名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤美樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤美樹(経営者)のプロフィール

佐藤美樹、さとう・よしき。日本の経営者。「朝日生命保険」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日生命保険に入社。法人営業局総合法人第二部金融法人室長、金融法人部長、営業企画部長、執行役員営業企画統括部門長、常務などを経て社長に就任。

佐藤美樹(経営者)の名言 一覧

私は何でも自分で理解しないと気が済まない性格で、経理課を希望したのも「会社全体のことを知りたい」と思ったからでした。


実際の現場へ出かけて行き、現場の実態をこの目で見て、実際にお客様と会う職員や事務員の生の声を聞くことが、経営の重要なヒントになっている。


佐藤美樹(経営者)の経歴・略歴

佐藤美樹、さとう・よしき。日本の経営者。「朝日生命保険」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日生命保険に入社。法人営業局総合法人第二部金融法人室長、金融法人部長、営業企画部長、執行役員営業企画統括部門長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

遠藤保仁

監督には監督のやりたいサッカーがありますから、こちらの意見を受け入れてくれるとはかぎりません。でも、だからこそ、自分の考えを言うことが大事なのです。意見を言い合う中から、「なるほど、この人はこんなことを考えているのか」ということを理解できるからです。言い合うことが大事なのは、選手同士だけではなく、選手と監督の間でも同じです。


板東英二

芸能界へ足を踏み込むことになったのは本当に偶然。現役をクビになり、名古屋で解説の仕事をしていたとき、昔から仲良くしていた上岡龍太郎さんが関西のテレビに呼んでくれた。それが始まり。ただ、下地はあったんやと思います。元々、お笑い、漫才が大好きで、関西へ行ったときはよしもとを見て、東京へきたら寄席に通っていた。おしゃべりでしたし、現役時代から「野球の選手にしてはおもろい」とは言われていたんです。でも、上岡さんはこうアドバイスを。「おもろいと言ったってたかがしれている。たかだか野球選手やないか。だけど、元野球選手にしてはおもろいという位置は誰もが得難いもんや」と。とくに高校野球の姿勢が大事やと。なぜなら高校野球を見て、人が感銘を受けるのは、勝ち負けではなく、一生懸命、健気にやっていること。だから、お笑いでも何でもいいから懸命にやりなさいというわけ。そしたら、野球というベースがあるから世間は「なんやあいつ」と注目してくれる。だから、「普通の人の3割は得をしているんや」と。


村口和孝

私のところには、ベンチャー創業や、事業本格的展開したいとのサラリーマン、または出身者からの相談が多い。サラリーマン生活に数年でも慣れてしまった人がベンチャーを創業する場合‐なかなかサラリーマン感覚が抜けないという症状に悩む人が多いように思う。


浜口隆則

変化する時代の中でビジネスを長続きさせるには、「変化を愛すること」が大切です。変化を恐れ、嫌う人もいますが、それでは淘汰されてしまう。独立後、最初の3年はうまくいったとしても、5年後、10年後には社会の環境はまったく違うものになります。そうした変化に適応できないまま消えていく会社は数多くあるのです。


石破茂

銀行員時代は、私を1番変えてくれた時期でもあります。自分で言うのもなんですが、銀行に入ったときは、まあそれなりにエリート行員のつもりでした。ところが、初日からいきなり大ショック。配属店の新入行員10人の中で、私が1番ダメだったんです。お札を数えれば、床に落としてバラバラと散乱する。計算機をブラインドタッチで打てば、1番遅い上に間違っている。「就職先を間違えた!」と思いました。年下の女子行員から「大卒なんてなんの役にも立たないのね」とバカにされる有り様で、その日のうちに辞めようと決意しました。でも、なにもできないまま辞めるのはあまりにも悔しい。せめて、お札勘定と計算機だけは、なんとか身につけてから辞めようと思いましてね。来る日も来る日も、朝7時に出勤して、練習用のお札で勘定の練習をくり返し、計算機を叩く。そのおかげか6月の上達試験ではトップ。そのとき、不思議と辞める気はなくなっていましたね(笑)。


柄澤康喜

私が上司の立場になって意識して行ったのは、難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど、限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され、決断力が研ぎ澄まされているからだ。


松本美江

日本人には当たり前のことも、外国人の目には新鮮に映ることがたくさんあります。相手がなぜ驚いているのか、その背景を考えながら説明することが大事。


富野由悠季

僕がずっとアニメの仕事をやっていられるのは、アニメが好きだからではなくて、本当に実写映画を撮りたいと思っているからです。でも、現実にいまだそういう機会は巡ってこないわけで、死ぬまでに巡ってくるかどうかも分かりません。だけど、この願望・欲望というのは、死ぬまで否定することはできません。否定できないからこそ、いざ実写映画を撮れるということになったときに、監督としてのスキルが落ちていることがないように、アニメの仕事を億劫がらずにやっているんです。


森田英一

若手の突然の辞職を防ぐには、まず日ごろのコミュニケーションを増やすのが一番大事です。最近では中間管理職がプレーイングマネジャー化していて、なかなかマネジメントに専念するというわけにはいかない。だから部下を見る余裕がない、マネジメントする時間が取れないというのもわかります。しかし、朝出社したときにあいさつもろくにしない、あるいは直接話せるときでも、メールで済ませる社員ばかりという会社が増えているのも事実。それでは部下が仕事にマンネリを感じていても上司は気づくことができないでしょう。


赤川次郎

お説教くさいのは嫌なんですよ。私の作品はあくまでもエンターテインメントです。だから登場人物に教訓めいたことを言わせるのも好きではありません。上から目線のお説教では、読んでいる人の心に入っていきませんから。


吉村崇

NSC(吉本総合芸能学院)を出たらすぐ、遅くても1年くらいで売れると思ってたんですけど。まさか10年以上、鳴かず飛ばずとは……。自信? あったんですよ、何の疑いもなく(笑)。世間を知らないって、すごいですね! これが大学を出ていたり、一回就職して社会をちょっとでも経験していたら、そうならなかったでしょう。高校を出たばかりのバカで無知な、向こう見ずな若者だったから出てこられたんですよ。


大野裕

うつは誰でもなる可能性のある病気です。私のもとにくる患者さんも「まさか自分がうつになるなんて」と吐露される方が多い。たとえば、悲観的だったり、責任感が強い性格はうつになりやすいと思われがちですが、誰でも心身の疲労が溜まってくれば、後ろ向きになったり、自分を責めたりしやすぐなります。うつは予測がつかない。「普段と何かが違う」と感じたら、いつも以上に気をつけて社員を観察し、話し合いの場を持つことです。また、原因が上司その人の場合もあるので、会社の中で上司以外と話せる環境をつくっておくことも必要でしょう。