名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤肇(スター精密)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤肇(スター精密)のプロフィール

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

佐藤肇(スター精密)の名言 一覧

私の人生の節目ではいつも逆風が吹いていた。


売上高や利益は経営の目的ではなく、あくまで手段。一番大事なことは、いかに会社にキャッシュを残しておくか。これからの低成長時代、企業を存続させるには「もう売れない」という前提に立つ必要がある。


この先、会社をどうかじ取りしていこうかと悩んだ時、思い出したのが父親(創業者・佐藤誠一)の教えでした。「絶対に大企業のマネをするな」「規模を追わず身の丈を考えろ」と何度も言われていたのです。


私は現場では何の役にも立ちません。製品を作ることもできなければ、給与計算もできない。経営者にできるのは、会社の方向性を明確に伝え、従業員が働きやすい環境をつくることくらい。ですから、世の中の経営者には、従業員を大切にしてもらいたい。


財務の数字を見ていると「どうです、いい数字だから褒めてくださいよ」などと話しかけてくる。笑っている数字、怒っている数字、泣いている数字。数字にも表情があります。


キャッシュが大切なのは、従業員を大切にすることにつながるからです。スター精密では最低でも年間4か月のボーナスを保証していますし、支給額ランキングで大手企業に交ざって上位に入ることもあります。規模で超一流企業に勝つことは不可能でも、ボーナスなら経営次第でなんとかなります。もちろん株主に報いることも必要。赤字でも配当をストップしたことはありません。


工作機械の世界では、受注が減ると値下げによって売り上げを確保しようとしがちです。ただそれでは、市況が回復しても値段がなかなか元に戻らず、結局は苦労することになります。ですから私はリーマンショック後、「売り上げを落とせ」と指示し、余分な在庫を減らすことに注力しました。その年は赤字になりましたが、翌年度は黒字に戻り、従業員をリストラすることもありませんでした。


経営者だけがふんぞり返っていい暮らしをするのはおかしいというのが父親(創業者・佐藤誠一)の持論で、我が家は長い間、くみ取り式トイレの借家住まいでした。地元ではトップクラスの企業だったにもかかわらず、です。従業員の8割が家を購入するまで、父は家を持たないと決めていたのです。


佐藤肇(スター精密)の経歴・略歴

佐藤肇、さとう・はじめ。日本の経営者。「スター精密」社長。静岡県出身。学習院大学経済学部卒業後、家業のスター精密に入社。同社を大きく成長させた。著書に『社長が絶対に守るべき経営の定石50』『先読み経営』『社長としての人件費計画の立て方』。

他の記事も読んでみる

井阪隆一

人間は、自分のためにはそれほど頑張れなくても、他人のためには頑張れたりするもの。その方が、厳しい仕事に耐えられることもある。


小川淳司

人の言葉には間違いはないし、逆にこれが正解ということもない。


小山昇

価値の劣ったものを手放さずにいると、もっと良いものが出た時に「取る手」が空いていない。その時に慌てて手放しても、もう他の人のものになっているかもしれない。


三木雄信

数値化すれば、優先順位が明確になる。会社のリソースが限られる中、「最大の成果を出すには、何にどれだけ投資するか」を決めるには、数字の裏づけが不可欠。


伊藤直彦

仕事でも、相手と交渉を始める場合、まず構想を練る。こちらの話が一方的に通ることはまずない。こちらが何か言えば必ず何らかの反応がある。この最初の布石をきちんと打たないと後々苦戦することになる。仕事も同じである。


長澤信吾

もともと当社のような業界は、お客さまの「こんなシステムが欲しい」という要望に応えるのが仕事です。ただ、今は本当にサービス内容が多岐にわたっており、お客さまが「どれが良いのか分からない」状態なのです。そこで、当社が本当にお客さまは何を求めているのか、何を実現したいのか、何が課題なのかを読み取って、最適なサービスを提示しなければなりません。


晝馬輝夫

企業の技術力を高めるためには、質の高い人材を育成することが避けては通れない課題です。日本の大学は海外のものを日本に伝えることしかやってこなかった。だから、形式知しか伝わらず、自分で見つけるというサイエンスの心を育ててこなかった。日本の基礎化学が育たなかったのはそのためです。


山口多賀司(経営者)

人と人との心の触れ合いを取り戻すことから始めるべきではないでしょうか。技術開発でもなんでも人間関係が成り立たないところは、仕事は成り立ちません。技術を研究する人、商品にする人、売る人……、仕事というのは一人でできるものではないのです。全ては人とのつながりなんです。


大前研一

私のコンサルティングの基本は「自分が社長だったらどうするか」である。現場に足しげく通って綿密なフィールドインタビューを繰り返し、経営トップが知りえないような情報をかき集めて、問題点の背景にある原因のさらにまたその原因や課題を炎り出していく。そして自分が経営トップならどう対処するかを客観的に判断して、具体的でわかりやすい提言をひとつにまとめていく。そうやって経営者にアドバイスすれば、私も経営者もお互い悔いが残らない。結果として、そのアドバイスが間違っていたとしても、「あなたは本当に私のために、私に代わっていろいろ考えてくれた。私もそれに基づいて決断した」と相手側も納得してくれるからだ。


小林啓次郎

社員が100%力を出せるようバックアップするのがリーダーの仕事。社長一人が逆立ちしたところで商売が出来るわけじゃないです。