名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤研一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤研一郎のプロフィール

佐藤研一郎、さとう・けんいちろう。東洋電具製作所(のちのローム)創業者。立命館大学理工学部卒業後、東洋電具製作所を創業し電子部品メーカー大手に成長させた。父がプロのバイオリニストだったため、経営者になる前はプロの演奏者を目指していた。そこの志は、若手音楽家を支援する組織ローム・ミュージック・ファンデーションの設立につながった。

佐藤研一郎の名言 一覧

私はよく社員に「魚屋のおやじになれ」と言う。いつも新鮮で旬の商品をタイミングよく並べていれば、お客様は喜んで買ってくれる。技術の世界も同じだ。「鮮度」と「旬」と「マーケティング」が基本だ。
【覚書き:2000年の日本の半導体産業不況で各社減益した中、唯一最高益を更新したことについて語った言葉】


オーケストラでいえば社長は指揮者、聴衆はユーザー。経営者はユーザーが何を求めているか正確に知り、従業員に伝えて需要に合った製品を提供する。工場の作業標準は楽譜だ。誰かが音程を外せば演奏はぶち壊しだ。【覚書き:佐藤氏は若いころプロを目指すほどのピアニストだった。自分の経営観を音楽になぞらえて表現した一言】


情報化社会には大変な錯覚というか落とし穴があります。というのは何ごとも数字やグラフで表現してしまう癖がある。このため全部わかったつもりになってしまうが、そこに至る過程のあることがついお留守になっている。つまり、数字やグラフの裏側に隠れている本質を見失ってしまうんです。


佐藤研一郎の経歴・略歴

佐藤研一郎、さとう・けんいちろう。東洋電具製作所(のちのローム)創業者。立命館大学理工学部卒業後、東洋電具製作所を創業し電子部品メーカー大手に成長させた。父がプロのバイオリニストだったため、経営者になる前はプロの演奏者を目指していた。そこの志は、若手音楽家を支援する組織ローム・ミュージック・ファンデーションの設立につながった。

他の記事も読んでみる

前田新造

勉強と一口にいっても、マクロの視点から取り組まなければならないもの、ミクロの視点で学習しなければならないものの2種類があります。鳥の目と虫に目という例えがあるように、ふたつの視点を組み合わせて学習する必要があります。


織田大蔵

治にいて乱を忘れず。少しばかり調子が良くなったと思って、驕り高ぶっていると、人間というものは、たちまちにしてつまずく。昔の苦しかったことを忘れないようにして、常に心をひきしめ、非常時に備えるということは大事なことだ。


森川亮

人と会うときは会う前に目的を決めておくことが大事です。会いたいと言われたら、目的はなんですかと詰めていきます。すると、たいてい今回はやめましょうと相手から断ってきます(笑)。挨拶に行くだけで往復とムダ話で3時間使いますからね。それだけあれば、10分の仕事が18個もできます。


浦野光人

そもそも株式会社は、オランダ東インド会社がアジアから香辛料を輸入して、ヨーロッパの食生活を豊かにしたいと思ったことから発生しました。このように、会社の根本には「やりたいこと」があるはずです。


佐治敬三

教えてもあかんやつはあかん。でけんものはできへん。


堀之内九一郎

勉強の続かないサラリーマンの姿からは「すぐにお金にならないことはしたくない」という考えが透けて見えます。この資格を取れば、人事考課の加点項目になり、給料が3万円上がる、というような規定があればやるけれども、なければやらない。やるにしても、ムリやりやらされている気分がどこかにあるので、なかなか続かない。勉強に対して、受け身でありながら打算的でもあるので、すんなりと打ち込めない。だから、まずは、釣りでもゴルフでも何でもいいから、趣味を勉強の入り口にすればいいんです。


依田宣夫

これからは家計簿ではなく会計の時代です。こういうものの考え方としてつくる「家計決算書」は、自分たちの家計をチェックするという点で非常に利用価値が高いものです。家計はこうある「べき」とか、バランスシートはつくる「べき」という「べき論」では意味がありません。まず、始めることに意味があります。


松尾静磨

私は中学時代から長いことテニスの選手生活を送ったが、シングルスでセットオールにでもなると時間を食う。それも、夏のじりじり照る日中の試合は大変だ。ゲームの途中に息切れがしてこれ以上やれるかどうかというヤマが必ずある。だが、自分がくたくたのときは相手もまいっているはずだ。そこで「なにくそ!」という闘志が湧く。それが精神力である。


林成之

集中力を維持するには、脳の仕組みを利用すればいい。ゴールの仕方に集中する、あるいは、目標よりも遠くにゴールを定めるのです。そうすれば、実際のゴールの手前で脳のパフォーマンスが落ちることはなくなります。


森本千賀子

転職市場では、仕事の専門スキルも評価の対象になります。ただ、それだけで安泰ではありません。マーケットの変化が速いということは、求められる専門スキルもどんどん変わるということ。たとえば、ITエンジニアは一年単位で仕事の内容もどんどんと変わるので、マーケットの変化を予見しながら、新たな専門スキルを身につけることが大切です。


井上高志

仕事が速い人は、重要なポイントを押さえるのがうまい。


木村尚敬

部下の心をつかむには、部下のために時間を使うべき。体感としては、自分の仕事時間の7割程度は部下のために使う。実際にはそこまでの時間を使うのは難しいが、それくらいの心持ちでちょうどいい。