名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤究の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤究のプロフィール

佐藤究、さとう・きわむ。日本の小説家。福岡県出身。『サージウスの死神』で群像新人文学賞優秀作を獲得しデビュー。『QJKJQ』で江戸川乱歩賞、『Ank: a mirroring ape』で大藪春彦賞と吉川英治文学新人賞を受賞。

佐藤究の名言 一覧

乱歩賞を受賞したとき、「賞は格闘技でいうとチャンピオンベルト。次作以降の防衛戦でも評価を受けたい」と言いました。チャンピオンになった後、みんなが見たいのは秒殺か死闘のどちらか。勝ち負けは別として。


学者は仮説を出すにも論文をつくらなければいけませんが、小説家はその必要はない。学者ができない分、できるだけ大きい仮説を打ち出すのが、小説家の社会的役割かなと思っています。


この小説の核となる説も僕の創作。とはいえ、最初は「そんな話、あるわけないだろう」と自分自身でも信じていません。それを「あるかもしれない」「確かにあった」というところまで持っていくために、資料をスクラップした自作の「ゲシュタルト・ブック」を使っています。よく海外ドラマで、停職中の刑事が事件の写真を部屋にべたべたと貼っていますが、あんなイメージです(笑)。


編集者からは、読者には難解だろうと言われましたが、僕はそうは思いません。考えてもみてください。ものを深く考えることを避けようとするいまの世の中にあって、ミステリーの読者はわざわざお金を払ってまで謎に取り組もうとする人達なんですよ。そういう皆さんが相手なのだから、何を書いてもわかろうとしてくれることでしょう。業界が思っている以上に、読者は頭がいいはずです。そして、僕は、そんな方たちが「あいつの書くものなら面白いに違いない」と信頼してくれるような作品を書きたいのです。


佐藤究の経歴・略歴

佐藤究、さとう・きわむ。日本の小説家。福岡県出身。『サージウスの死神』で群像新人文学賞優秀作を獲得しデビュー。『QJKJQ』で江戸川乱歩賞、『Ank: a mirroring ape』で大藪春彦賞と吉川英治文学新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

永野毅

保険というビジネスは、各国の規制や法律、あるいは文化に縛られるビジネスであり、極めてローカルなもの。私達が目指すグローバル経営とは、世界中に存在するグループ各社の強みを各ローカル事業が相互活用しながら、それぞれが強くなっていく、それぞれが良くなっていく経営。


五木寛之

50歳を目前にして、2度目の休筆に入ります。疲れたはなくて、それまでは時代と一緒に歩んでいるような気持ちがあったんです。でも、時代はだんだん変わっていく。「ああ、風の流れが変わってきたな」と。時代と自分に、非常なズレを感じたんですね。だからといって、時代に自分を合わせていくのも嫌だ。ならば、思い切って休んで、新しい世界を自分の中に取り込もうと。それで、仏教系の龍谷大学に入ったわけです。いま思えば、きっと目に見えない大きな力に背中を押されていたんでしょう。その後、『他力』『蓮如』『親鸞』などの仕事をしたのもそうです。


富野由悠季

失敗したときは、他人の意見を優先させなさい。失敗したのは、自分の考えで失敗したのですから。


平尾誠二

私は、リーダーが怒るということは、あまりいいことだとは思いません。しかし、怒らなければならないときもあります。たとえば、チーム全体で約束したことを、できる状態にあったにもかかわらずやらなかったときです。これはチームを裏切り、ほかのメンバーの努力を台無しにしたことですから必ず怒ります。


細田治(経営者)

「今」を知るにはどうするか。私は自分の体験を大事にしています。流行りのレストランの噂を聞けば、食べてみる。話題のロックコンサートがあれば、行ってみる。企業の会長として特別席をしつらえてもらって、なんてとんでもない。若い人たちと同じファッションで決めていきます。若いガールフレンド達と一緒にね(笑)。


松村理司

臨床の現場に若い研修医の出番が多すぎて困るということはありません。世界で最も効率の良い研修制度を誇る米国でさえ研修医は週80時間働きます。研修医は働きながら学んでいるのです。


石川康晴

正社員制度の一番のメリットはノウハウが溜まるということです。さまざまなノウハウを溜めてステップアップすることができる。


小川洋子

なんて素晴らしい小説なんだろうと思うのは、文体が自分に合っているから。言い換えれば小説の声に惹かれているんです。何が語られているかより、どんな声で聞かせてくれるかが読者にとっては大事です。私はできるだけ書いた本人でない語り口、まるでベンチに落ちていた本を拾って読んでいる、そんな距離感が理想と思って書いています。


ピーター・ドラッカー

計画とは未来に関する現在の決定である。


田中仁(経営者)

自分が何をしたいのか明確でないと、課題にぶつかったときに何を基準に判断をしたらいいかわからず、先延ばししたくなるものです。とくに新しいことに取り組む際には、大きなエネルギーが要るもの。「こうしたい」という意思がなければ、「できればやりたくない」という気持ちが勝ってしまいます。何かを決断して先に進めるには必然的にリスクを伴いますから、そのリスクを無意識のうちに先延ばししているともいえます。要は、気持ちが逃げているんですね。ですから、先延ばしを防ぐためには、自分のやりたいことを明確にして、「何が何でもやるぞ」という強い覚悟をもつことが必要だと思います。


中陽次

お客様がエイボンを知り、体験してもらうための接点を増やす必要がある。より楽しみながらお買い物をしてもらえるようにしていきたい。


魚谷雅彦

仕事で大事にしていることは、情熱を持って仕事をすることです。


村田昭治

必要なのは、やりぬく粘り、あきらめない根気、燃えるファイトをもった突進力だ。そのパワーが市場からの最良の見返りを手にする途(みち)を拓く。


松尾利彦(経営者)

数年前にパッケージを真似て参入した企業はありましたが、既に市場から撤退しています。形だけ真似ても、チロルチョコが持つ楽しさや遊びの精神がなければ売れません。何より、味のバリエーションを増やすことは一朝一夕ではできないのです。豊富な資金力で設備投資したとしても、この単価(21円)では回収するのには相当な時間がかかります。


チャールズ・ケタリング

成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。