佐藤龍馬の名言

佐藤龍馬のプロフィール

佐藤龍馬、さとう・りょうま。日本の経営者。「ジェネロン」社長CEO(最高経営責任者)。宮城県出身。アルペン、日本アセアンセンター、アルセゲル取締役などを経てジェネロンを設立。

佐藤龍馬の名言 一覧

以前、国際機関で働いていたときに私が感じたのは、日本人には過信があるのではないかということです。簡単に言えば、中国や米国と比べて何かに取り組む姿勢に熱意が劣ると感じました。


私たちはブローカーになる気はありません。ブローカーはマージン(仲介手数料)を上乗せして商材を流通させますが、私たちの場合は、扱う商材に関してどういう価値があるか、顧客が求めているものを見定め、必要なものを提供する、あたかも一流ホテルのコンシェルジュのような対応を心掛けています。


日本人は外国人に比べ、比較的主張が控えめな印象から、海外の方々とのコミュニケーション能力で後れをとっているように感じますし、各国の文化についても深く入り込めていないと思っています。そこでビジネスチャンスを逃していると、私は強く感じていますし、私が海外のビジネスパートナーたちとコンタクトしているときにも言われています。


佐藤龍馬の経歴・略歴

佐藤龍馬、さとう・りょうま。日本の経営者。「ジェネロン」社長CEO(最高経営責任者)。宮城県出身。アルペン、日本アセアンセンター、アルセゲル取締役などを経てジェネロンを設立。

他の記事も読んでみる

アルベルト・ザッケローニ

監督が口を出すべきではないこともあります。プロ選手たるもの、いかに良い条件で契約してもらうかを、いつも考えています。そうした話はチームのフロントに任せておけばよくて、監督が口を挟むべきではありません。


斎藤司

ボケをずっと繰り返すことの自分なりの意味――それは「すっぽんに噛まれたら、もっと指を突っ込め」というポリシーです。もともとシャイで人見知り、高校時代は友達が全然いなかったぐらいの暗い性格でした。今でも漫才の舞台に上がると、お客さんの顔を見るのが怖くて仕方がない。でも、怖いからといって逃げてしまったら終わりです。自分たちのネタを披露して、ちっとも笑ってくれないお客さんがいたとしても、その人から目をそらしたら負け。逆にそのお客さんをロックオンして、彼が笑うまでしつこくボケを繰り返す。つまり、すっぽんが噛むのに疲れて口を離してくれるまで、指を突っ込み続けるというわけです。「すっぽん理論」は、舞台以外の仕事の現場でも生かしています。


鈴木喬(経営者)

会社が潰れるのは、経営トップが財務諸表などを見てもピンときていないからです。そもそも、財務諸表を読めない経営者が結構多いのが実態です。


郷治友孝

ベンチャーキャピタルという仕事柄、「大学発ベンチャーが成功するための条件は何ですか」という質問を受ける。すべての企業で言えることと思うが、技術だけではなく、製品とサービスの開発、ビジネスモデルを含めた事業の開発、資金管理や経営を含めた諸条件が必要で、それらを担う全員が協力し合って仕事をしていなければならないと思う。


新将命

結果を信じて努力を続ければ、実力は必ずついてくるのに、途中で諦めてしまうのは実力アップを実感できないという理由もあるのではないでしょうか。努力によって実力がついても、それを自覚できるまでにはタイムラグがあります。その間はちょうど階段の踊り場にいるようなものです。諦めずに続けていけば、やがて階段を上る実感を持てる瞬間が必ずやってきます。


宗次徳二

お客様に喜んでいただくという視点から、ココイチでは膨大な量のマニュアルを用意しています。ただし、それさえ守ればいいのかというと、決してそうではありません。大切なのは、お客様への感謝の気持ちや気配りができるかどうか。そういった気持ちがなければ、マニュアルによる対応が逆効果になってしまうこともあります。


松本晃(経営者)

私には5年後の世界、日本、産業、会社を予測・予知する能力はない。したがって、今年度および次年度の計画とその達成には大いにこだわっている。


孫正義

戦略というのは「総花的になんでもやります」ということでは人数の多いところ、カネのあるところに敵わない。一点集中するしかあと追いでは勝てない。


大西健丞

非営利の経済と営利の経済がタッグを組むことで、新しい産業、新しい成長の形が生まれる。


前田晃伸

ある日突然、会社に出てくるのが嫌になる人がいますが、自分のペースが作れなくなった時にそういう精神状態に陥りやすいのではないでしょうか?僕は会社に行きたくないと感じたことは一度もありません。僕が忙しいスケジュールが苦にならないのは、自分でスケジュール管理をしているからだと思います。自分でペース配分せず、他人任せで仕事をぎっしり詰め込むと、たぶんバランスを崩してしまうと思います。


吉永泰之

若いときには、将来、出世をするためにではなく、自分の人間性を高めるために内面を磨く努力をするべきだと思います。ある年齢を超えたら、多少は政治的な動きができなくては勤まりませんが、若いときは、自分という人間をどれだけ豊かにすることができるかだけを考えたほうがいいと思います。


志賀内泰弘

ひとつのことを長年突き詰めて学び、打ち込んできた人は、その観点からの「哲学」を持っています。そういう人たちの周りには、やはり同じように「哲学」のある質の高い人たちがいるものです。


大橋未歩

女子アナウンサーというと、華やかなイメージばかり先行しますが、実は下調べや人間関係づくりなど、地道な作業が多いんです。でも、そうした地道な仕事こそが、アナウンサーの仕事の醍醐味につながると思っています。


心屋仁之助

仕事に「100点」はあり得ません。どんなに成果を上げても、常に上には上がいて、新しいハードルを意識しなくてはなりません。


板倉雄一郎

当時はビジネスとして一つの階段を上がったところだったので、焦って早く次の一段を上がろうとしていたんです。ビジネスには「たられば」はありませんが、もうすこしゆっくりやっていれば、IT企業が上場し始めた時期と重なって状況は変わっていたとは思います。
【覚書:上記はインターネット接続料金無料のプロバイダを経営していた時を振り返っての発言。当時は斬新なビジネスモデルとして各メディアで取り上げられ期待されたが、様々な問題が重なり倒産に至る】


ページの先頭へ