名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤肇(スター精密)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤肇(スター精密)のプロフィール

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

佐藤肇(スター精密)の名言 一覧

私の人生の節目ではいつも逆風が吹いていた。


売上高や利益は経営の目的ではなく、あくまで手段。一番大事なことは、いかに会社にキャッシュを残しておくか。これからの低成長時代、企業を存続させるには「もう売れない」という前提に立つ必要がある。


この先、会社をどうかじ取りしていこうかと悩んだ時、思い出したのが父親(創業者・佐藤誠一)の教えでした。「絶対に大企業のマネをするな」「規模を追わず身の丈を考えろ」と何度も言われていたのです。


私は現場では何の役にも立ちません。製品を作ることもできなければ、給与計算もできない。経営者にできるのは、会社の方向性を明確に伝え、従業員が働きやすい環境をつくることくらい。ですから、世の中の経営者には、従業員を大切にしてもらいたい。


財務の数字を見ていると「どうです、いい数字だから褒めてくださいよ」などと話しかけてくる。笑っている数字、怒っている数字、泣いている数字。数字にも表情があります。


キャッシュが大切なのは、従業員を大切にすることにつながるからです。スター精密では最低でも年間4か月のボーナスを保証していますし、支給額ランキングで大手企業に交ざって上位に入ることもあります。規模で超一流企業に勝つことは不可能でも、ボーナスなら経営次第でなんとかなります。もちろん株主に報いることも必要。赤字でも配当をストップしたことはありません。


工作機械の世界では、受注が減ると値下げによって売り上げを確保しようとしがちです。ただそれでは、市況が回復しても値段がなかなか元に戻らず、結局は苦労することになります。ですから私はリーマンショック後、「売り上げを落とせ」と指示し、余分な在庫を減らすことに注力しました。その年は赤字になりましたが、翌年度は黒字に戻り、従業員をリストラすることもありませんでした。


経営者だけがふんぞり返っていい暮らしをするのはおかしいというのが父親(創業者・佐藤誠一)の持論で、我が家は長い間、くみ取り式トイレの借家住まいでした。地元ではトップクラスの企業だったにもかかわらず、です。従業員の8割が家を購入するまで、父は家を持たないと決めていたのです。


佐藤肇(スター精密)の経歴・略歴

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

他の記事も読んでみる

千本倖生

いくら頭脳が優秀でも、勉強をしないと宝の持ち腐れになってしまう。とりわけ、若い時代は集中して、情熱を持って勉学に励むべきだろう。


栗山年弘

弊社ではRight(最適な)、Unique(独自性)、Green(環境にやさしい)を極めた「美しい電子部品」を追究しており、部品を軽薄短小などにしていくことも重要ですが、世の中の変化とともにユーザーが求める製品、機能も変化しているため、製品がユーザーにとってRight Spec(最適なスペック)なものかを常に考える必要があります。


河瀬和幸

目には、その人の「理性」が出ます。考える時に目を上向きにする人は、視覚に訴えた販売が有効。逆に視線を下に落として考える人には、テンポよく話すなど言葉で訴える方が効果は出るのです。


本田圭佑

アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える。成功して自分のビジネスやビジョンを広めたいという思いがある。


松本恭攝

「確かに面白いけれど、どうやって使うんだろう?」というアイデアを出すより、みんなが普通に使っているサービスの不便に着目し、そこを変えていく。そういうサービスの作り方をしてきたし、これからもしていきたい。


佐々木常夫

最近、企業の不祥事がよく起こるのは、社会貢献という鉄則を忘れてリーダーたちが自己の利益ばかり考えるようになってしまったからです。人間性がなく信頼もない。それは心の奥底にあるべき真摯さ、誠意が欠如しているからだと思います。


茂木友三郎

いま国際政治が大きく揺れ動いています。日本は今まで以上に世界の中で責任ある行動をとる必要があります。きちんと正論を主張して、しっかりした対応をとるという姿勢が重要なのではないでしょうか。


藤本やすし

僕自身が細かい部分までレイアウトを指示しているわけではないので、そうでもないですね。それぞれの雑誌で担当者を決めていて、基本的に任せるという形をとっています。だから、僕がやるメインの仕事は、それぞれの雑誌のスタイルをつくることだけなのです。
【覚書き|「5つの雑誌のエディトリアル・デザインを同時並行で手掛けていて、ものすごい仕事量なのではないですか」と聞かれたときの発言】


スガシカオ

大変ですけど楽しみですよ。もうね、やりたいことを全部やってやろうと思っています。最高のライヴをやるのはもちろん、音楽以外も充実させます。フェスって主催者のわがままとか好みが色濃く出ているほど面白いと思うんです。


川田修(ライフプランナー)

どうすれば「信用できる人」になれるのか。それは、他の人とは少し違うことをして、しかも相手を尊重する行動を取ることです。ある営業マンから学んだことですが、訪問先でカバンを置くときに下にハンカチを敷くのもそのためです。この行動を見たお客様は、「こんな気遣いをする営業マンは見たことがない」と驚き、「この人なら信用できるかもしれない」と思ってくださる。「信用できる人」になるには、こうした小さな習慣の積み重ねがとても大事なのです。


澤村諭

大きな可能性を秘めた技術を数多く展開していますが、その技術を生かせるニーズをすべて把握しているわけではありません。むしろ私たちが知らないニーズが、社会の至るところにあるのではないかと思っています。そこで、これまでかかわりが少なかった異分野や他の業界の皆さんと交流する機会を増やすつもりです。それによって私たちの技術の応用を広げ、社会の発展に一段と貢献したいと思っています。


大竹のり子

同じ節約でも男性と女性では得意とするところが違います。男性は長期的なお金の流れを把握するのに長けているので、住宅ローンや保険の見直しは得意。反面、細かな食費や生活費を削るのは苦手。逆に女性はそういう日々の節約が得意な反面、10円安く買うためにスーパーをハシゴしたりと時間対効果の薄い節約をしがち。夫婦一緒にやって両方の強みを上手く組み合わせれば、節約効果は大きく上がります。