名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

佐藤裕久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤裕久のプロフィール

佐藤裕久、さとう・ひろひさ。日本の経営者。グッドモーニングカフェなどを展開する「バルニバービ」社長。京都府出身。神戸市立外語大学中退。アパレル会社経営などを経てバルニバービを設立。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』『日本一カフェで街を変える男 人、モノ、金が輝くスーパー経営術』。

佐藤裕久の名言 一覧

競争相手がいないと、何も成長していかない。


表面的なものに惑わされず、いつでも自分の心が本当に欲しているものに、正直に向き合うことが大切。


誰もが「あかん」ということでも、自分が本気になってやればいつか誰かが振り向いてくれる。


いつも僕は逆境を何とか好転させてやろうとやってきた。いじけているだけでは、負けが続くだけだし、ただの時間の無駄だから。


左脳で考えれば、俺の筋力では100kgのバーベルは上がらないって思うんだけど、右脳で考えれば上がっちゃうんだよね。


何もしなければ誰も振り向いてくれない。そのためには自分が信じたものに、じっくり時間と愛情をかけて育んでいく努力をすること。商売に限らず、恋愛でも何でも、自分が何かを成し遂げたいときには、同じことが必要だと思うんですよ。


流行の場所だとか、いい物件だとか、人の興味を喚起するものが情報だとすれば、僕は情報という表面的なものではなくて、その裏側にあるものに興味がある。


趣味は仕事ですかね。そう言うとかっこよく聞こえるかもしれませんが、趣味を仕事にしたんだからしようがない。


どの店でも同じという、チェーン店のオペレーションは、運営会社側の都合で考えられたもので、決してお客様のためのものではない。


飲食業は人が必要な仕事であり、人を使う仕事ってよく言われますが、そうじゃなくて、こんな人がいるからこんな店をつくろうかという話になるべきなんですよ。


僕らのお客さまに対するスタンスは、「お客さまには媚びず、侮らず」。お支払いいただく料金の多寡、年齢、ステイタスの別も関係なく、すべてのお客さまに気持ちよく感じていただくこと。これこそが、僕たちの目指すべきサービスであると思っています。


お客さまとは、僕たちが提供したいサービスや、世の中に創出したいことに共感いただき、協力してくださってるサポーターだと思っています。そのためには、当然ですが自分たちがお客さまの目の前で最高のプレーをする必要がありますよね。だから、まずは自分を輝かせるために仕事しようよと。こっちのほうが絶対にお客さまのためになりますから。


正しいか間違っているかはわからないけれど、自分が信じている想い、個人的なマターをかたちにすることに賭けてみようと思った。まあ、誰に聞いても「そんなん、あかんて。やめとき!」って言われたけどね。そもそも僕は人の意見をあまり聞かないから(笑)。
【覚え書き|カフェを始めた当時を振り返っての発言】


仲間が幸せな顔をしているときって、必ずお客さまも幸せな顔をしてるんですよ。そんなときに、「ああ、ええ感じやなあ」と、僕も幸せな気持ちになれます。


うちのレストランの味も、総料理長と総料理主幹と開発担当常務の3人に任せています。これで鉄壁ですよね。僕は試食にも参加しませんから。飲食業という名前の仕事の中で、毎日現場で戦っているスタッフたちを幸せにすること。僕はここだけに、集中するようにしているんです。


知識って、セミナーに行かなくても本やネットからでも得られるでしょう。その知識を超えられるものは、実験か体験しかないと思う。


第1号店出店当時から、人通りが少なくとも、人々をほっとさせるような街並み、水辺、公園や閑静な住宅街など好環境を見つけてレストラン、カフェを開いてきた。ここなら地域の人々に愛される店になると思える場所を探し、繁盛店を作り、物件価値を向上させてきた。


佐藤裕久の経歴・略歴

佐藤裕久、さとう・ひろひさ。日本の経営者。グッドモーニングカフェなどを展開する「バルニバービ」社長。京都府出身。神戸市立外語大学中退。アパレル会社経営などを経てバルニバービを設立。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』『日本一カフェで街を変える男 人、モノ、金が輝くスーパー経営術』。

他の記事も読んでみる

福沢諭吉

安易に起こした内乱で政府を倒したとしても、それは、暴力をもって暴政に代え、愚力をもって愚政に代えたにすぎません。


澤上篤人

相場に勝負を挑む短期投資なら、あれこれ手を打てる。しかるに、長期投資は上昇相場の波が押し寄せてくるまでは、何もすることがない。何せ、ここまでの下げ相場でたっぷり買い仕込みをしてある。今は、ただ待つのみ。


谷田千里

私が社長になった当時、体脂肪計の成功体験から抜け出せていませんでした。停滞というか凝り固まってしまっていたね。いろいろ手を替え品を替えて、同じ商品を売るだけ。社員にタニタとは何かと聞いても判を押したように「体脂肪計メーカー」と答える。これはダメだなと感じました。強烈に凝り固まった成功体験を組織から取り除くにはショック療法しかありません。それには、唐突に「サービス業をやっちゃうよ」と言い出すのが一番いいと思った。そこまでやれば社員も発想を変えてもらえるんじゃないかと思ったんです。


菅野宏三

若い人が困っていたら積極的に知恵を出したり、クレームがきたときは代わりに対応したりと、若い人のフォローをしています。そうやって普段から力になっていれば、こちらがコンピュータの操作に困ったときなどは彼らが率先して教えてくれます。現役社員とは持ちつ持たれつの関係をつくる。それが、高齢者が長く働くコツです。


中井政嗣

営業マンの訪問を受けた場合、基本的にお会いするようにしています。なぜなら、千房は外食業です。営業マンは私たちのお客さんでもあるのです。店のファンを増やすには、営業マンにも親切にするのが当然です。


佐藤裕之(経営者)

故郷「で」錦を飾ろう。やはりもう少し生まれ育った故郷で頑張って、地域に元気にするような若い人が増えれば、もっとこの国のあり方が変わるような気がして、そこにこだわって仕事をしています。


角和夫

従業員満足度を上げるには会社の目標を明確にすることが必要です。阪急阪神ホールディングスとして、いったい何を目指していくのか。そのうえで、目標達成のための施策を打っていくわけですが、こうした意思決定の過程をクリアにして、つまり社内に対する情報開示を十分に行って、さらに出てきた結果を公正に評価していく。このサイクルを淀みなく回していくことが、非常に大切だと思うのです。


安藤俊介

私たちの持つ価値観は、正解も不正解もない。自分にとっては「メールの返事は1日で返す」が正解でも、人によっては「3日ぐらいは大丈夫」が正解かもしれません。「あの人なりのものさし」を許容できれば、人生はずいぶんラクになる。


徳重徹

目先の目標は、まず一万台。これは春から量産が始まればすぐに達成できます。きちんと基礎固めをしながら挑戦していきたいです。


福沢諭吉

時には二人の意見が異なることがあっても、自分の意見が是か非か、自ら心の中で裁判すれば、他人に判断してもらうような面倒を掛けなくとも、早速に落ち着くところに落ち着くであろう。


名越康文

英会話やダイエットなど、新しいことを始めたものの長続きしない、という人は多いかもしれません。しかし、すぐに挫折するからといって自分を卑下する必要はまったくないと私は考えます。そもそも普通の人にとって、新しいものを始めることは非常に難しいのですから。挫折したとしても恥ずかしいことではないのです。


能町光香

マネジメントとコントロールは違います。コントロールする上司は、部下に自分のやり方を押し付けてくる。ミスに対して責めます。でもマネジメントする上司は、失敗の当事者を責めたりしません。問題の抽出や検証はしますが、責められないので部下も正直に事実を報告しやすいんです。