名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤陽一(ソムリエ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤陽一(ソムリエ)のプロフィール

佐藤陽一、さとう・よういち。日本のソムリエ。ワインレストラン「マクシヴァン」オーナーソムリエ。大阪府出身。料理修業のため渡仏。ワインに魅了されソムリエに転身。帰国後、シェフソムリエを歴任。マクシヴァンを開店。

佐藤陽一(ソムリエ)の名言 一覧

世界で楽しまれている名高いワインの醸造家は、その素晴らしさに匹敵するだけのパッション(情熱)がある。


テイスティングの会合などで、すべてのワインのコメントを必死に書き留めている若いソムリエをよく見かけます。別に間違っているわけではなく「頑張って」と応援したくなる健気さは感じるのですが、できれば同じジャンル・品種のワインを口に含んでいき、その中で「これは」と思うものだけをメモした方がいい。書くこと自体に意識がいってしまい、「ワインの特徴を感じ取り、他のワインとの違いを見つける」という基本作業がおろそかになるからです。


佐藤陽一(ソムリエ)の経歴・略歴

佐藤陽一、さとう・よういち。日本のソムリエ。ワインレストラン「マクシヴァン」オーナーソムリエ。大阪府出身。料理修業のため渡仏。ワインに魅了されソムリエに転身。帰国後、シェフソムリエを歴任。マクシヴァンを開店。

他の記事も読んでみる

山崎武也

器を大きくするには「人生の大きな目標を持つこと」「正しいことは何か、と考え、信念を持つこと」。もちろん、こういうことは大切なのですが、人間は弱い生き物ですからね。目標や信念を頭の中で意識したところで、日々の生活に流されて生きてしまうのも確か。それを日々の習慣にしていくことで、器の大きい人の思考パターンが体に染み付くはず。器の大きい人と同じ行動が自然ととれるようになるはず。


槇原稔(槙原稔)

「宇宙人」と呼ばれていた頃は、まわりの人たちはわかってないからしょうがない、と思ってましたね。でも、最近になって私が言っていたことが少しずつ理解されてきたのではないかな。


松井忠三

情報を書き込む手帳やノートというものは、同じものを使い続けることが重要。なぜなら、経営者は、常に長いスパンで物事を見渡す必要があるからです。年次ごとの状況を比較したり、そこから見える翌年以降のビジョンを考えたりするとき、一年できっかり切り替わる、同じ仕様の手帳が大いに役立つのです。


秋山ゆかり(コンサルタント)

恥ずかしげもなく積極的にアウトプットする習慣を付けるのが語学上達のコツ。


宮根誠司

まず、一緒に番組を作っている出演者、スタッフが仕事をしていて「いま、めっちゃおもろいわ」と感じてくれることが大事。みんなで一緒に温泉へ行こうと企画したり、率先してチームで動くように心がけてます。遊ぶ時は一緒に弾けるし、ADもプロデューサーも関係なく、面白がる。それはひとつ、仕事のルールにしていることですね。


藤野道格

このクラスのビジネスジェットには仕切りがカーテンだけの緊急用トイレしかなく、それが普通とされてきました。しかし、それでは女性が敬遠します。ビジネスジェットは奥さんが購入に影響を及ぼしますから、きちんとしたトイレも重要です。ホンダジェットではドアで仕切るトイレを設置しています。それも、機内を広く取れたから可能になりました。


加来耕三

歴史の繰り返しは、同じ形にはならないけれど、似たような形には必ずなる。


國分文也(国分文也)

一方的にどちらかが得をして、どちらかが損をするという仕事は、永続するのが難しい。


野村克也

選手がどういう場所で生きてくるかを気づかせるのが監督の役目でもあるんです。監督業というのは「気づかせ業」だと思っています。気づかせることが「再生」なんです。南海時代、それまで1勝もしてなかったピッチャー3人をトレードで獲得して「俺が言うとおりに投げれば間違いない」と言って3人とも2ケタ勝利で優勝。それで再生工場というような異名がつけられたわけです。


田中良和(GREE)

僕が会社を立ち上げて、一年ほどたってようやく事業戦略について落ち着いて考えられるようになったのですが、そのとき強く意識したことは「いま流行っているサービスをいまやっても遅い」ということです。


植田統

メールで簡潔に済ませにくい相手に対しては、電話をするか、直接会って話をするべきでしょう。そういう人にはメールを使うこと自体が適切でない。でも、一度会って話をすれば、多少簡潔なメールを送っても別に失礼ではないと思います。あと、込み入った話や双方向で話し合う必要がある案件の場合も電話がいいでしょう。メールでゴチャゴチャ書くと、誤解される可能性もある。電話のほうがよほど早いということもあるんです。


澤上篤人

投資先を決める際、経営者よりも、会社が持っているDNAが大事。DNAは、一朝一夕に確立できるものではありません。会社としての方向性を見失わずに経営を続け、代々積み上げられていくものです。創業時期が古く、地道にやっている会社の中には、独自のDNAを育んでいるところが多いように思います。