名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤秀樹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤秀樹(経営者)のプロフィール

佐藤秀樹、さとう・ひでき。日本の経営者。「インベスコ投信投資顧問」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、三井物産、ウエスト・ドイチェ・ランデス・バンク、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント法人営業部長、フィデリティ投信執行役投信営業本部長などを経てインベスコ投信投資顧問社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

佐藤秀樹(経営者)の名言 一覧

自分たちがやっていることが社会に役立っている、社会的に意義があると感じることができるのは素晴らしいこと。


私たちのベクトルとお客さまのベクトルが一致している。実はここが重要なポイント。


良い人材を採って、育てていくことが必要です。そして、育った人材は広く業界に羽ばたいてほしい。転職先の会社で彼らが活躍してくれれば、業界のステージが高まることはもちろん、業界全体の発展にもなるからです。


私は、個人向けと機関投資家向け両方の商品を手掛けてきましたが、この2つを経験してきた者は、この業界にそれほど多くはいらっしゃらないでしょう。それが私自身の強みだと思っています。


国内の運用会社は、我々にとってはライバルでもあり顧客でもあります。と言うのは、国内の運用会社などではあまり運用していない金融商品があるからです。例えば米国が中心のバンクローンなどがそれにあたります。こういった商品は、国内の運用会社では運用が難しいので、運用能力を持つ当社に運用委託するのです。対販売会社という点では国内運用会社は手強いライバルですが、一方で運用商品によっては当社の顧客にもなり得るのです。


独立系ゆえに親会社の動向に左右されることがなく、運用業務に専念することができます。お客さまの大切な資金をお預かりして運用している我々にとって、独立系であることはとても魅力的かつ重要なことです。


佐藤秀樹(経営者)の経歴・略歴

佐藤秀樹、さとう・ひでき。日本の経営者。「インベスコ投信投資顧問」社長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、三井物産、ウエスト・ドイチェ・ランデス・バンク、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント法人営業部長、フィデリティ投信執行役投信営業本部長などを経てインベスコ投信投資顧問社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

海老原嗣生

出世が終わっても長く働く人が大多数の世の中。上を目指してバリバリ働くのは簡単ですが、上がなくなったとき、何をするのか。それを考えることを、40代で始めるべきだと私は考えます。


堤浩幸

社長の業務や経営のやり方、人との付き合い方など様々なことを間近で学んだ。
【覚え書き|NECで社長秘書を務めたたことについて】


堀紘一(コンサルタント)

この先30年の社会の変化について、自分なりの見通しを持つことも大事である。いまの枠組みが未来永劫続くことはないからだ。たとえば、大学生の就職人気企業など最たる例といえる。昭和20年代のそれは、砂糖と紡績会社だった。30年代には鉄鋼と造船、40年代になると銀行の人気が沸騰した。JALだって数年前までは人気が高かった。入社した人たちの多くは、まさか会社が破たんするとは思わなかっただろう。誰も未来のことはわからないが、今年が去年の延長線上という考え方は危険だと思う。


植木義晴

トップの本気を社員にどれだけ感じてもらえるかも重要。


岩崎弥太郎

自信は成事の秘訣であるが、空想は敗事の源泉である。ゆえに事業は必成を期し得るものを選び、いったん始めたならば百難にたわまず勇往邁進して、必ずこれを大成しなければならぬ。


弘兼憲史

何もしなければ同業者と編集者だけのつき合いになりかねない。それだけでは視野は広がらない。自分の知らない世界をのぞき、足を踏み入れることなしに、自分の引き出しは決して増えない。


樋口武男

雪だるまは、一定の固まりになると足で蹴飛ばしても大きくなりますが、最初につくるのは面倒です。会社も同じで、基盤をつくった創業者の功績ははかり知れません。私は今、売上1兆8000億の会社を経営しています。それは創業者が基盤をつくってくださったおかげです。


國光宏尚(国光宏尚)

大切なのは、誰よりも早く挑戦して、誰よりも早く失敗して、そして誰よりも早く復活すること。


廣江研

常に新たなことに挑戦し続けていかないと、人も組織も成長しない。成長、進化しない組織は淘汰されるのみ。


本田有明

痛い指摘を受けると、ついムッとしてしまいがちです。が、そういうとき決して怒ってはいけません。ゴーゴリの戯曲『検察官』の中に、「自分の顔が曲がっているのに、鏡を責めて何になろう」という警句が出てきます。人から欠点を指摘されて怒り出すのは、鏡を見て、「なぜおれの顔が曲がっているんだ!」と責めるようなもの。何を指摘されても、笑顔で受け流しましょう。


野村克也

すぐやる、決める。野球に限らず、勝負ごとというのは判断、決断の連続。やるべき時、変わるべき時。その潮目にタイミングよく判断して、即断することは勝負の分かれ目になる。


マイケル・オン

常にほかより優れたもの、新しいものをつくり続けることが成功へのカギ。