名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

佐藤陽一(ソムリエ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤陽一(ソムリエ)のプロフィール

佐藤陽一、さとう・よういち。日本のソムリエ。ワインレストラン「マクシヴァン」オーナーソムリエ。大阪府出身。料理修業のため渡仏。ワインに魅了されソムリエに転身。帰国後、シェフソムリエを歴任。マクシヴァンを開店。

佐藤陽一(ソムリエ)の名言 一覧

世界で楽しまれている名高いワインの醸造家は、その素晴らしさに匹敵するだけのパッション(情熱)がある。


テイスティングの会合などで、すべてのワインのコメントを必死に書き留めている若いソムリエをよく見かけます。別に間違っているわけではなく「頑張って」と応援したくなる健気さは感じるのですが、できれば同じジャンル・品種のワインを口に含んでいき、その中で「これは」と思うものだけをメモした方がいい。書くこと自体に意識がいってしまい、「ワインの特徴を感じ取り、他のワインとの違いを見つける」という基本作業がおろそかになるからです。


佐藤陽一(ソムリエ)の経歴・略歴

佐藤陽一、さとう・よういち。日本のソムリエ。ワインレストラン「マクシヴァン」オーナーソムリエ。大阪府出身。料理修業のため渡仏。ワインに魅了されソムリエに転身。帰国後、シェフソムリエを歴任。マクシヴァンを開店。

他の記事も読んでみる

岡田裕介(東映)

シネコンの時代は、他社がヒットを出すと、我々も恩恵を受けられるようなシステムに変わりました。各社シネコンを運営しているので、系列に関係なく、他社の作品も上映しているからです。


西本智実

楽団員もプロですから、冷静に話をすれば分かり合えると考えています。粘り強く、一歩も引かずに会話を続けます。


津田秀樹

社長と平社員では普段はほとんど接点がありませんが、子供のころの思い出には、時代や環境を超えて共通する心理があります。経済状況や時代背景に差はありますが、それでも心理的な共通性という基盤があると、その差もかえって「自分のときはこうだった」と盛り上がるネタになります。まず自分のことを話してから、相手に話を振るとよいでしょう。相手が熱く語りだしたら、聞き役に徹するのです。


出雲充

仕事で着用するネクタイは、ミドリムシカラーの緑色系と決めています。スーツとのコーディネートを考える時間に割きたくないですから。


桐山一憲

小売りでは厳しい状況が続いています。社員には「こんなときだからこそ、ものごとの根幹や基本を見つめ直そう」と話しています。我々は本当に消費者の声に真摯に耳を傾けているのだろうか。消費者に対して正しいコミュニケーションを行っているのだろうかと。


フィリップ・コトラー

良いブランドだと信じるなら安易に変えてはいけません。良いブランドはある種の厳格さをもって社内外の圧力から守られなければなりません。


小宮一慶

仕事がデキる人は、一度うまくいかなくても、相手とのズレを認識して修正します。商品の機能に興味がないとわかれば、提案の仕方を変える。常に相手の気持ちがどこにあるか探っているのです。


小嶋光信

経営者として重要なのは、「交渉力」です。私はいつも「交渉では右手に忠恕。左手にそろばん」と言っています。忠恕とは、「真心からの思いやり」のことです。そろばんは、しっかりした計算を指します。私が右利きだから言いますが、重要なのは利き手である右手の方で持つのは忠恕の心だということです。他者に対する思いやりを優先する。そして、できるだけwin-winの関係を作りながら、算術も添えてムダな譲歩はしないのが交渉のカギだと思うのです。


加藤裕之

システムは重要な経営判断事項。性能情報の把握は、設備投資の立案に重要です。システムの状態を経営陣が把握していないわけにはいかない。


吉田美紀子

自分の中にあるものを表現するマンガの仕事と違って、介護は相手のことを理解しないとできない話をよく聞き、どんな言葉で声かけすれば伝わるかということを考える時間が圧倒的に増えました。


北尾吉孝

結局、事業の基は徳です。徳のない事業は成長しないと思います。「世のため、人のため」。これが成長する秘訣でしょう。


角田秋生

日本の経験を海外に持ち込むだけでなく、海外のやり方を受け入れて一体となって新しい価値を創造していく。そんな「知恵の還流」が起きるようにすることこそ、真の現地化。