名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤益弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤益弘のプロフィール

佐藤益弘、さとう・よしひろ。日本のファイナンシャルプランナー。日本大学法学部卒業後、東洋精糖不動産部門を経て、ファイナンシャルプランナーとして独立。優益FPオフィスを設立。

佐藤益弘の名言 一覧

短期的には不透明な外部環境の動きも、中長期的にみると、ある程度予測がつく。


投資に絶対はありません。利益が出るか、損失を被るかは、いわば確率論。確率を上げる一つの方法は、「分子を増やす」こと。つまり、数多くの経験を積んでいくこと。


目的をはっきりさせて、その実現に最適な商品を選ぶことで自然と分散投資が実現できる。


行動しなければ「成功」もあり得ません。さらに大事なのは、「時間には限りがある」ということです。何も行動しないまま、十年間経過してしまえば、当然ながらその時間は取り戻すことができません。


最終的に決断するのは、投資をする人自身です。その決断のために必要な情報を適切なタイミングで提供してくれるかどうかが、パートナー選びのポイント。


マイホームの頭金を準備したいとか、老後資金を蓄えたいとか、投資には目的があるはずです。その目的によってお金を色分けして運用することを私は勧めています。目的がはっきりすると、必要な時期や必要な金額が明確になります。それに応じて、リスクも勘案しながら金融商品を選択していきます。


日本は長い間、ある面で国や会社が個人を守ってくれる時代が続いていたため、自ら資産運用をする必要がそれほどありませんでした。しかし、公的年金は当てにできず、退職金も自分の判断で運用しなければならないのが今の時代。必要なお金は、自助努力で準備しなくてはなりません。


投資するときに注意しなければいけないのは、景気の流れです。かつては、景気の良いときと悪いときが比較的分かりやすい形で順番にやってきましたので、一度チャンスを逃しても、また次のチャンスがやってきました。スポーツにたとえるなら攻めと守りが交互にやってくる野球型といえます。しかし現在は、いつチャンスがやってくるか分かりません。守りから急に攻めに転じなければならないこともあります。いってみればサッカー型に変化しているのです。景気の流れの変化に敏感に対応し、資産の組み替えもその時々で検討すべきでしょう。


時間単価という発想を持つといいでしょう。例えば、「マイホーム購入と一生賃貸とどちらが得か?」という質問をよく受けます。仮に3000万円で購入したマイホームに30年間住むとしましょう。30年後に1000万円で売却できるとすると、一年当たりの単価は約67万円になります。ごく単純な例ですが、年間の家賃がこれよりも高ければ、マイホームを購入したほうが得といえます。


佐藤益弘の経歴・略歴

佐藤益弘、さとう・よしひろ。日本のファイナンシャルプランナー。日本大学法学部卒業後、東洋精糖不動産部門を経て、ファイナンシャルプランナーとして独立。優益FPオフィスを設立。

他の記事も読んでみる

及川光博

デビュー当時は、いまと違ってコンピューターで音をいじったりできませんでしたから、生のライブに来る100人のお客様を感動させられなければ、全国の1000人のリスナーを満足させることはできない。実力主義でしたよ。メジャー、インディーズなんていう定義もなく、客を集める実力のある人しかプロになれなかったんです。だからライブハウスでのファンの動員を増やすための努力はしましたね。


小宮一慶

電車がスイカやパスモで簡単に乗れるようになりましたが、そのために区間の電車賃がいくらなのかわからない人もいます。仕組みの中で安住し、自分で物事を考えなくなるのが怖い。逆に仕組みを作る人は膨大な情報を駆使し、知恵とノウハウを蓄積する。そのギャップがそのまま収入格差になる。


佐俣奈緒子

今はカードを読むというところに注力していますが、現金をなくすというゴールに向けていろんなアプローチがあると思っています。将来は財布を必要なくするようなこともやっていきたい。


山崎元

新しい分野のことを調べるときは、大学の学部または大学院しベルの教科書やテキストも購入し、まず、参照文献を見ます。参照文献に何度も名前が出てくるような人はその分野のキーパーソンであることがわかりますし、次にあたるべき論文も見つかるからです。


魚谷雅彦

言語や文化が違っても、人間の根本は同じ。目的が何かをはっきりさせて行動すれば、物事はきちんと動いていく。


浅野茂太郎

読書は困ったとき、悩んだときの突破口と言いますか、いろんなヒントを与えてくれる。


西田文郎

嫌なことがあったら即座に忘れるように、そのための動作を自分でひとつ決めておくとよいでしょう。私の場合は「なし!」と言って指をパチンと鳴らしています。以前、読売ジャイアンツの桑田真澄選手と会ったとき、打たれたら後ろを向いて「なし」と言葉に出していたと言っていました。これらの動作を実行することで嫌なことを忘れるという条件付けをするのです。


田中仁(経営者)

真摯にやっていれば助けてくれる人が現れるもので、私の場合も懇意にしていたバイヤーが「1980円で売れるエプロンを作ったら大量に買う」と言ってくださり、それが大ヒット。会社は軌道に乗りました。


石川康晴

自分が携わる業界の高い専門知識を有していることも、稼げる人たちの特徴です。アパレル業界であれば、企画から製造、流通、販売までの仕組みを踏まえて、具体的な失敗・成功の事例にも目を向けておく。そうした学ぶ力がなければ、新しい仕事を生み出したり、課題を解決するために物事を整理したりすることもできません。


中山雅史

僕は試合も練習も、先頭に立って走りました。最年長の選手が先頭に立てば、「年下のおまえらがやれないわけないだろ」というプレッシャーになるんです。そういう役割を担うことも、チームに必要とされる部分なんだと思ってやってきましたね。


清水喜彦

継続的な運用状況の報告(アフターフォロー)にも相当力を入れており、担当者による定期的なアフターフォロ一により、お客様のご意向やライフプランの変化にもきめ細やかな対応が可能となっています。アフターフォローに力を入れている結果、足元は、保有モデルの変更や追加投資のご要望が増えています。


吉田照幸

質問の苦手な人は、「衣食住」に話を持っていくといいですよ。たとえば相手が東大卒だったとしましょう。そのときに、「東大=頭がいい」というそのままのイメージで返してしまうと、あっという間に会話が終わってしまいます。そんなときは、ひとまず東大を「俯瞰」してみましょう。烏になった気分で、東大を上空から見てみるのです。すると本郷という地名が浮かんできて、「本郷のあたりの美味しいお店」について聞けるわけです。特に「衣食住」の話は、みんな何かしらのこだわりがあって話しやすいテーマなのでオススメです。