佐藤裕之(経営者)の名言

佐藤裕之(経営者)のプロフィール

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

佐藤裕之(経営者)の名言 一覧

故郷「で」錦を飾ろう。やはりもう少し生まれ育った故郷で頑張って、地域に元気にするような若い人が増えれば、もっとこの国のあり方が変わるような気がして、そこにこだわって仕事をしています。


秋田は風がいい。逆にいうと他のエリアはそんなに風がよくないので、風がいいのは野菜が美味しいのと同じで地域資源なんです。ハタハタ、比内地鶏、きりたんぽ、しょっつる、そして風。それと同じなんです。秋田が元気になって雇用が生まれて、みんながそこそこ豊かな方向へ向かえる一つの起爆剤として風力発電に対する期待、これは大きいものを感じます。


佐藤裕之(経営者)の経歴・略歴

佐藤裕之、さとう・ひろゆき。日本の経営者。風力発電の「ウェンティ・ジャパン」社長。秋田県出身。一橋大学法学部卒業後、外資系企業を経て家業の羽後設備に入社。同社社長を務めたのち、地元再生のために風力発電プロジェクトを開始。ウェンティ・ジャパンを設立。そのほか、あきたNPOコアセンター副理事長、トップスポーツコンソーシアム秋田理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

安藤忠雄

映画をDVDで観たり、音楽をスマートフォンで聴いたりするばかりでは、本当の感動は得られません。やはり映画館やコンサートホールに直接足を運ぶべきです。というのも、たとえば映画というのは、映画館の大きなスクリーンで上映され、画面から10メートルほど離れた場所から見ることを前提に作られているメディアなのです。それをテレビやパソコンのモニターで観ても、映画館と同じ感動を得られるはずがないじゃないですか。これはスポーツも同じです。野球は正直なところ、テレビで観たほうがボールの動きや選手の表情など細かいところまでよく見えますが、やはりスタジアムに足を運び、プレーの臨場感を味わうのが一番、感動する。


恒川光太郎

アイデアと設定ができたら、書き始めてしまうんです。全体像が分からなくても気にしませんね。そうやって書き進んでいくと、ある地点で行き詰まるんですね。そこから物語を終わらせるためにはどうしたらいいのか、どんな要素が足りないのか、じっくり考えます。


大田正文

ここ数年、勉強会やセミナーに参加して人脈を広げる方法が注目されています。普段の仕事では会うことができない人と出会って、知人や友人を増やす。その結果、自宅と会社以外の第三の場所をつくることにつながり、生活全体が充実したという声も多数耳にしています。


鎌田浩毅

人は一度覚えた方法や、たまたま過去に成功した手法を繰り返しがち。そのほうがエネルギーを使わなくて済むからです。しかし、当たり前としている自分の手法が間違っていたら、いつまで経っても結果は出せないし、成功もしません。無駄にエネルギーを消費するだけです。


田中通泰

ブランドを強くすることが企業の生き残る道。


佐々木常夫

私が課長だった頃は、部下たちに「業務計画書」を提出させていました。「どの仕事を優先するか」「納期はいつか」「完成度はどのくらいにするか」などについて計画を立てさせ、私がチェックするようにしたのです。そして、「この会議に3時間もかける必要はないから、1時間で終わらせなさい」「この件は、先方に出向かなくてもいいから、電話で済ませなさい」などと指導をします。これを繰り返せば、確実に残業を減らすことができます。


橋本治

ある専門分野で特定の問題を解くためのカギというのは適用範囲も狭いでしょ。マルクス主義のカギとか構造主義のカギとか、カギの使える範囲は決まってしまっていますので。それで、私は広大な現実から立ち上がってくるようなところからしかものを考えないようにしているんです。そうやって目の前の現実からものを考えることって、日本人は得意なはずなんですよ。


坪田一男

ストレスが多くて不幸せな気分のときは、イライラして暴飲暴食に走ったり、お酒やタバコの量が増えるという人も少なくない。逆に、幸せでポジティブな気分だと、心に余裕が生まれ、行動的になる。その結果、お酒やタバコを控えたり、日常的な運動量が増えたりして、自然に健康的な生活習慣が身につく。


上村光弼

私は人材活性を専門とするコンサルタント&コーチとして、これまで15年間でのべ10万人以上の方と触れあってきました。その中で多くの方から「成果主義やコーチング研修などを導入しても、思うように機能していない」という声を聴きました。一方で、制度や教育によって効果がみるみる現れる会社も数多くあります。では、その差はどこにあるのか。答えは、リーダーや現場の管理職に「人をエンパワーする力」かあるかどうかです。


兼元謙任

洗脳とかマインドコントロールとか言うと、胡散臭いと感じる人もいるかもしれません。でも、現実をどう感じるかは認識、心の問題です。自分の認識を変えれば、たとえば「会社の業績が悪くて給料が下がる」という状況は同じでも、不安は減らせます。


玉塚元一

ビジネスはやってみないとわかりません。もちろん、過去の事例から学んだり、本質的な課題は何かを考えることも重要ですが、机上で考えているだけでは前に進まないし、何も生み出しません。仮説を立てたら実行して検証してみる作業がとても大事です。


伊庭正康

仕事を短時間で済ませるには、次の三つの観点から考えてみると良いでしょう。

  1. 一石二烏を狙う。一度に2つ以上のことを同時に済ませる。
  2. 移動時間を減らす。
  3. 作業をよりシンプルにする。

内藤誼人

人が何かを習慣化するためには約3週間かかり、それを超えたら、習慣がその人にとって欠かせないものになります。これをマルツの法則といい、心理学者マックスウェル・マルツ博士の実験で明らかにされています。ともかく3週間は、何としてでも頑張り続けましょう。


田崎正巳

近年は資本主義の導入で競争原理が働くようになり、国民の半分近くが都市部に定住するようになった。その結果、モノを持つようになり、人々は物欲の塊のようになりつつある。都市部ではモノが幸せの指標となったので、他人が得たモノをうらやみ、それと比較して、自分もモノを得られないと不幸だと感じる人々が増えてしまった。他人軸を気にしはじめた途端、自分の幸せの基準がわからなくなってしまう。


三上延

どんなジャンルの本を書くにしても、お金を出して本を買っていただくので、そのぶんだけでも読者の方に満足していただくことが最も大事だと思っています。


ページの先頭へ