名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐藤龍馬の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤龍馬のプロフィール

佐藤龍馬、さとう・りょうま。日本の経営者。「ジェネロン」社長CEO(最高経営責任者)。宮城県出身。アルペン、日本アセアンセンター、アルセゲル取締役などを経てジェネロンを設立。

佐藤龍馬の名言 一覧

以前、国際機関で働いていたときに私が感じたのは、日本人には過信があるのではないかということです。簡単に言えば、中国や米国と比べて何かに取り組む姿勢に熱意が劣ると感じました。


私たちはブローカーになる気はありません。ブローカーはマージン(仲介手数料)を上乗せして商材を流通させますが、私たちの場合は、扱う商材に関してどういう価値があるか、顧客が求めているものを見定め、必要なものを提供する、あたかも一流ホテルのコンシェルジュのような対応を心掛けています。


日本人は外国人に比べ、比較的主張が控えめな印象から、海外の方々とのコミュニケーション能力で後れをとっているように感じますし、各国の文化についても深く入り込めていないと思っています。そこでビジネスチャンスを逃していると、私は強く感じていますし、私が海外のビジネスパートナーたちとコンタクトしているときにも言われています。


佐藤龍馬の経歴・略歴

佐藤龍馬、さとう・りょうま。日本の経営者。「ジェネロン」社長CEO(最高経営責任者)。宮城県出身。アルペン、日本アセアンセンター、アルセゲル取締役などを経てジェネロンを設立。

他の記事も読んでみる

了徳寺健二

包帯一本でも誰が巻いたのか、また外傷でも骨折や脱臼などは管理台帳を作り、一人一人の患者様の経過が細かく記されミス防止を図っていました。また、地区別のクリニックの浸透度や、クリニックの好感度を数値化して推移をチェックしたり、薬の在庫管理まで全てが手にとるように判る見える化を推進していましたね。


浮世満理子

自分が何を望んでいるのかをゆっくり考えるといいでしょう。自分の理想がわかれば、それに近づくための方法も見えてきて、惰性的な生き方から卒業できるようになります。


本田宗一郎

金なんかなくたって、心が豊かで、誰にも迷惑をかけずに、好きなことをやっていけたら、これが一番幸せな人生なんだろうな。俺は若いころから好きなこととなると無我夢中になった。だって、嫌いなことを無理してやったって仕方がないだろう。人間「得手に帆あげて」生きるのが一番良いからね。ただし、俺が好きなことばかりやってこれたのも、会社でも家庭でもいいパートナーがいたからなんだ。


出口治明

徹夜して仕事が終わった後、「充実感があった」などと言う人がいます。でも、それがどういう現象か、すでに脳科学者が研究済みです。徹夜をしたり、無理をしたりすると、脳が自分を守るためにモルヒネによく似た「幸せホルモン」を放出するのです。そのホルモンに騙されて、「ああ、俺は頑張った」と気分が高揚するだけで、仕事の生産性は一切上がっていません。無駄な努力です。


鈴木修

いいか。セールスは断られたときからが勝負だ。諦めずに掛け合ってこい。
【覚書き|インド政府が国民車構想のパートナーを募集しているという情報を得て、申し込みをしたが期限切れで断られてしまった。上記は担当社員にもう一度交渉するように促した言葉。結局3回目の交渉で補欠承認された。その後スズキは、27年でインドでの軽自動車販売シェア50%以上を獲得した】


平井一夫

感性を常に磨くことも重要。アンテナを張り巡らせて、世の中の流れを捉えているか。その人と話せば、自分を磨いているかどうかは、すぐに分かるものです。


小笹芳央

いまは教育の段階で問題があると思います。私が学生の頃は、成績の順位が発表されたり、運動会で勝ち負けを決めたり、学芸会で主役と端役がいることが当たり前でした。ところが、「競争心を煽ることは悪である」「みんな平等に」という教育が続き、若者が牙を抜かれてしまいました。新興国といわれる中国やインドなどの学生のエネルギーに触れてみて、強い危機感を覚えましたね。


高塚苑美

月の前後半にそれぞれバッファーとなる日を1、2日確保します。バッファーを使うことがなければ、先に進めておきたい仕事に取りかかったり、タスクの処理に充てたりします。


堀場雅夫

生き生きと人生を送る社員からは新たな製品や事業を生み出すアイデアが必ず出てくる。


金川千尋

当社は時代とともに事業構造を変えてきました。世の中のニーズは変化しますから、作る側も事業を変えていかなければいけないことがある。


手嶋龍一

常に筋を通せとは言いません。でもプロフェッショナルとして、勝負所で安易に妥協するなら仕事をする意味がない。どんなに怖い上司でも懸命に説得すべき。


山本高史

主観は実は自分という視座から対象物を見た時の一本の視線にすぎない。偏見だと言い切ることもできる。自分はとりあえず主観という偏見しか持っていないのだ、という認識なしに自分の視座に固執していてはいつまで経っても受け手にはたどり着けない。