佐藤秀峰の名言

佐藤秀峰のプロフィール

佐藤秀峰、さとう・しゅうほう。日本の漫画家。北海道出身。武蔵野美術大学造形学部映像学科入学後、漫画家を志し中退。福本伸行氏、高橋ツトム氏のアシスタントを経て『PROMISED LAND』で月刊アフタヌーン四季賞に準入選。週刊ヤングサンデー『おめでとォ!』でデビュー。綿密な取材による描写に定評がある。『ブラックジャックによろしく』が文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞、『海猿』がテレビドラマ・映画化された。そのほかの代表作に『示談交渉人M』『特攻の島』など。

佐藤秀峰の名言 一覧

漫画家になるために最も必要なことは、「漫画を描き続けられる才能」だと思います。実際、僕の周りでも、描き続けている人はみんな漫画家になっている。逆に、なれない人というのは、どこかで描くのをやめちゃうんですよ。


チャンスをもらえるなら、何でもやりました。編集さんの似顔絵を20人分ぐらい描いたこともありますし、プレゼントページのイラストを描かせてもらったこともあります。とにかく、自分が描いたものを雑誌に載せたかったんです。


僕は、漫画家として長生きしたいんです。一時期凄く過激なことをやって注目を浴びるのは、実は簡単なこと。それより、ずっと第一線で活躍し続ける方が、よっぽど過激なことだと思っています。


新人賞はあくまでスタートラインです。「賞を獲る=雑誌に載る」ではありませんし。実際、ある雑誌の編集さんが担当についてくれたんですが、描いても描いてもボツ。結局、10回連続でボツになり、さすがに頭にきて、他の編集部に持っていったら、すぐにデビューできたんです。8回ぐらいボツになった時点で、「俺はダメだ」と諦めていたら、漫画家になっていなかったでしょうね。


最近、自分一人で何から何まで全部やる、ということを始めました。編集さんとの共同作業だと、どうしても思い通りにならない部分が出てくるので。『ブラックジャックによろしく』では、これまでは取材や資料集めは編集さんにお願いしていたんですが、次のシリーズからはそれも自分でやっています。お医者さんに電話して、「漫画家の佐藤というものですが、一度お話を聞かせていただけませんか」というと、断られることも多ですけどね(笑)。


これまで僕は、「自分はまな板の上の鯉になるので、いろいろと料理してください。そうしたら、美味しいものを出しますよ」というスタンスで仕事を引き受けてきました。そうやっていろいろと経験を積んで、自分の「できること」の幅を広げてから反乱を起こせばいい、と思っていましたから。


佐藤秀峰の経歴・略歴

佐藤秀峰、さとう・しゅうほう。日本の漫画家。北海道出身。武蔵野美術大学造形学部映像学科入学後、漫画家を志し中退。福本伸行氏、高橋ツトム氏のアシスタントを経て『PROMISED LAND』で月刊アフタヌーン四季賞に準入選。週刊ヤングサンデー『おめでとォ!』でデビュー。綿密な取材による描写に定評がある。『ブラックジャックによろしく』が文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞、『海猿』がテレビドラマ・映画化された。そのほかの代表作に『示談交渉人M』『特攻の島』など。

他の記事も読んでみる

林成之

人間の脳には、「生きたい」「知りたい」「仲間になりたい」という3つの本能があります。この3つの本能が、世の中の仕組みをつくりました。つまり「生きたい」を体現したものが家族や家庭であり、「知りたい」を具現化したのが学校や教育、「仲間になりたい」を形にしたのが社会や会社です。人間はこの3つのバランスがとれているとき、精神的に安定します。


清野智

安全対策にゴールはありませんが「究極の安全」を目指し、ありとあらゆる努力を重ねなくてはなりません。


大宮久

新規事業に参入する時は、まず、勝てる分野であること。そして自分より強い競合がいない分野であること。最後に競合が出現しても追い付きにくい分野であること。


宮北結僖

大事なのは、美辞麗句を並べるのではなく、相手の心に訴えかけること。気持ちが伝われば、不器用でも口ベタでも構いません。


近藤太香巳

形式的にこなすのではなく、しっかりと心を込めなければ、せっかくの行動も意味がない。


サルトル

人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。


太田義勝

人生は何が吉と出るかわからないのだから、思ったことははっきり言ったほうがいい。上司にとってもズバズバ物を言う部下のほうが分かりやすいはず。


上土達哉

私が学生時代に働いていたバーに来られるお客様の中には「仕方なく働いている」などと口にしておられる方もいたのですが、そんな気持ちのまま、20代から40年、50年働き続けるのかと絶望的な気持ちにもなりました。しかし逆に、どんなに大変でも自分らしく、やりがいを持って働ける人が増えたら、どのくらい日本は豊かになるだろうと考えたのです。その点でHR(人材)業界は社会で1、2を争うくらい重要な業界だと感じて、足を踏み入れたことで今があります。


西田文郎

否定的な脳になって苦しんでいる人でも、簡単に変えることができます。それは脳と心のスイッチを切り替えることで可能です。パソコンでいえば、否定的なソフトを肯定的なソフトに入れ替えればいいのです。感情脳が人を動かすことがわかってきました。感情脳が快の状態になれば肯定的な思考ができるようになります。そのためには「言葉」「イメージ」「ボディランゲージ」の3つを変えることが有効です。


ロバート・ルイス・スティーブンソン

多忙は生気が欠乏する兆候である。そして、怠ける能力は大いなる嗜好欲と、強い個性の意識とを意味する。


北山顕一

学ぶとは、謙虚になること。自分の無知を知ること。


西上雅章

発想の源はフラッシュアイデア(ひらめき、思いつき)ですわ。それと、とにかく通天閣を好きになること。


永守重信

失敗も大変貴重な経験。私もたくさんの失敗してきています。会社が潰れるほどではなかったですが、それに近い経験はしています。そういう経験者が次にやるから強い会社ができるわけであって、失敗した人を干して終わりみたいな社会は良くない。


和田一浩

自分を丸ごと受け入れられるようになったのは40歳を過ぎてから。それまでは、できない自分ばかりを見て無理していた気がします。


出口治明

単純に「どんな人が一緒に仕事しやすいか」という意味なら、私の場合、ひとつは「明るく元気な人」です。職場で一緒に仕事するのに、いつも笑顔で、元気で楽しい人なら、こちらも元気をもらえます。もうひとつ条件を挙げるなら、「思い込みや常識に縛られず、自分の頭で考えられる人」です。


ページの先頭へ