名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤芳直の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤芳直のプロフィール

佐藤芳直、さとう・よしなお。日本の経営コンサルタント。早稲田大学商学部卒業後、株式会社日本マーケティングセンター(のちの船井総合研究所)に入社。早くから頭角を現し、29歳で部長に就任。1994年に上場企業最年少役員(当時)となり注目を集める。その後独立し、S・Yワークスを設立。著書に『リーダーは夢を語れ!部下を育て会社を伸ばすリーダーシップ』『勝ち組の戦略』『企業から家業へ!新しい顧客満足追求のマーケティング手法』『カスタマー・ロイヤリティの構築 お客の感動を創り続ける仕組みとは』ほか。

佐藤芳直の名言 一覧

いま、日本は不安感に包まれています。経営者は価格競争のなかで疲弊し、競争優位性を探しあぐねている。そこから脱却するには、希薄化した顧客との関係性をつくり直すしかありません。社員とお客様との濃密な人間関係。これが企業を「何ものにも代え難い存在」にするのです。


人は誰しも役割をもっています。誰かに喜ばれるという、たったひとつの役割です。「仕事というのは誰かに喜ばれること」「経営というのはお客様に喜ばれること」。これを基軸にし、損得より善悪を優先する会社や人間には日々の成長があり、業容も着実に伸びていきます。


コンサルティングをしていて一番うれしいのは、顧問先からの「おかげで代をつなぐことができます」という言葉です。また「世の中にないものができました」という喜びの声です。例えば、全国80ほどの洋菓子店で採用されている「ラボ」もそうです。これはお客様が自らバースデーケーキを作れる店内スペースのことです。直接お店の利益向上に貢献するものではありませんが、子どもが親へ、親が子どもへケーキを作ることで、そこには必ず思い出や感動が生まれる。それが生涯顧客の創出につながるのです。


佐藤芳直の経歴・略歴

佐藤芳直、さとう・よしなお。日本の経営コンサルタント。早稲田大学商学部卒業後、株式会社日本マーケティングセンター(のちの船井総合研究所)に入社。早くから頭角を現し、29歳で部長に就任。1994年に上場企業最年少役員(当時)となり注目を集める。その後独立し、S・Yワークスを設立。著書に『リーダーは夢を語れ!部下を育て会社を伸ばすリーダーシップ』『勝ち組の戦略』『企業から家業へ!新しい顧客満足追求のマーケティング手法』『カスタマー・ロイヤリティの構築 お客の感動を創り続ける仕組みとは』ほか。

他の記事も読んでみる

関家一馬

事業をやっていると、私だけが判断していると感じることがありました。もちろん部長や課長が決めてくれることはいっぱいあるんですけど、結局、私のところに全部相談に来ているな、これはこのままでいいんだろうか、というのがどこかにあった。みんなが考える組織にしたいというのは、以前から漠然とあったんです。個人ウィル(社内仮想通貨)がそこにつながるというのは導入するときにはまだ分かっていなかったんですけど、やっていくうちに、これはツールになり得ると気付きました。今はかなり確証があります。


樺沢紫苑

多くの人が、長時間働けばいい仕事ができると誤解していますが、終了時間を決めて、その時間まで頑張る方が集中力が上がり、絶対に仕事の内容も良くなります。そして生産性を高めるには、朝仕事をするのがおすすめです。朝起き抜けの2~3時間が、脳のパフォーマンスが1日で最も高い「脳のゴールデンタイム」です。夜なら3時間かかる仕事が、朝なら1時間でできます。


石原慎太郎

感性を磨くために必要なのはフリクション(摩擦・衝突)。つまり激しい議論。そういう対立の中から人間の個性は出てくる。


伊藤一郎(経営者)

自分が決めた定年の年齢にもなったので、会長を退こうと決めました。社外取締役など一部の皆さんから「伊藤さんが辞めたら困るんじゃないか」「辞めないでほしい」という声が上がりました。そういう風に言っていただけるのは大変ありがたいことですが、むしろ「これは辞めないと駄目だな」と思いました。「辞めるな」ということは「何かを心配している」からですが、そんなことを言っていては、いつまで経っても辞められなくなってしまう。思い切って辞めて、新社長の体制にして、次の目標に向かって一生懸命頑張ってもらうしかないと思いました。


松井道夫

私は、自分たちが経験した苦い思いを教訓にして、日本を変えるきっかけをつくりたい。そうじゃなかったら、自分たちが必死にやってきた努力は報われないですよ。私は官僚主義的な、供給者主体の社会構造に対して、ものすごく嫌悪感があるんです。


水戸岡鋭治

もともと40歳くらいまでは、住宅やインテリアデザイン、イラストレーターとしての仕事がほとんどでした。それが福岡のホテルのアートディレクションを手がけた縁でJR九州の仕事に携わることになったのです。ですが、自分が素人であったことが、その後の仕事に生きてきました。


田中和彦

上司や部下にスケジュールをかき乱されて困るという人は、先手を打って工夫してはいかがでしょうか。


山田和裕

成果主義人事評価の問題は、しょせん評価方法というツールの表面的な話です。成果主義が悪いのではないのです。これまでの古い評価方法は、上司の好き嫌いという主観に偏りすぎていたということ、そしてそれを許してしまう組織文化に目を向けなければ、抜本的な改善にはつながりません。


本田圭佑

目標は誰が何を言おうと揺るがない。もちろん人生で有言実行できなかったことも多々ある。でも、デカい目標を掲げたことを後悔したことは一度もない。


豊田章男(モリゾウ)

自分が成長できたとか、生涯変わらぬ友ができたといったことを求めていくのが人生だと思いますし、そういうことを与えられる企業になることこそが、一番大事ではないでしょうか。