名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤等の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤等のプロフィール

佐藤等、さとう・ひとし。日本の公認会計士、税理士。「佐藤等公認会計士事務所」所長。北海道出身。小樽商科大学商学部商学科卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了。佐藤等公認会計士事務所を設立。そのほか、ドラッカー学会理事を務めた。著書に『ドラッカーを読んだら会社が変わった!』。

佐藤等の名言 一覧

組織の中で働く個人が成長し、成果を上げなくては、組織がダメになる。ダメな組織ばかりが増えれば、社会がダメになる。ダメな社会は、そこに暮らす人々を確実に不幸にする。


特に知識労働者は、1時間で5本の平凡な企画書を書くより、2時間かかっても1本の優れた企画書を言いた人が評価される。強みが生きる仕事を見定め、ピンポイントで大量の時間を集中投下するスキルが必要だ。


「やめる」「任せる」「組織的な問題を見直す」の3つの視点で業務を整理することは、自分がなすべき大事なこととは何なのかを見直すことにもつながる。私は毎年元日に、「今年は何をやめようか」と必死になって考える。


時間の使い方に関して、記憶は全く当てにならない。リアルタイムで細かく書き留めて、初めて現実が見える。私が初めて記録をとったとき、メールを書くのに業務時間の1割を費やしていると知り、ショックを受けた。


肉体労働なら「1時間で何個運ぶか」、つまり時間効率を問われる。これに対して知的労働で問われるのは「1時間で何を生み出すか」。平凡な企画の数を競っても意味はない。卓越した1本の企画を生み出すことが求められる。


佐藤等の経歴・略歴

佐藤等、さとう・ひとし。日本の公認会計士、税理士。「佐藤等公認会計士事務所」所長。北海道出身。小樽商科大学商学部商学科卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了。佐藤等公認会計士事務所を設立。そのほか、ドラッカー学会理事を務めた。著書に『ドラッカーを読んだら会社が変わった!』。

他の記事も読んでみる

阿南惟正

私の座右の銘は「日に新たなる人生を」。一日一日を充実した、新しい気持ちで生きることが、仕事の上でも私生活の上でも大切。


ロングフェロー

上着の綻びは直ぐ繕える。しかし、きつい言葉は子供の心を傷つける。


松岡修造

人を動かし、チームの総合力をアップさせる4つのポイント

  1. 相手の可能性を信じてあげることが大前提。
  2. 相手の質問には質問で答えていく。相手の質問に対して質問で答えていくと、最後にはその人独自の答えが出てくるものです。初めから答えを与えてしまうと、誰かに頼って決めてもらうことが習い性になってしまい、チームのためにもその人のためにも良くありません。
  3. 褒める・叱るの落差は激しい方がいい。落差がジェットコースターのように激しい方が、褒められたときの喜びが大きくなります。
  4. 感情的になって相手の人格まで否定しないように。相手の人格まで否定すると人間関係はギクシャクし、チームの士気も低下してしまう。

馬渡晃

私はいままで、パニックになって普通ではありえない行動に走る経営者を何人も見てきました。他人の失敗なら冷静に分析できる人でも、いざ自分の身に降りかかると慌ててしまい、冷静な判断ができなくなることが少なくありません。


太田肇

出すぎた杭は、必ず周囲の溜飲を下げる余地を残しておくべきだ。仕事以外の部分では、スキやヌケをつくっておく、バカになるということだ。頭が切れる人はただでさえ周囲に警戒されがちだが、そういう人がカラオケに行って、異様に音痴だったりすると、とたんに周囲から愛される存在になる。切れ者から愛(う)い奴に豹変する。


野村克也

公然と「俺は個人の成績のために頑張る」と豪語する人間を「立派な目標だ。力を貸してやろう!」と、周囲が本気で思うはずがない。勝手な目標は組織の和を乱し、勝負の足を引っ張ることになる。ライバルに勝つ。個人の好成績を目指す。大いに結構だが、それは胸に秘めておくべきだ。あくまでチームの目標が第一なんだよ。その結果として個人の目標、成果がついてくるんだ。会社と社員の関係でも似たところがあるんじゃないか。


ナポレオン

最も大きな危険は勝利の瞬間にある。


枡野俊明

この世にあなたと同じ人間はいません。同僚と成績を比べても意味がないのです。禅では、他と比較して心をとらわれることを「妄想(もうぞう)」と呼んでいます。対して、そこから自由になり、目の前のことに集中することを「莫妄想(まくもうぞう)」といいます。大きな成果は、我を忘れて仕事に没頭した「莫妄想」のときに得られるもの。自分が主体となり、いわば自分の色に仕事を染めることができた結果です。


松浦弥太郎

膨大な量のビジネス書を読んで分かったのは、「書いてあることは合理的だけど、内容はオリジナルではないな」ということ。カーネギーやナポレオン・ヒルといった大御所でも、別の何かから学んだうえでの執筆です。それを発見した時、僕は失望ではなく、ホッとしたことを覚えています。自分はオリジナルなものを何も持っていない、という葛藤をずっと抱えていましたので。


島田裕巳

誰に看取られようと、死ぬときは誰でも一人である。そう思えば、一人の部屋で死ぬことも怖くはない。


魚住りえ

話すときは「相手の目を見て話しなさい」とよくいわれますが、そんなことはないんです。相手の目を見続けるのは、威圧感を与えてしまう。適当に視線を外すことが大事です。聞いているときも同じ。あまり外しすぎると自信がなさそうに見えたり、話を聞いていないと思われるので注意。適宜というのがとても難しいんですけど(笑)。


古市幸雄

やりたいことと現実との間にギャップがあるなら、そこに橋をかけなければなりません。その橋をかけるために必要だったのが勉強だったから、僕は勉強を始めました。