佐藤誠(SFPダイニング)の名言

佐藤誠(SFPダイニング)のプロフィール

佐藤誠、さとう・まこと。日本の経営者。「磯丸水産」「鳥良商店」などを展開する「SFPダイニング」社長。国士舘大学体育学部卒業後、銀座レストラン高松を経てサムカワフードプランニング(のちのSFPダイニング)に入社。取締役営業本部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

佐藤誠(SFPダイニング)の名言 一覧

上場している外食産業企業24社の経常利益平均は4%前後。当社の経常利益率は8%以上を目安にしてきました。

佐藤誠の名言|平均よりも高い目標を掲げる

高い経常利益率は、苦しい時代に余力となってくれる。

佐藤誠の名言|高い経常利益率は、苦しい時代に余力となってくれる

難しいのは魚介類の鮮度管理です。注文を受けた食材を冷蔵庫から出していたのでは、せっかくのライブ感が台無しです。鮮度の良い魚介類をお客様に提供するために、設備や管理、運用方法を常にブラッシュアップしています。

佐藤誠の名言|鮮度の良い魚介類をお客様に提供するために、設備や管理、運用方法を常にブラッシュアップしています

もともと営業時間は17時から24時でしたが、いつもいっぱいで、この時間帯では利用できないお客様も増えてきました。そこで、お客様の要望に応え、試しに始めたのが24時間営業です。始めてみると、時間帯によって来店するお客様のニーズの違いがあり、来店効果が高まりました。

佐藤誠の名言|時間帯によって来店するお客様のニーズの違いがある

当時は業態よりも価格、料理よりも価格でした。しかし、均一価格の居酒屋は、コストを下げるためにもメニューも均一的となり、いつかは飽きられてしまいます。均一のお店が一巡すれば、お客様は必ず「おいしさ」を求めてくると考え、魚介専門の居酒屋として「磯丸水産」をオープンしました。ヒントになったのが、各地の漁港にある番屋の浜焼きです。採れたての魚や貝を、その場で焼いて食べる、浜焼きのライブ感、そのライブ感を店舗で実現したのが「磯丸水産」です。

佐藤誠の名言|次の流れを読んで動く

佐藤誠(SFPダイニング)の経歴・略歴

佐藤誠、さとう・まこと。日本の経営者。「磯丸水産」「鳥良商店」などを展開する「SFPダイニング」社長。国士舘大学体育学部卒業後、銀座レストラン高松を経てサムカワフードプランニング(のちのSFPダイニング)に入社。取締役営業本部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

ページの先頭へ