名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤究の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤究のプロフィール

佐藤究、さとう・きわむ。日本の小説家。福岡県出身。『サージウスの死神』で群像新人文学賞優秀作を獲得しデビュー。『QJKJQ』で江戸川乱歩賞、『Ank: a mirroring ape』で大藪春彦賞と吉川英治文学新人賞を受賞。

佐藤究の名言 一覧

乱歩賞を受賞したとき、「賞は格闘技でいうとチャンピオンベルト。次作以降の防衛戦でも評価を受けたい」と言いました。チャンピオンになった後、みんなが見たいのは秒殺か死闘のどちらか。勝ち負けは別として。


学者は仮説を出すにも論文をつくらなければいけませんが、小説家はその必要はない。学者ができない分、できるだけ大きい仮説を打ち出すのが、小説家の社会的役割かなと思っています。


この小説の核となる説も僕の創作。とはいえ、最初は「そんな話、あるわけないだろう」と自分自身でも信じていません。それを「あるかもしれない」「確かにあった」というところまで持っていくために、資料をスクラップした自作の「ゲシュタルト・ブック」を使っています。よく海外ドラマで、停職中の刑事が事件の写真を部屋にべたべたと貼っていますが、あんなイメージです(笑)。


編集者からは、読者には難解だろうと言われましたが、僕はそうは思いません。考えてもみてください。ものを深く考えることを避けようとするいまの世の中にあって、ミステリーの読者はわざわざお金を払ってまで謎に取り組もうとする人達なんですよ。そういう皆さんが相手なのだから、何を書いてもわかろうとしてくれることでしょう。業界が思っている以上に、読者は頭がいいはずです。そして、僕は、そんな方たちが「あいつの書くものなら面白いに違いない」と信頼してくれるような作品を書きたいのです。


佐藤究の経歴・略歴

佐藤究、さとう・きわむ。日本の小説家。福岡県出身。『サージウスの死神』で群像新人文学賞優秀作を獲得しデビュー。『QJKJQ』で江戸川乱歩賞、『Ank: a mirroring ape』で大藪春彦賞と吉川英治文学新人賞を受賞。

他の記事も読んでみる

緒川修治

いまは無人機の要素技術を開発しているところ。これがうまくいけば次は開発したエンジンを積んで、本格的な飛行実験を始めたい。自分で開発する必要がないものまでつくることはない。買ってきて改造して使っている。


ヴィルヘルム・ディルタイ

信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する。


杉本隆一郎

前職の楽天で、仕事を120%やっていたつもりでいたのに「やり切れていない。150%やってみて、結果がそこまで届かなくても、100%は絶対割るな。それができるまでやり切れ」と上司に指摘されて。そこまでやることの是非はともかく、「どんな仕事もとことんやる」という信念は身に付きました。


服部幸應

ぜひ何かしらの使命感を持つようにしてください。僕が長年休みなく働いてこられたのも、「食育を広めたい」という使命感があったからこそですから。


安東邦彦

「未来の客」をどれだけつくれるかが重要。断られた客にも情報を送り続けていたら、2、3年後に「あなたから買いたい」と、客のほうから声がかかるケースは山のようにあるんです。大事にしなければならないのは、売る側の都合ではなく、買う側のタイミング。その戦い方がわかっていれば、出会った人の数だけチャンスは広がっていくんです。


ボビー・バレンタイン

私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


坂東眞理子

いまのように経済状況が厳しいときには、意に沿わない仕事を担当することになったり自分の頑張りに見合った報酬が得られなかったりと、仕事に不満を抱えることが多いでしょう。しかし、こんな時代だからこそ目先の不満で仕事を辞めるべきではありません。私自身の経験を振り返っても、目先のことばかりでなく長期的な視野で判断してきたことがキャリアに大きく活きています。


的場正晃

どうすれば人が育つかを考える時、とかく「コーチングか、ティーチングか」といった二項対立的な発想に振れがちです。しかし、人材育成は「人」という変化性の強い存在を対象としていますので、相手の状況に応じて臨機応変に育成手法を変える必要があります。例えば、相手の主体性を育むためには、問いかけ主体のコーチング的な育成が効果的です。しかし同じ相手であっても、間違った考えや行動をとった時には、それを指摘するティーチング的な育成をしなければなりません。


諏訪内晶子

ソリストの仕事の理想というのは、共演者たちの音楽観をもつかんで、それを踏まえたうえでこちらの音楽観を乗せて一緒に音楽をつくりあげることなんですね。共演者との相性もあるのでそのようなアンサンブルが成立するときばかりではないですが、そういうセッションを私自身も共演者も心から楽しみにしています。音楽とは、そのように人とつながって深まっていくものなのでしょう。


大橋光夫

営業をやっていた私は、お詫びなど日常茶飯事でした。会ったときは言い訳は一切しない。応接室で上座に通された時は仕方ないからそのまま座りますが、お茶は飲まない。相手が不在のまま待たされたら、許可を得て現場に行きます。40度を超える溶解炉の前で、作業中の鋳物業の経営者の脇に座り込み、じっと待ったこともあります。向こうからすれば、背広でクソ熱い現場まで来てくれたと胸に響くものがあったはずです。実際、そのあとで注文が二倍になりました。訪れて会ってくれなくても、毎日必ず立ち寄り、粘るしかありません。


新将命

経営者が絶対に権限を委譲してはいけないことが3つある。「企業理」「企業戦略」、そして「わが社が求める人材像」だ。これれらは社長が一人で決めなくてはならない。


木川眞

変革には象徴的なものが必要です。1400億円を投じて完成した「羽田クロノゲート」はまさに変革の象徴です。日本最大級の多機能物流ターミナル。グローバルに新しいことをやるんだということが社員に伝わっていると思います。