名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤祐輔(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤祐輔(経営者)のプロフィール

佐藤祐輔、さとう・ゆうすけ。日本の経営者。江戸時代から続く老舗酒造会社「新政(あらまさ)酒造」社長。秋田県出身。東京大学文学部卒業後、編集プロダクション、ウェブ新聞社、フリージャーナリスト、酒類総合研究所設立などを経て家業の新政酒造に入社。

佐藤祐輔(経営者)の名言 一覧

ビジネスの視点だけだと様々な制約が発想を狭める。


ノートの書き方に特にルールはありません。自分の夢ややりたいことを書きなぐっているだけ。手で書く作業が脳の交通整理になる。


ひらめきに一番大事なのは、アウトプットする環境を整えること。


添加物だらけのものを出して日本酒と呼べるのか。酒造りをやっている今でも、自分がやっていることの本質はジャーナリスト時代と変わらない。


社会情勢的なニュースは第三者の視点が入っているため、あまり信じない。


ノートに夢ややりたいことを書きなぐって、繰り返し書いてイメージを具現化したことが、業界では今まで見られなかった完成形へとつながっていった。


経営判断をする時も、考えれば考えるほど、昔の経験や固定概念が邪魔して、いいアイデアが思い浮かばない。朝起きてスッキリした状態の時に思いつくアイデアほど、自身の感情が邪魔することがない研ぎ澄まされたものが多く、実現する割合も高い。


昼食後に瞑想を取り入れたり、イライラしている時は、第三者の目線で自分を客観視したりすることで精神が安定し、ひらめく環境が整う。常に平常心を大切にしている。


最初の2年はベンチャー企業の立ち上げのような激務で常にイライラしていた。経費のムダを見つけると大声で怒鳴るようなありさまで社員も辞めていった。そんな精神状態で思いつくアイデアなどひどいもの。考えるほど固定概念が邪魔をして浮かばなくなった。


私自身が新政酒造の一番のファンです。ビジネスと思えば失敗が怖くて躊躇し、業界の常識も邪魔をする。でもファンなら「こんな酒が欲しい」「こうしたらどうなる」という心理なので、発想の幅が広がる。ファンサービスと捉え、それをひたすら具現化しているだけ。


佐藤祐輔(経営者)の経歴・略歴

佐藤祐輔、さとう・ゆうすけ。日本の経営者。江戸時代から続く老舗酒造会社「新政(あらまさ)酒造」社長。秋田県出身。東京大学文学部卒業後、編集プロダクション、ウェブ新聞社、フリージャーナリスト、酒類総合研究所設立などを経て家業の新政酒造に入社。

他の記事も読んでみる

山本高史

人に評価される発想とは、「なるほどね、そういう見方もあったね」と言わせる種類のアウトプットだったりするもの。


高田明(ジャパネットたかた)

私たちの会社では次の様な言葉を大切にしています。「思いを言葉にしましょう」。つまり、思いを言葉にできる人、言葉を実践できる人、実践した後に感動できる人、感動を共有できる人を求めているということです。


中畑清

弱いチームだったから、ダメだと思ったときも多かった。そういうとき、グズグズした思いを胸に溜めないで口に出してしまう。するとノビノビできた。


碓井孝介

どんな勉強にも共通しているのは、基礎知識をインプットしなければ何も始まらないということです。なぜなら、基礎知識がなければ、理解を深めることができないからです。考え方を学びとろうとする前に、考えるための元、つまり思考の土台を作ることが先決。


丸山茂樹(プロゴルファー)

ケガといった「壁」を乗り越える秘策はなく、情報を収集し、動き回り、ひたすら努力しながら耐え抜くしかない。


田原総一朗

僕は大学を卒業するときに、マスコミで仕事をしたいと思った。ところが、大きいところは全部落ちたんだよね。朝日新聞、NHK、TBS、角川書店、ラジオニッポン……でも、今になって「あのとき落ちてよかったな」と思う。だって、朝日新聞やNHKに入っていたら、待遇がいいから定年まで辞めなかったかもしれない。すると、今の自分はなかったわけだ。


吉村篤(不動産)

低収入の家庭や高齢者、社会的弱者と呼ばれている層にも貸し出し可能な家賃設定の物件も多いですから、生活保護受給者の方にも住んでいただけたらと思っています。その場合、家賃は自治体からの支払いになりますから、家賃が支払われないリスクはありません。オーナーが安定収入を得られる一方で、住む場所に困っている人を救出できる、オールハッピー法則のビジネスモデルです。


柴田励司

リーダーになった途端、その人個人ではなく、チーム全体のパフォーマンスをあげることが求められるようになります。つまり、リーダーになったら主語を「I」ではなく「We」にしてものごとを考えるべきだということです。その切り替えをしないと、メンバーと一緒にいい環境をつくっていくことはできません。


吉川廣和

環境が人を創る。何事もカタチから入るのが私の流儀で、そのほうがスピードが上がる。


渡辺捷昭

夢や目標があれば、いまの自分の実力がどれくらいで、目指す夢や目標とのギャップがどれくらいあるのか推し測ることができます。実現するために何をすればいいか、課題を自分で見つけることもできる。夢や志や目標がなければ、いまの自分の身の丈を測ることもできず、これから何をしていいかもわからない。空虚なものです。だから、私は全事業体に対して、地域別、開発から生産までの機能別、あるいはプロジェクトごとに「志と身の丈の間にあるギャップを見える化せよ」と常々言っています。


坪田信貴

トラウマを払拭する方法は意外に簡単です。新たな成功体験によって失敗体験を上書きすればいいのです。たとえば大学受験に失敗したのなら、新たに資格試験にチャレンジしてみましょう。合格し、自らに誇りを感じることができれば、失敗の記憶は上書きされます。ポイントは、「誇り」という主観的感情です。世間的な基準ではなく、それを行なうことで自分が納得感や達成感を得られるかどうかが大事です。


出口治明

ビジネスマンは、目先の忙しさに流されがちです。しかし、ムダな仕事を排して少しでも自由時間を確保し、その時間で大いに学ぶべき。人と本と旅は世界を広げてくれます。それを仕事に、そして人生に、役立ててほしい。