名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤秀哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤秀哉のプロフィール

佐藤秀哉、さとう・ひでや。日本の経営者。「テラスカイ」社長。新潟県出身。東京理科大学情報科学科卒業。日本アイ・ビー・エム勤務、セールスフォース・ドットコム日本法人執行役員営業統括本部長、ザ・ヘッド社長などを経てテラスカイ社長に就任。

佐藤秀哉の名言 一覧

変革期には、新しいプレーヤーの参入や成長のチャンスがある。


上場の狙いは、ベンチャー企業にとって苦戦することの多い人材採用のためです。上場すれば一定の信用力がつき、就職する側のハードルが下がって募集に応じてくれる人が増えます。もう一つは、上場によって発注先から直接、元請けとして業務を受注できるようになること。これまでは大手企業の孫請けなどによって受注するケースが多かった。


今でこそ、多くのお客様にご愛顧頂いていますが、創業から2期目などは大きな仕事が入るものの、現金が先に出ていく状態で非常に厳しい状況も経験しました。そんな時に思い出した場所が、日本IBM時代に過ごした浜松町です。浜松町の駅を降りて、増上寺の方向を見ると、東京タワーが見えます。その光景を見ると、「ここで頑張るんだ」、「一旗揚げるんだ」と決意した純粋な気持ちに戻ることができました。


今後は、当社を現在のマザーズから1部上場企業になれるよう、しっかり成長させ、後継者を作って60歳になるまでに引退したい。IT業界は、世界的に見ると50代後半とか60代で社長を務めているのは日本くらいで、ほとんど40代か50代前半までです。毎日新しい製品やテクノロジーが出てきて、その中から次の成長の芽を読み取る頭のフットワークが付いていかないのです。


佐藤秀哉の経歴・略歴

佐藤秀哉、さとう・ひでや。日本の経営者。「テラスカイ」社長。新潟県出身。東京理科大学情報科学科卒業。日本アイ・ビー・エム勤務、セールスフォース・ドットコム日本法人執行役員営業統括本部長、ザ・ヘッド社長などを経てテラスカイ社長に就任。

他の記事も読んでみる

野本弘文

新入社員は最先端の消費者でもある。その若い発想を取り入れなければならない。


竹村富士徳

自分との約束を破り続けると、内面で「どうせこんなことを決めたってやらない」と自分に対する信頼性を失っていきます。逆にどんなに小さなことであれ毎日やり続ければ、自分に対する信頼性を高められます。そして、自分との約束を守り続け自分に対する信頼性を高めていけば、いまはできないもっと大きな事柄を果たす力になっていきます。


矢矧晴一郎

がむしゃらに仕事をこなしているだけでは、効率の悪い部分が出てしまいます。重要なのは、仕事の全体像を把握し、見通しを立てること。


枡野俊明

過去・現在・未来の三世のうち、私たちが生きているのは現在です。今、息をし終わった瞬間、すべてが過去になります。学歴という既に過ぎ去った事実に心を留めるのは、過去に生きる人。実にもったいない時間の過ごし方であり、生産性の低い過ごし方です。


奥田碩

上手くやろうとすればするほど、準備に時間がかかり、機会損失は拡大する。下手でもいいからやってみて、上手くいかないところは、その都度、直していく方がずっと効率的です。


茂木健一郎

危機的状況のときほど、部下の緊張を解きほぐしてフロー状態に近づけるためにリーダーはユーモアを活用すべきです。暗い雰囲気のときでも、空気を換えて部下をリラックスさせ、潜在能力を発揮できるよう促すのがリーダーの務めです。


高橋恭介(経営者)

人事評価で大切なことは、成果に見合った評価をすることです。でも、一般的な日本企業の成果主義のように、目標達成の度合いを「結果だけ」で評価するのではありません。欧米の成果主義ではコンピテンシー(プロセス評価)が重視されるのに、日本の企業では導入しないので、うまく機能しない。我々の会社では、目標達成に対するコンピテンシーもしっかりと評価しています。


伊丹敬之

プロ野球でね、ノックアウトされた投手を次の試合でも使うんですよ。「俺はお前を信頼してるぞ」と。打たれたそばから2軍に落としていたら、エースなんか育たない。


小山田隆(銀行家)

「志」を行員全員がしっかり持って、ひとつの方向に進んでいくことが極めて大事。


伊東孝紳

その地域に人が暮らしていて、その人たちが欲しがる商品を売るのだから、基本的には地域に即した事業運営を考えなくちゃいけない。これを真のグローバル化と考えて、現在進めています。


平本あきお

周りが気にならないようにするには、本当は自分がどうしたいかという軸があればいい。まずは1日1個「誰がなんと言おうが、今日はこれをしたい」ということを決めて実行してみるといいでしょう。


山本憲明

マニュアルやチェックシートをつくるのには時間がかかりますが、それを使ってメンバーの仕事が速くなれば、仕事全体が速くなります。