名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

佐藤達雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤達雄のプロフィール

佐藤達雄、さとう・たつお。日本の経営者。都内で都市型食品スーパーを展開するオオゼキの創業者。30歳で乾物主体の小売店大関食料品店を創業。以後、スーパーマーケットに業態を変化させ、地域密着型の展開を行う。同社を大きく成長させ、上場させた経営者。

佐藤達雄の名言 一覧

実践を伴わないスローガンを掲げることなら誰でもできます。単なるスローガンに終わらせないためには、店頭でお客様とじかに接する現場の社員が、経営理念をきちんと実践していなければなりません。現場の社員に実践させるには、まず経営者自身が実践したうえで、社員に実践させる仕組みを構築する必要があります。


お客様はあちこちの店を見て歩いているので、本当によくご存知です。そのお客様の要望を肌身に感じている者が仕入れや販売の権限を持つのは極めて自然なことでしょう。


当社がPOS(販売時点情報管理)システムを導入したのは1978年。日本の小売業ではうちが初めてです。売れ筋を把握するといった本来の目的以外に、導入を急いだ理由がもう一つありました。それは、レシートを見れば、自分が買った商品と値段がすぐ確認できるということです。当時は実に画期的なことだったんです。


当社は99年に株式公開を果たし、2003年2月期の売上高は約460億円になります。最近、しみじみと考えるのは、小商圏でお客様に喜んでいただく方法は、1957年に乾物屋を始めた時から何も変わっていないということです。まず現場に出て、顧客とじかに接する。結果は後からついてきます。それが私の原点です。


業界では異例のことですが、当社の正社員比率は8割に達します。自分の店、自分の売り場は自分で守っていくという強い思いがあるから、創意工夫も生まれる。単位面積当たりの売上で、常に業界ナンバーワンの地位を保てるのも個店主義をベースとした地域密着を実践しているからです。


地域密着も口で言うのは簡単です。しかし、個店重視という裏付けがなければ、地域密着は不完全なものに終わるでしょう。考えてもみてください。たくさん仕入れたからこれを売れなどと、本部が各店舗の現状を無視して号令を下して、本当の地域密着が実現するでしょうか。プロの意識を持った売場責任者に、仕入れから販売まですべてを任せる。これがオオゼキの基本です。


オオゼキのお客様第一主義の典型的な事例にキャッシュバックカードがあります。お買い上げ金額の一定割合を月に一回、現金で還元するシステムです。カードを導入する以前は、レシートを一ヶ月分持ってきていただいて、手計算で現金をお渡ししていましたが、基本的な考え方は変わっていません。景品やポイントよりも現金でというところが特徴ですね。現金なら、お客様は自由に使えます。


「お客様第一主義」「個店主義」「地域密着主義」。当社はこの三つのキーワードを経営理念として掲げてきました。一見すると、当たり前のことのように思えるかもしれません。「うちの会社だって同じような理念を掲げている」とおっしゃる方もいるでしょう。それでは、その理念は実践されているのでしょうか。


佐藤達雄の経歴・略歴

佐藤達雄、さとう・たつお。日本の経営者。都内で都市型食品スーパーを展開するオオゼキの創業者。30歳で乾物主体の小売店大関食料品店を創業。以後、スーパーマーケットに業態を変化させ、地域密着型の展開を行う。同社を大きく成長させ、上場させた経営者。

他の記事も読んでみる

新宅祐太郎

いつチャレンジャーが出てくるかもしれない。我々自身がチャレンジャーであり続けないと、どんどん追い越されてしまう。


河村浩明

鳴かす飛ばずと言われていた社員も、機会を与えれば良い仕事をしてくれます。


池上彰

28歳のとき、社会部の中でも最も厳しい警視庁の担当記者になりました。ネタ元になる刑事さんの自宅へ夜討ち朝駆けは当たり前。事件が起きれば、現場に張り付いたまま。一生、こんな仕事が続くと思ったら辞めてますよ。でも、いまも昔も記者にはローテーションがありまして。必ず2、3年で別の部署に変われるという希望があったから耐えられた。


治山正史

この業界は競争が激しいので、キャッチアップがすごい。何かを開発しても、早ければ半年で追い付かれてしまいます。だからこそ、新しいものを作り続けていくことが大事なのです。


ハロルド・ジェニーン

リーダーシップは、言葉よりも態度と行為によって発揮される。言うのはやさしいが、いったん問題が起こったとき、そうした信条を貫き通す最高経営者がどれだけいるだろうか。何人が自分の職業的経歴を危険にさらしても、自分が統率するマネジメントチームと労働者をかばうだろう。あるエグゼクティブがたった一度でも部下を裏切るなら、彼はその部下の経緯と尊敬を永久に失う。そして話は広く伝わる。


佐々木正悟

僕の場合、原稿が遅れそうなときは、テンプレートの文章を先方にメールします。文章を考えるために、余計なエネルギーを使わずに済みます。


吉越浩一郎

日本人はとにかく勤勉で、頑張る気持ちが強い国民です。ただ、この頑張る気持ちを残業ではなく、効率アップに向かわせられないものか。長く仕事をするのではなく、同じ時間でいかに速く効率よく仕事をするかを考えれば、この国は活性化されるはずです。


長谷川英祐

僕はわりと言いたいことを言うほうですが、日本社会ではこういう人間はどうしても風当たりが強くなる。自己主張が下手なのは必ずしも悪いことではないですよ。


山本晶(経済学者)

いくらマーケターが金銭的なインセンティブを提供しようと、消費者は自分が所属する社会集団で受け入れられないような発信はしません。消費者が発信したいのは、周囲の人から感謝され、尊敬される、あるいは楽しい人だと思われる情報です。従って、製品・サービスの好意的なクチコミを広めてもらうには、圧倒的な高便益、新規性、希少性、意外性、心を揺さぶる感動、聞いた人が唸るようなストーリー性などの性質を持った情報をクチコミ発信者に提供することが重要です。


畠中雅子

食費や光熱費の節約は実は効果が小さい上、気持ちがすさんで長続きしません。そんな細々とした節約であくせくするなら、毎月一定額を支払い金額も大きい「固定費」を見直すべき。月1~2万円は簡単に浮かせることができます。


奥島孝康

人生とは重いリュックを担いで山を登るようなものであるとすれば、なによりもその重き荷を担ぐ足腰を鍛えねばならない。


金児昭

昔は、誰もがあまり資産を持っていなかったので、入るお金が少なく貧乏でした。支出を超える収入を得ることがなかなかできなかったので、家計簿は赤字だったのです。ところがいまは、世の中の生活全体のレベルが上がったため、家計が黒字か赤字かを見るには、収入だけでなく、持っている資産も考えに入れなければならないのです。