名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐藤達雄の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤達雄のプロフィール

佐藤達雄、さとう・たつお。日本の経営者。都内で都市型食品スーパーを展開するオオゼキの創業者。30歳で乾物主体の小売店大関食料品店を創業。以後、スーパーマーケットに業態を変化させ、地域密着型の展開を行う。同社を大きく成長させ、上場させた経営者。

佐藤達雄の名言 一覧

実践を伴わないスローガンを掲げることなら誰でもできます。単なるスローガンに終わらせないためには、店頭でお客様とじかに接する現場の社員が、経営理念をきちんと実践していなければなりません。現場の社員に実践させるには、まず経営者自身が実践したうえで、社員に実践させる仕組みを構築する必要があります。


お客様はあちこちの店を見て歩いているので、本当によくご存知です。そのお客様の要望を肌身に感じている者が仕入れや販売の権限を持つのは極めて自然なことでしょう。


当社がPOS(販売時点情報管理)システムを導入したのは1978年。日本の小売業ではうちが初めてです。売れ筋を把握するといった本来の目的以外に、導入を急いだ理由がもう一つありました。それは、レシートを見れば、自分が買った商品と値段がすぐ確認できるということです。当時は実に画期的なことだったんです。


当社は99年に株式公開を果たし、2003年2月期の売上高は約460億円になります。最近、しみじみと考えるのは、小商圏でお客様に喜んでいただく方法は、1957年に乾物屋を始めた時から何も変わっていないということです。まず現場に出て、顧客とじかに接する。結果は後からついてきます。それが私の原点です。


業界では異例のことですが、当社の正社員比率は8割に達します。自分の店、自分の売り場は自分で守っていくという強い思いがあるから、創意工夫も生まれる。単位面積当たりの売上で、常に業界ナンバーワンの地位を保てるのも個店主義をベースとした地域密着を実践しているからです。


地域密着も口で言うのは簡単です。しかし、個店重視という裏付けがなければ、地域密着は不完全なものに終わるでしょう。考えてもみてください。たくさん仕入れたからこれを売れなどと、本部が各店舗の現状を無視して号令を下して、本当の地域密着が実現するでしょうか。プロの意識を持った売場責任者に、仕入れから販売まですべてを任せる。これがオオゼキの基本です。


オオゼキのお客様第一主義の典型的な事例にキャッシュバックカードがあります。お買い上げ金額の一定割合を月に一回、現金で還元するシステムです。カードを導入する以前は、レシートを一ヶ月分持ってきていただいて、手計算で現金をお渡ししていましたが、基本的な考え方は変わっていません。景品やポイントよりも現金でというところが特徴ですね。現金なら、お客様は自由に使えます。


「お客様第一主義」「個店主義」「地域密着主義」。当社はこの三つのキーワードを経営理念として掲げてきました。一見すると、当たり前のことのように思えるかもしれません。「うちの会社だって同じような理念を掲げている」とおっしゃる方もいるでしょう。それでは、その理念は実践されているのでしょうか。


佐藤達雄の経歴・略歴

佐藤達雄、さとう・たつお。日本の経営者。都内で都市型食品スーパーを展開するオオゼキの創業者。30歳で乾物主体の小売店大関食料品店を創業。以後、スーパーマーケットに業態を変化させ、地域密着型の展開を行う。同社を大きく成長させ、上場させた経営者。

他の記事も読んでみる

築山節

午前中、脳がベストコンディションなのに、雑用で時間をつぶして、脳を疲れさせてしまうなんて、もったいない。


小田與之彦

お客様へのもてなしを支えるのは社員です。だからこそ、当社では社員が幸せだと感じてもらうことが大切だと考えて体制を作ってきました。例えば、女性社員が子供を育てながら安心して働けるよう、母子寮を併設した企業内保育園「カンガルーハウス」を86年に設置しています。また、料理搬送システムも省人化を実現すると同時に、客室係の負担を減らすことで、お客様へのもてなしを手厚くすることを可能にしました。


伊藤惇夫

優れた政治家は先を読むだけでなく、自分で先をつくっていく。


アンジェラ・ダックワース

興味深いことに、やり抜く力が旺盛な人は、決して飽きるということを知らない。常に新しい側面を見いだしていく。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

私の場合は、「誰に対してもいつも笑顔でいられる経営者でありたい」と思っているので、「笑顔が素敵な人に出会ったら必ず褒める」というルールを自分に課しています。まわりの笑顔に敏感になり、笑顔の素晴らしさを痛感する場面に出会うことが多くなったことで、自分も自然と笑顔が振りまけるようになったのか、最近は、まわりの人から、「山本さんって、いつも笑顔ですよね」と言われることが多くなりました。これは、以前にはなかったことで、私は確実に変われたのだな、と自負しています。


谷口祥子

話題の内容そのものではなく、「なぜこの人はこれが好きなのだろう?」という部分に焦点を当てるのがコツ。好きになった動機やその楽しみ方など、相手の性格や価値観に興味を持てば、話題がなんであれ退屈に感じることはありません。


山本真司

PCに向かって文書なりプレゼン資料なりを作りながら考える、というのは最悪です。絵を動かして考えること、それを言葉にすること、言葉をさらに吟味して文書などの形にすること、この3つの作業は分けないといけない。同時にできるのは天才だけ。あくまでも、「考える」段階でやることは、これだというイメージにたどり着くところまでです。


山田満(経営者)

大手が業績不振で赤字になり苦しんでいるでしょう。私はトップダウンだけで、現場の声をしっかり吸い上げていないのではないかと思います。


松下正幸

祖父(松下幸之助)はどんな人の話もとても熱心に聞きました。相手は、「自分のような者の話を熱心に聞いてくれる」と自分の持っているすべてを伝えようとする。祖父は、そうした人たちの生の経験を聞き込んで引き出しにしまっておき、非常に難しい判断を迫られる時に、その引き出しを開けて参考にしました。


大谷芳弘(コンサルタント)

自社の製品やサービスを宣伝したいけど予算がないという企業や自治体は全国にたくさんあります。そこでマスコミにプレスリリースを送って、製品(サービス)の魅力、面白さを伝えます。興味をもってもらい、取材されれば、無料で宣伝してもらえるのです。そのお手伝いをするのが広報コンサルティングの仕事です。