名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤達雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤達雄のプロフィール

佐藤達雄、さとう・たつお。日本の経営者。都内で都市型食品スーパーを展開するオオゼキの創業者。30歳で乾物主体の小売店大関食料品店を創業。以後、スーパーマーケットに業態を変化させ、地域密着型の展開を行う。同社を大きく成長させ、上場させた経営者。

佐藤達雄の名言 一覧

実践を伴わないスローガンを掲げることなら誰でもできます。単なるスローガンに終わらせないためには、店頭でお客様とじかに接する現場の社員が、経営理念をきちんと実践していなければなりません。現場の社員に実践させるには、まず経営者自身が実践したうえで、社員に実践させる仕組みを構築する必要があります。


お客様はあちこちの店を見て歩いているので、本当によくご存知です。そのお客様の要望を肌身に感じている者が仕入れや販売の権限を持つのは極めて自然なことでしょう。


当社がPOS(販売時点情報管理)システムを導入したのは1978年。日本の小売業ではうちが初めてです。売れ筋を把握するといった本来の目的以外に、導入を急いだ理由がもう一つありました。それは、レシートを見れば、自分が買った商品と値段がすぐ確認できるということです。当時は実に画期的なことだったんです。


当社は99年に株式公開を果たし、2003年2月期の売上高は約460億円になります。最近、しみじみと考えるのは、小商圏でお客様に喜んでいただく方法は、1957年に乾物屋を始めた時から何も変わっていないということです。まず現場に出て、顧客とじかに接する。結果は後からついてきます。それが私の原点です。


業界では異例のことですが、当社の正社員比率は8割に達します。自分の店、自分の売り場は自分で守っていくという強い思いがあるから、創意工夫も生まれる。単位面積当たりの売上で、常に業界ナンバーワンの地位を保てるのも個店主義をベースとした地域密着を実践しているからです。


地域密着も口で言うのは簡単です。しかし、個店重視という裏付けがなければ、地域密着は不完全なものに終わるでしょう。考えてもみてください。たくさん仕入れたからこれを売れなどと、本部が各店舗の現状を無視して号令を下して、本当の地域密着が実現するでしょうか。プロの意識を持った売場責任者に、仕入れから販売まですべてを任せる。これがオオゼキの基本です。


オオゼキのお客様第一主義の典型的な事例にキャッシュバックカードがあります。お買い上げ金額の一定割合を月に一回、現金で還元するシステムです。カードを導入する以前は、レシートを一ヶ月分持ってきていただいて、手計算で現金をお渡ししていましたが、基本的な考え方は変わっていません。景品やポイントよりも現金でというところが特徴ですね。現金なら、お客様は自由に使えます。


「お客様第一主義」「個店主義」「地域密着主義」。当社はこの三つのキーワードを経営理念として掲げてきました。一見すると、当たり前のことのように思えるかもしれません。「うちの会社だって同じような理念を掲げている」とおっしゃる方もいるでしょう。それでは、その理念は実践されているのでしょうか。


佐藤達雄の経歴・略歴

佐藤達雄、さとう・たつお。日本の経営者。都内で都市型食品スーパーを展開するオオゼキの創業者。30歳で乾物主体の小売店大関食料品店を創業。以後、スーパーマーケットに業態を変化させ、地域密着型の展開を行う。同社を大きく成長させ、上場させた経営者。

他の記事も読んでみる

新将命

C(チェック)が不十分なまま、PDC(プラン、実行、チェック)サイクルを回すと、ハツカネズミのように同じところをクルクルと回るだけになってしまう。評価・学習・反省・改善を入れたPDCを回すと、現在のループを脱して前進できるのである。


新川義弘

私も飲食業の経営者として、お客様の満足を優先したいという気持ちを持っています。タバコを吸う方であれ吸わない方であれ、私たちの店で料理やお酒を楽しんでいってほしいと心から願っています。ただ、僕はそれだけではないと思うんです。こういう問題では、お客様の満足以上に、従業員がどう感じるかということのほうが大事です。私たちのスタッフは、お客様と空間を共有して働いています。店内でタバコを許せば、受動喫煙の害を受けるのは彼らです。だから、ある店で喫煙を認めるかどうかを決めるときには、最初に店長以下スタッフの声を十分に聞くようにしています。いくらお客様のためでも、スタッフが嫌がるならその店はもちろん禁煙にします。


香山誠

先進諸国には技術力はあるかもしれませんが、それによる既存システムの破壊は間違いなく新興国から起こります。したがって、日本の将来の姿を見ようと思えば、現時点では新興国側を見た方が良いでしょう。


黒田博樹

ヤンキースに移籍して1年目。自己最多の16勝を挙げられました。地区優勝が決まるレッドソックスとの試合で投げたことも思い出に残っています。ただ開幕から5月まではそんな好成績を思い描けませんでした。FAでヤンキースーに入ることの大変さを知りましたね。メディアやファンの注目度がドジャース時代とは大きく変わり、プレッシャーを強く感じました。あれこれ悩んで、考えすぎて、メンタルの部分で調子を崩してしまっていたんです。変な話、住んでいるマンションにベランダがなくて良かったと思いましたよ。もしラクになれるなら……と考えたかもしれない。そんな僕にジラルディ監督が「毎試合勝てるピッチャーなんていない。おまえのままでいてくれ(Just be yourself)」と声をかけてくれたんです。気持ちが楽になりました。


元谷芙美子

オンとオフはありません。私は三度の飯より仕事が好きで、仕事を遊びにし、遊びを仕事にしています。


太田光代

私は当社の20代の社員に「自分の意見を言うな」と教えています。独り善がりの持論を聞かされても、周囲は迷惑するだけですから。余計なことを一切言わず、人を見て学ぶことがとても勉強になる。どこの業界も同じだと思いますよ。


田中仁(経営者)

私の責務は、現場がすぐ動けるように、意思決定を早くすること。社員にも会議や資料作成に費やす時間は徹底して削ることを求め、前倒しできる仕事は次々と進める。時間を最大限に捻出して、本当に重要な案件の検討に全力を注ぎます。


及川智正

今がとても良い時代だということを理解せねばなりません。周囲にも「良い時代だ」と声を大にして言うべきです。皆が「良い時代」と言えば絶対に良くなります。情熱を持ってやりたいことに挑戦すれば、何でも出来る楽しい時代なのです。


佐藤秀哉

今でこそ、多くのお客様にご愛顧頂いていますが、創業から2期目などは大きな仕事が入るものの、現金が先に出ていく状態で非常に厳しい状況も経験しました。そんな時に思い出した場所が、日本IBM時代に過ごした浜松町です。浜松町の駅を降りて、増上寺の方向を見ると、東京タワーが見えます。その光景を見ると、「ここで頑張るんだ」、「一旗揚げるんだ」と決意した純粋な気持ちに戻ることができました。


岡本太郎

決意の凄味を見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。


河村浩明

やる気と誇りを持って仕事をすることは、心身の健康にも大きく影響すると思います。私がこうして元気でいるのも、「進化するネット社会に自信と安心を提供する」というシマンテックのミッションの下、自分の仕事が世のため人のためになるという気持ちを、強く持てているからでしょう。


森岡毅

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の再建時には、ハリー・ポッターのアトラクションのような大きなブレークスルーがありました。ただそれは何十回もある価値創造の中で出てきた話です。小さなイノベーションでも消費者を幸せにしますし、業績も上がります。あまり大上段に構えすぎるのは良くないでしょう。