名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤秀樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤秀樹(経営者)のプロフィール

佐藤秀樹、さとう・ひでき。日本の経営者。「インベスコ投信投資顧問」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、三井物産、ウエスト・ドイチェ・ランデス・バンク、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント法人営業部長、フィデリティ投信執行役投信営業本部長などを経てインベスコ投信投資顧問社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

佐藤秀樹(経営者)の名言 一覧

自分たちがやっていることが社会に役立っている、社会的に意義があると感じることができるのは素晴らしいこと。


私たちのベクトルとお客さまのベクトルが一致している。実はここが重要なポイント。


良い人材を採って、育てていくことが必要です。そして、育った人材は広く業界に羽ばたいてほしい。転職先の会社で彼らが活躍してくれれば、業界のステージが高まることはもちろん、業界全体の発展にもなるからです。


私は、個人向けと機関投資家向け両方の商品を手掛けてきましたが、この2つを経験してきた者は、この業界にそれほど多くはいらっしゃらないでしょう。それが私自身の強みだと思っています。


国内の運用会社は、我々にとってはライバルでもあり顧客でもあります。と言うのは、国内の運用会社などではあまり運用していない金融商品があるからです。例えば米国が中心のバンクローンなどがそれにあたります。こういった商品は、国内の運用会社では運用が難しいので、運用能力を持つ当社に運用委託するのです。対販売会社という点では国内運用会社は手強いライバルですが、一方で運用商品によっては当社の顧客にもなり得るのです。


独立系ゆえに親会社の動向に左右されることがなく、運用業務に専念することができます。お客さまの大切な資金をお預かりして運用している我々にとって、独立系であることはとても魅力的かつ重要なことです。


佐藤秀樹(経営者)の経歴・略歴

佐藤秀樹、さとう・ひでき。日本の経営者。「インベスコ投信投資顧問」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、三井物産、ウエスト・ドイチェ・ランデス・バンク、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント法人営業部長、フィデリティ投信執行役投信営業本部長などを経てインベスコ投信投資顧問社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

藤田晋

これからはもう何があっても信念を曲げない。


マザー・テレサ

私が喜びと言うとき、それは大声で笑うこと、馬鹿騒ぎをする状態を意味していません。それらは真の幸せな状態とはことなります。人は笑いとか馬鹿騒ぎで何かを誤魔化そうとすることがあるものです。


岩田彰一郎

ロハコECマーケティングラボの活動の中で「eコマースならではの商品デザイン」の研究というものがあります。たとえば、花王さんの「リセッシュ除菌EX」。店頭用の商品パッケージには、効果効能を説明する文字が大きく書かれています。店頭ではお客様に商品を手に取ってもらうには3秒の勝負。3秒で商品特徴を全部伝えなければなりませんから、どうしてもデザインが宣伝になってしまうのです。ですが、お客様は本当にそういったデザインを望んでいるのか。家に商品を置いたときに気持ちよくなるデザインを考えるべきではないかということで始めました。ロハコであれば商品の特長はネットの画面で説明することができますから、ロハコ専用の気持ちのよいデザインを考えれば、お客様に喜んでもらえます。たとえば、花王さんの泡ハンドソープの「ビオレu」の値段は通常品よりも2割ぐらい高いのですが、販売開始から2か月間の売り上げは通常品の2.8倍。店頭を通さないので、パッケージに説明がなくても、商品の魅力はきちんとWebサイトで伝えられるのです。また、中身は定番品ですから、全国からこの商品が欲し人が集まってきます。


小路明善

人と会うときには下調べが重要だと思いますが、それは社員に対しても変わらないのです。たとえば事業所を回るとき、イントラネットの改善事例を投稿するコーナーに、その事業所で働く社員が何か投稿していないかを調べます。そして、現地に出向いたときに、「○○さんはいい情報を発信してくれていますね」などと個人名を出して話します。すると、その社員は報われたあと感じてくれ、ほかの社員も「頑張れば社長に認められるかもしれない」と感じるのではないかと思います。


三宅宏実

「ロンドンで引退すればよかった」と、すべてのことから背を向けたくなりました。家の部屋にこもってカーテンを閉め、両親に気づかれないように泣いていた日の方が多かった。何度もくじけそうになりながら、それでも何とかリオ五輪までモチベーションを保てたのは「本」による支えが大きかった。


石川朋之

いまの学生たちは、世の中が言うほど元気がないわけじゃない。元気もあるし、強い思いを持った子もたくさんいる。チャレンジを生み出せないのは、自分たち大人がそういう姿を見せていないからだと思います。


三宅占二

世界的なビールメーカーと比べると、キリンはビールと清涼飲料の両方を持っているという点が強みです。これらはバリューチェーン(価値連鎖)がほとんど一緒なんです。両方を合わせ技で持っていき、国際化の道を探っています。東南アジアでいえば、ビールはフィリピンのサンミゲルがありましたが、清涼飲料はほとんど白紙状態だったわけです。清涼飲料で東南アジアをどうカバーするか。ここにヒト、モノ、カネを集めている状態です。


小笹芳央

利害と視点が違う人が集まって議論をする以上、全体を考えないと会議はできません。でも多くの人が「自分の問題」を優先させているのが実情です。「まず自分」という考えを抑えて「そもそも何のための会議なのか」を意識すれば、「自分の抱えている問題は優先順位が低いんじゃないか」「今日の会議では、あの先輩の課題から議論した方がいいのでは?」など、「烏の目」を持てるはずです。議題に際しても常に「そもそも、何の話でしたっけ?」と発言できるようになれば議論をリードできる。そして「本質的な発言をする人」という印象を、周囲に与えることができるのです。


澤田秀雄

HS証券の失敗から、私は企業買収を成功させるために必要なことをいくつも学びました。その中でも、特に重要なのは買収契約を結ぶ前に、相手先を徹底的に調査するということでしょう。ハウステンボス買収ではこの時の経験が生きました。


ジム・ロジャーズ

大事なのは、自分が詳しくない分野に決して投資しないことだ。そんなことをすれば、将来的に損をすることがほぼ保証されてしまう。


糸井重里

売れるものなら何でも売りたい、というわけではなく、僕にとってはTシャツを販売することも、「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」で文章を書くことも、同じことなんです。商品も読み物も、すべてコンテンツ。やりたいことしかしたくない。


田島弓子

上司として心がけていたのは、どんなに忙しくても「話しかけないでオーラ」を出さないことです。チーム内の空気を活性化させるためにも、話しかけやすい上司でいることは必須です。大事な報告や相談を受けるきっかけを失うと、上司である自分も困ることになるからです。