人のためというような高い志を持つ必要はありません。ミッションも徐々に進化、成長させていけばいい。


マーガレット・サッチャー

私はコンセンサス(関係者の意見の一致をはかること)というものは、さほど重要なものであるとは思いません。あれは時間の浪費の原因のようなものですから。


山田昭男

女性社員には、子どもを生んだら三年間の育児休暇を与えている。これも日本で一番長いはずだ。ルール上、三年ごとに六十七歳まで出産し続けたら、会社にまったく出社しないで退職金をもらうことができる。これも女性社員が喜んでくれる。だから子どもを生んだあとも、ほとんどの人が復帰して働いている。


ページの先頭へ