名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

佐藤肇(スター精密)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤肇(スター精密)のプロフィール

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

佐藤肇(スター精密)の名言 一覧

私の人生の節目ではいつも逆風が吹いていた。


売上高や利益は経営の目的ではなく、あくまで手段。一番大事なことは、いかに会社にキャッシュを残しておくか。これからの低成長時代、企業を存続させるには「もう売れない」という前提に立つ必要がある。


この先、会社をどうかじ取りしていこうかと悩んだ時、思い出したのが父親(創業者・佐藤誠一)の教えでした。「絶対に大企業のマネをするな」「規模を追わず身の丈を考えろ」と何度も言われていたのです。


私は現場では何の役にも立ちません。製品を作ることもできなければ、給与計算もできない。経営者にできるのは、会社の方向性を明確に伝え、従業員が働きやすい環境をつくることくらい。ですから、世の中の経営者には、従業員を大切にしてもらいたい。


財務の数字を見ていると「どうです、いい数字だから褒めてくださいよ」などと話しかけてくる。笑っている数字、怒っている数字、泣いている数字。数字にも表情があります。


キャッシュが大切なのは、従業員を大切にすることにつながるからです。スター精密では最低でも年間4か月のボーナスを保証していますし、支給額ランキングで大手企業に交ざって上位に入ることもあります。規模で超一流企業に勝つことは不可能でも、ボーナスなら経営次第でなんとかなります。もちろん株主に報いることも必要。赤字でも配当をストップしたことはありません。


工作機械の世界では、受注が減ると値下げによって売り上げを確保しようとしがちです。ただそれでは、市況が回復しても値段がなかなか元に戻らず、結局は苦労することになります。ですから私はリーマンショック後、「売り上げを落とせ」と指示し、余分な在庫を減らすことに注力しました。その年は赤字になりましたが、翌年度は黒字に戻り、従業員をリストラすることもありませんでした。


経営者だけがふんぞり返っていい暮らしをするのはおかしいというのが父親(創業者・佐藤誠一)の持論で、我が家は長い間、くみ取り式トイレの借家住まいでした。地元ではトップクラスの企業だったにもかかわらず、です。従業員の8割が家を購入するまで、父は家を持たないと決めていたのです。


佐藤肇(スター精密)の経歴・略歴

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

他の記事も読んでみる

福田譲

私が大切にしているのは人間としてのOSを鍛えることです。便利なアプリケーションの獲得には血眼にならない。しっかりしたOSさえあれば、その上にどんなアプリを乗せてもうまく動くと考えるからです。OSを日本語にすると、人間力とか人間としての軸、価値観、人生観ということでしょうか。


シェイクスピア

ひとつの立派な行為が、誰の口にのぼることなく死んでゆく。それは残ってあとに待つ立派な行為を何千も屠殺することになる。


レジェンド松下

口先のテクニックで顧客を落とそうと思っても、なかなかうまくいかないもの。自分が実際に使って感じた思いを、熱意を持って伝えることで相手の心に響くのです。


金川千尋

ひとつひとつの判断に時間をかけてはいけません。直面する課題の7から8割は、その場で決めます。2、3日検討するくらいなら、すぐ決断し、必要に応じて修正していく方がはるかに好ましい結果が得られると考えるべきです。


池谷裕二

もの覚えが悪くなったことを、脳の衰えのせいにするのは間違いです。年齢とともに新しいことを記憶しづらくなっているのは、たんに年不相応な記憶のやり方をしていることが原因でしょう。中学生ぐらいまでは知識記憶が優勢で、丸暗記をしてもどんどん頭に入ります。しかし、それ以上の年齢になると、経験記憶が上回り、丸暗記が難しくなります。にもかかわらず若いころと同じ記憶のやり方をしているから、新しいことが覚えられないのです。


中島茂

謝罪会見の内容を正しく伝えるには、服装や会場設営といったテクニカルな問題を蔑ろにすべきではない。しかし、根底に「苦悩」と「誠実さ」がない謝罪会見は、人の心を動かさない。残念ながらこのふたつは、会見マニュアルで演出できるものではない。


金子慎

最優先の課題は一貫して、事故を起こさず、安全を確保することだ。


安中千絵

毎食あらゆる食材を網羅するのは、忙しいビジネスマンにとっては非現実的です。また、家での食事は奥様任せで手出しできない、という人もいると思います。そこでお勧めしたいのが、「ちょい足し」と「ちょい引き」。たとえばランチが牛丼なら、ご飯は小盛にして、コンビニで野菜スティックや果物、ヨーグルトなどを買って「ちょい足し」する。足すべきなのは野菜や果物など。一方、引くのは、30~40代がとり過ぎの傾向にある炭水化物などです。


川村元気

普段の仕事でも、初めての映画監督や原作者の方とお会いする時は事前に相手のことを調べまくってとことん予習して、「この世界で僕はあなたのことを一番よく分かってます!」という状態で会うんです。会話も脳内でシミュレーションしていくんだけれど、予想通りにいくわけがない。しかも巨匠ってたいてい、ややこしい人たちなんです(笑)。


むらかみかずこ

手紙を受け取る側にとって、文章の内容より見た目の方が記憶に残ります。その第一印象を決めるのは、7割が便せん、2割が文字、1割が切手という比率。センスの良い便せんを使えば、それだけで印象はグッと良くなります。また、コンパクトな「一筆せん」なら、長い文章を書くプレッシャーからも解放されるでしょう。


岡田裕介(東映)

今後は、人々が集まって観たいというコンテンツと、自分ひとりでいいやというものに差別化されていく。


廣瀬光雄

最も重要なのはジョンソン・エンド・ジョンソンのクレドには、働くことはどういうことかという問いに対する答えも含まれています。それは「必ずミッションを持つ」ということ。しかも、その優先順位も「企業は顧客、社員、地域社会、株主に対して責任を持たなければならない」としっかり明記されています。