名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤誠(SFPダイニング)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤誠(SFPダイニング)のプロフィール

佐藤誠、さとう・まこと。日本の経営者。「磯丸水産」「鳥良商店」などを展開する「SFPダイニング」社長。国士舘大学体育学部卒業後、銀座レストラン高松を経てサムカワフードプランニング(のちのSFPダイニング)に入社。取締役営業本部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

佐藤誠(SFPダイニング)の名言 一覧

上場している外食産業企業24社の経常利益平均は4%前後。当社の経常利益率は8%以上を目安にしてきました。


高い経常利益率は、苦しい時代に余力となってくれる。


難しいのは魚介類の鮮度管理です。注文を受けた食材を冷蔵庫から出していたのでは、せっかくのライブ感が台無しです。鮮度の良い魚介類をお客様に提供するために、設備や管理、運用方法を常にブラッシュアップしています。


もともと営業時間は17時から24時でしたが、いつもいっぱいで、この時間帯では利用できないお客様も増えてきました。そこで、お客様の要望に応え、試しに始めたのが24時間営業です。始めてみると、時間帯によって来店するお客様のニーズの違いがあり、来店効果が高まりました。


当時は業態よりも価格、料理よりも価格でした。しかし、均一価格の居酒屋は、コストを下げるためにもメニューも均一的となり、いつかは飽きられてしまいます。均一のお店が一巡すれば、お客様は必ず「おいしさ」を求めてくると考え、魚介専門の居酒屋として「磯丸水産」をオープンしました。ヒントになったのが、各地の漁港にある番屋の浜焼きです。採れたての魚や貝を、その場で焼いて食べる、浜焼きのライブ感、そのライブ感を店舗で実現したのが「磯丸水産」です。


佐藤誠(SFPダイニング)の経歴・略歴

佐藤誠、さとう・まこと。日本の経営者。「磯丸水産」「鳥良商店」などを展開する「SFPダイニング」社長。国士舘大学体育学部卒業後、銀座レストラン高松を経てサムカワフードプランニング(のちのSFPダイニング)に入社。取締役営業本部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

二宮清純

数多く失敗することが大切です。失敗を恐れちゃいけませんが、甘く見てもらっても困ります。リスクをとれる範囲を少しずつ広げていくことが大切です。


ケリー・マクゴニガル

マラソンなりトライアスロンなりの耐久系のスポーツで、実は肉体的疲労を感じている人の身体には何らの不都合も見られない。言い換えると、脳は実際の肉体的限界のはるか前に疲労のサインを出して、動きを止めようとするのです。一流アスリートは最初の苦しみが本当の肉体的限界ではないことを知っています。だからこそ、圧倒的な成果を出せるのです。ですから、苦しくなったときにやるべきことは、まずもう少しだけ続けることです。


石川康晴

新しいライフスタイルメガストアという概念をkoeで作ろうとしています。今回の店は1階には食事ができるフードスペース、2階にはアパレル、3階はホテル、さらに文化としては週末に毎週音楽イベントを開催します。ここをブランドと顧客の関係性を高める場所にしたいと思っています。ゾゾタウンを筆頭にEコマースがものすごいスピードで成長していますが、これからはリテイルとEコマースは表裏一体で考えないといけない時代。Eコマースだけだとお客様との関係性はすごく薄い。


大河原毅

最近の若い人はグローバル感覚が大切だと教わるようですが、何でも外国の方が良いという考えは間違っています。日本マクドナルド創業者の藤田田さんも外資と渡り合った外食経営者でした。彼が経営する貿易会社で私がアルバイトしていた縁もあります。家族主義の経営で社員の待遇を上げるなど、私と同様に日本人にとって良いと思うことを貫きました。


鉄拳(お笑い芸人)

(滑舌が悪かったため俳優になる夢を諦め劇団を)辞めてこれからどうしようかなと思っていたころ、ちょうどお笑いのボキャブラ天国ブームだったんですよ。「なんか自分でもできないかな」と体がうずき出しました。どんな芸をやるか考えました。で、これまで挫折してきたことを一つにまとめてみたらどうかな、と。プロレスラーのロードウォリアーズみたいないかつい格好をして、得意のマンガをスケッチブックに描いて、滑舌悪くボソボソっとしゃべるという芸風。そして「鉄拳」が生まれたわけです。


三森久実(三森久實)

広い意味で考えたら、他の定食屋チェーンや居酒屋、ファミリーレストランなどの外食だけではなく、コンビニエンスストアのお弁当などもライバルと言えるでしょう。食に関わるあらゆる業態がライバルだと思います。コンビニのお弁当も美味しくてリーズナブルですからね。


庄野直之

既存の技術や設備を否定するような覚悟で仕事に向き合っているかが重要。会社というのはマーケットが求めているソリューションを提供することが大事で、既存の技術や設備にこだわらずにやっていいよということは言っています。


山海嘉之

研究者の多くは研究がある程度まとまると論文作成のため、次の研究テーマに移ることが多い。しかし、せっかく生み出した研究テーマなら、それを責任持って大切に育て、社会実装できるまでやり抜く意志が重要。


西村和義

人を評価するにあたり、私は、「平等」「公平」な処遇が大事だと思います。誰にでも機会を均等に与えて、その能力によって仕事を創造することが大切。


宗岡正二

技術指標など言い訳の余地のない物差しを使うことにしました。例えば、全国の製鉄所を工程ごとに、生産性や歩留まりなどの指標で並べてみる。誰がトップランナーなのか、なぜトップランナーなのか、現場で何をしているのかを解剖するんです。そのうえで、2番バッターや3番バッターに移植します。例えば、名古屋製鉄所の自動車向け鋼板の生産ラインのスピードや歩留まりがずぬけて高い。この強みを鹿島製鉄所や君津製鉄所へどう伝播するかを、今まさにやっているのです。


田原総一朗

変革はいつも辺境から起こるものです。明治維新もまさに中央の幕府や朝廷ではなく、薩長を中心とした地方からの変革でした。


野口実(ABCマート)

販売や接客のマニュアルはどうなっているんですかとよく聞かれるんですが、本当にないんです。マニュアルにのっとってできる人よりも、ちゃんと人と対話して口コミで仕事を覚えていく人の方が、やっぱり強いと思います。僕もそうだったんです。教科書を開く勉強は苦手だったんですけど、学生時代のアルバイトでの実践は得意でした。とくに活字離れの時代でもありますし。