名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤裕久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤裕久のプロフィール

佐藤裕久、さとう・ひろひさ。日本の経営者。グッドモーニングカフェなどを展開する「バルニバービ」社長。京都府出身。神戸市立外語大学中退。アパレル会社経営などを経てバルニバービを設立。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』『日本一カフェで街を変える男 人、モノ、金が輝くスーパー経営術』。

佐藤裕久の名言 一覧

競争相手がいないと、何も成長していかない。


表面的なものに惑わされず、いつでも自分の心が本当に欲しているものに、正直に向き合うことが大切。


誰もが「あかん」ということでも、自分が本気になってやればいつか誰かが振り向いてくれる。


いつも僕は逆境を何とか好転させてやろうとやってきた。いじけているだけでは、負けが続くだけだし、ただの時間の無駄だから。


左脳で考えれば、俺の筋力では100kgのバーベルは上がらないって思うんだけど、右脳で考えれば上がっちゃうんだよね。


何もしなければ誰も振り向いてくれない。そのためには自分が信じたものに、じっくり時間と愛情をかけて育んでいく努力をすること。商売に限らず、恋愛でも何でも、自分が何かを成し遂げたいときには、同じことが必要だと思うんですよ。


流行の場所だとか、いい物件だとか、人の興味を喚起するものが情報だとすれば、僕は情報という表面的なものではなくて、その裏側にあるものに興味がある。


趣味は仕事ですかね。そう言うとかっこよく聞こえるかもしれませんが、趣味を仕事にしたんだからしようがない。


どの店でも同じという、チェーン店のオペレーションは、運営会社側の都合で考えられたもので、決してお客様のためのものではない。


飲食業は人が必要な仕事であり、人を使う仕事ってよく言われますが、そうじゃなくて、こんな人がいるからこんな店をつくろうかという話になるべきなんですよ。


僕らのお客さまに対するスタンスは、「お客さまには媚びず、侮らず」。お支払いいただく料金の多寡、年齢、ステイタスの別も関係なく、すべてのお客さまに気持ちよく感じていただくこと。これこそが、僕たちの目指すべきサービスであると思っています。


お客さまとは、僕たちが提供したいサービスや、世の中に創出したいことに共感いただき、協力してくださってるサポーターだと思っています。そのためには、当然ですが自分たちがお客さまの目の前で最高のプレーをする必要がありますよね。だから、まずは自分を輝かせるために仕事しようよと。こっちのほうが絶対にお客さまのためになりますから。


正しいか間違っているかはわからないけれど、自分が信じている想い、個人的なマターをかたちにすることに賭けてみようと思った。まあ、誰に聞いても「そんなん、あかんて。やめとき!」って言われたけどね。そもそも僕は人の意見をあまり聞かないから(笑)。
【覚え書き|カフェを始めた当時を振り返っての発言】


仲間が幸せな顔をしているときって、必ずお客さまも幸せな顔をしてるんですよ。そんなときに、「ああ、ええ感じやなあ」と、僕も幸せな気持ちになれます。


うちのレストランの味も、総料理長と総料理主幹と開発担当常務の3人に任せています。これで鉄壁ですよね。僕は試食にも参加しませんから。飲食業という名前の仕事の中で、毎日現場で戦っているスタッフたちを幸せにすること。僕はここだけに、集中するようにしているんです。


知識って、セミナーに行かなくても本やネットからでも得られるでしょう。その知識を超えられるものは、実験か体験しかないと思う。


第1号店出店当時から、人通りが少なくとも、人々をほっとさせるような街並み、水辺、公園や閑静な住宅街など好環境を見つけてレストラン、カフェを開いてきた。ここなら地域の人々に愛される店になると思える場所を探し、繁盛店を作り、物件価値を向上させてきた。


佐藤裕久の経歴・略歴

佐藤裕久、さとう・ひろひさ。日本の経営者。グッドモーニングカフェなどを展開する「バルニバービ」社長。京都府出身。神戸市立外語大学中退。アパレル会社経営などを経てバルニバービを設立。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』『日本一カフェで街を変える男 人、モノ、金が輝くスーパー経営術』。

他の記事も読んでみる

磯崎功典

失敗を恐れるな、加点主義でいこう。


山田隆持

お客様は、ともかく駆けつけたことを評価してくださる。そして、現場に行った人間は、そうした評価を聞いてえらく喜ぶわけです。まずはお客様に褒めていただけることをやる。信頼の形成にはそれが不可欠なのです。
【覚書き|電波状況が悪いとお客様から電話が入ったら、24時間以内に訪問調査するサービスについて語った言葉】


大橋未歩

「大橋とは仕事をしたくない」というスタッフの声を聞いたとき初めて、「すべてを根本から見直さなければダメになる」と実感しました。それがチームや仲間の大切さについて考え直すきっかけになりました。その結論として、自己主張が強い自分を改め、「自分を押し殺して仕事をしよう」と覚悟を決めて臨みました。与えられた仕事を精一杯こなしたうえで、自分自身が疲れていたとしても、まずスタッフに「大丈夫ですか? 疲れてませんか?」と声をかけるなど、すべてにおいて謙虚な姿勢を貫いたんです。その結果、少しずつ周囲からの見方が変わり、「大橋はよくがんばっている」と、以前とは180度違う評価になっていました。


神津里季生

ドイツなら、中小企業であっても大手取引先の言うことを聞かなくてもいいという文化があります。中小企業でも矜持を持って大手と取引を行っています。日本もこうした関係を見習うべきです。自らの技術に誇りを持ち、自信を持って価格交渉すべきです。


大山梅雄

経営者は会社の株を握っておけ。給料でなく配当で生活するのが経営者本来の姿。配当は家賃のようなもので、人の家(企業)を借りておきながら、家賃(配当)を払えないのなら、さっさと家から出ていけばよろしい。【覚書き:企業再建家としての経営者観を語った言葉。配当は業績が悪くなれば無配になり、逆に業績が良くなれば配当も増やせる】


外山滋比古

定年後に悠々自適に過ごせる人なんてそうはいないでしょう。それに気楽にのんびり過ごすなんて幸福そうだけれど、単なる生物だよ。今の中高年はぬるま湯世代だから、年金が保障されなくなるかもだとか、将来が不安になると「とりあえず金を貯めよう」と守りに入り、臆病でつまらない生き方を選択してしまう。


西成活裕

「なぜ?」を繰り返すと、根本的な原因がみえてきます。何段階にもわたって考えを深めていくことを「多段思考」といいますが、これが苦手な人は多いですね。たいていの人は「一段思考」で思考停止してしまう。


峯島忠昭

僕は学歴がありませんから就職先がないんです。だからといって一生バイト仕事を続けるのも嫌だった。そうするとビジネスオーナーか投資家になるしかなかった。


阿部寛

40歳を過ぎ、面と向かって怒ってくれる人も少なくなってきました。だから、自分で自分に厳しくなるしかない。毎回新しいチャレンジ、試練のつもりで現場に臨んでいます。


北村昌陽

まず大事なのは、基本的な健康習慣を身につけること。「できるだけ歩く」「まっとうな食事をする」「質のいい睡眠を取る」という3つが大切だ。どれも当たり前に思えるだろうが、それを実践できないから不健康になるのだ。


野中正人

人材育成は、基本的にはいろいろな仕事を経験してもらいながら適性を見ていきます。いろいろなことを経験させてみないと適正なんてわかりませんから。だいたい、2年から3年でジョブローテーションをしていっています。


塙昭彦

手の中でくじをギュッと握って、「当たりだよ、当たりだよ」と思い続ければ、それは必ず当たりくじになる。しかし、「はずれだ、はずれだ」と思っていたら、当たりくじだったとしても、手を開いてみたらはずれくじに変わってしまう。