名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤秀樹(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤秀樹(経営者)のプロフィール

佐藤秀樹、さとう・ひでき。日本の経営者。「インベスコ投信投資顧問」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、三井物産、ウエスト・ドイチェ・ランデス・バンク、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント法人営業部長、フィデリティ投信執行役投信営業本部長などを経てインベスコ投信投資顧問社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

佐藤秀樹(経営者)の名言 一覧

自分たちがやっていることが社会に役立っている、社会的に意義があると感じることができるのは素晴らしいこと。


私たちのベクトルとお客さまのベクトルが一致している。実はここが重要なポイント。


良い人材を採って、育てていくことが必要です。そして、育った人材は広く業界に羽ばたいてほしい。転職先の会社で彼らが活躍してくれれば、業界のステージが高まることはもちろん、業界全体の発展にもなるからです。


私は、個人向けと機関投資家向け両方の商品を手掛けてきましたが、この2つを経験してきた者は、この業界にそれほど多くはいらっしゃらないでしょう。それが私自身の強みだと思っています。


国内の運用会社は、我々にとってはライバルでもあり顧客でもあります。と言うのは、国内の運用会社などではあまり運用していない金融商品があるからです。例えば米国が中心のバンクローンなどがそれにあたります。こういった商品は、国内の運用会社では運用が難しいので、運用能力を持つ当社に運用委託するのです。対販売会社という点では国内運用会社は手強いライバルですが、一方で運用商品によっては当社の顧客にもなり得るのです。


独立系ゆえに親会社の動向に左右されることがなく、運用業務に専念することができます。お客さまの大切な資金をお預かりして運用している我々にとって、独立系であることはとても魅力的かつ重要なことです。


佐藤秀樹(経営者)の経歴・略歴

佐藤秀樹、さとう・ひでき。日本の経営者。「インベスコ投信投資顧問」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、三井物産、ウエスト・ドイチェ・ランデス・バンク、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント法人営業部長、フィデリティ投信執行役投信営業本部長などを経てインベスコ投信投資顧問社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

私の使命はスタッフに企業理念とビジョンを深く浸透させることです。それを怠ったらもう最初から事業の拡大を夢見てはいけないと思っています。


太田彩子

電話営業では、相手の顔が見えないからこそ、「話し声」から伝わるマイナスムードに注意が必要なのです。自分の沈んだ気持ちは想像以上に声に表われます。まずは背筋を伸ばして、笑顔で「こんにちは! ○○株式会社の太田と申します!」と明るい声で挨拶しましょう。格好から入ることで、感情が声に乗り、それが相手に伝わります。逆に電話だから姿勢や表情などどうでもいいと考える人もいるかもしれませんが、それは確実に相手に見抜かれます。


藤口光紀

それなりに何でもできる人は増えてきたけど、それだけではもう差別化できない時代になってしまいました。これからのビジネスマンは、何かひとつ個性がないと、生き残れないかもしれません。


西山昭彦

取るに足りない内容だから、忙しいからといった理由で部下の提案を放っておいたのでは部下の気持ちは離れてしまいます。提案のどの部分がよかったのか、どの部分がいま一歩だったのかという具体的な指示をすることで部下のモチベーションは上がります。


森下篤史

オレも50歳でテンポスバスターズを創業した当初は、中古の厨房機器を安く仕入れて高く売るビジネスモデルを追いかけていた。だけど、儲かっても幸せを実感できなかった。逆に、安く仕入れて安く売れば、たくさんのお客さんが喜んでくれる。そういう商売に転じてから、会社は伸びたんです。


重久吉弘

仕事をしていく上では、相手から好感を持たれるように努力することが大事。私自身、これまで仕事の上でも、プライベートでも努力してきました。その時に心がけてきたのが「強く、明るく、元気よく、そして品も良く」という言葉。最後の「品も良く」が大事ですね(笑)。


桐谷広人

私は優待と配当の総合利回り4%以上が合格点と思っていて、悪材料などが出て株価が安くなった時に買い、優待をもらいながら売り時を待つ、という投資法。大事なのは利回りと株価です。


松井忠三

我々は売れる商品をつくって、売っていくしか手立てはありません。消費者が本当に欲しいと思うようなものを出していかないと駄目です。


吉田忠裕

縛りがある中で新しいものを、別の角度から作っていく。


青野慶久

人に意見を聞けない理由はいろいろあると思いますが、最大の原因はプライドではないでしょうか。プライドが傷つくのが嫌だから、自分が行き詰っていることを告白して助言が求められないのだと思います。「怒られるのが嫌」「たびたび聞くのは失礼だ」と思っているというのもあるでしょう。でも、そういう人は、聞かないことが自分や会社にどれだけの損失になっているかを認識したほうがいいと思います。


中西大介

スポーツビジネスでは、デジタル分野をいかにビジネスに結び付けられるのか、いかに競技力の向上に役立てられるのか、そういった視点を持った経営人材が欠かせなくなってきている。


日覺昭廣

東レには、財務諸表だけで事業を切り貼りしたり、経営を判断したりする社外取締役は必要ありません。事業をしっかりと理解し、経営責任を持った者だけが執行すべきだと考えています。


山内溥

海外戦略はどうなるかということになりますが、結局、だれでもできるものをつくっていてはだめだということです。だれでもつくれるものは、価格意識が強ければ価格競争に巻き込まれるのは決まっているわけです。だから、自分のところしか、出せないものがつくれたら最高です。しかも、それが大衆の懐勘定と折り合いがつき、しかも多くの人たちが初めて体験するような珍しさと楽しさとおもしろさを味わわすことができさえすれば、これは円高でも何でも戦えます。そういう新しい新製品の開発ができるかできないのかということが決め手になってきます。


野村克也

第1段階は「強い欲を持つ」ことだ。「優勝したい!」「稼ぎたい!」。こうした目標や夢があれば、「絶対に勝ちたい!」という執念が宿るもんだよ。すると「勝つには何をすればいいか」「足りないものは何か」と自ら努力し始める。


田中ちひろ

人間の脳は、他人に何か言われると「環境のレベル」「行動のレベル」「スキルのレベル」「価値観のレベル」「個性のレベル」の5つの思考レベルに結びつけて意味づけします。また、「自分が思うレベル」と「相手が思うレベル」が違うと、コミュニケーションの行き違いが起こります。