名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤浩志(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤浩志(コンサルタント)のプロフィール

佐藤浩志、さとう・ひろし。日本の経営者、ブランディング・コンサルタント、編集者。ブランディング会社「カタパルト」社長。東京都出身。大手出版社の雑誌・書籍の編集者・編集長などを経てカタパルトを設立。共著に『B7S ブランディング7ステップス ブランディング戦略・戦術の構築方法』。

佐藤浩志(コンサルタント)の名言 一覧

ネーミングやロゴデザインなどはブランドイメージを左右する大切な要素ですが、それは戦術の一部にすぎません。重要なのは「戦略」です。


ブランディングには、お金も時間もかかりますが、企業の収益が安定している時に次の一手を打つべきです。永くブランドを愛してくれるファンを逃さないために、こう思われたいという理想に向かっていくブランドの「生き方」を提案するのが当社の役目です。


熱意や社会性の高い企業にはコスト度外視で協力しています。ブランディングをすれば必ず結果が出る企業をきちんと伸ばしていきたい。


重要なのが「消費者の目線」です。インサイト(本音)をはっきりさせなければ、売り手の一方的な論理に終ってしまいます。消費者にどう思われたらビジネスが成功するのか、という「認知ゴール」を設定し、その認知を獲得するために戦略を立て、戦術に落とし込むのです。


商品やサービスに最も詳しいのはそれぞれの企業の担当者です。彼らと共にワークショップ形式で議論しながらブランディングのステップを進めていきます。実際にチームの中に入り、コントロールしながらコミュニケーションをとり、信頼関係を築いています。


以前は出版社に勤務しており、投資雑誌、ビジネス誌、科学誌、書籍の編集長を経験しました。500冊以上の本を手掛けてきた実感として、雑誌や書籍は、他の一般の商品のように、どのようにして収益につなぐかという、認知、理解、購買の流れを作る意識が希薄だったということです。


当社の設立は、キットカットなどで知られているブランディングディレクター宇佐美清氏の書籍編集がきっかけでした。とても興味深かったので、その後、様々なワークショップに同行させていただいた経験が、現在の仕事の根幹になっています。出版社を退社後、フリーで2年間ほど光学メーカー・ニコンのプロジェクトに参画し、ブランディングを実践し、会社を立ち上げました。


佐藤浩志(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤浩志、さとう・ひろし。日本の経営者、ブランディング・コンサルタント、編集者。ブランディング会社「カタパルト」社長。東京都出身。大手出版社の雑誌・書籍の編集者・編集長などを経てカタパルトを設立。共著に『B7S ブランディング7ステップス ブランディング戦略・戦術の構築方法』。

他の記事も読んでみる

小川仁志

まず、世の中で権威を持つもの、常識とされていることを疑ってみる。テレビで専門家の発言などを聞くたび、「これは本当か?」と考える習慣をつけましょう。時事問題に対する意識はもちろん、非難されている人物の言い分、褒めそやされている人物の別の顔などにも考えがおよぶようになります。


束田光陽

不動産では、価格交渉と言っても、決して売主と直接会うわけではありません。直接やり取りするのは、その物件をあつかう不動産屋さんです。買い手と売主をつなぐ人、つまり仲介業者。まずはこの仲介業者がどんなタイプの人なのかを見極めることが、交渉を成功させるポイントになってきます。


大久保恒夫

すべての商品をオリジナルにすることはできません。成城石井の場合、オリジナル商品は全体の30%ですが、いずれもコストパフォーマンスが高く利益も取れています。過去2年、これらの商品を売り込むことで、商品単価は前年比110%、粗利率29%から32%にアップしました。


いっこく堂

ブレイクし始めた頃、大手の芸能事務所からオファーをいただいたのですが、自分の思うような方向へは行けないかもしれないと考え、辞退しました。もちろん大手芸能事務所に所属すれば、テレビタレントとして仕事が増えた可能性はあったと思いますが、僕はテレビよりもライブが好き。直接、お客様の驚いたり喜んでいる顔が見られる環境が好きなんです。


品川祐(品川ヒロシ)

基本的にどの仕事でも同じですけど、僕はゼロの状態からみんなで集まってアイデアを出していくという仕事の進め方が嫌なんです。すごい時間かかるでしょ。それに時間をかけたにもかかわらず、必ずといっていいほど、みんな黙っちゃって、ろくなアイデアが出てこない。それよりも、とりあえずたたき台をつくってから、現場で修正を加えていく方が効率的だし、いいものができると思うんです。


新浪剛史

安売りされない商品をつくろう。逆に値上げしてもお客さんに欲しいと思われる商品を出していきたい。


高畑正幸

三日坊主で幅広い分野に興味を持っていると、いろんなジャンルの人と知り合える。その人脈と情報網も、アイデアを生み出す大きな力になっています。


包行均

世の中全体がコストコストと言うせいで、安い物を作れば売れると思っている人が多いですが、そんなことはありません。うちのお客さんは、本気で農業をやっているプロ中のプロ。そういうお客さんに、高くても買ってもらえる機械だけを作っているのです。


山田佳臣

僕ら自身が海の外へ出て、外国でも新幹線のような鉄道事業を展開しようという気持ちは全くありません。ただし新幹線やリニアで培った技術やノウハウは海外でも生かせます。ですからまずは、今、日本で作っている安全な鉄道システム全体を、本当に必要だと思っていただくところから出発したい。自分たちでも新幹線やリニアを作ってみたいという気持ちになっていただく。まずはそこから進めたいですね。


岩田聡

「広くいろんな人たちに向けてものづくりをする」ということには、人種や文化の違いといった壁を越えて「人間は何を面白がるのか」「何に驚くのか」という本質の探究をするという側面もあって、短期的に見たら確かに効率が悪いかもしれません。けれど私は、もがき苦しんでそれらを探すだけの価値があると思うし、そうやって探して来たからニンテンドーDSやWiiが生まれたと思うんです。


柏木英一

最初の10年は、いわゆる「銀行業務」を経験しました。その後、20年あまりは一貫してIT担当です。1990年代には企業と銀行を通信回線でつないで、振り込み作業や取引口座の照会をできるようにするエレクトロニックバンキングの開発にも携わりました。インターネットという言葉がまだ知られていない時代から、銀行の未来像をひたすら考えてきたのです。


草刈貴弘

長期投資家の良いところは、「時」を待っていられることですね。目先を追い掛けている人たちは市場の変動に一喜一憂してしまいそうですが、我々は待っていましたとニヤリ。そして、市場が落ち着いて、きちんと戻ったらもう一度ニヤリ。下がっても上がってもうれしいなんてなかなかないですね。