名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤良基の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤良基のプロフィール

佐藤良基、さとう・りょうき。日本の司法書士。「司法書士事務所登記のミカタ」代表。宮城県出身。同志社大学経済学部卒業後、司法書士事務所勤務を経て独立。

佐藤良基の名言 一覧

病気で入院した際、「佐藤さんにお願いしたいから退院まで待つ」と言ってくれた人がいたんです。自分の能力の価値を高めていれば、求めてくれる人は必ずいる。


僕は「士業の常識」を捨てました。事務所も、仕事をもらうための付き合いも、人を一雇う拡大路線も、そして、スーツを着ることも(笑)。実際、事務所もしがらみも捨て、スーツ姿で権威をかもすことをやめても問題はなく、これまで700社以上の案件を手がけました。お客さんのためになることに集中できる。そんな自由を満喫しています。


佐藤良基の経歴・略歴

佐藤良基、さとう・りょうき。日本の司法書士。「司法書士事務所登記のミカタ」代表。宮城県出身。同志社大学経済学部卒業後、司法書士事務所勤務を経て独立。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

私の最初のキャリアは政府系の銀行でした。そこで多くの企業の審査をして、1つだけ学んだことがあります。それは、いい企業というのは社長から末端の従業員まで同じことを言う。同じ問題意識を持っており、コミュニケーションが図られています。


大久保尚武(積水化学工業)

社名の「積水」とは、古代中国の思想家・孫武の作とされる『孫子』の一節「勝者の民を戦わしむるや、積水を千尋の谷に決するがごときは、形なり」にちなんだものです。世界中で広く読まれているフランシス・ワンの『孫子』では、積水の一節について「チャンスを逃さず一気に勝つためには、着々と水を積み上げていくような事前の準備が大事である」との解釈を示しています。


山崎敦彦

創業時は醤油や味噌の「ろ布」製造からスタートし、自動車関連フィルタの下請けへと移行したのです。しかし、請負業務の中では、自社の開発力を生かした製品づくりができず、事業を拡大することが見込めないため、建機用フィルタに業務を集約したのです。建機用フィルタは限られたマーケットですが、日本でトップシェアを取れば、グローバルトップも見えてくると考えるようになったのです。そこでシェア拡大を図るため、より一層の品質向上に取り組みました。


植山周一郎

相手に対する思いやりを持てば、どんな話をすれば喜ばれるか分かってくる。


藤巻健史

教養と言っても、西洋のモノマネをすればいいわけではない。むしろ自国を深く知ることこそ、世界に通用する「教養」となる。


萩原吉太郎

社長に就任したころの石炭業界は上向きにあったが、私は逆に警戒した。現状に酔っていてはいけない。世界のエネルギー情勢から遠からず石炭は斜陽産業になる。どんどん重油に食われていくだろう。これはもう単なる景気の問題ではなくて、燃料革命だ。いま適切な手を打っておかねば命取りになると考えた。


白石尚久

電通ではサッカーを「巨大なビジネス」と捉え業界の発展に携わってきました。しかし、海外リーグでのプレーも経験した自分としては、サッカーを魅せる側でありたいという思いが強く、監督というエンターテイナーを目指す決意をしました。


吉原義一

難しさは同じものが出来ないこと。作る度に、より良いものにしていきたい。形だけであれば、3年で出来るが、良い作品となれば5年でも難しい、挑戦となれば一生になるはず。


江上治

時間に真剣に向き合うことは、人生を自分らしく構築しようとしている証左である。すなわち、ある人の「時間」とは、その人の「人生」観にほかならない。どのようにして、よりよい人生をつくっていくか。それを考えることが、自分の時間の価値を高めることにつながると言っていい。


大谷將夫

計画段階で可能な限りコストダウンを検討します。ここでは脇の甘いコスト管理は許されません。必死に知恵を絞りながら、慎重に、繊細に、悲観的に計画を練ります。知恵を使ったコストダウンにこそ、成功のカギがあるのです。


勝沼精蔵

行動だ。何もしないで、ある日突然潜在能力は現われはしない。【覚書き|潜在能力を引き出すにはどうすればいいですか?と問われた時の返答】


野木森雅郁

適切な薬を使えば症状は緩和することを認知してもらうために、啓発活動を行って市場の拡大を目指します。