名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤隆(臨床心理士)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤隆(臨床心理士)のプロフィール

佐藤隆、さとう・たかし。日本の臨床心理士、精神保健福祉士。グロービス経営大学院大学教授。日本鋼管病院勤務、東海大学短期大学部学科長、グロービス経営大学院大学教授。

佐藤隆(臨床心理士)の名言 一覧

暴飲暴食ではストレスは解消されないことが研究で明らかになっています。効果があるのは腹式呼吸や瞑想法です。


ストレスが高まると集中力も高まるので悪いことばかりではない。問題なのは、そのストレスがかかった状態が慢性化すること。根気、記銘力、記憶力、集中力の4つがセットで低下してくる。


佐藤隆(臨床心理士)の経歴・略歴

佐藤隆、さとう・たかし。日本の臨床心理士、精神保健福祉士。グロービス経営大学院大学教授。日本鋼管病院勤務、東海大学短期大学部学科長、グロービス経営大学院大学教授。

他の記事も読んでみる

梅原誠

夢を持っているか? 自信を持とう。君なら必ず夢を叶えられる。


松井順一

ミスを防止する取り組みはもちろん必要です。ただし、ここで重要なのは、ミスそのものをなくすことを目的化しないこと。多くの人は「ミスは悪いもの」と考え、ミスを減らすことだけに的を絞ります。しかし、ミスは表層的な現象に過ぎません。うわずみの部分をキレイにしたところで、そのミスに潜む根っこの部分が解決しないことには、似たようなミスを繰り返す可能性があります。また、同じようなミスでも、人によってその原因となるものは違ってくるので、それぞれに応じた対策を講じることが重要です。


篠原菊紀

素質を褒めると、その素質よりももっと上のものが要求される場面に直面すると、チャレンジを避ける傾向が出てきます。努力を褒めていくと、難しい問題にもチャレンジしたり、失敗しても果敢に挑戦し続けることができる。つまり、結果や成績につながる行動を見つけ出して褒めるのが上司の能力ともいえます。


加藤智久

以前は、英語が大の苦手でした。何とかして英語ができるようになりたかったので、当時、世間で評判が良かった英語学習法を、いくつも試しました。でも、いろいろと勉強したのに、「英語力が伸びている」という実感をなかなか得られず、当時は本当につらかった。学生時代から、好きなことに取り組む時の「集中力の高さ」には、自信がありました。ですから、「自分がやりたいことに英語で取り組めば、うまくいくかもしれない」と、ある日ふと思ったのです。そこで、子供時代から今に至るまで、暇さえあれば本ばかり読んでいる本の虫だった私は、好きな分野・作家の本を洋書で読もうと思い立ちました。


河田重

人間というものは、いつ、どういう仕事にぶつかるかもしれないものである。そのときに、その仕事を責任をもってやれるだけの準備を平生しておくのは大事な心がけだと考える。それが、いわゆる勉強であり修養である。


遠藤憲一

俺高校の時に、机の中に入れておいた教科書を先生に燃やされたんですよ。相当落ち込むじゃん(笑)。でもそれがきっかけで高校を辞めて、この世界に入れた。しんどい思いが、エネルギーになっている気がするんです。


佐藤優

外務省でも新人の時は不条理なことをやらされた。でも、その後を耐える根性がついたよね。


高城剛

時代が確変(確率変動)モードに入って、見たものを瞬時に判断しないと生き残れない時代になったのに、デジタルツールで情報収集しているようでは、遅すぎるのです。


ロバート・キャンベル

アメリカやカナダの第1線で働く日本研究者の多くが通過している高度な学習センターが東京にあるのですが、そこで日本研究の素地になる専門的な日本語を集中して学びました。授業後は、東京の街に出るのが楽しくてね。芝居を観たり、映画を観たり、飲みに行ったりして。その1年間は、僕にとって大きかった。演劇や文学にかかわる多くの人に引き合わせてもらい、アメリカでは絶対にできないことを経験したので、これからも「日本に関わる仕事をずっとやっていきたいな」と思い立ちました。


赤塚保正

目先のことを考えすぎると物事はうまくいかない。


小笹芳央

「30歳だから、もう英語の勉強は遅い」「40歳だから、もう起業は遅い」などと溜息をつく人が少なくありません。でも、50歳の私から見れば、彼らは「まだこれから」ですし、羨ましいとも思います。自分の年齢で限界があると思っていても、自分より歳を重ねた人から見れば、「まだまだ」「羨ましい」と感じるのです。年齢によって自分の限界を決めてしまってはいけません。


美月あきこ

御礼状を速く出すには、いくつかのコツがあります。私の例のように、出張先なら「その街で」投函するという方法もそのひとつです。自分のオフィスに戻ってから書くよりも、はるかにスピーディですね。ちなみに、ある営業マンの方からは「当日に」御礼状が届いて驚いたことがありました。面談ののち、近くで書いて再び戻り、一階のポストに入れたのだとか。相手にサプライズを送れる、「超・高速ワザ」と言えるでしょう。ちゃんと、切手も貼ってありました。


竹内敏晃

相次ぐ危機の中で私は感じました。経営はあらゆる危機を想定して備えることだと。その備えが強さを生むもとになるのです。


田中孝司(経営者)

データを集めて解析し、お客様との接点もきちんと持っていれば、ユーザーのことをよく知ることができて、お客様が欲しい商品やサービスを少し先回りして提案できるはず。


矢沢大輔

脳が好むのはスモールステップ。一度にたくさんの情報を詰め込むのではなく、小分けしたり、ポイントを示したりして、処理しやすいように準備する。すると、格段に記憶力がアップします。