佐藤琢磨の名言

佐藤琢磨のプロフィール

佐藤琢磨、さとう・たくま。日本のF1ドライバー。東京都出身。高校、大学(早稲田大学人間科学部)時代に自転車競技に打ち込んだ後、大学を中退し鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ(SRS-F)に入学。同学を首席で卒業後、単身渡英し、英国F3選手権に参戦。2001年にF3でシリーズ1位を獲得し、翌年F1デビューする。アメリカGPで3位という日本人最高位タイの成績を残した。

佐藤琢磨の名言 一覧

1 / 11

努力や苦労をしたっていう記憶はないんです。ただ、速くなりたい、上手くなりたいという一心でした。

佐藤琢磨の名言|ただ、速くなりたい、上手くなりたいという一心だった


マシンにはデータロギングシステムが積まれているんですけど、そのデータは徹底的に見て分析しましたね。ほかの誰よりも。

佐藤琢磨の名言|ほかの誰よりも徹底的に分析する


僕は全然天才じゃない。天才だったら、一発で、ターゲットというか、行きたいところに行けるでしょう。僕は、がむしゃらに背伸びしてトライしてアタックして、ようやくそこに到達できるんです。

佐藤琢磨の名言|がむしゃらに背伸びしてトライして、ようやく到達できる


僕には競技場でのレース経験が足りなかったから、真っ向勝負では歯が立たないかもしれない。だから、分析に分析を重ねて作戦を練って、後は思い切りアタックする。それしかなかった。

佐藤琢磨の名言|分析に分析を重ねて作戦を練って、後は思い切りアタックする


頂点って見えない。限界という線を引きたくないんです。まだ足りないものはたくさんあると思っています。

佐藤琢磨の名言・格言|限界という線を引きたくない


モータースポーツのコックピットって完全な非日常なわけです。一番自分らしく生きられる場所であり、本当に楽しくてやめられない場所なんです。

佐藤琢磨の名言・格言|コックピットが一番自分らしく生きられる場所


自分としては案外楽しんでいました。レースができているというひとつがあれば、あとはなんでもいいんです。
【覚書き|英国に単身で渡り、F3からF1を目指したとき、言語、習慣の違いで数多くの苦労を体験したことを振り返っての発言。】

佐藤琢磨の名言・格言|レースができているというひとつがあれば、あとはなんでもいい



何事も挑戦する前にダメと決め付けるのがすごく面白くなかったんです。後悔だけはしたくない。なんていうんでしょう。僕は好きなことを見つけたら、トコトン入ってしまうんです。
【覚書き|20歳で自転車競技からF1に転向する決意をし、大学を中退して鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラに飛び込んだときを振り返っての発言】

佐藤琢磨の名言・格言|挑戦する前にダメと決めつけるのは面白くない


努力や苦労というよりも、むしろ楽しんでましたね。ずっと夢に見てきたことが目の前にある嬉しさのほうが強かった。それに、これだけの環境にいてダメだったら諦めようって覚悟してたから、当たり前のことをしてる感覚だったんだと思います。

佐藤琢磨の名言|ずっと夢に見てきたことが目の前にある嬉しさのほうが強かった


カリキュラムが終わった後に隣接するテクニカルセンターに入れてもらって、夜遅くまでデータを分析してました。例えば1周のラップタイムでは僕が勝っていても、僕のほうが遅い区間とか場所が必ずある。まだ詰められる余地があるんですよ。それを細かく洗い出して、次の走行のときには少なくとも同じスピードに乗せるっていう作業をずっとやっていました。

【覚え書き|鈴鹿サーキットレーシングスクール時代を振り返って】

佐藤琢磨の名言|まだ詰められる余地がある


なかなか危険な子供でしたよ。自転車でどこでもカッ飛んでましたから。いつも膝小僧とか擦り剥いてましたね。好きなことしか見えなくて、性格的には0か1か。だから、その中に目標が生まれたら、成し遂げるためにはどうしたらいいのか、成長するにつれて次第に考えるようになっていったと思います。

佐藤琢磨の名言|好きなことしか見えなかった少年時代


佐藤琢磨の経歴・略歴

佐藤琢磨、さとう・たくま。日本のF1ドライバー。東京都出身。高校、大学(早稲田大学人間科学部)時代に自転車競技に打ち込んだ後、大学を中退し鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ(SRS-F)に入学。同学を首席で卒業後、単身渡英し、英国F3選手権に参戦。2001年にF3でシリーズ1位を獲得し、翌年F1デビューする。アメリカGPで3位という日本人最高位タイの成績を残した。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ