佐藤隆(臨床心理士)の名言

佐藤隆(臨床心理士)のプロフィール

佐藤隆、さとう・たかし。日本の臨床心理士、精神保健福祉士。グロービス経営大学院大学教授。日本鋼管病院勤務、東海大学短期大学部学科長、グロービス経営大学院大学教授。

佐藤隆(臨床心理士)の名言 一覧

暴飲暴食ではストレスは解消されないことが研究で明らかになっています。効果があるのは腹式呼吸や瞑想法です。


ストレスが高まると集中力も高まるので悪いことばかりではない。問題なのは、そのストレスがかかった状態が慢性化すること。根気、記銘力、記憶力、集中力の4つがセットで低下してくる。


佐藤隆(臨床心理士)の経歴・略歴

佐藤隆、さとう・たかし。日本の臨床心理士、精神保健福祉士。グロービス経営大学院大学教授。日本鋼管病院勤務、東海大学短期大学部学科長、グロービス経営大学院大学教授。

他の記事も読んでみる

小柴和正

高度成長時代の百貨店は、それこそ百貨が買える場所でした。ところが、いまや百貨店は80貨店、60貨店になっています。衣料品も、安い商品を大量に売る専門店が台頭しています。その中で、お客様に胸を張って示せる百貨店の価値は何かと問われたら、私は「ライフスタイルのコーディネート能力」だと答えます。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

弊社では今でも、どんなに忙しくても展示会に出展する機会を大事にしています。お客様のニーズを吸い上げるまたとない機会であり、今後の開発において糧となること間違いありません。


及川智正

持続可能な農環境を実現して生活者を豊かにするために重要なことは、有能な人材を農業の現場に入れることです。生産現場だけではなくて、流通や販売現場もあります。農業は野菜・米・花を作る仕事といわれるが、トヨタも車を作る会社ではなく、車を作り人々に乗っていただいて快適な生活を送ってもらうことが目的です。農業も作るだけではなくて、私たちは消費者に食べてもらうまでをコーディネートすることが農業の仕事であり、使命だと思っています。


坂本孝

師匠なしでは、大きな人物にはなれない。


森泉知行

成功体験の呪縛から逃れるには、危機感を持つことが不可欠だと思います。そうすれば、変化することに躊躇しなくなります。


林原健

自分で最後までやろうとしたら、ベンチャーは成功できません。モノを創造することとモノを売ることとでは、まったく別の能力を必要とするからです。自分ができないことは、どんどん他社に頼って楽になるべきです。いまのベンチャーを見ていると、研究開発も販売も自分でやろうとする。それでは大企業と競争になって最後は潰されるのがオチです。


枡野俊明

「最近の若者は、飲みに誘っても断る」会社でも年配社員の方はよくこう嘆きます。上司からすれば、本当に予定があるのか、ただ飲みに行くのが嫌で断られたのかはわかりません。ところが、若手社員のほうにも言い分があります。急に「今日、飲みに行こう」と誘われても、上司から重要な話があるのか、単なる憂さ晴らしの相手をさせられるのかわかりません。もし重要な話だと知っていたら断らないでしょうし、先約があれば「明日ではどうですか?」と打診されるはずです。つまり、飲みに誘うところからコミュニケーション不足の弊害が表れているのです。「どうしても伝えたい話があるんだが、今夜飲みに行かないか。仕事のヒントになると思うんだ」そのように言って誘ってみるのはどうでしょうか。若手社員も仕事に役立つ話が聞けるなら、上司や先輩と飲みに行きたいはずです。


織畠潤一

グローバルだからこそ、日本のことをちゃんと知っておく必要がある。これはとても残念なことですが、同世代の人にしても、自分の子どもたちに比べても、海外に育っていた私のほうがよほど日本の歴史や文化について詳しかったりするということです。外国人とコミュニケーションを交わす機会が増えてくれば、確実に聞かれます。京都はどんなところですか。奈良には何がありますか、と。それについて「いやぁ、ちょっとよくわからないです」では、やっぱり困るわけです。日本人が英語でしゃべるからこそ、日本のことを理解しておかないといけない。そうでなければ、アメリカ人が英語でしゃべっているのに、勝てるわけがないんですよ。


藤沢武夫

いままで、どこの企業でも、人間の個性というものが十分に発揮できないような仕組みでやってきている。だから組織を変えても、長を入れ替えても、ちっとも変わり映えしないんです。


森澤篤

知識の幅を広げるには、まず自社の製品やサービスを使ってくれる末端のユーザーになりきってみるとよい。そのイメージを限りなく明確化していくことが、知識を咀嚼する力に結び付く。たとえば、食品ビジネスに携わる人なら、「高齢化時代の消費パラダイム」といった抽象的なテーマを考える前に、「自分が70歳になったら欲しいと思う食品」を常にイメージしておく。そうすれば、豆腐を見ても、ジャムを見ても、それを高齢者の目でとらえなおし、「こういうふうにすれば新しい商品ができるかもしれない」と具体化したイメージを蓄積することができる。


牛場靖彦

じつは私は、10年間会社で窓際生活を送っていたんです。しかし、それに負けず、やりたいことに目を向けたからこそ、いまの私があります。


遠藤章造

この10年、俺が感じていたのは縁の不思議さです。つながりが続く人もいれば、途切れてしまう人もいる。なんでやろうな……と。すごくモヤっとしていた思いを抱えていたんです。それが、この間テレビでご一緒した笑福亭鶴瓶さんのひと言で、すっと晴れていった。鶴瓶さんは「縁は努力だ」と仰っていて、本当にそうやな、と。人に出会うのは縁やけど、努力がなければすーっとなくなっていくもの。どうしても終わった番組のスタッフや演者さんとのつき合いは薄くなってしまい、俺もそれをそのままにしてきたことに後悔があったんです。だから、これから始まる番組、出会った人との縁は今まで以上に努力してつなげていこう、と。それが40代のテーマかなと思っています。


藤井幸雄(経営者)

当社の特長として申し上げると、比較的供給が少ないエリアで規模が大きめの物件を扱っていることです。供給が少ないエリアでは競合しにくいというメリットがあります。また、大規模物件はお客様にとって、共有部分が充実するというメリットがあります。


玉川憲

アマゾンを筆頭に様々なクラウドサービスが出てきた結果、いまではありえないぐらいの安い値段でデータをたくさん溜めて、強力なコンピュータパワーで分析することが可能になりました。ただ、世の中には溜められていないデータがたくさんあります。たとえば自動車、自販機、家電、建物、橋、道路……。これらが持つデータをクラウドに入れられたら、もっと面白い世界になる。いわゆるIoTです。ただ、残念ながらIoTに適した通信がなかった。ならばそこを自分でやってみようと考えたのが起業のきっかけです。これまでのモバイル通信はヒト向けに使われた通信で、モノ向けではない。それをモノ向けに特化させたのがソラコムのサービスです。


岡崎嘉平太

経営者は後継者を養成することを、常に念頭に置かなければならない。事業を継続し発展させるためには、立派な後継者が必要であるし、また、自分より優れた者を養成することほど、やりがいのある仕事はない。


ページの先頭へ