名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤類の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤類のプロフィール

佐藤類、さとう・るい。日本の経営者。「サイバーステップ」社長。サイバーステップを設立。

佐藤類の名言 一覧

自分は社長だが、才能はない。製品開発は2人の天才に任せ、人事採用や営業、広告宣伝など開発以外を一手に引き受けている。


佐藤類の経歴・略歴

佐藤類、さとう・るい。日本の経営者。「サイバーステップ」社長。サイバーステップを設立。

他の記事も読んでみる

尾﨑正直(尾崎正直)

都会ではできるだけ官は口を出さず、いかに民の活力を引き出していくかということが大事だろうと思います。一方、田舎は民の活力を引き出していくために、官もまた頑張らないといけない。官民協働型といいますかね。


ジャック・マー(馬雲)

夢を持つことは大事ですが、同時に方向感が重要です。使命感のある目標、それを大切にすることが大事なのです。社会的責任も含めた使命感をビジョンに落とした会社が長く続いていけば、皆それを共有することができるし、成功する時の楽しさや面白さも全く変わってきます。


内ヶ崎贇五郎

技術者を優遇しないと会社はよくなりません。研究費の方は、ひとつできるだけ出してください。
【覚書き|大同電力出向時代、同社の福沢桃介社長に言った言葉】


アルバート・アインシュタイン

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。


土井英司

人間は「成功が手に入らない」と思った瞬間、ファンタジーに逃げますが、日本全体がファンタジーに走っている時代かなという気がします。実を言うと、最近はビジネス書でさえファンタジー化の傾向があります。


鍵山秀三郎

自分にとっての幸せの価値を見失わず、いつもたおやかな心で生きていこうとすること。それが理想の人生に近づくための心がまえではないでしょうか。


井上礼之

決断のベストタイミングを見極めるポイントはどこかといわれると、正直難しいものがあります。結果論では語れますが、ベストだったかどうかはわかりません。ただし、一つだけ確かなことは、決断の遅れは許されないということです。どれほど素晴らしい戦略であっても、決断するまでに時間がかかっていては実行段階で手遅れになります。


窪田健一(経営者)

競合はおかあさんです。おかあさんの手作りの味。大戸屋は家庭食の代行という事でやっていますから。一人暮らしのお子さんがいる親御さんが「大戸屋が近くにあって安心」とおっしゃって下さるのはうれしいですね。それと美味しいお店も競合です。


栗山年弘

高付加価値製品を創出し続けることが、持続的に成長していく上で必要です。ただし、第4次産業革命により技術・開発競争は激化し、1社ですべてを開発することには限界があります。このため他社との技術提携やアライアンスなども進めています。


前川孝雄

男性上司にお願いしたいのは、自分が持つリーダー像を疑ってほしいということ。男性中心型の組織で昭和から受け継がれてきたリーダー像は、今や時代にそぐわなくなりました。


本田直之

たとえば金融の勉強をするのに、簿記や金融商品、アナリストのノウハウなど、ありとあらゆることを学ぶのは大変です。しかし、「3年後に起業するために金融知識を身につける」というように目的をフォーカスすれば、「簿記はプロに任せて、まず開業資金を増やすために投資の勉強をする」と、-極集中で勉強ができます。最初の選択肢はあくまで幅広くもつことがポイント。そのなかから、必要なものを慎重に吟味してフォーカスします。アクティブに勉強するのとパッシブに勉強するのとでは、結果に雲泥の差があります。


篠原欣子

いい仕事をするには健康第一。横浜の田舎で育ったせいか、歩くのが大好き。気分転換にもなりますから、週末は、必ず歩いています。