名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤肇(スター精密)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤肇(スター精密)のプロフィール

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

佐藤肇(スター精密)の名言 一覧

私の人生の節目ではいつも逆風が吹いていた。


売上高や利益は経営の目的ではなく、あくまで手段。一番大事なことは、いかに会社にキャッシュを残しておくか。これからの低成長時代、企業を存続させるには「もう売れない」という前提に立つ必要がある。


この先、会社をどうかじ取りしていこうかと悩んだ時、思い出したのが父親(創業者・佐藤誠一)の教えでした。「絶対に大企業のマネをするな」「規模を追わず身の丈を考えろ」と何度も言われていたのです。


私は現場では何の役にも立ちません。製品を作ることもできなければ、給与計算もできない。経営者にできるのは、会社の方向性を明確に伝え、従業員が働きやすい環境をつくることくらい。ですから、世の中の経営者には、従業員を大切にしてもらいたい。


財務の数字を見ていると「どうです、いい数字だから褒めてくださいよ」などと話しかけてくる。笑っている数字、怒っている数字、泣いている数字。数字にも表情があります。


キャッシュが大切なのは、従業員を大切にすることにつながるからです。スター精密では最低でも年間4か月のボーナスを保証していますし、支給額ランキングで大手企業に交ざって上位に入ることもあります。規模で超一流企業に勝つことは不可能でも、ボーナスなら経営次第でなんとかなります。もちろん株主に報いることも必要。赤字でも配当をストップしたことはありません。


工作機械の世界では、受注が減ると値下げによって売り上げを確保しようとしがちです。ただそれでは、市況が回復しても値段がなかなか元に戻らず、結局は苦労することになります。ですから私はリーマンショック後、「売り上げを落とせ」と指示し、余分な在庫を減らすことに注力しました。その年は赤字になりましたが、翌年度は黒字に戻り、従業員をリストラすることもありませんでした。


経営者だけがふんぞり返っていい暮らしをするのはおかしいというのが父親(創業者・佐藤誠一)の持論で、我が家は長い間、くみ取り式トイレの借家住まいでした。地元ではトップクラスの企業だったにもかかわらず、です。従業員の8割が家を購入するまで、父は家を持たないと決めていたのです。


佐藤肇(スター精密)の経歴・略歴

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

他の記事も読んでみる

守島基博

人事上の処遇というのは、不思議なものである。外から見ると、なぜその決定が下ったのかわかりにくいことが多い。特に、配置転換や昇進、昇格など、一人ひとりのキャリアに大きなインパクトを与える処遇において、そういう傾向が強い。当たり前だが、一人ひとりのキャリアに大きな影響を与えるからこそ、決定の背後が知りたいということなのかもしれない。だが、企業における人事の多くは、いくつもの多様な要素を考慮した結果であることが多い。いくつもの考慮がつまったものが人事処遇上の決定なのだ。そしてそのことが人事の意思決定を不可解なものにしている。


石川和男(税理士)

「完璧に理解してから進もう」とは思わないこと。理解できなければとりあえず覚えておくだけでいいのです。その先で知識が深まれば、自然と理解できるようになります。「わからないから進めない」という思い込みは、時間のムダを招きます。


藤巻健史

誰もが外資系企業で成功できるとは限らない。成功するためには、自分の専門分野を徹底的に勉強し、その道のプロになることが大切だ。


竹田和平

身銭を切り、相手先と自分の運命は一蓮托生という状況にまで追い込まれてこそ、はじめて経営の立て直しも可能。


伊藤正孝(税理士)

子供のマネー教育で大切なことは困難を体験させることです。例えば、子供が北海道に行きたいと思ったが、自分の持ち金では飛行機に乗れないとき、別の方法でたどり着くために、知恵を使い、汗を流す。困難を克服する体験は、子供を大きく成長させます。そこに親の本当の愛情が表れる。お金はややもすると、困難を困難でなくしてしまいます。愛は与えても、お金は必要以上与えてはいけない。厳しく育てるには、親のほうも我慢しなければならず、大変です。でも信念を持って行えるのが、大善です。


山下淳一郎

私は、人と組織が持つ強みを引き出すため、最小限の労力で最大の成果を生み出すための最も必要なことを焦点化します。


松下正幸

今の経済界はどちらかというと直線型に終始しており、短期で成果を出せないものは「無駄な研究」と位置づけてしまうきらいがあります。大学もそうではないでしょうか。私は思うのですが、大学などは、すぐに社会の役に立たない研究をやるところに意義がある。将来何の役に立つかわからないけれども、ともかく研究してみるというのが大学の役割だと思います。


松岡修造

「ボールを10回打つうち、何球目で最高のショットを打てればいいと思いますか?」と聞くと、たいていの人は「5、6球目」と答えます。でもそれではいけません。できるかどうかは別として「1球目からナイスショットにしよう」という気持ちで打つ方が、早く上達します。これは、「最初から積極的にいこう」というメンタルが行動に反映され、行動の質を高めていくからだと思います。


新浪剛史

規模で言えば、最大手のセブンイレブンに当社は離されている。我々はイノベーションで勝つしかない。そのために最も重要なのが「現場力」です。


古川禎久

優秀な官僚を上手に使いこなし、何か問題がおこれば政治が責任をとる、というのが本当の政治主導。官僚を悪と決めつけてしまってはどうしようもない。


那須正幹

子供相手だからと手加減するのは嫌なんですよ。子供だって世の中のいろんな情報を得ているわけだから、きれい事だけ書いてもしょうがない。それは僕の児童文学の基本的な考え方ですね。子供に迎合しとると批判されたけど、読者が支持してくれたから気にならんかったね。


吉村拓

当社では、社員の人間力を徹底的に磨きながら仕事に取り組んでいます。営業全員がお客様に直筆でお礼状を書いて、感謝の意を伝えるよう徹底。契約管理業務に携わるメンバーも同様に、誠意を持ってお客様に接するなど、全員が顧客志向を貫いています。