名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤紗耶子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤紗耶子のプロフィール

佐藤紗耶子、さとう・さやこ。日本の経営者。「リヴィティエ」社長。システムエンジニアなどを経てリヴィティエを設立。

佐藤紗耶子の名言 一覧

ITを難しくしているのは多機能による操作性の悪さ。必要な機能を使いやすくデザインするだけでITはもっと身近なものになる。


アイデアをウェブやアプリという形で具体化、事業化できる、これがITの面白さ。当社はそこに使い勝手の良さと見た目の美しさを常に考慮にいれています。


ITはもっと自由で、新しい事業を創造するツール。現場に任せずに経営者自らITを知り、活用することで既存の事業を支えることも新しい事業を構築することもできる。


佐藤紗耶子の経歴・略歴

佐藤紗耶子、さとう・さやこ。日本の経営者。「リヴィティエ」社長。システムエンジニアなどを経てリヴィティエを設立。

他の記事も読んでみる

山田進太郎

私たちはシリコンバレー流の仕事を実践しています。たとえば、グーグルをはじめとしたグローバル企業が採用している目標管理手法OKRを導入し、ストックオプションなど会社の構造自体も日本企業というより、グローバルスタンダードに近いものを採用しています。そうしなければ、グローバルでよい人材を採ることができないからです。外国人エンジニアをどんどん採用すれば、コミュニケーションも自然と英語になります。もちろん日本人社員に対しては英語研修や通訳のサポートを行っていますが、社内での告知、ビジネスチャットの「スラック」ほか、全社会議の資料は今ではもうすべて英語と日本語が併記されています。


遠山正道

とにかくサイコロを振ってみる。サイコロにマイナスの目はないから、必ず前へ進める。


柴田励司

私は雇われ経営者ですから、創業者が20数年間やってきたことにキャッチアップしないといけません。それには、とにかく創業者と同じ時間を共有することが大切なのです。そのため、朝一番の予定の前に増田(宗昭:CCC創業者)さんの自宅に行くことが多いです。私は、朝駆けと呼んでいますが、一緒にお茶でも飲みながら、雑談をしています。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

古来戦陣では、進軍の一番槍より、一兵も損じない退却のしんがりを「武人の名誉」として褒め称えている。蛇の目は時局を見越して、このころすでに撤収作戦に入っていた。
【覚書き|日中戦争の初期に蛇の目が朝鮮の市場から撤退を開始したことについて語った言葉。撤退時期を間違えて多くの企業が在外資産を失ったが、蛇の目は撤退時期が早かったため助かった。当時の社長は小瀬与作氏】


国吉拡

モチベーションの低い人には、共通する3つの口癖があります。ひとつめは「やったつもり」「話したつもり」など、「~つもり」。二つめは「でも~」という言い訳。みっつめは「お客さんが話を聞いてくれない」など、「~くれない」です。つまりは、上手くいかない理由を、お客や周囲のせいにしているんですね。自分のことを棚に上げ、外に原因を求めていると、いつまで経っても状況を改善できません。


佐々木常夫

不思議なもので、できるだけ困難な仕事に挑戦したいという姿勢でいると、どんどん新しい業務が回ってきます。人間は困難に直面すると、思いもかけない知恵が出てきます。


安達洋

ビジネスの場で英語のリスニング力が足りないなら、質問力を鍛えることです。たとえば、「英語を身につけるには1日何時間の勉強が必要?」という問いには「1時間」とか「30分」といった答えしかあり得ません。つまり、こちらから質問すれば相手の発言に枠をはめられます。これでリスクニングはかなり楽になります。


満尾正

夏場は、汗とともに失われていくビタミンやミネラルを、いかに補給するかが大きなポイントです。この点を意識していなければ、いくらスタミナ料理を食べても、夏バテを乗り切るためのエネルギーは生まれません。


野田一夫

僕は「愚痴を言うな、その場で堂々と話せ」という父の教えに納得し、大学の世界へ入ってからも、異論を述べるときは「先手、先手」でやることにした。だから「生意気な奴だ」と相手を怒らせることもあったが、そのうちに「生意気だが面白い」という評価を得て、次々と学内外の新しいプロジェクトに携わることができた。いまでも就職を控えた学生には必ず、「入社したら、最初から『変わった奴』と思われたほうがいい」とアドバイスをしている。


黒田武志

トヨタに在職していればもしかしたらそれなりに出世していたかもしれません。しかし、「あの時会社を辞めて起業していたらどうなっていただろう」と思い返すような人生は送りたくなかった。


江上剛

私の30代はまさに「一所懸命」でした。自分が置かれたその時々の立場で、「一」つの「所」に「命」を「懸」けて働きました。一見、損な生き方のように感じるかもしれません。でも、決してそんなことはありませんでした。案外、周りはきちんと見てくれているものです。


和地孝

人を財産と考え、長期雇用を維持することが経営の合理性だと思うのです。ただし、年功序列は違うと思います。かつては、評価システムも発達していませんでしたし、農耕民族的なマネジメントで会社は成り立っていました。つまり、経験を積んだ年長者のほうが、お天気の読みは上手なんです。しかし、現在のグローバルな経営環境の下では、狩猟民族的な経営が求められるようになりました。狙う獲物はなにかにのって、リーダーを選ぶ時代になったのです。年功ではなく、適材適所でないと生き残れない時代です。