名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

佐藤裕之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤裕之(経営者)のプロフィール

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

佐藤裕之(経営者)の名言 一覧

故郷「で」錦を飾ろう。やはりもう少し生まれ育った故郷で頑張って、地域に元気にするような若い人が増えれば、もっとこの国のあり方が変わるような気がして、そこにこだわって仕事をしています。


秋田は風がいい。逆にいうと他のエリアはそんなに風がよくないので、風がいいのは野菜が美味しいのと同じで地域資源なんです。ハタハタ、比内地鶏、きりたんぽ、しょっつる、そして風。それと同じなんです。秋田が元気になって雇用が生まれて、みんながそこそこ豊かな方向へ向かえる一つの起爆剤として風力発電に対する期待、これは大きいものを感じます。


佐藤裕之(経営者)の経歴・略歴

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

スピーチはポイントを3つに絞る。3つ以上になると、言われたほうも言うほうも忘れちゃう。本当はワンポイントだけで完結するのが、メッセージとしては一番響きますよね。大体、普通の人間が集中して話を聞ける限界は15分ぐらい。あとは眠くなっちゃう。


山口悟郎

仕事でつらいことは多かったが、絶対に負けないという自負はあった。


伊藤真(弁護士)

よく、「自分は問題を正しく把握しているのだが、上司の認識がズレていて……」「問題を発見しても、周囲が解決に協力してくれない」と言う人がいます。そういう人は、問題発見のものさしを相手と共有できているか、つまり自分の仕事のあるべき姿をチーム内、社内、取引先などと共有できているかを振り返ってみてください。


島田裕巳

自分を売り込むことに懸命になるよりも、自分を誰かに紹介してくれるような人間関係をつくることが大切である。そのための鍵となるのが、仕事を離れた趣味である。手間暇のかかる趣味ではなくても、得意分野を持つことが大事だろう。趣味を持てば、他人との共通体験を持つことができる。


田原総一朗

僕が思うのは、初対面の相手と60分の打ち合わせ時間が取れたのなら、50分は雑談に費やせということ。若い人がやりがちな失敗は、いきなり本論から入るのね。でも、相手からしたら、見ず知らずの人間が突然やってきて「あなたのドキュメンタリー番組を作りたいんです」と言い出したら、逃げ出したくなるよね。だからまずは、雑談を通じて自分を知ってもらう必要があります。相手に裸になってほしいのなら、先に自分が裸にならなくてはいけない。


鈴木修

「死に金は一銭たりとも使わない」というのが私のポリシーです。たとえば、工場内ではなんでもかんでもコンベヤー化しようとしたり、自動化しようとしたりする傾向があります。その多くは、大いなる無駄です。わざわざコンベヤーを設置しなくても、ちょっとラインを傾けて自然と重力で動くようにすればいい。電気やガスといったエネルギーにはお金がかかりますが、重力はタダなのです。


矢作芳人

調教師にとって馬主は、会社に例えると株主のような存在。都合の悪いことは、なかなか言えない。しかし僕は厩務員時代から、馬主には不安材料も隠さず伝えてきました。調教への注文に対しても、譲れないことははっきり言う。それで関係が悪くなることもありましたが、最終的に「矢作はごまかさない」と分かってもらえればいい。


永山治

長く親しまれ、定着するための信頼を得る地道な努力こそが大事。


大野裕

簡単なことからで十分。小さくても結果を出していけば、自信がついてくる。


吉川廣和

世の中が常に変化するのと同様、ビジネスも常に変化し続けているのです。その変化に合わせて、あるいは先取りして変わり続けなければ会社は終わり。人間も同じ。


古森重隆

決断の過程ではデッドラインのギリギリまで考え抜いても結論が出ないこともしばしばあった。腹を決め、可能な限りの情報を集め、最後の最後まで考え抜く――。それでも、はっきりとした優位性が見えない時が現実にあった。そんなとき私は「いずれを選択しても正しいのかもしれない」と考えることにしている。


名越康文

基本的に、人間は一人では何もできません。自分の可能性を伸ばしたいなら、仲間に貢献したいという気持ちこそが必要です。