名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

佐藤隆太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤隆太のプロフィール

佐藤隆太、さとう・りゅうた。日本の俳優、タレント。東京都出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。舞台『BOYS TIME』で俳優デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日藝賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞・助演男優賞を受賞。

佐藤隆太の名言 一覧

たとえ、相手から気持ちいい言葉をかけてもらえなかったとしても、自分が巻き込んでいい方向に持っていくぐらいの気持ちで現場に臨んでみたい。


現場に入って、多くの人から刺激をもらえるのが嬉しい。今回の映画では麻生久美子さんや子役の土師野隆之介君にも本当にいい刺激をもらいました。


これからも自分を信じて、自分らしくやっていきたい。


僕は撮影現場で、芝居を模索することが多いんです。常に「これでいいのか、これでいいのか」と悩みながら芝居をする、その連続ですよ。いちど気になると、けっこう引きずりますね。「あれ、さっきのシーンは違ってたかな」とか。


僕もじつは、へこみやすい、というか「気にしい」なんです。そんな気持ちを切り替えたいなと思ったら気分転換をしますね。気心が知れた仲間と会ったりとか、音楽が好きなので、タイミングが合えば好きなアーティストのライブに出かけたりして気分転換しています。


僕がいい仕事をするために心がけていることは、挨拶です。単純なことですけどね(笑)。最初に気持ちのいい挨拶ができれば、気持ちよく一日をスタートできる。逆に気持ちいい挨拶ができないと、最後までモヤッとして過ぎてしまうと思うので。


佐藤隆太の経歴・略歴

佐藤隆太、さとう・りゅうた。日本の俳優、タレント。東京都出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。舞台『BOYS TIME』で俳優デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日藝賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞・助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

矢野博丈

急成長してきたセリアや、キャンドゥのおかげで「潰れるかもしれない」と思えた。その危機感があったから持ち直すことができました。


箭内道彦

「アイデアは皆がうなるような完成形でないと認められない」と考えてはいけない。自分の思い込みでいいし、未完成形でいい。その方が思いつきやすい。


山海嘉之

我々がこの十数年やってきたことは、革新技術を創り出し、社会実装を進めながら「サイバニクス産業」という新産業を創出してきたということです。そして、手探りをしながら自らがパイオニアとなって産業を創りながら歩んできたということです。革新的技術を創り出すこと、市場が未開拓であること、資料も教材もなく手探りが続くこと、新領域の専門家人材がいないこと、社会が受け入れる仕組みがないことなど、乗り越えるための様々な挑戦が続きました。ついに、今は好循環のイノベーションスパイラルが回るようになってきた。HAL開発を通じて、イノベーションエコシステムの仕組みづくりを同時展開してきました。


大西賢

私はこれまでのサラリーマン人生の中でも、「この人のためなら死んでもいい」と思える上司が、数人ですが存在しました。この人のためだったらやろうとみんなが思える人、職場の原動力になる人です。私も「この人のためなら死んでもいい」と部下に思ってもらえるような、そんなマネジメントスタイルを貫きたいと思っています。


村田昭治

成長力の本質をしっかり身につけている会社は、よく働く人財を活かし、仕事のつながりをつけ、優先順位を一貫透徹して顧客に対しているように思う。


藤田伝三郎

実行できない事は、決して口にしてはならない。


山口絵理子

私は自分をリーダーだとは思っていません。ただ、女性の従業員も多くなる中、この人たちはどうやってお母さんになり、家庭を持つのだろうと考えます。働くことと生きることの境界線をなくせるようなライフスタイル、それを示さなければいけないのだろうと漠然と思っています。「ここまでは仕事、ここから先は家庭」みたいなやり方では当社はやっていけないし、これからの日本もやっていけないはずです。


熊谷正寿

インターネットの場合は特に、スピードが重要。いまや競争相手は世界中にいて、油断をすればすぐに抜かれてしまう。


松井忠三

異論が出にくい組織は疲弊して、結果的に滅びる。


ゲーテ

すべては等しく、すべては等しくない。すべては有益であり、かつ有害である。すべては語ると同時に無言であり、理性的であると同時に非理性的である。人が個々の事柄について表白することはしばしば相矛盾する。


中嶌武夫

私の会社の場合、メルセデス・ベンツの販売台数では日本一になりました。しかしそれは、私の考える日本一ではない。「あのシュテルン中央という会社のお店でベンツを買いたい」とお客様に思っていただけるようになって初めて日本一だということです。


ムーギー・キム(金武貴)

働くうえで「当たり前」と思っていることが、実は時代遅れなのだと認識することが、新しい働き方への第一歩。