名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤龍馬の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤龍馬のプロフィール

佐藤龍馬、さとう・りょうま。日本の経営者。「ジェネロン」社長CEO(最高経営責任者)。宮城県出身。アルペン、日本アセアンセンター、アルセゲル取締役などを経てジェネロンを設立。

佐藤龍馬の名言 一覧

以前、国際機関で働いていたときに私が感じたのは、日本人には過信があるのではないかということです。簡単に言えば、中国や米国と比べて何かに取り組む姿勢に熱意が劣ると感じました。


私たちはブローカーになる気はありません。ブローカーはマージン(仲介手数料)を上乗せして商材を流通させますが、私たちの場合は、扱う商材に関してどういう価値があるか、顧客が求めているものを見定め、必要なものを提供する、あたかも一流ホテルのコンシェルジュのような対応を心掛けています。


日本人は外国人に比べ、比較的主張が控えめな印象から、海外の方々とのコミュニケーション能力で後れをとっているように感じますし、各国の文化についても深く入り込めていないと思っています。そこでビジネスチャンスを逃していると、私は強く感じていますし、私が海外のビジネスパートナーたちとコンタクトしているときにも言われています。


佐藤龍馬の経歴・略歴

佐藤龍馬、さとう・りょうま。日本の経営者。「ジェネロン」社長CEO(最高経営責任者)。宮城県出身。アルペン、日本アセアンセンター、アルセゲル取締役などを経てジェネロンを設立。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。


田村亮子

不安もプレッシャーもありますが、それをはねのけられるのは納得できる練習しかないんです。


佐藤孝幸

失敗しても反省を怠ってしまう人は、そもそも自分の行動を改善したくないのではないでしょうか。


松井忠三

直接褒めると、相手は何か裏があるのではないかと思って、素直に受け止めてもらえないことがある。それよりも本人がいないところで褒め、間接的にそれが伝わったときのほうが効果は大きい。


西井孝明

私は2年間、ラテン文化の中で仕事をしてきた。そこで感じたのは、現地スタッフの底抜けの明るさ。と同時に、自分のやりがいを見出したときのコミットメントの強さだ。そんな彼らに、リーダーの条件を問うと「シンパチコ」という言葉が返ってくる。ポルトガル語で、親しみやすいという意味だ。人気のあるリーダーは、一段高い台の上から旗を振るのではなく、下に降りて、社員の手を握り、肩を叩き合う。私もそうなろうと心がけてきた。


成田靖也

普段から経営者が社員に激励の言葉をかけるのは大事。ただ、中長期的な会社の成長を考えたとき、属人的な取り組みでは限界がくる。モチベーションを上げる仕組み自体をつくる必要がある。


上野和典

我々のようなエンターテインメント業界では、トライ&エラーを繰り返していくしかヒット商品を生み出す方法はありません。もともと人に楽しさや感動を売る商売ですから、世の中の流れを客観的に分析したり、リスクとリターンを詳細に検証して商品開発をするだけでは、人の心に響くものはつくれません。


野田一夫

相当の年齢で、TOEIC400点級の日本企業のある中堅社員が、同900点超えを目指して懸命な努力の結果、相当期間後にそれを達成し得たとしよう。しかし、その間に社業を通し当人が身に付けるべきだった諸々の仕事上の知識や経験に比すれば、日常英会話能力の向上による社業への貢献度は、(特殊な職種を除き)明らかに低いと、私には思えるのだが、偏見だろうか? TOEIC900点超は、ネイティブの英語が不十分だった人々が、所定の努力を重ねた結果、英米社会で日常生活を送るに十分な英語力を身に付けたという保証ではあっても、英米系の企業で働くネイティブの英米人のエリート社員に伍して十分活躍できる保証ではないことを、くれぐれも銘記すべきだろう。


田中靖浩

近年、規模の経済やシナジー効果を狙いとした多くの事業統合や買収・合併が行われました。しかし、事業統合や合併はむしろ失敗の方が多いように感じます。また日本では、規模を大きくして抱え込んだ人材をそう簡単にクビにできないので、この固定費が重荷になることも考慮しなくてはなりません。


岩村水樹

管理職やリーダーを目指す女性は、自分の働き方を変えるだけでなく、変えた働き方をチームに広めていってほしいですね。特にワーキングマザーは段取り上手。メンバーと離れていてもいかに効率よく、クリエーティビティーを発揮しながら働けるかを意識しますから、臆せずにリーダーになってほしい。


吉澤準特

パンクしてしまうほど負荷が大きい場合、これは部下の仕事量を把握できていない上司にも責任があります。こういう場合は、担当部署全体のワークロードを可視化して、部下の仕事量を管理することが急務です。


大江英樹

漠然とした不安と焦りが最大の敵だ。遅くとも会社の中で自分の行く末が想定できる52歳前後から「サラリーマン終活」を始め、不安を取り除く必要がある。