名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤裕之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤裕之(経営者)のプロフィール

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

佐藤裕之(経営者)の名言 一覧

故郷「で」錦を飾ろう。やはりもう少し生まれ育った故郷で頑張って、地域に元気にするような若い人が増えれば、もっとこの国のあり方が変わるような気がして、そこにこだわって仕事をしています。


秋田は風がいい。逆にいうと他のエリアはそんなに風がよくないので、風がいいのは野菜が美味しいのと同じで地域資源なんです。ハタハタ、比内地鶏、きりたんぽ、しょっつる、そして風。それと同じなんです。秋田が元気になって雇用が生まれて、みんながそこそこ豊かな方向へ向かえる一つの起爆剤として風力発電に対する期待、これは大きいものを感じます。


佐藤裕之(経営者)の経歴・略歴

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

和田眞治(和田真治)

30代の頃はモーレツ営業マンでした。とにかく、より多くの顧客と会うことを心掛けました。体力のある時期に、あれだけの仕事をこなすことができたのは幸運なことです。


ジャンフランコ・ランチ

レノボの強みはハードウエアで収益を生めることです。それはPC事業で証明済みで、この形をサーバー事業に持ち込む。もちろんソリューションの提供も行いますが、それは、ソフトウエアベンダーやシステムインテグレーターなどのソリューションパートナーとともに提供していきます。


都築冨士男

経営課題を放置すれば企業は衰退する運命にある。経営課題を明確にし、それを解決する仕組みをつくるのが経営者やリーダーの役割。


瀧本哲史

成長するためには、優秀な人たちと、ゲゼルシャフト(目的志向型組織)的なチームをつくらなくてはなりません。そのためには「自分は○○という人間です」というラベリングをすることです。私の場合、メディアにでるときには「京都大学客員准教授」という肩書を使っています。私の本業は「エンジェル投資家」ですが、なぜその肩書を使わないことが多いかといえば、日本では「投資家」という職業のイメージがよくないからです。ラベリングの目的はあくまで、人に評価・判断してもらうことです。他人からそのラベルを見られたときにどう思われるか。その視点をもちましょう。


大野直竹

これからの時代をどう考えるかということを探求しておけば、そんなに大きな失敗にはつながらない。


上野金太郎

僕自身、営業を皮切りに、広報やって、ドイツへ行って、社長のアシスタントやって……。とにかくいろいろなセクションを回されましたが、無駄になった仕事はひとつもありません。後になって必ず役に立つ場面があるのです。


清水久三子

資料作成時に最初からパワーポイントを立ち上げるのは厳禁。まずは、紙の上に目的や構成を書き出すことから始めましょう。内容を「箇条書き」で書く訓練もお勧めです。問題提起、解決策、結果、とプロセスを区分けして項目ごとに一行ずつ伝えたいことを書き、それを文章につなげていくと、明確なメッセージが浮かび上がってきます。


澤田秀雄

実は、いまは過渡期だと思っています。オランダの雰囲気とかチューリップとかで食べていけるなら、それでいいと思うんですよ。でも、結果はそれでは食べていけなかった。だから、オランダの雰囲気のよさは残しつつ、新しい方向を目指さなければならない。私はここを観光ビジネス都市にしたいと思っています。ハウステンボスには電柱・電線が一本もありませんし、エアコンの室外機も一つもありません。東洋一美しいこの街に新しいベンチャーが続々と集まってきて、どんどん育っていく、そういう観光とビジネスのメッカみたいな都市にしたいと思っているのです。


熊谷正寿

当社の強みは「人(仲間)」に尽きます。インターネット産業は、無機質な装置産業のように思われがちですが、インターネット産業こそ人財産業なのです。この考えの下、当社では優秀な仲間たちが全ての商材を企画・作成して、それを洗練させたり、お客様の要望に応えるところまで自分たちで行っています。


石黒不二代

同質集団の中では、新しい発想は生まれにくい。


臼井貴弘

高校卒業後入社した会社は、通信機器や保険商品の卸売業を主とした強い営業力で有名な企業で、数字に対する絶対感や、お客さまと全力で向き合う姿勢などを学びました。電話回線サービスの提案などの仕事を担当し、その営業手法や保険の発想を不動産業界に応用したらどうなるかと考えました。


海老一宏

将来の転職を考えるなら、今いる職場の在籍中に意識的に準備しておくべきことが2つあります。ひとつは、自分自身のスペシャリティを高めておくこと。もうひとつは人脈を整理し、広げておくこと。