名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤祐輔(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤祐輔(経営者)のプロフィール

佐藤祐輔、さとう・ゆうすけ。日本の経営者。江戸時代から続く老舗酒造会社「新政(あらまさ)酒造」社長。秋田県出身。東京大学文学部卒業後、編集プロダクション、ウェブ新聞社、フリージャーナリスト、酒類総合研究所設立などを経て家業の新政酒造に入社。

佐藤祐輔(経営者)の名言 一覧

ビジネスの視点だけだと様々な制約が発想を狭める。


ノートの書き方に特にルールはありません。自分の夢ややりたいことを書きなぐっているだけ。手で書く作業が脳の交通整理になる。


ひらめきに一番大事なのは、アウトプットする環境を整えること。


添加物だらけのものを出して日本酒と呼べるのか。酒造りをやっている今でも、自分がやっていることの本質はジャーナリスト時代と変わらない。


社会情勢的なニュースは第三者の視点が入っているため、あまり信じない。


ノートに夢ややりたいことを書きなぐって、繰り返し書いてイメージを具現化したことが、業界では今まで見られなかった完成形へとつながっていった。


経営判断をする時も、考えれば考えるほど、昔の経験や固定概念が邪魔して、いいアイデアが思い浮かばない。朝起きてスッキリした状態の時に思いつくアイデアほど、自身の感情が邪魔することがない研ぎ澄まされたものが多く、実現する割合も高い。


昼食後に瞑想を取り入れたり、イライラしている時は、第三者の目線で自分を客観視したりすることで精神が安定し、ひらめく環境が整う。常に平常心を大切にしている。


最初の2年はベンチャー企業の立ち上げのような激務で常にイライラしていた。経費のムダを見つけると大声で怒鳴るようなありさまで社員も辞めていった。そんな精神状態で思いつくアイデアなどひどいもの。考えるほど固定概念が邪魔をして浮かばなくなった。


私自身が新政酒造の一番のファンです。ビジネスと思えば失敗が怖くて躊躇し、業界の常識も邪魔をする。でもファンなら「こんな酒が欲しい」「こうしたらどうなる」という心理なので、発想の幅が広がる。ファンサービスと捉え、それをひたすら具現化しているだけ。


佐藤祐輔(経営者)の経歴・略歴

佐藤祐輔、さとう・ゆうすけ。日本の経営者。江戸時代から続く老舗酒造会社「新政(あらまさ)酒造」社長。秋田県出身。東京大学文学部卒業後、編集プロダクション、ウェブ新聞社、フリージャーナリスト、酒類総合研究所設立などを経て家業の新政酒造に入社。

他の記事も読んでみる

ジム・ロジャーズ

賢明な投資家であるためには、自分自身で経験し、自分の頭で考えることです。だから私はテレビを観ません。若い人はインターネットに依存していますが、ネット上の情報で世の中を理解したと感じている人の視野は狭い。投資で成功したいのなら、それを心にとどめて、自分の眼力を磨いてください。


清水信次

私にとっての海図はお客様。いくらいい店をつくろうと、いい商品を置こうと、お客様がつかなくてはつぶれてしまう。


酒巻久

人の言葉を聞かないで、自分の意見ばかり言う人間は致命傷ですね。会議の場でもよく「おまえ、いままでの議論の何を聞いていたんだ」と言いたくなる発言を平気でする人がいます。こういう人はバカに見えるし、意見が通ることもまずありません。逆に、相手の言葉を受け止めたうえで、自分の言葉を発することができる人は会議の中でも目立ちます。


高崎充弘

肩の力を抜いてリラックスしているときに、いいアイデアが降りてくる。


竹下佳江

長いバレーボール人生、結果が出なくて辛い思いは数えきれないぐらいしてきたけれど、それらを乗り越えられる心を作ったのは、やはり、あのシドニー五輪の予選会での挫折です。心を強くせざるを得ない経験でした。


山口多賀司(経営者)

経営者の仕事は社員の心を打つこと。心と心で通じ合う人間関係を築くことが大事。それができていれば、多少難しいことがあっても、あるいは目の前に壁ならぬ岩や峠が出てきても、乗り越えられる。


柿木厚司

うまくいかなかった事例もどんどん溜めていく。それを積み重ねることでスキルが上がっていく。


中島厚志

これからはイノベーションが新たな世界経済を切り開いていく。


葛西紀明

周囲の期待を感じると、「飛びたい」という欲求はさらに強くなった。「誰かに期待されている」「必要とされている」という状態は、モチベーションを高め、パワーを生む。


三木雄信

私は、どんな仕事もプロジェクトであると思います。求められる納期・予算・品質を満たすこと。どんなルーティンな仕事でも、この三つは当てはまるでしょう。そのため、私はプロジェクトマネジメントの発想で、仕事に向き合っています。