名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤秀峰の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤秀峰のプロフィール

佐藤秀峰、さとう・しゅうほう。日本の漫画家。北海道出身。武蔵野美術大学造形学部映像学科入学後、漫画家を志し中退。福本伸行氏、高橋ツトム氏のアシスタントを経て『PROMISED LAND』で月刊アフタヌーン四季賞に準入選。週刊ヤングサンデー『おめでとォ!』でデビュー。綿密な取材による描写に定評がある。『ブラックジャックによろしく』が文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞、『海猿』がテレビドラマ・映画化された。そのほかの代表作に『示談交渉人M』『特攻の島』など。

佐藤秀峰の名言 一覧

漫画家になるために最も必要なことは、「漫画を描き続けられる才能」だと思います。実際、僕の周りでも、描き続けている人はみんな漫画家になっている。逆に、なれない人というのは、どこかで描くのをやめちゃうんですよ。


チャンスをもらえるなら、何でもやりました。編集さんの似顔絵を20人分ぐらい描いたこともありますし、プレゼントページのイラストを描かせてもらったこともあります。とにかく、自分が描いたものを雑誌に載せたかったんです。


僕は、漫画家として長生きしたいんです。一時期凄く過激なことをやって注目を浴びるのは、実は簡単なこと。それより、ずっと第一線で活躍し続ける方が、よっぽど過激なことだと思っています。


新人賞はあくまでスタートラインです。「賞を獲る=雑誌に載る」ではありませんし。実際、ある雑誌の編集さんが担当についてくれたんですが、描いても描いてもボツ。結局、10回連続でボツになり、さすがに頭にきて、他の編集部に持っていったら、すぐにデビューできたんです。8回ぐらいボツになった時点で、「俺はダメだ」と諦めていたら、漫画家になっていなかったでしょうね。


最近、自分一人で何から何まで全部やる、ということを始めました。編集さんとの共同作業だと、どうしても思い通りにならない部分が出てくるので。『ブラックジャックによろしく』では、これまでは取材や資料集めは編集さんにお願いしていたんですが、次のシリーズからはそれも自分でやっています。お医者さんに電話して、「漫画家の佐藤というものですが、一度お話を聞かせていただけませんか」というと、断られることも多ですけどね(笑)。


これまで僕は、「自分はまな板の上の鯉になるので、いろいろと料理してください。そうしたら、美味しいものを出しますよ」というスタンスで仕事を引き受けてきました。そうやっていろいろと経験を積んで、自分の「できること」の幅を広げてから反乱を起こせばいい、と思っていましたから。


佐藤秀峰の経歴・略歴

佐藤秀峰、さとう・しゅうほう。日本の漫画家。北海道出身。武蔵野美術大学造形学部映像学科入学後、漫画家を志し中退。福本伸行氏、高橋ツトム氏のアシスタントを経て『PROMISED LAND』で月刊アフタヌーン四季賞に準入選。週刊ヤングサンデー『おめでとォ!』でデビュー。綿密な取材による描写に定評がある。『ブラックジャックによろしく』が文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞、『海猿』がテレビドラマ・映画化された。そのほかの代表作に『示談交渉人M』『特攻の島』など。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

事業を成長させる出発点は、「何としても事業を成功させたい」という「強烈な願望を抱く」ことに尽きます。


寺坂史明

現状の問題点なども挙げ、厳しいことも指摘しなくてはいけません。クタクタになって頑張っているのに結果が出ないのはなぜだろう。そんな営業マンの本音も返ってきます。自分自身が徹底的しきれてないことだって、トップとしては言わなくてはなりません。社員の本音を浴びるうちに精神的に参ってしまって、血尿が9日間出ました。でもそこまでやって、見えてくることがあります。やっぱり社長は頭を使って一所懸命に考えることです。
【覚書き|社長就任後、全国を回り社員たちと8か月で150回以上ミーティングを行い、真剣に議論したことについて語った言葉】


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

いきなりの大量生産はしません。家電製品の場合、通常の最小ロットが1万台なら、1台当たりの単価が上がってもいいから1千台をつくってもらう。これを市場に投入して、売れるようなら、生産を拡大していく。兆を超える売り上げのある企業は、企業規模の小さい頃は同じような考え方をしていたのではないですか。


柳井正

早い段階で自分の将来を考え、行動した方がいい。


坂東眞理子

異動や留学など社内で自身の希望を通そうとする際、女性がやってしまいがちなのが「自爆型行動」です。有能な女性ほど個人の希望を溜め込んで、我慢できなくなったところで「認めていただけないなら辞表を出します!」などと爆発してしまうのです。相手にしてみれば、それほど思い詰めていたことを知らないために驚いてしまいます。「将来こんなことをしたいと夢見ています」と、いろんな機会にやんわりと伝えておくのがよいでしょう。


清水直子(経営者)

ウチの規模では大手メーカーさんに向こうを張って商品を並べることは難しい。だから「売り場を取った取られたで悩むのは止めよう、だったら私たちにしかできないことをしよう」と考えた。


孫正義

負ける戦いはしない。負けるだろうという戦いはもちろん、負けるかもしれないとか、苦戦するだろうという戦いは最初からしないことです。ですから、実際の事業が始まって営業を開始するときには、全体構想の9割は終わっていないといけないんです。


本田健

自分が現場にいなくても回る仕組みをつくっていたとしても、経営者が病気で会社から離れるのはトラブルのもと。最悪の場合、会社そのものが傾きかねません。健康も一つの資産と考えて、しっかり管理すべきでしょう。


西山昭彦

投資で経済を知るということは、痛みを知るということです。最初は数十万円程度で構いませんから、株や投資信託などに投資して肌で経済を学びましょう。そのときに心がけたいのは、マイナスを被っても動揺しないことです。そのためにも、必ず投資は余剰資金で行うようにしてください。


唐鎌謙二

自分の運を信じることも大切。つらい場面で「僕は運がいい。何とかなるはずだ」と考えると、前向きなアイデアが出やすくなりますし、そのうち支えてくれる人も現れる。


和仁達也

ビジネス書を読んでそれで終わりでは、お金をムダにしているだけです。「1ブック1アクション」を心がけてください。一冊本を読んだら、本に書かれていることを必ず何かひとつ行動に移す。仕事の現場で試してみるということです。そうすれば、本代の元がとれて成果も得られるでしょう。


長谷川京子

私自身、まだまだお芝居のことはよくわからないですけど、用意された台本の役になりきるだけではなく、自分の感覚として不自然と感じたところは「こうしたほうがより自然なのでは」と自分なりの感想をお伝えしています。そこで無理をして演じてしまうと、結局、観ている人に不自然に伝わってしまうはず。それを防ぐためにも、スタッフとしっかり意見交換し、前向きに作品づくりに取り組んでいこう、と。


柏村美生

人材サービス事業に必要なのは「未来の習慣を創る」こと。今は現実的でないと思われる働き方も、未来では当たり前のことになるはず。そう信じて取り組んでいます。


平野岳史

私も事業の立ち上げを任せて失敗した人ぐらい、会社にとって貴重な存在はいないと思っています。もちろん、そのときは失敗に対して減給や降格という形で責任をとってもらいますが、そこで腐らず這い上がってくる人は、必ず伸びます。


江上剛

その気になれば、残業はなくせます。いきなり残業をゼロにすることは困難ですが、余計な仕事をなくし、効率を高める意識を持って仕事をすれば、残業を発生させる具体的な要因が見えてきます。それを一つずつ潰していけば良いのです。