佐藤研一郎の名言

佐藤研一郎のプロフィール

佐藤研一郎、さとう・けんいちろう。東洋電具製作所(のちのローム)創業者。立命館大学理工学部卒業後、東洋電具製作所を創業し電子部品メーカー大手に成長させた。父がプロのバイオリニストだったため、経営者になる前はプロの演奏者を目指していた。そこの志は、若手音楽家を支援する組織ローム・ミュージック・ファンデーションの設立につながった。

佐藤研一郎の名言 一覧

私はよく社員に「魚屋のおやじになれ」と言う。いつも新鮮で旬の商品をタイミングよく並べていれば、お客様は喜んで買ってくれる。技術の世界も同じだ。「鮮度」と「旬」と「マーケティング」が基本だ。
【覚書き:2000年の日本の半導体産業不況で各社減益した中、唯一最高益を更新したことについて語った言葉】


オーケストラでいえば社長は指揮者、聴衆はユーザー。経営者はユーザーが何を求めているか正確に知り、従業員に伝えて需要に合った製品を提供する。工場の作業標準は楽譜だ。誰かが音程を外せば演奏はぶち壊しだ。【覚書き:佐藤氏は若いころプロを目指すほどのピアニストだった。自分の経営観を音楽になぞらえて表現した一言】


情報化社会には大変な錯覚というか落とし穴があります。というのは何ごとも数字やグラフで表現してしまう癖がある。このため全部わかったつもりになってしまうが、そこに至る過程のあることがついお留守になっている。つまり、数字やグラフの裏側に隠れている本質を見失ってしまうんです。


佐藤研一郎の経歴・略歴

佐藤研一郎、さとう・けんいちろう。東洋電具製作所(のちのローム)創業者。立命館大学理工学部卒業後、東洋電具製作所を創業し電子部品メーカー大手に成長させた。父がプロのバイオリニストだったため、経営者になる前はプロの演奏者を目指していた。そこの志は、若手音楽家を支援する組織ローム・ミュージック・ファンデーションの設立につながった。

他の記事も読んでみる

シェイクスピア

楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。


高木勝

全国各地の経営者、オーナーなどと面談すると、自社の業績悪化の理由を景気動向や、国の政策の悪さに求める声が多い。だが、同じ環境下でも、勝ち組企業が存在することを忘れてはならない。


野田稔

1日のうち10分でも20分でもいいので、調査をしたり、本を読んだり、人に会って話をしたりと、クリエイティブな時間を積極的に持つことが大切。そして、その時間をどんどん増やしていくこと。


新将命

結果を信じて努力を続ければ、実力は必ずついてくるのに、途中で諦めてしまうのは実力アップを実感できないという理由もあるのではないでしょうか。努力によって実力がついても、それを自覚できるまでにはタイムラグがあります。その間はちょうど階段の踊り場にいるようなものです。諦めずに続けていけば、やがて階段を上る実感を持てる瞬間が必ずやってきます。


大田友昭

人生は100メートル走ではなくマラソン。私は、五里霧中で頑張ってきた中で自分のペースを見つけることができた。


藤井幸雄(経営者)

マンションでは基本となる躯体部分での差別化は現在、非常に困難です。そこで、細かな使い勝手に関して、さまざまな提案をしております。「こころ躍る住まい」には4つの軸があり、それぞれ「家事がしやすい工夫」「長く使っていただけるバリアフリー、安心への工夫」「収納へのこだわり」「省エネ性能」となっています。これらは当社の半数を占める女性社員が中心となり「本当に暮らしやすい住まい」にこだわって考えました。


武宮正樹

利己的になり、目先の利益に心を奪われると、盤全体が見えなくなり、弱い石があることに気付かず、後に形勢を逆転され負けてしまうことがある。


谷藤吉郎

日本にもかつては多くの金鉱山がありましたが、いまは本格的に採掘しているのはほぼ1鉱山のみです。そういった意味では鉱山事業というのはマイナーな事業だといえるかもしれません。日本の有能な技術者も現在、海外をベースとして活躍しています。当社は、あえて日本企業として金鉱山の事業を拡大していくことで、新たな技術者の育成を行っていきたいとも思っています。


山田昇(ヤマダ電機)

やはり人間は高い目標を持つことが大事である。人生にしてもビジネスにしても、目標がなければ達成感もないし、前進も成長もない。


森永剛太

武士道に基づく我々の武器は忠誠心、正義、名誉、義務に対する献身、そして勇気。


水野和敏

誰だって感性で判断して生きているんです。感性でモノづくりをすることは、そんな難しいことじゃありませんよ。


朝倉孝景(朝倉敏景)

僧侶にしても、一般民衆にしても、何かの点で他に優れている者は、他領へ引越して行かせないで自領へ止めておくがよい。ただし、持っている才能を誇るだけで奉公を励む心のない者は、この限りでない。


向井理

才能があっても選ばれない人もたくさんいる。だからこそ、絶対に傲慢になってはいけないと思っています。


田中和彦

TODOリストは朝ではなく前夜に作成します。前の日につくるのは、書き出すことで頭の中を空っぽにしたいからです。脳はコンピュータと同じで、メモリを使いすぎるとうまく働きません。そこで頭の中をクリアにして、脳が働きやすい環境にしてから眠るのです。実際そうすることで、寝ている間に新しい企画がひらめくこともあります。


五十嵐光喜

働き方改革は仕事の中身を見ることが大切。たとえば、ファイルのダウンロードや送信中の待ち時間など、無駄と思う部分を削っていくことで、仕事の生産性は大きく向上するはず。


ページの先頭へ