佐藤祐輔(経営者)の名言

佐藤祐輔(経営者)のプロフィール

佐藤祐輔、さとう・ゆうすけ。日本の経営者。江戸時代から続く老舗酒造会社「新政(あらまさ)酒造」社長。秋田県出身。東京大学文学部卒業後、編集プロダクション、ウェブ新聞社、フリージャーナリスト、酒類総合研究所設立などを経て家業の新政酒造に入社。

佐藤祐輔(経営者)の名言 一覧

ビジネスの視点だけだと様々な制約が発想を狭める。


ノートの書き方に特にルールはありません。自分の夢ややりたいことを書きなぐっているだけ。手で書く作業が脳の交通整理になる。


ひらめきに一番大事なのは、アウトプットする環境を整えること。


添加物だらけのものを出して日本酒と呼べるのか。酒造りをやっている今でも、自分がやっていることの本質はジャーナリスト時代と変わらない。


社会情勢的なニュースは第三者の視点が入っているため、あまり信じない。


ノートに夢ややりたいことを書きなぐって、繰り返し書いてイメージを具現化したことが、業界では今まで見られなかった完成形へとつながっていった。


私自身が新政酒造の一番のファンです。ビジネスと思えば失敗が怖くて躊躇し、業界の常識も邪魔をする。でもファンなら「こんな酒が欲しい」「こうしたらどうなる」という心理なので、発想の幅が広がる。ファンサービスと捉え、それをひたすら具現化しているだけ。


経営判断をする時も、考えれば考えるほど、昔の経験や固定概念が邪魔して、いいアイデアが思い浮かばない。朝起きてスッキリした状態の時に思いつくアイデアほど、自身の感情が邪魔することがない研ぎ澄まされたものが多く、実現する割合も高い。


昼食後に瞑想を取り入れたり、イライラしている時は、第三者の目線で自分を客観視したりすることで精神が安定し、ひらめく環境が整う。常に平常心を大切にしている。


最初の2年はベンチャー企業の立ち上げのような激務で常にイライラしていた。経費のムダを見つけると大声で怒鳴るようなありさまで社員も辞めていった。そんな精神状態で思いつくアイデアなどひどいもの。考えるほど固定概念が邪魔をして浮かばなくなった。


佐藤祐輔(経営者)の経歴・略歴

佐藤祐輔、さとう・ゆうすけ。日本の経営者。江戸時代から続く老舗酒造会社「新政(あらまさ)酒造」社長。秋田県出身。東京大学文学部卒業後、編集プロダクション、ウェブ新聞社、フリージャーナリスト、酒類総合研究所設立などを経て家業の新政酒造に入社。

他の記事も読んでみる

北条重時

考えてみると、世の中の出来事はすべて儚いものであって、夢の中でさらに夢みているようなものだ。昨日見た人も今日はあの世へ旅立ってしまったり、今日ある人も明日の命がおぼつかなく思われ、息するたびに人の寿命は縮まって行く。朝でた太陽も夕べには山の彼方へと沈んで行き、夕暮れより浮かぶ月の影(月の光)も明方よりは薄れて消え、咲き誇って見える花もやがて吹く風を待っては散って行く。そんなことから考えてみて、姿あるものが滅び行くのは、人間のみならず、万物に共通したところだろう。


高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットでのビジョンも、ただ「モノを売ればいい」というだけではないんですよ。売るだけだったら、面白くないし、続かなかったでしょう、きっと。僕たちは「モノの先にある幸せ」を見つめてきたんです。僕たちが紹介する商品を買ったことで、お客さんが「どれだけ幸せになるか」を目指すことがミッションですから。


渡部建

「ホメる技術7」という本を書いたんですが、きっかけは3年前に始めたラジオ番組。僕は元々、自分で笑いを取りに行くタイプではないんですね。でも、番屋組のホストは毎回、初対面のゲストの方と、生放送で話さなきゃいけない。自分ひとりの力で面白く盛り上げられるのか不安で、悩みました。そこで、自分の話術でなく、ゲストに気分よく話してもらおう、意外なエピソードを引き出そうと思って、いろんな聞き方を試みました。本は、そんな相手を立てるスタイルへの試行錯誤の集大成とも言えます。


孫泰蔵

自分が所属する組織や会社固有の知識ではなく、一個人としてどこでも通用する能力を磨くという意識を持つことが大切。


荒蒔康一郎

リーダーは「確かにあなたの意見が正しいかもしれないね」「まずは○○さんの方法を試してみましょうか」といった妥協も適度にしながら、みんなの納得とやる気を引き出して、迂回しながらでも最終的には目標につなげていくことが必要です。その調整がどのレベルでできるかによって、任せられるチームの大きさが決まってくると思います。


小坂敬

小坂家に伝わる哲学は「相手の立場に立つこと」。この哲学は、時代が変わっても、変わることなく現在まで、脈々と受け継がれ、事業に活かされています。


川野幸夫

国の生産年齢人口が減っていく中で、女性たちの力を生かさない手はありません。とくに子育てを終えた女性は、知恵や知識、経験も豊富です。そして彼女たちも、社会で生かされることを望んでいるのです。女性の力を生かせば、日本経済は必ず活性化します。国力が衰退しつつあるいまだからこそ、あらゆる業界で女性の力を再評価し、生かすべきです。


三上延

僕の場合、ある程度時間をかけないとアイデアが出てこないんです。深く考えておいて、いったん頭の隅に置いたまま、ほかのこともやりつつ、また考えるというやり方です。


森秀明

経営者のように多忙な人は、資料を細かく読み込んだりしません。だから、一番伝えたいことは冒頭のタイトルで言い切ることが必要。


森谷弘史

「みんなが楽しく働いている時に、暗い事柄を考える」。これが社長の仕事です。順調な時も、頭の中では最悪のシナリオと対処法を考えるべきです。


菊地唯夫

1997年以降、外食産業の市場規模は2割縮小したが、ファミリーレストランはそれを大幅に上回る5割も減少した。料理やサービスなどで出すべきコンテンツをきちんと出せるようにしておけば、ここまで落ち込むことはなかっただろう。回転寿司や焼き肉などの専門店に押され、「ファミレスは終わった」という指摘を真に受け、きちんと投資をしてこなかったことが要因だ。


山田敏夫

営利企業であっても、自社の利益だけを追求するのでなく、社会性を持つことがとても大切。


小池利和

一度失敗しても懲りないところが、うちの会社のいいところですね。


田中稔哉

メンタルダウンのサインの一つとして、「普段ならその人がやらないようなことをしている」ことが挙げられます。いつも身なりが清潔な人が、ひげをそり残していたり、シャシが汚れていたりする。そうした変化があったら、「何かあったのかも」と疑ってみましょう。普段できていたことができなくなるというのは、心のエネルギーが低下している証拠です。あくまで、「最近、調子はどう?」など、さりげない会話で十分。大事なのは、「君のことを気にかけているよ」という気持ちを伝えることなのです。


間寛平

僕が中国に入るちょっと前に蘭州や西安で反日デモがあって。いやな気がしないでもなかったけど、そういう街に入るときは、あえて日本の国旗を胸につけて走ったんです。袋叩きにあおうが、こんなことで弱音を吐いてたらアカンと思って。でも、逆に中国の若い人たちは「ニッポーン」って手を振ってくれたりして、やっぱり、触れ合わんとわからんことがあるんやなと。


ページの先頭へ