佐藤隆太の名言

佐藤隆太のプロフィール

佐藤隆太、さとう・りゅうた。日本の俳優、タレント。東京都出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。舞台『BOYS TIME』で俳優デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日藝賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞・助演男優賞を受賞。

佐藤隆太の名言 一覧

たとえ、相手から気持ちいい言葉をかけてもらえなかったとしても、自分が巻き込んでいい方向に持っていくぐらいの気持ちで現場に臨んでみたい。


現場に入って、多くの人から刺激をもらえるのが嬉しい。今回の映画では麻生久美子さんや子役の土師野隆之介君にも本当にいい刺激をもらいました。


これからも自分を信じて、自分らしくやっていきたい。


僕は撮影現場で、芝居を模索することが多いんです。常に「これでいいのか、これでいいのか」と悩みながら芝居をする、その連続ですよ。いちど気になると、けっこう引きずりますね。「あれ、さっきのシーンは違ってたかな」とか。


僕もじつは、へこみやすい、というか「気にしい」なんです。そんな気持ちを切り替えたいなと思ったら気分転換をしますね。気心が知れた仲間と会ったりとか、音楽が好きなので、タイミングが合えば好きなアーティストのライブに出かけたりして気分転換しています。


僕がいい仕事をするために心がけていることは、挨拶です。単純なことですけどね(笑)。最初に気持ちのいい挨拶ができれば、気持ちよく一日をスタートできる。逆に気持ちいい挨拶ができないと、最後までモヤッとして過ぎてしまうと思うので。


佐藤隆太の経歴・略歴

佐藤隆太、さとう・りゅうた。日本の俳優、タレント。東京都出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。舞台『BOYS TIME』で俳優デビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日藝賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞・助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小暮真久

大事なのは、無理をしないこと。劇的に環境を変えなくても、ライフシフターの生き方を疑似体験する方法はいくらでもありますから、まずは自分の気持ちに素直になり、面白そうだと思うことをやるのが一番です。


渡文明

合併と企業改革を成功に導くポイントは「5プラス1」にあると考えます。「明確な経営ビジョン」「一気呵成」「企業文化統合」「全員参加による討議」「人事制度」。そしてプラス1が「リーダーシップ」です。


水谷佑毅

最近の若者は競争を好まないと言われていますが、当社には逆に競うことが大好きな人材が集まっています。そんな会社になることができたというのが結果的には良かった。悪い意味での安定志向の人材が入ってくると、会社は弱くなります。


片岡鶴太郎

昇り調子の最中に自制するのはとても難しい。私の場合も無理でした(笑)。


谷正人

うちに入ったスタッフがアパレルだけで通用する人材に留まるのではなく、IT企業やコンサル会社にも転職できるようになることが必要で。そういう人材を育てていかないと他業種との競争には勝てませんから。


八木洋介

経営者にはロジックだけでは足りない。心を動かすコミュニケーション力、もっといえば、誰にでもわかるストーリー構築力が求められる。


酒巻久

私は生産の現場でも「5年間放っておいた機械を3年後に使うことはない、必要ならばそのときに買え」とよく話しています。古い機械では新しいものに勝てないのです。さっさと売ってしまう、あるいは捨ててしまうことが肝心です。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんはこう言っていた。「セールスと収入はイコールの関係にある」その言葉は、その当時も真実だったし、いま現在でも真実であり、この先も真実であり続けることだろう。


北尾吉孝

人生において大切なのは、「得」より「徳」です。お金に対する相場観があって金銭感覚に優れていることも大事ですが、それより「ビジネスパーソンとして人間を磨き続けているかどうか」が重要です。人間を磨き続けることが、最終的にお金を生むのです。


樫山純三

先見性や発想力があっても、努力の裏付けがなければ経営者にはなれない。


石川泰彦

モチベーションを高めるため、社員への様々な取り組みを行っていますが、重視しているのはコミュニケーションです。主力である医療関連受託事業では、大半の社員が顧客である医療機関に常駐しています。そのため社員と経営者の距離が遠く、経営者が何を考えているのか、社員に何を期待しているのか、社員に伝わりにくい。そこで、会社と社員の距離を埋めるためには間にいるリーダーの働きが重要になります。


森澤篤

発想力とは、知識の広さと深さの掛け算から生まれてくる。広さだけの人は単なる「物知り」であり、深さだけの人は単なる「専門バカ」になってしまう。双方がそろってはじめて思考を遠くまで飛ばすことが可能になる。


宮内義彦

事業の成功には、当社のノウハウの理解が必要不可欠。理解がなく、ただやみくもに挑戦したら、それはギャンブルになってしまう。自社のノウハウの理解こそが、会社や事業を一歩先に進めるポイント。


高原豪久

時価総額1兆円を目標に掲げました。株価とは企業の通信簿で、企業価値の集合体です。理論値の幅に収斂するものですから、時価総額で1兆円を達成するなら売上高、利益、キャッシュフローを一定の水準にまで拡大しなければいけません。オーソドックスですが、集中と選択が基本です。


梶本修身

脳を疲れにくくするには、複数の作業を同時に行い注意を分散させること。このワーキングメモリーという能力を磨くと、物事を包括的に捉える力や、重要度を図る力が高まります。仕事に要領よく対処できるようになるので、疲れにくくなる。


ページの先頭へ