名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤研一郎の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤研一郎のプロフィール

佐藤研一郎、さとう・けんいちろう。東洋電具製作所(のちのローム)創業者。立命館大学理工学部卒業後、東洋電具製作所を創業し電子部品メーカー大手に成長させた。父がプロのバイオリニストだったため、経営者になる前はプロの演奏者を目指していた。そこの志は、若手音楽家を支援する組織ローム・ミュージック・ファンデーションの設立につながった。

佐藤研一郎の名言 一覧

私はよく社員に「魚屋のおやじになれ」と言う。いつも新鮮で旬の商品をタイミングよく並べていれば、お客様は喜んで買ってくれる。技術の世界も同じだ。「鮮度」と「旬」と「マーケティング」が基本だ。
【覚書き:2000年の日本の半導体産業不況で各社減益した中、唯一最高益を更新したことについて語った言葉】


オーケストラでいえば社長は指揮者、聴衆はユーザー。経営者はユーザーが何を求めているか正確に知り、従業員に伝えて需要に合った製品を提供する。工場の作業標準は楽譜だ。誰かが音程を外せば演奏はぶち壊しだ。【覚書き:佐藤氏は若いころプロを目指すほどのピアニストだった。自分の経営観を音楽になぞらえて表現した一言】


情報化社会には大変な錯覚というか落とし穴があります。というのは何ごとも数字やグラフで表現してしまう癖がある。このため全部わかったつもりになってしまうが、そこに至る過程のあることがついお留守になっている。つまり、数字やグラフの裏側に隠れている本質を見失ってしまうんです。


佐藤研一郎の経歴・略歴

佐藤研一郎、さとう・けんいちろう。東洋電具製作所(のちのローム)創業者。立命館大学理工学部卒業後、東洋電具製作所を創業し電子部品メーカー大手に成長させた。父がプロのバイオリニストだったため、経営者になる前はプロの演奏者を目指していた。そこの志は、若手音楽家を支援する組織ローム・ミュージック・ファンデーションの設立につながった。

他の記事も読んでみる

菊間ひろみ

聴いていてわかりやすい文章とは、単純な文章です。プレゼン慣れしていない人の複雑な文章を聴いていると、何がいいたいのかまったくわからないこともあります。例えば関係代名詞を多用して、文章構造が複雑になるなら、文を2つに分けましょう。理解してもらうことが目的ですから。


延時成実

やっぱり、バイクの魅力は景色と一体になれることですね。車と違って空間がないから、景色とバイクと自分が一緒になれる。風の匂いに気付くとか、真冬のツーリングでトンネルに入った瞬間「あったかい!」とかね。走ってる道を道として楽しめて、それが感性を揺さぶってくれるんです。


原礼之助(禮之助)

どうも我々は頭が固い。手段を目的化してしまうかと思えば、世間常識とのズレが見えない。まともなスピーチひとつ未だに英語でできる人は少ない。70代半ばを迎えたいま、半世紀前の自分が憤ったり、怪訝に思ったことの過半がそのまま解決されていないことに焦る思いです。


笠原健治

我々は、新しい価値やユーザー体験の提供を重視する姿勢を「ユーザー・サプライズ・ファースト」と呼び、現在、社を挙げて徹底しています。ユーザーの希望やニーズに合わせる「ユーザー・ファースト」は当たり前。それを超えて、ユーザー自身が予想さえしていない新しい体験、驚き、喜び、刺激を与え続けようというのが、「ユーザー・サプライズ・ファースト」の考え方。そのためにサービスの作り手は、過去の成功体験を捨てて、絶えず新しい手法を試し、挑戦し続けなければいけない。


築山節

怒っている人を観察すると、何度も同じ言葉ばかり繰り返して言っていることに気づくでしょう。これは思考が堂々巡りになっていることの表われです。正確に物事を把握できず、知識や記憶にもバイアスがかかります。感情にとらわれそうなときは作業をストップして場所を変えたり、現状を紙に書き出したりして、理性を取り戻す工夫をしましょう。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

マイナーな資格は取得者が限られているため、競争相手も少なく、お客さんを獲得しやすい。


河村恭輔(経営者)

「あそこに頼んだらいいよ」と、お客さまに選ばれる会社、日本一のサービスを提供できる会社にすることが私の夢。各分野でプロを養成して、どんな問題にも対応できる会社にしたい。


中谷彰宏

部下の褒めるところが見つからないというのは、褒めるところがないのではなく、上司がその部下のいいところを見つけられないだけの話です。誰が見ても優秀な部下は、誰でも褒めることができます。そうではない部下の褒めるところを見つけられるかどうかで、上司の力は決まるのです。本当に女性にモテる男性は、美人ではない女性に対する褒め方も知っています。それと同じです。


小杉俊哉

達成困難な課題や、割に合わない仕事を与えられたとき、人は「なんで自分がこれをやらなくてはいけないんだ」という愚痴がつい口をついて出てきてしまいがちです。「なんで自分が……」と思っていると、当然その仕事に対する姿勢は後ろ向きになり、結果もおもわしくないものになります。そこで多少無理があってもいいから「これは自分にとっての試練だ」とか「この試練を乗り越えることによって、自分は成長できるんだ」と、とにかく口に出しましょう。


水野雄介

会社を辞めて起業準備中、僕は早稲田高校で週3回、非常勤講師をしていました。最初はその高校の生徒に声をかけました。1回目は、わずか3人。そこから増え始めて、2回目は40人。いまは大きなものだと600人。年間でいうと50回の開催で、7000人以上が参加してくれるようになりました。