名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤良基の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤良基のプロフィール

佐藤良基、さとう・りょうき。日本の司法書士。「司法書士事務所登記のミカタ」代表。宮城県出身。同志社大学経済学部卒業後、司法書士事務所勤務を経て独立。

佐藤良基の名言 一覧

病気で入院した際、「佐藤さんにお願いしたいから退院まで待つ」と言ってくれた人がいたんです。自分の能力の価値を高めていれば、求めてくれる人は必ずいる。


僕は「士業の常識」を捨てました。事務所も、仕事をもらうための付き合いも、人を一雇う拡大路線も、そして、スーツを着ることも(笑)。実際、事務所もしがらみも捨て、スーツ姿で権威をかもすことをやめても問題はなく、これまで700社以上の案件を手がけました。お客さんのためになることに集中できる。そんな自由を満喫しています。


佐藤良基の経歴・略歴

佐藤良基、さとう・りょうき。日本の司法書士。「司法書士事務所登記のミカタ」代表。宮城県出身。同志社大学経済学部卒業後、司法書士事務所勤務を経て独立。

他の記事も読んでみる

井ノ上陽一

逃げることにネガティブな印象があるのは、学校教育のせいです。日本では途中で止めることは悪とみなされ、ガマンすることが美徳。でも、欧米では逃げることも戦略の一つ。前に進むために一度撤退するのはよくある話です。


サミュエル・ウルマン

青春とは人生のある時期を言うのではなく、心の様相を言うのだ。逞しき意志、優れた想造力、燃ゆる情熱。おびえを退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春というのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失うときに精神はしぼむ。


堤幸彦

残念ながら、昔は仕事が楽しいと思えませんでした。とくに20代の前半は、テレビの現場で地獄のADの毎日でしたから、前近代的な労働条件の中で丁稚奉公みたいに、身を粉にして働いて、身体的にも精神的にもボロボロ。撮影現場の片隅で泣いたことも一度や二度ではありません。そんな環境では、さすがに仕事を好きになどなれなかったし、それどころか、毎日、逃げよう、辞めようとばかり思っていました。


勝間和代

人はやらなくてもいいことを無意識に習慣化しているものです。これらを断ち切るべきです。


熊谷正寿

私は21歳のときに夢ややりたいことをすべて手帳に書き込み、その後15年の人生年表を作成し、それに沿って人生を邁進することに決めました。そのために、情報整理術を身に付けることを決意し、実行してきました。その成果がGMOインターネットグループです。


柳弘之

スポーツ関連の商品を作るためには、スポーツを理解しなければいけないということで、我々は実際のスポーツ活動も一生懸命行っています。スポーツを理解してスポーツに近い仕事をしていこうというのが我々のひとつの特徴で、私も率先して行っています。


高城幸司

どんな会社も、社の方針は毎年少しずつ変化している。それを察知して、自分の仕事のやり方を変えていくことが重要。


森川亮

本当にいいプロダクトやサービスとは、おばちゃんがマニュアルなしにすぐ使えるもの。


森下裕道

業務上の伝達や報告の際に話が冗長だったり説明不足だと、業務に支障をきたします。また、会議で意見を言いたくても「話下手だから」と黙っていれば、評価は上がらず、アイデアも共有できない。本人もチームも損ですね。


三谷宏治

基礎データや情報のあるなしによって、仕事の難易度や所要時間は大きく変わります。これを早めに見極めるためにも、早めに仕事にとりかかっておくことは必須です。


西浦三郎

立地を東京中心に絞っています。人の流れを見ると、年々、東京都心部に人が集まって来ているので、開発は東京近辺に集中させています。基本的に東京の都心部を中心として、特に銀座、渋谷、青山、新宿、台東区の雷門は当社の戦略的な地域として、積極的に開発を進めています。


川端裕人

「○○先生が言っていた」という基準で情報の真偽を決めるのは賢くありません。だいたい正しいことを言っている専門家でも、一貫して正しい保証はないのです。確実に言えるのは、「間違ったときに、あとで訂正しない人は信用できない」というくらいです。


具志堅用高

初めて世界チャンピオンになったときは「成し遂げたな……」という感じで終わっちゃったんだけど、世界チャンピオンになってひとつずつ勝ち続けていく夢というか、目標というか、それはもう最高ですよ。刺激と恐怖感がなんともいえない。こんなスポーツは他にないなと思ったし、ボクシング生活が楽しくてしょうがなかった。


谷口義晴

適正価格を確保しなければ、お客様に納得していただけるような商品は作れません。最高の製品を適正な価格で提供することが、私たちの使命です。


コリン・アングル

もちろんコストは考慮に入れますが、我々の製品は最も高価で最新の技術を搭載しているため、販売価格は一番高い水準で勝負します。高いコストをかけ、競合他社から攻撃されるような革新的製品を生み出すのが、アイロボットのビジネスモデルです。