名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤航陽の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤航陽のプロフィール

佐藤航陽、さとう・かつあき。日本の経営者。「メタップス」社長。福島県出身。起業するため早稲田大学法学部を中退。イーファクター(のちのメタップス)を設立。同社を東証マザーズに上場させた。

佐藤航陽の名言 一覧

会社組織は利害を共にする共同体でありながらも足の引っ張り合いなどの競争が起こる。ただ社員間で同じ思想や価値観を共有できていれば、着地点を見つけやすい。逆に、共通認識のない組織は短命だと言えます。


経済システムの研究を重ねてわかったのが「よくできた企業やサービスの共通点は、個人に依存せず仕組みで動く」ということ。会社組織にしても仮想通貨と同じで、管理者がいなくても、そこで働く社員が勝手に考えて勝手に動いている状態が理想です。だから私が社員に指示したり、注意したりするのであれば、それはシステムが甘い証拠。システムの設計者はその一部に組み込まれることなく、システムを俯瞰してチューニングするべきです。


やっているうちに目標は上がっていくので、また違うものを見ています。


私は、世界の軋轢は知識不足から生じていると見ており、世の中のパターンや仕組み、原理などすべてを知りたいと常に考えている。


お金やお金に関する言葉を、私たちは意味を把握せず、曖昧なままに使っています。だから「そもそも価値って何?」とか、ひとつひとつを分解し、言語化していった。そうした因数分解の繰り返しの中で経済システムとは何かを読み解いていきました。


いま世界に8拠点あって、各拠点は全員現地の外国人。現地の企業と距離が近いので、各地でそれぞれ広告主を抱えています。それが強みですね。


実際にお客様を儲けさせることが大切ですが、それ以外のところでいうと、知名度を上げることが大事ですね。世界中でアプリ開発者や広告主向けのカンファレンスが開かれていますが、私たちは必ず出席していました。そうすると「どこの国にいっても、あいつらはいるよね」と評判が立って、有名な企業だと思っていただけるようになる。けっこうきめ細かい努力をしていました。


組織を仕組みだけで回すために最も重要なのは「インセンティブ」の設計。相手が欲しいものは何かをわからなければ正しいマネジメントはできません。しかし給与が欲しいと言っていても、実は褒めてほしいという場合がある。人間は口で話すことと本来欲しいものがズレることがあるので、言葉ではなく行動から欲求を探らなければなりません。たとえば外見に非常にこだわっていれば、この人はモテたいんだなと見ていく。


佐藤航陽の経歴・略歴

佐藤航陽、さとう・かつあき。日本の経営者。「メタップス」社長。福島県出身。起業するため早稲田大学法学部を中退。イーファクター(のちのメタップス)を設立。同社を東証マザーズに上場させた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

企業というのは単純で、利益と経費の差で黒字か赤字かが決まります。赤字を黒字に転換させるためにすべきことは2つ。無駄な設備投資を削り経費を下げること。売上げを増やすこと。


福地茂雄

マニュアルや仕組みなどの形は立派でも、それだけでは駄目で、形の中に心が入っていなければいけないのです。形に心を入れるにはどうすればいいのか。考えついたのが、職員たちとの対話を徹底するということでした。


西村貴好

一般的にいわれている「褒めると相手のモチベーションが上がるから良い」という論理は、半分正しくて半分間違いです。相手のモチベーションが上がったら、そのモチベーションの使い道まで教えてあげなければなりません。それが褒めることの奥義といえます。


塙昭彦

自然にただただ従うだけで、本当にいいのだろうか。そう思って私は、「朝の来ない夜もある」と、あえて言うようにしています。何もしないで、いつも朝が来ると思っていたら大間違い。人間の社会が自然と同じようになると思うのは、甘えではないでしょうか。


桑原豊(経営者)

いまよりも成長したいなら、自分の心と素直に向き合って、心の奥に隠していた欲を表に出すことが大切でしょう。


池田欣生

アメリカは見た目を重視する国なので特にリーダー層の人たちは見た目を非常に気にするんです。だから、顔にシワがあったりすると、シワを治すお金もないのかと思われたりするくらいで、会社の評価や信用にも関わってくると言うんですね。これは日本でも同じだと思います。やはり、見た目が若いと周りの印象もいい。ですから、見た目に悩まれている方がいらっしゃるのであれば、いつでも当院に来ていただければと思います。


川島永嗣

英語のほかに、スペイン語やイタリア語、ポルトガル語、オランダ語、今はフランス語を勉強しています。なので、今日は英語、明日はフランス語というように日替わりで勉強する言語を変えていました。すると、分からない言葉があっても、いったん離れて違う言語を勉強することで、文法や単語の共通点が見つかったりする。「こういうことだったのか」という驚きや感動があると、学ぶことが面白くなります。面白くなると、分からない言葉をすぐに調べる癖がつきます。


西山昭彦

若いビジネスパーソンのお金の使い道で最も重要なポイントは、自己投資とその効率です。「これで本当に生きた使い方になっているか」「将来につながる投資か」と考える癖をつけるようにしましょう。そうすれば、お金を「人生を充実させる道具」に変えることがきっとできるはずです。


水留浩一

スシローはもともと組織で仕事をするというよりは、創業者のもとに個人プレーヤーが集まってそのまま大きくなった成り立ちの会社です。それを組織として継続的に運営できる形にすべく、変えていきました。社内で育ってきた社員と、外部から採用した人材の混成チームでしっかり運営できる風土になってきました。


石田衣良

何かに挑戦して負けても、大したことはありません。命まで取られるわけじゃないから。ひとつの会社で上手くいかなくても、他の会社で上手くいく例は無数にある。そういう意味では、努力して、どんどん挑戦してほしい。


中村天風

フランスで風邪をひいたとき、私は医者にかかった。そして、いかにフランスの医者が肉体よりも心を大事にしているかということを知った。熱が高くて苦しんでいると、医者が来て診察した。「それじゃ、また、二、三日たって来るから」「明日もまた来ていただけませんか」と言うと「そんな、風邪ひきくらいに、毎日来る必要はないでしょう」「では、薬は何をのんだらいいでしょう」「薬? こんな病にのむ薬があるかね」と言う。「薬なんかいらない。温かいコーヒーなり紅茶なりを飲んで、寝ていれば心配ない。治るときが来れば治る。それが何よりの養生だ」と言う。たいていの病はまず、心を強く、第一番に病を気にしないようにすることなんだ。


古森重隆

主力事業が減っていき、コア事業だろうと、減っていく需要に対して縮小せざるを得なかった。そして、我々が持つ技術を総ざらいし、今まで取り組んでいなかった市場で参入できそうなものを探った。