名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤裕之(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤裕之(経営者)のプロフィール

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

佐藤裕之(経営者)の名言 一覧

故郷「で」錦を飾ろう。やはりもう少し生まれ育った故郷で頑張って、地域に元気にするような若い人が増えれば、もっとこの国のあり方が変わるような気がして、そこにこだわって仕事をしています。


秋田は風がいい。逆にいうと他のエリアはそんなに風がよくないので、風がいいのは野菜が美味しいのと同じで地域資源なんです。ハタハタ、比内地鶏、きりたんぽ、しょっつる、そして風。それと同じなんです。秋田が元気になって雇用が生まれて、みんながそこそこ豊かな方向へ向かえる一つの起爆剤として風力発電に対する期待、これは大きいものを感じます。


佐藤裕之(経営者)の経歴・略歴

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

梅原勝彦

忘れてならないのは、社長が会社で誰よりも汗を流すことです。社員は上の人間の背中を実によく見ています。社長が社員よりも早く出社して遅く帰るような一番苦労して働く人でないと、社員は決してついてこない。


津賀一宏

私の最大のメッセージは、49事業部はすべてが対等であるということです。これまでは松下電器産業があり、松下電工があり、三洋電機があり、パナホームがあるといったように、それぞれが異なる枠組みでスタートし、それをもとに「親子関係」がどうだ、といったことも言われていた。また、従来は陽の当たる事業部、陽の当たるドメインというところに重きが置かれていた傾向がありました。象徴的なものがデジタルテレビです。これからは決してそうではない。事業部のなかには、これらの企業体が混ざり合っており、そうした議論が出る余地がない。そして、事業部が対等に競い合い、連携し合う。そこで新たなモノを生みだしてほしいという期待を表明しています。


八木沼純子

リンクの上から去るときは、いつかくると思っています。でもそれは、いまではないかも……。まだやらなければならないことが、たくさんありますから。日本にフィギュアスケートを根づかせたいのです。荒川(静香)さんや(浅田)真央ちゃんのおかげで人気が急上昇したとはいえ、まだまだこれからだと思っています。リンクは次から次へと閉鎖されており、環境的には厳しい状態が続いていますし、バンクーバー五輪以降を担える選手の育成も、急務になっています。


佐藤可士和

名刺の管理が甘いと、必要なときに見つけるのがひと苦労。アイウエオ順に整理するのが一般的なようですが、僕のオフィスではプロジェクトごとにファイルして、各担当者が保管することにしています。ファイルはオフィス内での定位置を決めてあるので、僕と担当者が別々にファイルをもつ必要もない。プロジェクト終了後は、必要な名刺をピックアップしてマネージャーに渡して、PCで業種別にデータベース化。これですっきりと管理できます。


鹿田尚樹

読み飛ばしたところに大事なことが書いてあるかもしれないという不安はわかりますが、その不安は往々にして、「何のためにこの本を読むのか」という目的がはっきりしていないことに原因があります。「○○について知るためにこの本を読むのだ」と意識していれば、たとえ斜め読みでもそれに関連する情報は自然と目に飛び込んでくるものです。


出雲充

私に強みがあるとするならば、単純なことをやり続けられることでしょうか。


鈴木敏文

過去にとらわれてはいけない。だって時代は変化しているんですから。


前田修司

開発には多くの人が関わります。企画、ハード開発、ソフト開発、評価、運用、購買、広報、営業など、たくさんの登場人物によって、商品を市場に出すことができるのです。ですからプロジェクト・マネジャーはすべての登場人物と情報を共有し、進捗を確認しながら、スケジュールを前へ推し進めていく必要があります。


柴田励司

朝に頭が冴えるというのは、アメリカの商工会議所で委員を務めていたときにも感じました。アメリカ人は始業前に朝食を食べながらミーティングをする「パワーブレックファースト」が大好きなのですが、最初のうちはなぜこんな朝早くから会議をやるのか、不思議に思ったものです。しかし、参加してみると、複雑な議題でもスイスイと決まっていくのです。彼らは朝の効用をよく知っていたのです。


細田収

悩み相談をされることがあるかもしれません。そのときには長々とアドバイスをするのは禁物。こちらがその場で思いついたアイデアなど、相手にとっては「もう検討済み」である確率が高いからです。ここは、「あなたはどうしたい?」と聞いて、相手に考えさせ、答えさせること。これだけで、「親身になってくれた」という印象になるのです。


西田文郎

恐ろしいことに、誰かを責めることで自分を守っていると、不安や不満などのマイナスの感情に脳が支配され、前向きな努力を放棄してしまいます。そして、悪い予感が現実のものになってしまうのです。


内藤誼人

そもそも会話というのは感性がベースになっているんです。感性がベースなわけですから、モノの感じ方が似ている相手なら絶対に話は通じ合います。若者とは話が合わないなんて思い込み以外の何ものでもありません。しょせん同じ日本人であれば、モノの感じ方はそれほど違いはないはずだ。


堀場雅夫

もし、あなたのビジネスプランが「論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる」という3条件に合致した正しいものであったら、必ず応援してくれる人が出てくるだろう。僕自身、何度も失敗をしているが、土俵際まで追い詰められ、それでも頑張ろうとしていると「それは面白い。やってみろ」と言ってくれる人が現れた。


田村潤

私は会議は嫌いでしたが、しょっちゅう支店の皆と「雑談の場」は作っていました。一番多かったのは飲みの席でしたけどね(笑)。話すのは、まず他愛のない内容です。社内で顔を見かけたら「最近、どう?」「子供は元気?」と声をかけた。そして、新人もベテランも若い女性も関係なく「どうしたら高知の人たちに喜んでもらえるかな?」と意見を求めました。これ、同じことを会議だけで言っていても意味がないんですよ。廊下であったとき、お酒を酌み交わすとき。そんな日常のリラックスした場で、しかししっかりと問題意識を持った「誠実な雑談」を繰り返すからこそ、一人ひとりの中に「お客様のためにどうすれば?」という意識が染み込む。また「自分のアタマで考え、意見を持ち自ら行動する」という習慣が根づいたのだと思います。だから、高知支店は、営業マンはもちろん、事務職員まで含めて、すべてが「お客様に何ができるか」を考えて言動を続けていた。


ポール・シーリィ

仕事の渋滞は、人から人へのコミュニケーションの際に発生していると思います。たとえば、ほんの数行で十分なのに、相手は数十ページにわたるレポートが必要だと思い込み、情報がなかなか上がってこない。そうした小さな齟齬が積み重なり、やがて大きなタイムロスにつながるのです。