名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤美樹(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤美樹(経営者)のプロフィール

佐藤美樹、さとう・よしき。日本の経営者。「朝日生命保険」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日生命保険に入社。法人営業局総合法人第二部金融法人室長、金融法人部長、営業企画部長、執行役員営業企画統括部門長、常務などを経て社長に就任。

佐藤美樹(経営者)の名言 一覧

私は何でも自分で理解しないと気が済まない性格で、経理課を希望したのも「会社全体のことを知りたい」と思ったからでした。


実際の現場へ出かけて行き、現場の実態をこの目で見て、実際にお客様と会う職員や事務員の生の声を聞くことが、経営の重要なヒントになっている。


佐藤美樹(経営者)の経歴・略歴

佐藤美樹、さとう・よしき。日本の経営者。「朝日生命保険」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日生命保険に入社。法人営業局総合法人第二部金融法人室長、金融法人部長、営業企画部長、執行役員営業企画統括部門長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

人間のエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間を振り向けた方が成果は上がりやすくなるはずである。不得意な分野だけど、この分野をどうしてもやりたいというものがあるなら話は別だが、そうでなければ自分の得意分野に情熱を振り向けた方が良い。


小杉俊哉

過去のビジネスモデルやテクノロジーが通用しなくなった今、組織が成長するには、新しい発想やイノベーションが必要。そのためのアイデアは、古い慣習や過去の成功事例に囚われない若い世代のほうが生み出しやすい。だからこそ、上司は「聴く」ことを習慣化してほしい。部下がいつでも上司に提案しやすいような、オープンな雰囲気を作れば、新しいアイデアも出しやすくなる。


松本大

「書く」ことの前提は「読まれる」こと。手紙もメールもコミュニケーションの手段であり、主役は相手なので、自分の感覚よりも読んでくれる相手の感覚に合わせるのが当然だと思います。どんな書き方を好むかは人によって違い、時候の挨拶から始まる改まった文章のやりとりを好む人もいれば、用件だけの短い効率的なコミュニケーションが好きな人もいます。メールや手紙など、どの手段で伝えるのがいいかも人によって異なります。まずはその見極めが大切。


澤田秀雄

他でやっているようなモノマネでは勝ち目がないし、意味がない。


大坪勇二

コピーはオリジナルにはかないませんが、オリジナルの7掛けのパフォーマンスはできる。


山本昌(山本昌広)

昔は後輩であってもライバルという意識が強くありました。最近は、何かあったときに答えられるように、後輩のプレーをきちんと見たり、勉強をしています。コーチには言えないけれど、先輩には言えるということもあるので。人によって最善の方法は違うので押しつけはしませんが、相談や質問されたときにアドバイスができるように準備しておこう、と自然と思うようになったんです。


佐藤優

僕も大きな仕事をしようとする相手には、最初は仕事の話をしませんでした。小さく信用させて大きく騙すというのは詐欺師の常套ですが、これは仕事やビジネスにも言えること。一番高等なテクニックは何か? 相手に自分を好きになってもらうこと、友情に近い信頼感を持ってもらうことなんです。それが築ければ何もしなくても向こうのほうからいい情報を持ってきてくれる。


北城恪太郎

IBM米国本社には社員がトップに直訴する「オープンドア」という仕組みがあって、その返信を会長補佐が清書するんです。私が書いた返信は「冷たい印象を与えるから書き直せ」と上司に突き返されました。「社員は思うところがあって訴えてくるわけだから、回答には最大限の配慮が必要」という理屈です。「表現が冷たい」と言われても日本人にはピンときませんよ。でも面白いもので、半年も返信を書き続けていると「冷たい」「温かい」といったニュアンスの差が出せるようになりました。


池谷裕二

脳のワーキングメモリーは7つくらいなので、やるべきことが8つ以上あると、脳が全部を覚えられずに、「ものすごく忙しい」と勘違いをはじめるのではないでしょうか。でもよく考えると、8つ程度なら大したことはない。書き出すことで、それがわかって安心します。また、情報も整理され、気分が楽になるのだと思います。


野村克也

俺がなんで失敗してもお前を使っているか、自分で考えろ。
【覚え書き|ルーキーへの言葉】


大橋悦夫

同じことを考え続けないことは、思考の速度を上げる基本です。私は文章を書くとき、必要な要素を書き出し、順番に並べ替えていくという手法で効率化しています。一度考えたことを再び考えずに済むという利点があります。


小笹芳央

お金と言う存在も社会的な信頼というもので成りたっています。それだけにお金も信頼できる人のところに集まるのだといえます。


畑村洋太郎

企業は皆、組織が分化し、それぞれが自分の持ち場で効率よく働くことが重視される仕組みになっています。改革が叫ばれ続けていることですが、やはり細分化の弊害は残っていると思います。


和田秀樹

大きな仕事を与えられたら、チャンスだと思って、自分ができることから手をつけていけばいい。いまは自分から動かない人間に対して冷たいし、能力がないとみなされがち。とにかく動かなければ評価はしてもらえませんから。


石原慎太郎

ヘーゲルが言ったみたいに、歴史というのは一番現実的なんで、歴史が分からなければ現実感覚はできてこないし、目の前の問題にも対処できない。