名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤B作の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤B作のプロフィール

佐藤B作、さとう・びーさく。日本の俳優。福島県出身。早稲田大学商学部在学中に演劇サークル「劇団木霊」に参加。同大学中退後、「劇団東京ヴォードヴィルショー」を結成。舞台、テレビドラマ、映画、バラエティ番組で活躍。

佐藤B作の名言 一覧

オレは大した才能があるとは思わない。劇団を40年間続けられたのはいろんな才能のある人と出会えたから。最高に感謝してますね。


佐藤B作の経歴・略歴

佐藤B作、さとう・びーさく。日本の俳優。福島県出身。早稲田大学商学部在学中に演劇サークル「劇団木霊」に参加。同大学中退後、「劇団東京ヴォードヴィルショー」を結成。舞台、テレビドラマ、映画、バラエティ番組で活躍。

他の記事も読んでみる

和田完二

いまや私の喜びと楽しみは、人生の果てしない夢を追うことと、その夢の実現に突進することだけになった。


似鳥鶏

声が大きい攻撃的な人ときちんと論証する人が争うと、前者が勝ってしまう。そして、多数が支持した意見は正しいとされるのが、民主主義の恐ろしいところ。独裁者だって、最初は人気者の顔をしてやってきます。バイアスがかかった意見ではないか、我々もしっかりと見極める必要がある。


樺島弘明

プロフェッショナルサービス事業では、デジタル活用領域のサービスが非常に増えています。多くの場合、コンサル会社やテック系の企業はプロジェクト予算で仕事をしていますから、終了すると去っていきます。しかし我々は、プロジェクト後も顧客企業に残り、業務や経営の可視化、改善に取り組んでいます。これは定常業務ですから年間契約で、景気変動に左右されない収益で、当社としても重要なサービスです。たとえば自動車、商社など多くの大企業の経営企画室、IT企画部、業務改革室などと毎年様々な仕事をしています。我々は定常業務を押さえていますから、ITプロジェクトやRPA(業務自動化による生産性向上)の導入などのプロジェクトの計画をお客様と一緒に立案し、コンペをせずに入っていくことができます。


土岐大介

上司は意思決定の頻度と重みが増すだけで部下より偉いわけではないです。だから、常に部下のいい面に着目して、そこに尊敬と感謝の念を持つ。いい仕事をしたら、「よくやったな」ではなく、「すごい、俺には到底できないよ」と同志的な目線での声がけがいい。


花井陳雄

30代の頃、私は、抗体を使った新薬を開発すべきではないかと思いつつも、なかなか決心がつきませんでした。なぜなら、新薬の開発は並大抵のことではないからです。新薬ができるまでには10年や20年もの長い年月がかかりますし、開発を始めても実現に至らないことのほうが多いくらいです。また、当時は化学合成で作る医薬品が主流で、抗体から医薬品を作ることは大きなチャレンジでもありました。そんなころに発売されたのが井上靖の『孔子』でした。最初は、小説仕立てなら『論語』の言葉が頭に入るかと思って読み始めたのですが、読み終えて感じたのは、「あの孔子も、真理を求めて、10年以上も苦労しながらさまよったのか」ということでした。その姿に勇気づけられ、「苦労するけど、みんなでやるか」と、新薬作りに取り組む覚悟が決まりました。


角田識之(臥龍)

固定概念を持たないで、あるべき姿から発想できるのも企業家の条件。


中村天風

たとえば、客観的に、どんなに恵まれているように見えている人でも、その人が、その境遇に飽きたらず、満足感を感じていないならばどうであろう? これに引きかえて、仮に客観的に恵まれていない、不幸な人に見える人といえども、一日の仕事を終えて、たとえ乏しい食事でその空腹を満たすときでも、それが自分の尊い労役の花であり、心身を働かした努力の実りであると、無限の感謝で考えたらどうであろう? 金殿玉楼の中にあって暖衣飽食、なおかつ何らの感謝も感激もなく、ただあるものは不平と不満だけという憐れな人生に比較して、本当に、人生のいっさいを感謝に振り替え、感激に置き換えて生きられるならば、はっきりとしてそこにあるものは、高貴な価値の高い尊い人生ではないでしょうか!


野村克也

俺は、現役時代657本のホームランを打った。それなりの個人記録だよ。しかし、ホームランの数を狙って重ねてきた数字ではない。「俺が俺が」とホームランを狙って打席に立つと、バッターというのは必ず力み過ぎ、読みもフォームもおかしくなる。しかしチームのため、勝利のために「確実にヒットを出そう」と考えるから、全神経をピッチャーの投げる球に集中できた。余計に力むことなく、バットを振れた。それがホームランにつながり、結果、チームに勝利を引き寄せたんだと感じている。


山根多恵

モノでも人の力でも、いまあるものをできる限り活用するということを、常に考えています。かといって、別に無理をしているわけじゃないんです。週末だけの営業も、おもてなしの質を上げるにはどうしたらいいかと考えた結果です。お金の面でも人の面でも、無理をしないことが上手くいくコツだと思います。


荒俣宏

中学3年生の頃、古本屋を回り幻想文学の本を探し求めたんですけど、どこにもなくてね。大胆にも、『世界恐怖小説全集』の解説を書いていた、翻訳家の平井呈一先生に葉書を言いたんです。「弟子にしてください」って(笑)。ところが驚いたことに返事が来ましてね。「あなたは珍しい中学生だ。日本ではこの分野の作品はなかなか普及していない。私は小泉八雲作品の翻訳をライフワークにしているが、怪奇、幻想系文学は日本語で読もうと思っても出版は望み薄なので、原書で読むことをおすすめする」と言いてある。英語は大嫌いだったんですけど、「それなら、勉強しよう」と。日本橋の丸善に洋書を買いに行き、辞書を引き引き読み出したんです。でも、最初はさっぱりわからない(笑)。短編集に切り替え、毎晩、読み続けていたら10冊目くらいから理解できるようになってきた。高校2年には、かなり読めるようになっていました。


園田天光光

健康は一日でつくり得ないですから、毎日続けることが大事。


柴山和久

自分が起業しているなんて今でも信じられません。その時々に一番大切だと思えることをやっていたら、気が付いたら起業していたというのが真相。