名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤誠(SFPダイニング)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤誠(SFPダイニング)のプロフィール

佐藤誠、さとう・まこと。日本の経営者。「磯丸水産」「鳥良商店」などを展開する「SFPダイニング」社長。国士舘大学体育学部卒業後、銀座レストラン高松を経てサムカワフードプランニング(のちのSFPダイニング)に入社。取締役営業本部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

佐藤誠(SFPダイニング)の名言 一覧

上場している外食産業企業24社の経常利益平均は4%前後。当社の経常利益率は8%以上を目安にしてきました。


高い経常利益率は、苦しい時代に余力となってくれる。


難しいのは魚介類の鮮度管理です。注文を受けた食材を冷蔵庫から出していたのでは、せっかくのライブ感が台無しです。鮮度の良い魚介類をお客様に提供するために、設備や管理、運用方法を常にブラッシュアップしています。


もともと営業時間は17時から24時でしたが、いつもいっぱいで、この時間帯では利用できないお客様も増えてきました。そこで、お客様の要望に応え、試しに始めたのが24時間営業です。始めてみると、時間帯によって来店するお客様のニーズの違いがあり、来店効果が高まりました。


当時は業態よりも価格、料理よりも価格でした。しかし、均一価格の居酒屋は、コストを下げるためにもメニューも均一的となり、いつかは飽きられてしまいます。均一のお店が一巡すれば、お客様は必ず「おいしさ」を求めてくると考え、魚介専門の居酒屋として「磯丸水産」をオープンしました。ヒントになったのが、各地の漁港にある番屋の浜焼きです。採れたての魚や貝を、その場で焼いて食べる、浜焼きのライブ感、そのライブ感を店舗で実現したのが「磯丸水産」です。


佐藤誠(SFPダイニング)の経歴・略歴

佐藤誠、さとう・まこと。日本の経営者。「磯丸水産」「鳥良商店」などを展開する「SFPダイニング」社長。国士舘大学体育学部卒業後、銀座レストラン高松を経てサムカワフードプランニング(のちのSFPダイニング)に入社。取締役営業本部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

本田宗一郎

私は、他人の真似をするのが大嫌いである。私は真似が嫌いだから、うちはうちの作り方でやろうということで苦労をしたわけである。しかし、かれらに追いつくまでに時間をかけて努力したことが、追いついてからのちの技術力の差になった。


ジョセフ・ジューベル

欠点を見せない人間は、愚者か偽善者である。欠点の中には美点に結びついているもので、美点を告げ知らせるものであり、改めない方がよい欠点があるものである。


中村洸太

イライラしたときに即効性が高いのは、深呼吸です。イライラした気持ちを吐き切るイメージを持って行うといいでしょう。「いち、に、さん……」と6秒間、数を数えるのも効果的です。冷たい飲み物を飲んでクールダウンする方法もあります。氷を食べてもいいですね。歯で氷をガリガリ砕くと、ストレス発散にもなります。「自分をしっかりコントロールする」という意識を強く持つことがコツです。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

中小企業の場合、割増退職金の増額を要求したり、取引先を持っていくなどの条件を付けると、応じてもらえることが少なくない。会社側も「辞めてくれるなら」と聞き入れやすい。一方、大企業は条件面を組合との話し合いで決め、公平平等を重んじるので、個別交渉は難しい。


土井英司

普通の人は稼いだお金で、自分が食べるタマゴを買う。お金持ちになる人は、今日のタマゴをガマンしてお金を貯めてニワトリを買い、10羽、100羽と増やしてタマゴを売って儲ける。


青木泰憲(プロデューサー)

認知度がない中でやるので、オリジナルドラマはすごく難しいんですよ。視聴者のニーズに応えにくくて、当てにくい。視聴者がドラマを見にくる動機づけが難しいんです。なので、よりいいキャストで作らないといけないし、よりお客さんを惹きつけるキャッチが必要だし、よりお客さんが見たい題材を見つけないといけない。ドラマの作り方って、ノウハウが身についたら、あとは題材なんですよ。題材探しが難しいんです。『パンドラ』はガンの特効薬があったし、『地の塩』は考古学の捏造があったし、『推定有罪』には無実で捕まった人の冤罪があった。大事なのは題材なんですよ。題材となりうるものは社会の関心事だったりするので、新聞を読んだりして題材を探しています。


金子和斗志

一組のカップルが永遠の愛を誓い、新たな人生の歩みを始めるウェディング。ご親族、ご友人の心からの祝福によって送り出される感動の瞬間です。私たちの事業は、そのお客さまの感動のためにあります。


篠原菊紀

曜日や時間帯で自分のやる気のピーク図のようなものを作ってみるといいでしょう。思い込んだ者勝ちなところがあって、毎週この曜日のこの時間帯は絶好調という思い込みがあったら、自分のゴールデンタイムとして使ったほうがいい。自己観察して行動するというのは大体うまくいくというか、失敗しても修正しやすい。ただ、同じ意味でこの曜日のこの時間帯は絶不調という思い込みはしないほうがいい。


安形哲夫

私は着任から4年間、ひたすらファンダメンタルズ(企業基盤)の整備に力を注いできました。いうなれば、種まく人。相応の固定費はかかりますが、この作業なくして成長は果たせません。種はやがて花をつけ、実を結びます。それを収穫するのは次の世代の人たちでいいのです。


津賀一宏

お客様が何を選ばれるかが一番大事です。プラズマテレビは昨年度の半分の250万台に設定しています。量を追うのではなく、お客様のニーズにフィットする良い商品だけを提供しようと腹を括っています。


糸井重里

「少年ジャンプ」の次の発売日までは生きていようと思う人は、たくさんいると思うんです。未来につながるようなワクワクする楽しみがある人は、幸せだと思う。一方で僕は、人に言えるような趣味がなくて、実は、明日も生きていく理由が少ない人なんです。だから、自分を動かすワクワクをいつも探しています。ツイッターなどで人とつながったりして見つけるんです。


小泉進次郎

私が常に心がけていることは、自分の話している言葉に、体温と体重をのせることです。実際、言葉に体温と体重はありません。温度を測ることはできないし、体重を量ることもできません。だけど必ず、言葉には温度・体温、それがのります。そして、受け取る側の感じる重量、それが必ずあると僕は信じています。最も伝わるメッセージを選ぶには、そこに体温と体重がなきゃダメなんです。