佐藤裕久の名言

佐藤裕久のプロフィール

佐藤裕久、さとう・ひろひさ。日本の経営者。グッドモーニングカフェなどを展開する「バルニバービ」社長。京都府出身。神戸市立外語大学中退。アパレル会社経営などを経てバルニバービを設立。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』『日本一カフェで街を変える男 人、モノ、金が輝くスーパー経営術』。

佐藤裕久の名言 一覧

競争相手がいないと、何も成長していかない。


表面的なものに惑わされず、いつでも自分の心が本当に欲しているものに、正直に向き合うことが大切。


誰もが「あかん」ということでも、自分が本気になってやればいつか誰かが振り向いてくれる。


いつも僕は逆境を何とか好転させてやろうとやってきた。いじけているだけでは、負けが続くだけだし、ただの時間の無駄だから。


左脳で考えれば、俺の筋力では100kgのバーベルは上がらないって思うんだけど、右脳で考えれば上がっちゃうんだよね。


何もしなければ誰も振り向いてくれない。そのためには自分が信じたものに、じっくり時間と愛情をかけて育んでいく努力をすること。商売に限らず、恋愛でも何でも、自分が何かを成し遂げたいときには、同じことが必要だと思うんですよ。


流行の場所だとか、いい物件だとか、人の興味を喚起するものが情報だとすれば、僕は情報という表面的なものではなくて、その裏側にあるものに興味がある。


趣味は仕事ですかね。そう言うとかっこよく聞こえるかもしれませんが、趣味を仕事にしたんだからしようがない。


どの店でも同じという、チェーン店のオペレーションは、運営会社側の都合で考えられたもので、決してお客様のためのものではない。


飲食業は人が必要な仕事であり、人を使う仕事ってよく言われますが、そうじゃなくて、こんな人がいるからこんな店をつくろうかという話になるべきなんですよ。


僕らのお客さまに対するスタンスは、「お客さまには媚びず、侮らず」。お支払いいただく料金の多寡、年齢、ステイタスの別も関係なく、すべてのお客さまに気持ちよく感じていただくこと。これこそが、僕たちの目指すべきサービスであると思っています。


お客さまとは、僕たちが提供したいサービスや、世の中に創出したいことに共感いただき、協力してくださってるサポーターだと思っています。そのためには、当然ですが自分たちがお客さまの目の前で最高のプレーをする必要がありますよね。だから、まずは自分を輝かせるために仕事しようよと。こっちのほうが絶対にお客さまのためになりますから。


正しいか間違っているかはわからないけれど、自分が信じている想い、個人的なマターをかたちにすることに賭けてみようと思った。まあ、誰に聞いても「そんなん、あかんて。やめとき!」って言われたけどね。そもそも僕は人の意見をあまり聞かないから(笑)。
【覚え書き|カフェを始めた当時を振り返っての発言】


仲間が幸せな顔をしているときって、必ずお客さまも幸せな顔をしてるんですよ。そんなときに、「ああ、ええ感じやなあ」と、僕も幸せな気持ちになれます。


うちのレストランの味も、総料理長と総料理主幹と開発担当常務の3人に任せています。これで鉄壁ですよね。僕は試食にも参加しませんから。飲食業という名前の仕事の中で、毎日現場で戦っているスタッフたちを幸せにすること。僕はここだけに、集中するようにしているんです。


知識って、セミナーに行かなくても本やネットからでも得られるでしょう。その知識を超えられるものは、実験か体験しかないと思う。


第1号店出店当時から、人通りが少なくとも、人々をほっとさせるような街並み、水辺、公園や閑静な住宅街など好環境を見つけてレストラン、カフェを開いてきた。ここなら地域の人々に愛される店になると思える場所を探し、繁盛店を作り、物件価値を向上させてきた。


佐藤裕久の経歴・略歴

佐藤裕久、さとう・ひろひさ。日本の経営者。グッドモーニングカフェなどを展開する「バルニバービ」社長。京都府出身。神戸市立外語大学中退。アパレル会社経営などを経てバルニバービを設立。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』『日本一カフェで街を変える男 人、モノ、金が輝くスーパー経営術』。

他の記事も読んでみる

木村信司

(安全確認を自分でするのは)宝塚のクセなんだ。女の子に危険なことはさせられないから、まず自分で舞台の上に立ってみる。大丈夫という確信を得てから、役者に指示として渡すんです。


田中イデア

飲み会で誰かが喋っているのをじっくり聞いているうちに、なんだかハードルが上がってしまい、何を言ったらいいかわからなくなること、ありますよね。それよりも、つまらなくてもいいから即リアクションをするほうが、相手も「ちゃんと聞いてくれているんだな」とわかって、喜びます。


中井政嗣

私は自分のことを「成功者」ではなく「成長者」だと思っている。前者は成功すれば終わってしまうが、後者は成長している限り永遠だ。


本田宗一郎

天才とか聖人とかいう人を除けば、人間はみな似たりよったりの能力と、感情の持ち主である。これを悟らなければならないと思う。つまり、我も人なら、彼も人なのである。


春日潜庵

人生で最初にやらなければならないことはたった一つ。それは志を立てること。


小笠原清忠

立ち居振る舞いはその人の品格を表し、相手への誠意を示すもの。立ち居振る舞いを見れば、その人の誠実さや、己を厳しく律して鍛錬してきた人かどうかがわかります。


水島広子

嫉妬は、自分の存在が認められていない、あるいは認められなくなる危機を自分に知らせる感情です。つまり、自分の立場が脅かされた時に起きる。


角野卓造

前向きに考え続けていけば、万事正解になる。


津賀一宏

元気があって、売り上げも利益も出ている現場というのは、ひと言でいえば、お客さまに突き刺さっている現場なんです。これはもうはっきりしています。


縣俊貴

「常に人と反対のことを考えること」が、僕たちの商品発想の根幹。例えばオフィス向けソフトは、「色は青系の落ち着いたもの」「レイアウトはきっちりしたもの」など固いものが多い。逆に僕らの商品は保存時の警告メッセージがアニメーションで出てきたり、500種類もアイコンが用意されていたりするなど一見、ムダなものが多い。しかし、それが導入した企業からの好評につながっています。


谷口祥子

年上が相手なら、長年の経験や知識を頼りにする態度を前面に出しましょう。「今度うちの課に来られる○○部長はどんな方ですか?」「○○課とウチの課の関係はどうですか?××について協力を仰ぐことはできそうでしょうか」など、相手だからこそ知り得る情報を聞くと相手も嬉しく感じ、親切に教えてくれます。


鳥原隆志

タスクの優先順位をしっかり判断し、その他の8割を捨てることができれば、時間的な余裕が生まれ、重要なタスクだけでなく、想定外のトラブルにも落ち着いて対処できるようになる。


山口隆祥(山口隆祥)

当社の場合、栄養補助食品にしてもビューティケア商品にしても、高品質で値段が高いのです。それは、安くてあまり品質の良くない商品を利益ギリギリの値段で売ることは、お客様にとって良いこととは思えないからです。


江村林香

もし上司や経営者が有能なら、提案者が若いとか気に食わないという理由で提案を潰すようなことはありません。だって、自分の嫌いな人の意見だって、いいものは採用したほうが会社のためになるし、それで業績が良くなれば自分の給料も上がるわけじゃないですか。


佐藤伝

キャッシュポイント(収入の入り口)がひとつしかない人は、それにしがみついて、それをくれる人にゴマすりをする人生になってしまいます。複数のキャッシュポイントがあれば、余裕をもって自然体でやっていけます。セールスマンなら、ゴリ押ししなくてもよくなり、顧客への信頼につながります。


ページの先頭へ