名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤透(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤透(経営者)のプロフィール

佐藤透。日本の経営者。「リベルタ」社長。東京都出身。

佐藤透(経営者)の名言 一覧

人間に普遍的なニーズである「喜び」を満たすことが当社の理念です。引き続き、魅力溢れる商品を社会に供給していきます。


当初は通信販売商材の卸売業務を手掛けていました。メーカーから商品を仕入れ、当社が吟味した表現で、通販会社のカタログに載せてもらうのです。類まれな商品力があるのにもかかわらず売り方が分からなかったメーカーと組み、我々の企画力で多くのヒット商品を作り出しました。


海外展開においては、単に合理性とスピードを求めるのであれば、現地のマーケティング会社や商社に依頼し、既存の流通に乗せれば良いだけです。しかし、当社はノウハウを確立するためにしっかりと現地の商習慣や情報を地道に集め、突破口を開いてきました。国や地域によって求められる商品は大きく異なります。展示会での反応も参考にして、現地の需要にあわせた柔軟な商品展開を実施しています。


通販だけに頼る売り方では、業績が不安定になってしまうことは避けられません。これは通販業界の宿命なのです。そこで、米国発の腕時計「ルミノックス」の国内独占販売権を取得しました。当社が今まで培ってきた顧客へのマーケティングが店舗の流通でも通用するか試してみる良い機会でしたね。数年間で瞬く間に話題になり、販路も広がりました。また、時計とは異なるリピート性の高い商品として美容系商品も多く手掛けてきました。


今後、衣料分野にも一層注力していきます。「FREEZ TECH(フリーズテック)」は、暑さにより生じた汗を吸収し、風を受けることで冷感を感じられる特殊な下着です。元々はオートバイに乗られる方向けの商品でしたが、今後は警察や消防、衛隊などの公的機関をサポートするとともに、広く作業着として流通に乗せていきます。働き手の高齢化が進み、熱中症が企業リスクとして高まる中で、この商品は過酷な現場で働く人を守ります。


当社は海外展開に軸足を置いています。日本企業の海外展開が現在ほど一般的ではない15年前から、積極的に海外の展示会に出展し続けています。


佐藤透(経営者)の経歴・略歴

佐藤透。日本の経営者。「リベルタ」社長。東京都出身。

他の記事も読んでみる

香山リカ(精神科医)

努力して獲得できるものは、人生をそれほど画期的には変えないと思う。せいぜい資格の免状一枚分を履歴書に書けるとか、その程度。そう考えると、払った努力のコストパフォーマンスはとても悪い。だったらもっとのんびり楽しくやってもいいんじゃないかと思ってしまう。


アルフレッド・アドラー

叱ると一時的には効果がある。しかし、本質的な解決にはならない。むしろ相手は活力を奪われ、ますます言うことを聞かなくなるだろう。


岡田祥吾

自分の「価値×時間の効率」、この両方ができるようになると、高い価値を短時間で出せる良いビジネスマンになれる。


土田晃之

僕は「飲み会に行かない」を貫きましたが、「徹底して行く」というのもアリです。行ったり行かなかったり、中途半端にブレるのが一番評価が悪い。


宮崎輝

大学を卒業し入社した旭ベンベルグ(旭化成の前身)では、面白くない仕事ばかり割り当てられました。毎日仕事と言ったら電報を打ったり、簡単な書類を作成するといったように、せっかく大学で学んだ学問が生かされるような部門でなかった。入社して三年ほどはこんな状態だから、毎日いつ辞めようかとしていました。しかし、こんなことをしていたら、自分が駄目になってしまうことがはっきりしていたので、特許とか税金といったものを勉強することにしました。それも社内でピカ一と言われるようなプロになることを目指しました。


金丸恭文

過去の話、いまの利権にこだわっている限り、未来は描けません。いま何をすべきか。未来の視点を議論の軸にしなければ。


藤原健嗣

会社の目的は一義的には株主価値を高めることとなりますが、それだけではないはずです。当社では「世界の人びとの”いのち”と“くらし”に貢献します」という理念の下、健康で快適な生活と、環境との共生の実現を目指しています。「その目的の範囲内であれば、何をやってもいい」と社員には言ってきました。


ハワード・マークス

政治のリーダーたちは、現状に不満を抱く人々の問題への対策を真剣に考えなければならない。彼らがいずれ良い解決策を見つけ出すことを願っている。


童門冬二

「風度」とは、人格、器量、風格、魅力、カリスマ性などが混合されて発せられる全体的な雰囲気のことで、「この人なら」「あの人らしい」と周囲に思わせるもので、一種のオーラでもある。今のIT社会でもこの「風度」というのは最も必要なリーダーの条件だ。ITが発達すれば人間対人間の触れあいが薄れていく。そのためにかつてあったような、「スキンシップ」による、たとえば後輩や部下に対するリーダーシップはなかなか発揮しにくい。だが、どんなにIT社会が発達しても、人間である限り「風度」には必ず心を動かされる。しかしその「風度」はある日あるとき完成し、それを一生持ち続けて活用できる代物ではない。年齢・立場・職位などによって次々と変わり、その人間にとって生涯追求するものである。


渡辺真理

入社して6か月間、アナウンサーとしてデビューするために本社から離れたプレハブの一室で特訓の日々を送りました。でもその特訓が終わった段階でも、アナウンサーとして先輩から合格点はもらえていなかったと思います。ですが、プレハブにこもってやった特訓以上に、できないなりに現場で仕事を毎日実践していくことで、体得できたものが大きかったのだと思います。


小泉英一

得意なところを伸ばして企業の基盤を作り、新たなことにチャレンジしていきたい。


和田裕美

メールで自分の感情を表現することも心がけています。たとえば、「お電話をお待ちしています」ではなく、「お電話をいただけると、とっても嬉しいです」と書いたりします。嬉しい、悲しい、残念だといった自分の気持ちをできるだけ表現しています。喜怒哀楽をビジネス文書で書くのは一般的ではないかもしれませんが、私からすると、どうしてそうなっているのか不思議なくらいです。気持ちが込められた文章をもらったほうが、無味乾燥で事務的な文章を受け取るより、ずっと楽しいし、温かい気持ちになると思います。ただし、読んだ相手がイヤな気持ちになるような文章は、当然避けるべきです。自分の感情を前向きに表現することと、感情的な文章を書くことはまったく違います。